丼物の美味しいレシピ!定番メニュー・人気の丼の作り方をご紹介

お腹が空いているときに食べたくなるものといえば「丼」です。ボリュームたっぷりの具材をご飯の上にたっぷり乗せた丼を想像しただけで、食欲がそそられる人もいるのではないでしょうか。

丼は、時間がなくて忙しいときでも家族のお腹を満たしてくれる美味しい料理です。人気の定番丼の作り方を知って、家族のお腹を満たしてあげましょう。

ここでは、料理初心者の人でも作りやすいように、定番で人気の丼メニューの作り方についてお伝えします。

美味しい丼を作り、笑顔で食卓を囲みましょう。

関連のおすすめ記事

ナスの炒め物を作ろう!人気の炒めものレシピと下ごしらえ方法

炒め物をする時の具材として人気が高いナス。油を使ってナスを調理すると、ナスの美味しさを更に引き出すこ...

簡単チョコケーキは炊飯器で作れる!人気おすすめレシピを紹介

簡単にチョコケーキを作るなら炊飯器を使った方法がおすすめです。炊飯器を使っても美味しいチョコケー...

豚バラチャーシューはおもてなしに最適!炊飯器で作る簡単レシピ

自宅に職場の同僚や友人、旦那の知人などを招いてホームパーティーをする際には、テーブルに並べる料理や品...

ナスをサラダで食べよう!子供も喜ぶ簡単サラダの作り方を大特集

ナスを使って料理するといえば、炒めものが一番多いのではないでしょうか。私も自宅では麻婆茄子やごま油炒...

冷凍そばのおいしい解凍・冷凍方法!アレンジレシピをご紹介

冷凍食品は忙しいときに活用したい便利なアイテムです。冷凍のそばをよく活用するという人もいるのではない...

冷凍シュウマイのアレンジ術、冷凍食品が苦手な人必見です

冷凍シュウマイが苦手という方も実は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたい、冷凍シュウ...

豚ひき肉と白菜の丼!同じ材料でも味付け次第で和にも洋にも

今日は買い物に出掛けたくない!家の冷蔵庫の中に入っているもので、何とか料理を作りたい!そんな日ありま...

豚ひき肉レシピは子供にも人気!簡単に作れて美味しいを紹介

豚ひき肉を使ったレシピは子供にも人気があり、簡単に作れるレシピも多いので料理が苦手な人でも豚ひき肉は...

シュウマイを簡単に作るならレンジが◯!シュウマイの作り方

シュウマイを食べたいけれど、わざわざ蒸し器を出すのが面倒…そんなときには簡単に作れるレンジシュウマイ...

簡単アイスクリームの作り方!自由研究にまとめるアイデア

お子様の自由研究に料理を題材にするものも人気です。お子様の大好きなアイスクリームをテーマにまとめたい...

ハズレ無し?冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺の簡単なアレンジ方法

ちゃんぽんが好きな方は、冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺を冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか?...

なすと大根をたっぷり食べる!今すぐできるレシピ人気をご紹介

なす×大根夏の定番野菜&いただきもので消費に困る、なすと大根はこうして美味しく食べちゃおう!...

簡単にパンを発酵なしで作れるレシピについて知りたい

パン作りと聞いたら、材料を混ぜて、一生懸命こねて、長い時間発酵させてから焼くような難しいイメージを抱...

餃子の皮を使ったおつまみは超美味、簡単にできるおつまみレシピ

餃子の皮が余ったら、今晩のおつまみに利用してみては?どれも簡単にできて、大人も子供も喜ぶ料理に生まれ...

簡単なパウンドケーキの作り方しっとりさせるポイントとコツ

パウンドケーキを作ってみたらなんだかパサパサに仕上がってしまった…レシピの通りに作っているのになぜし...

みんなに人気の丼メニュー・親子丼の美味しいレシピ

丼メニューの定番、親子丼の基本のレシピをご紹介します。

2人分の材料は、ご飯 2膳、鶏もも肉 1枚、玉ねぎ 1/2個、卵 2個、みつ葉、調味料(和風だしの素 小さじ1、水 100ml、醤油 大さじ3、お酒 大さじ3、みりん 大さじ3、砂糖 大さじ1)です。

  1. まずは野菜を切って準備をするので、玉ねぎを1センチ幅、鶏もも肉を2センチ角ほどの大きさ、みつ葉を長さ2センチに切り、ボウルに卵を割り入れて溶いておきます。
  2. 鍋に調味料を全て入れて火をつけ、沸騰したら鶏肉と玉ねぎを入れて完全に火が通るまで煮込みます。
  3. 玉ねぎもしんなりするまで煮込んだら卵の半分を回し入れ、菜箸でゆっくり大きく混ぜたらそのまま30秒ほど煮込み、だいたい火が通ったら残りの卵を回し入れて30秒煮込んで火を消し、蓋をしてそのまま置きます。
  4. 余熱で卵が半熟になるまで火が通ったら丼に盛り付けたご飯の上にのせ、仕上げにみつ葉を散らします。
香ばしさをプラスしてお店のようなワンランクアップの親子丼を作るには、鶏肉を切る前に先に皮目をパリッと焼き色が付くまで焼いてから切って煮込むといいですよ。

