キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚バラカレーは薄切りでもコク旨!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラ肉を使ってできるカレーは薄切り肉でも簡単に作れます。薄切りの豚バラ肉で作るカレーはコクもあり、アレンジカレーも可能です。

そこで、豚バラ薄切り肉で作るおすすめカレーレシピについてご紹介していきましょう。

食材を足したり、味付けを変えるだけで別のカレーの味わいを楽しむことができるのでおすすめです。
ぜひ参考にあなた好みのカレーを作ってみてください。

関連のおすすめ記事

豆苗と油揚げを使ってサラダを作りたい!簡単レシピを紹介します

豆苗と油揚げのサラダを作るときには、シャキシャキ感を出すためにこんなポイントがあたんです!ちょっとし...

ナス料理で夏バテ防止!美味しくて簡単なおすすめレシピを紹介

ナスは夏野菜の定番であり、ナスを使った料理を食べると夏バテを防ぐこともできます。でも、できれば暑い夏...

大根で作る夕ご飯に食べたい料理!簡単美味しいメインおかず

大根は煮物やサラダなど、食卓にもよく登場する食材です。ただ、大根料理を作る時には、下茹でが必要なレシ...

【冷凍保存のコツ】鶏肉に下味をつけた時短メニューをご紹介

仕事をしているママにとって毎日の夕飯の準備は大変なもの。お腹を空かせている子どものためにも、少しでも...

冷凍ご飯で美味しいチャーハン作り!パラパラチャーハンの作り方

冷凍ご飯は忙しいママたちの強い味方です。冷凍ご飯を使ってチャーハンを作った時、パラパラにならずにベチ...

夕ご飯を簡単に!時短できるアイデアと美味しいレシピをご紹介

お仕事をしているママたちのお悩みの一つが「夕ご飯作り」ではないでしょうか。簡単に作れる・時短できるア...

簡単パンの作り方!フライパンで作る美味しいパンのレシピを紹介

自宅でパンを焼きたいと思っても、パン作りに難しいイメージを持っていてなかなか挑戦できない人もいるので...

人気の茄子のひき肉レシピ【はさみ焼き】の作り方とアレンジ方法

茄子のひき肉レシピには麻婆茄子などいろいろありますが、その中でも人気があるのが「はさみ焼き」です。 ...

夕ご飯のおかずを簡単に決めるコツとおすすめレシピをご紹介

毎日の夕ご飯作りで、なかなかおかずが決まらずに悩むこともありますよね。忙しい日や体調が思わしくないと...

なすと大根をたっぷり食べる!今すぐできるレシピ人気をご紹介

なす×大根 夏の定番野菜&いただきもので消費に困る、なすと大根はこうして美味しく食べちゃおう!...

簡単に作れるパウンドケーキ!チョコパウンドケーキの作り方

パウンドケーキはお菓子作り初心者の方でも簡単に作れて、失敗の少ないお菓子と言えます。しかししっとりと...

焼きトマトのレシピで人気のおすすめを紹介!簡単で子供も喜ぶ

焼きトマトのレシピはとても簡単に作れるので人気があります。 トマト嫌いな子供でも焼くことで甘みを増...

【時短料理レシピ】晩ごはんに食べたいボリュームおかず

仕事を持つ主婦にとって、夕食のレシピは、短時間で作れる料理というのも、条件の1つだと思います。特に、...

丼物の美味しいレシピ!定番メニュー・人気の丼の作り方をご紹介

お腹が空いているときに食べたくなるものといえば「丼」です。ボリュームたっぷりの具材をご飯の上にたっぷ...

簡単なプリンの作り方を紹介します!子供と作るのもおすすめ

プリンは柔らかめ、硬め、甘みの強さなどそれぞれ好みがありますよね。そんな自分好みのプリンを作りたいの...

豚バラカレーは薄切り肉で簡単美味しい!おすすめレシピを紹介

こってりコク旨になる豚バラ肉を使ったカレーのレシピをご紹介します。
市販のカレールウで作るカレーも、豚バラ肉を使えばぐんとコクが増しますよ。

1人分の材料

  • 豚バラ薄切り 50g
  • じゃがいも 2個
  • 人参 3センチ
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 水 125ml
  • カレールウ 25g
  • サラダ油
  • チューブ入りにんにく 1センチ
  • チューブ入りしょうが1センチ

