キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

こねないパンレシピが人気!手軽に美味しく手作りしましょう

こねないパンのレシピはパン作りの面倒な工程がないので手軽にパンが作れて人気があります。後片付けも楽なので忙しい人にもおすすめです。焼き立てのパンはきっとお子さんも喜びます。

そこで、こねないパンの人気レシピについてお伝えしていきましょう。

こねないパンはこねない分しっかりと発酵させるのがポイントです。
ぜひ参考に美味しい手作りパンを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕ご飯のレシピは簡単に作れるものがおすすめです

夕ご飯は、しっかり食べたいと思うものの、調理の時間はあまり取れないなんていう人はたくさんいるかと思い...

疲れているときの夕飯は簡単に!子供向けのおすすめメニュー

夕飯をとにかく簡単に作りたい!子供向けの優しいメニューを紹介します。 簡単に夕飯を作りたいとき...

片栗粉を使って出来るおやつは、昔どんなものだったのか

若い人に「片栗粉を使って作るおやつと言えば?」と聞いてもあまりピンとこない人が多いです。 しかし、...

餃子の皮レシピでピザも簡単!余っても楽しめるお手軽アレンジ

餃子の皮が余ってお悩みのあなた。そんなときにおすすめなレシピは自宅でできる簡単ピザです。 ピザなら...

鶏肉で作る時短料理。忙しい主婦を助ける美味しい下味冷凍レシピ

平日は家に帰るのが遅くなり、夕ごはんの準備がいつも遅くなってしまうという方も多いと思います。そんな忙...

卵で美味しいおやつ作り。レンジを使うから簡単で時短のレシピ

冷蔵庫の中に卵があるとなぜか安心しませんか。 ここではご飯のおかずやおやつの強い味方、卵を使っ...

夕飯に食べたいボリュームおかずレシピ【簡単時短レシピ】

フルタイムで働く女性にとって、夕飯の準備はなるべく短時間で準備できるもの、というのも必要なことです。...

ナスを使った料理のレシピについて知りたい

ナスは美味しくて栄養価も高く、ヘルシーな野菜です。 しかも、調理方法によって味わいが大きく異なるの...

簡単アイスクリームの作り方!自由研究にまとめるアイデア

お子様の自由研究に料理を題材にするものも人気です。お子様の大好きなアイスクリームをテーマにまとめたい...

忙しい主婦必見!時短レシピで夕食の準備、人気レシピをご紹介

時短レシピが雑誌やテレビなどで取り上げられていますが、夕食に取り入れていますか?その時は時短ワザに関...

簡単にチャーハンを作る時の味付けはコレを使いましょう

チャーハンはパラパラに仕上げるのも難しいですが、味付けもいまいちビシッと決まりにくいですよね。 ...

ナスの美味しい電子レンジレシピ!簡単なのに美味しいおかず

今晩のおかずはナスを使って美味しい料理を作りたいけど、暑くてキッチンに立ちたくないという方はいません...

簡単パンの作り方!フライパンで作る美味しいパンのレシピを紹介

自宅でパンを焼きたいと思っても、パン作りに難しいイメージを持っていてなかなか挑戦できない人もいるので...

ナスと豚肉を使った簡単美味しいパスタ!夕食に食べたいレシピ

ナスと豚肉がある時には、美味しいパスタはいかがですか?ナスと豚肉を使った、夕食にもおすすめのレシピを...

ナスの炒め物を作ろう!人気の炒めものレシピと下ごしらえ方法

炒め物をする時の具材として人気が高いナス。油を使ってナスを調理すると、ナスの美味しさを更に引き出すこ...

スポンサーリンク

こねないパンのレシピは作り方も簡単で人気

こねなくてもいい、混ぜて焼くだけの簡単パン作りレシピをご紹介します。

食パン1斤に相当する材料は、強力粉 300g、ドライイースト 小さじ1、砂糖 小さじ2、塩 小さじ半分、水 1カップです。

  1. オーブンにも使える鍋にクッキングシートを敷き詰めます。
  2. 大きめのボウルに材料を全て入れたら菜箸やヘラを使って混ぜ、大体混ざったらラップをかけて生地が2倍ほどになるまで室温で置き、発酵させます。
  3. 発酵が終わったら生地を掴んで引っ張って伸ばして丸め、何度か繰り返したら鍋に入れてラップをかけ、室温で30分発酵させます。
  4. オーブンを250℃に予熱し、30~40分焼き色が付くまで焼きます。

大人気の白パンが作れるこねないパンレシピもおすすめ

食パン1斤相当の白パンの材料は、強力粉 300g、ドライイースト 小さじ1、砂糖 小さじ2、塩 小さじ1/2、ぬるま湯 200mlです。

  1. 大きめのボウルに30~40℃のぬるま湯を入れ、砂糖、塩、ドライイーストを加えてよく混ぜて溶かします。
  2. 強力粉を加えて、菜箸やヘラでダマが無くなるまでよく混ぜます。
  3. ラップをかけて冷蔵庫に入れ、6時間以上置きます。
  4. 天板にクッキングシートを敷き、冷蔵庫から取り出した生地の余分なガスを抜いてのせ、室温で40分~1時間置いて二次発酵させます。
  5. 二次発酵が終わりそうになったらオーブンを180℃に予熱し始めます。
  6. 予熱が完了したら180℃のオーブンで20分焼いて完成です。