卵を2回に分けて入れることで均等に火が入り、半熟のとろとろ卵にしやすくなります。
また、親子丼には豆苗やしめじ、にんじん、タケノコがよく合うので、野菜を足して見た目も鮮やかでボリュームアップしてみましょう。

定番・人気の丼メニュー・かつ丼の作り方

もうひとつ丼メニューの定番、かつ丼の作り方をご紹介します。

2人分の材料は、ご飯 2膳、豚ロース肉(とんかつ用の厚みがあるもの) 2枚、玉ねぎ 1/2個、卵 3個、調味料(水 150ml、お酒 大さじ2、みりん 大さじ2m和風だしの素 小さじ1、醤油 大さじ2、砂糖 大さじ1)、塩こしょう、小麦粉、パン粉、揚げ油です。

  1. まず始めにトンカツを作りましょう。
    豚肉が丸まらないように脂身と赤身の間の筋に縦に切れ込みを入れ、包丁の背でたたいて柔らかくします。
  2. 卵1個を割って溶き、半分に分けます。
    半量の卵に分量外の水 大さじ1を加えてよく混ぜます。
  3. 豚肉に塩こしょうを振ったら小麦粉をまぶして卵にくぐらせ、パン粉を付けます。
    揚げ油を熱してトンカツを揚げ、油を切ってからそれぞれ5等分に切っておきます。
  4. 次に、卵2個を割って溶き、先ほど残しておいた半量の卵も加えます。鍋に調味料を入れて火にかけ、煮立ったら玉ねぎを加えて柔らかくなるまで煮込み、トンカツを形を崩さないように加え、卵の半分を回し入れて箸で少し混ぜて30秒煮ます。
  5. 残りの卵を加えてさらに30秒煮たら、火を止めて蓋をします。余熱で1分加熱したら、器に盛ったご飯の上にのせて完成です。
卵を加える前のトンカツを煮る時間は衣のサクサク感を残したい時には短く、衣をふんわりトロトロにしたい時には長くするなど、好みに合わせてくださいね。

牛丼でお腹を満たそう!丼の人気メニュー・牛丼のレシピ

人気の丼、牛丼のレシピをご紹介します。

2人分の材料は、ご飯 2膳、牛こま切れ肉 250g、玉ねぎ 1個、しょうが 1片、調味料(水 200ml、醤油 大さじ4、お酒 大さじ3、みりん 大さじ3、砂糖 大さじ3、和風だしの素 小さじ1)、紅ショウガです。

  1. 玉ねぎの皮をむいたら2等分にし、繊維の向きと直角になるように1センチ幅で切り、しょうがを水で洗って水気を拭いたら皮ごとスライスして千切りにします。
  2. 鍋に調味料、玉ねぎ、しょうがを入れたら火にかけ、煮汁が沸騰したら牛肉を加え、菜箸でかたまりを手早くほぐします。
  3. アクが出てきたら少しだけ取り、火加減を弱めて落し蓋をします。
  4. 20分ほど煮込んで具材に煮汁が染み込んで柔らかくなったら、丼に盛ったご飯の上に具材をのせ、煮汁を回しかけて紅ショウガを添えます。

ご飯が美味しい丼メニュー・豚丼の作り方

濃い目のタレが食欲をそそる、北海道十勝地方の人気のご当地メニュー、豚丼の作り方をご紹介します。

2人分の材料は、ご飯 2膳、豚ロース肉(スライス) 400g、タレ(醤油 大さじ4、みりん 大さじ1、砂糖 大さじ2)、粉山椒です。

  1. 熱したフライパンに薄く油をひき豚肉をさっと焼いて取り出します。
  2. そのままのフライパンにタレの材料を入れて煮詰め、お肉を戻し入れてよく絡めます。
  3. 器に盛ったご飯にお肉を盛り、タレを回しかけて山椒を振ったら完成です。

お好みで温泉卵やチーズなどをトッピングして食べるのがおすすめです。

調理も簡単!鶏そぼろ丼の作り方

簡単な基本の鶏そぼろ丼の作り方をご紹介します。

2人分の材料は、鶏ひき肉 200g、チューブ入りしょうが 3センチ、醤油 大さじ1、お酒 大さじ2、みりん 大さじ1、砂糖 大さじ1です。

  1. 鍋にお酒、みりん、砂糖、醤油、しょうがを入れて混ぜ、火にかけます。
  2. 鶏ひき肉を加えたら、菜箸を4本持ってパラパラになるように炒めます。
  3. 煮汁が無くなったら、器に盛ったご飯にのせて完成です。

醤油を減らして味噌を加えたそぼろや、子供用に甘めに作ったり、大人用にコチュジャン入りで作るのもおすすめですよ。

基本のそぼろの他に、砂糖と塩を加えて細かめのいり卵を作って2色の親子そぼろ丼や、さらに茹でたきぬさやを刻んだものと一緒にご飯にのせると3色丼を簡単に作ることができます。