キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

餃子の皮も美味しく手作り!皮がくっつく原因と対処法を解説

餃子の皮から手作りして作る料理好きの人の中には、餃子の皮がくっつく事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

せっかく作った皮がくっついてしまうと、包んだ具材が中から出てきてしまう事になります。

ここでは、餃子の皮がくっつく理由と対処法についてお伝えします。対処法をチェックして、上手に餃子を焼きましょう。

また、餃子を綺麗に約コツについてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

簡単ピザ生地レシピで自宅でも本格ピザを楽しむ!保存方法も紹介

自宅で簡単に作れるピザ生地のレシピが知りたいあなたへ。 子供が急にピザを食べたいと言い出したときで...

簡単にピザ生地を作る方法!発酵なし簡単ピザのポイントをご紹介

お家で作るピザは焼きたての熱々が食べられて、美味しいですよね。しかしふわふわのピザ生地は、パン同様に...

簡単チーズケーキは炊飯器で作れる!美味しい作り方とコツを紹介

自宅で簡単にチーズケーキを作るなら炊飯器を使った方法がおすすめです。 でも、はじめて炊飯器でチーズ...

手間いらずな簡単プリンレシピ!カラメルソースもレンジで簡単に

子供が大好きなプリン!ぷるぷるな食感がたまりませんよね。しかし手作りのプリンは意外と手間がかかったり...

豆苗ともやしで作る低価格で美味しい豚肉料理をご紹介

豆苗やもやしはスーパーでいつも低価格で販売されていて、節約の強い味方です。 ここではそんなもや...

簡単なのに美味しくパンが作れる!薄力粉(発酵なし)のパン作り

しまった!強力粉を切らしていた…しかし、そんなときは薄力粉でも簡単にパンを作ることができるんです。 ...

鶏胸肉レシピは安くて美味しいのが人気!その簡単レシピとは

鶏胸肉レシピは人気の高いジャンルのひとつです。 その理由は、安くて美味しくて栄養価も高いからです。...

簡単パンの作り方!フライパンで作る美味しいパンのレシピを紹介

自宅でパンを焼きたいと思っても、パン作りに難しいイメージを持っていてなかなか挑戦できない人もいるので...

豚挽き肉とキャベツを使ったご飯が進む簡単メインおかずレシピ

給料日前などは、冷蔵庫の中の食材が寂しくなってしまうこともありますよね。冷蔵庫の中を見ると、豚挽き肉...

夕飯のおかずの中で人気のレシピについてご紹介

夕飯のおかずを考える時に、ただ自分が食べたいものにしてしまうと、夫や子供の箸が進まない時もあります。...

【時短料理レシピ】晩ごはんに食べたいボリュームおかず

仕事を持つ主婦にとって、夕食のレシピは、短時間で作れる料理というのも、条件の1つだと思います。特に、...

なすとズッキーニをたっぷり食べられる簡単レシピ

なすやズッキーニは家庭菜園でも人気の野菜。なすとズッキーニがたくさんあるときには、晩ご飯のおかずにた...

大根を使ったおつまみを簡単に作れるレシピについて知りたい

大根は、生で食べるとシャキシャキして辛味があり、加熱すると、柔らかい歯ごたえでほのかな甘味に変わりま...

ナスとトマト缶のレシピを紹介!簡単で子供にも人気でおすすめ

ナスとトマト缶を使って作れる簡単レシピは、献立に困ったときでもすぐに作れるので人気があります。 子...

【時短弁当】便利な作り置きおかずレシピとお弁当を早く作るコツ

毎朝のお弁当作りは大変ですよね。そんな忙しい朝には、作り置きのおかずがあると大助かり。お弁当作りの時...

手作りした餃子の皮が焼く前にくっつく理由

お腹が減った時の餃子の香りは本当にたまらないものがありますよね。
餃子は男性が好むイメージかもしれませんが、女性は食べた後の臭いを気にしているだけで、味は大好きです。
もちろん大人だけではなく、子供だって大好きなメニューですよね。

そんな人気のメニューですから、市販品も冷蔵のものから冷凍のものまで数多く存在します。

自分で作った餃子は格別な美味しさですよ。
時間はかかるので忙しい時にはおすすめできませんが、休日など余裕がある時にはぜひ皮から自分で作ってみてほしいですね。

手作り餃子を作る時に注意してほしいのが、包んだ後

タネを皮で包んだらお皿に並べる人がほとんどですよね。

包んですぐに焼くなら全く問題はありませんが、早めに包んで夕食の時に焼こうと考えている人は要注意です。

餃子のタネから水分が染み出して皮がそれを吸収してしまい、お皿にくっついてしまうのです。

そーっと剥がそうとしても、水分を吸って皮が柔らかくなり脆くなっていますから、すぐに破れてしまうことがほとんどです。
上手に剥がせたとしても皮が伸びたり薄くなったりして、美味しい状態とは言えません。