冷蔵庫での発酵時間を長めにとるので、柔らかくふわふわに仕上がります。

前の日の晩に冷蔵庫に入れて生地を一晩おくと、焼きたての美味しいパンを朝ごはんに食べられておすすめです。

甘いこねないパンのレシピも人気なので試してみましょう

はちみつやオートミールを入れて甘めにアレンジした、見た目もおしゃれなこねないパンのレシピをご紹介します。

材料は、中力粉 110g、強力粉 50g、オートミール 40g、水 150ml、はちみつ 大さじ1、塩 4g、ドライイースト 1g、オートミール(飾り用)です。

  1. 大きめのボウルに水とはちみつを入れてよく混ぜて溶かし、塩、ドライイーストを加えてよく混ぜます。
  2. 中力粉、強力粉、オートミールを加えて菜箸やヘラでダマが無くなるまでよく混ぜます。
  3. ラップをかけて室温で2時間置いて1次発酵をさせ、冷蔵庫に移して6時間以上さらに発酵させます。
  4. 冷蔵庫から出して室温で1時間置き、クッキングシートを敷いて打ち粉をふり、フランスパンのような細長い楕円に形をととのえます。
  5. オートミールを表面にまんべんなくまぶして手で軽く押さえ、クッキングシートごと天板に移し、そのまま室温で40分ほど発酵させます。
  6. 二次発酵が終わりそうになったらオーブンを230℃に予熱し始めます。
  7. 発酵が終わったら表面に数か所切込みを入れ、230℃のオーブンで25~30分焼いて完成です。

はちみつを使用しているので、1歳未満の乳幼児に誤って与えることのないよう注意してください。

長時間の冷蔵発酵でこねずに食パンも作れます

生地のふくらみを良くするために発酵させる時間が長くかかってしまって大変ですが、こねずに食パンを作ることもできるので、食パンの型を用意して挑戦してみてください。

食パン1斤分の材料は、強力粉 250g、水 100ml、牛乳 80g、ドライイースト 1g、砂糖 10g、塩 4g、無塩バター(またはオリーブオイル) 10gです。

  1. バターを冷蔵庫から出して室温に戻す間に、すべての材料を計量します。
  2. 大きなボウルに水、牛乳、ドライイースト、塩、砂糖を入れて軽く混ぜ、強力粉を加えてしっかり混ぜたらばたーを加えて菜箸やヘラでよく混ぜます。
  3. 表面の乾燥を防ぐためにラップをかけたら20分そのまま置き、全体を折り込むように生地のはじを掴んで引き伸ばしながら内側へ折りたたんだらラップをかけて20分置き、同じことを何度か繰り返して生地の全体がしっかりと折り込めたらラップをかけて3時間、その後冷蔵庫に移して一晩発酵させます。
  4. 打ち粉をふった台に取り出して2つに分けたらそれぞれまとめてラップをかけて30分置き、常温に戻ったころに生地を手で引き伸ばして細長くしたら3つ折りにしてさらに巻き、巻き終わりが下になるように型に並べて入れ、室温で2時間発酵させます。
  5. 生地がしっかり膨らんだら210℃に予熱したオーブンで40分焼き、熱いうちに型から取り出し、網にのせて冷まします。

こねないパンは鍋を使えば型いらずで手軽で美味しい

こねないパンは大きめのボウルひとつあれば混ぜることも発酵もでき、洗い物が少なくなるのが大きなメリットです。

発酵で大きく膨らむことを考えて、ボウルは大きめのものを用意しましょう。

こねないので広いスペースも必要ないですし、手も汚れず、掃除も楽になります。

こねない分、発酵の時間を長めにとるので前の晩に生地を冷蔵庫に入れてけば時間を効率的に使えるので忙しい人に向いていて、発酵させすぎなどの心配もありません。

土鍋で作るパリパリでもちもちのカンパーニュのレシピをご紹介します。

食パン1斤相当の材料は、強力粉 300g、ドライイースト 1g、塩 小さじ1、水 300mlです。

作り始める前に、水を電子レンジで温めて30~40℃のぬるま湯にし、土鍋にクッキングシートを大きめに切って敷いておきます。

  1. 大きめのボウルに強力粉、ドライイースト、塩を入れて混ぜ合わせ、ぬるま湯を3回に分けて入れ、その度に菜箸やヘラを使ってよく混ぜます。
  2. しっかりと混ざったらラップをかけて、室温で12~18時間おいて発酵させます。
  3. 平らな台に打ち粉をふって生地を取り出し、手で引き延ばして外側から内側へ折り込むようにしたら折り込んだ端を真ん中で集めてまとめ、まとめた部分が下になるように土鍋に入れます。
  4. 蓋をして常温で1時間置いて発酵させたらクッキングシートごと取り出し、土鍋をオーブンに入れて230℃で予熱をし始めます。
  5. 予熱が完了したら土鍋を取り出し、クッキングシートごと生地を土鍋に入れて表面に粉をふって切込みを入れ、蓋をして30分、蓋を外して表面を15分焼きます。