人参とじゃがいもの皮をむいて一口大に切り、玉ねぎの半分を薄切り、残りの半分を1センチ幅に切り、豚肉も食べやすい大きさに切ります。

鍋を熱したらサラダ油をひいてしょうが、にんにく、薄切りにした玉ねぎをよく炒め、焦がさないように注意します。

色が付いてきたら豚肉を加えて炒め、お肉が白っぽくなってきたら残りの玉ねぎ、人参、じゃがいもを加えてしっかり炒めます。

野菜の表面に火が通ったら水を加えて煮込み、アクを少しだけ取ります。

野菜が柔らかくなったら火を止めてカレールウを溶かし、もう一度加熱して焦がさないように底から混ぜて完成です。

水の量は目安を記載しましたが、使うカレールウによって違うので調節してください。

薄切りの豚バラ肉で作る酸味が美味しいカレーレシピ

水の量を減らしてトマトジュースやトマト缶をプラスすると酸味の効いたカレーになり、カフェご飯のようないつもと一味違ったカレーが楽しめます。
豚バラ肉はこってりしてしまいがちですが、トマトの酸味のおかげでさっぱりと食べられるのでおすすめです。

1人分の材料

  • 豚バラ薄切り肉 30g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • しめじ ひとつかみ
  • 人参 2センチ
  • にんにくチューブ 1センチ
  • 水 50ml、トマトジュース(有塩、無塩どちらでも可)1缶
  • 薄力小麦粉 小さじ1/2
  • カレールウ 1片
  • ウスターソース 小さじ1
  • 顆粒コンソメ 小さじ1/2
  • バター 10g
  • オリーブオイル
  1. カレールウは溶かしやすいように刻み、しめじの石づきを切り落としてからバラします。
  2. 人参と玉ねぎ1/4個分をみじん切り、残りの1/4個分を1センチ幅に切り、豚バラを一口サイズに切ります。
  3. 鍋にオリーブオイルをひいて熱したら火を弱め、にんにく、みじん切りの人参と玉ねぎを炒めます。
  4. トマトジュースと水を加えてひと煮立ちさせたら蓋をして、弱火のまま煮込みます。
  5. フライパンにオリーブオイルを少しひいて豚バラを焼き、玉ねぎとしめじを加えて炒め合わせ、玉ねぎがしんなりしてきたら薄力粉をふり入れてよく混ぜます。
鍋のトマトソースに炒めた具材を加えて馴染ませ、火を止めてカレールウとウスターソースを加えて混ぜ溶かしたらもう一度火をつけて混ぜながらとろみを付け、最後にバターを加えてコクを出します。

豚バラ薄切り肉で作る夏野菜カレーも時短でおすすめ

夏野菜たっぷりの時短カレーのレシピをご紹介します。

1人分の材料

  • 豚バラ薄切り 50g
  • ズッキーニ 1/3本
  • ナス 1/2本
  • ゴーヤ 3センチ
  • サラダ油
  • 塩こしょう
  • 水 100ml
  • カレールウ 2片
  • ごはん 1膳
  1. 豚肉を食べやすい大きさに切り、ズッキーニとナスを1センチ幅の半月切り、ゴーヤを半分に切ったらワタを取って5ミリ幅に切ります。
  2. ご飯をカレー皿の片側に寄せて盛り付けます。
  3. フライパンを火にかけてサラダ油をひき、豚バラ、ナス、ズッキーニ、ゴーヤの順に加えながら炒めます。
  4. 全体がしんなりしてきたら塩こしょうでさっと味付けをして、ご飯の隣に盛り付けます。そのままのフライパンに水を入れて火にかけ、沸いたら火を消してカレールウを混ぜ溶かし、もう
  5. 一度火にかけてとろみを付けたら野菜とご飯にかけます。
仕上げに粉チーズやドライパセリをふるとよく合い、本格的な見た目になっておすすめです。

まるでお蕎麦屋さんのような豚バラ和風カレーも紹介

お蕎麦屋さんのような美味しい和風カレーのレシピをご紹介します。

1人分の材料

  • 豚バラ薄切り 60g
  • 長ネギ 10センチ
  • ゴボウ 5センチ
  • カレールウ 1片
  • めんつゆ 大さじ1
  • 水200ml
  • 水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1/2、水 1/2)

長ネギを小口切りにし、ゴボウはささがきにし、豚肉を食べやすい大きさに切ります。
フライパンに豚肉を入れてから加熱し、豚肉に火が通ってきたら長ネギとゴボウを加えて炒め、しんなりしてきたらみずとめんつゆを加えます。

5分煮込んだら火をとめ、カレールウを溶かしてもう一度加熱し、水溶き片栗粉を回し入れてよく混ぜてとろみを付けたら完成です。

薄切り豚バラカレーを隠し味で美味しく仕上げましょう

豚バラの脂でコクが出て美味しいカレーにもう一味、隠し味を加えてもっと美味しいカレーにしてみましょう。

カレーにコクをプラスしたい時には、チョコレートをプラスし、甘みが気になる時にはブラックチョコレートを使ってください。

お店のカレーのような本格的な欧風カレーに近づけるにはインスタントコーヒー、和風なカレーにしたい時にはしょうゆ、酸味を加えたい時にはケチャップ、甘みと酸味をバランス良く加えたい時にはりんごジャムがおすすめです。

また、お水の量を少し減らして赤ワインをプラスすると味の深みが増し、ビールでも同じような効果が得られます。