手作りの餃子の皮がくっつくことを予防する方法

手作り餃子は、包んだらできるだけ早く焼くのが一番おすすめです。
ですが、たくさん作ったり、夕食前に準備しておきたいという場合には作ったそばから焼くことはできませんよね。

そんな時にお皿とくっつかないようにするには、一工夫が必要です。

お皿はどうしてもくっつきやすくなるので、クッキングペーパーを使いましょう。
これだけで少しくっつきにくくなりますが、時間の経過とともにどうしても生地がもろくなるのは避けられません。

クッキングペーパーの上に小麦粉をまぶしてから並べるのがおすすめ

生地が水分を吸って脆くなってきても、間に小麦粉があるのでサッと持ち上げることができますよ。

タネそのものが水分を含まないようにすることもポイント

餃子の作り方には色々ありますが、私が作ったいくつかの餃子のレシピを比較すると、白菜よりもキャベツを使ったレシピの方が水分の少ないタネを作ることができますよ。

また、キャベツや白菜は茹でずに使った方が焼き上がった後ジューシーに仕上がるのでおすすめです。

焼くときに餃子の皮がくっつく!手作り餃子も綺麗に焼く方法

餃子の生地がくっついてしまうのは、焼くまでの間並べている時だけではありません。
手作り餃子の場合、焼いている時にも生地がくっついてしまいますよね?

市販品でも、一度加熱してあるような商品はそれほどくっつきませんが、皮が生の状態のままのものはくっついてしまいませんか?

餃子を焼く時には、フライパンを温めて油を引いてから餃子を並べますよね。
それから蒸し焼きにするのが一般的でしょう。
残念ながらこの方法ではくっついてしまいます。

生の皮を使った時にくっつかずに焼き上げるコツは油です

餃子を並べた後、餃子の真ん中を通る様に油を回しかけます。
この一手間が、皮をくっつけないコツです。

蒸し焼きにする時には水ではなくお湯を使うこと

水を使うと温まるまでに時間がかかるので、その間に水分を吸って皮がブヨブヨになってしまいますし、くっつく可能性が高くなってしまうのです。

この2つのコツをしっかり押さえていれば、箸でサッと分けることのできる餃子に焼き上がりますよ。

餃子の皮を手作りしよう!美味しい皮の作り方

餃子は手作りしているけれど、皮は市販品を使っているという方はたくさんいらっしゃると思います。
ですが、時間によゆうがあるなら、ぜひ自分で作ることをおすすめします。

手作り餃子の皮を作るメリットは、厚さを調整できること

私は厚めの皮が好きなので、手作りする時には生地が重なり合う周りの部分は薄めに、タネをのせる中央部分は市販品よりも少し厚めに作ります。
こうすることで、出来上がった餃子は格段に美味しく、さらに自分好みの仕上がりになります。

また、中にいれる具材に合わせて薄く作る時もありますよ。
こういった調整ができるのは、手作りならではですよね。

生地で使うのは強力粉と薄力粉

  1. それぞれ100gを用意して、菜箸でかき混ぜて塊をほぐします。
  2. 塩を小さじ1/4と、熱湯を90ccを数回に分けて加えて、そのたびにかき混ぜます。
  3. ぽろぽろになって粗熱がとれたら、こねてひとまとめします。
  4. 生地を取り出して、片栗粉をまぶした台の上で生地がなめらかな表面になるまでこねていきます。
  5. こね終わった生地は2等分して千歳飴のように細長く丸めてラップに包み、冷蔵庫で寝かせます。

30分以上寝かせるので、タネ作りはここで行うと良いでしょう。

取り出した生地は普通サイズで28等分、大きめサイズで20等分くらいに分けましょう。
乾燥しないようにラップなどで保護しておき、カットした1つを手で丸めて綿棒を使って丸く成形します。

慣れるまではここが一番むずかしい作業ですが、自分好みの生地をつくる一番のポイントでもあるので、試行錯誤して楽しんでくださいね。

出来上がった生地はくっつかないように打ち粉をまぶして重ねていきます。
出来上がった生地も乾燥しないようにラップなどで包んでくださいね。

餃子の皮に羽を付けたいときは薄力粉をまぶして焼こう

美味しそうに見える餃子といえば、羽つき餃子ですよね。
お店で餃子を食べるとほとんどの場合羽つきで提供されます。
パリッと香ばしい羽は、餃子を更に美味しく引き立ててくれる存在です。

羽つき餃子は仕上げに水にといた小麦粉を流し入れて作る

また、皮に小麦粉をまぶしてから焼く方法もあります。
蒸し焼きにした時に小麦粉が水に溶けて羽つき餃子になるのです。

どちらの方法でも羽つき餃子にすることができるので、作りやすい方で良いでしょう。

羽を上手につけるためには、焦らないことです。
小麦粉の水分が飛んで。しっかりと焼けて香ばしい香りがするまでは触らずにただただ見守りましょう。
それが、失敗しないコツです。