ナスとトマト缶で作る簡単美味しいパスタ!【簡単レシピ】

ナスがたくさんある時には、常備してあるトマト缶を使って今晩の夕食に美味しいパスタはいかがですか?
そこで、ナスとトマト缶を使った美味しいパスタレシピをご紹介します。ナスとトマト缶は相性抜群!ジューシーなナスとトマト缶で簡単に美味しいパスタが完成します。
また、ナスの上手な保存方法についてもご紹介していきます。

関連のおすすめ記事

電子レンジでも卵料理ができる!お弁当にぴったりな卵料理

朝はお弁当作りに朝食作りにと、主婦にとって忙しい時間ですよね。お家のコンロも全てフル活動、空き待ちに...

唐揚げをフライパンで揚げるときの時間は何分?唐揚げの作り方

唐揚げをフライパンで作るときにはどのくらいの時間、揚げたらいいのでしょうか?少量の油で揚げ焼...

冷凍バナナの保存方法と、美味しいレシピについてご紹介

冷凍させても美味しい果物のひとつにバナナがあります。バナナが皮付きだからといって、そのまま冷凍庫...

卵の消費に!子供のおやつに作りたい簡単美味しいお菓子レシピ

冷蔵庫に賞味期限の近い卵があると、何を作って使い切ろうかと悩む方も多いと思います。卵料理ばかりが続く...

簡単パン作りを発酵なしで!美味しく作るコツやおすすめレシピ

自宅で簡単にパン作りをしたいなら、発酵なしでも作れるパンがおすすめです。発酵は時間も手間もかかる...

大根を使った簡単副菜レシピ。洋風で美味しいおかず

食卓に、もう1品欲しいという時に、大根を使った副菜を作ることもあると思いますが、大根を使ったレシピは...

鶏モモ肉で簡単・時短調理!美味しいレシピと時短のコツを大公開

大人から子供まで人気の食材「鶏モモ」を使って、簡単でしかも時短で作れるレシピについてお伝えします...

冷凍の餃子を使った簡単美味しい食べるスープレシピ

冷凍庫にある冷凍の餃子は、焼いても美味しいですが、スープとしても美味しく食べることができます。そ...

簡単ピザ生地のレシピとフライパンで焼くおいしいおすすめピザ

ピザが食べたい時はどうしていますか?ピザを作ろうと思うと一番ハードルが高いのはピザ生地ではないで...

簡単チョコケーキを濃厚に美味しく作るコツやおすすめレシピ

簡単に自宅でチョコケーキを作るなら、やっぱり濃厚に美味しく作りたいですよね。家で美味しい濃厚チョ...

間違いなくご飯が進む夕食レシピは豚肉と玉ねぎとピーマンで作る

家の中に食べざかりの子どもがいると、旦那にも子どもにもお腹にたまる食事を作ってあげたい!とは思うもの...

豚肉と春雨とキャベツで作る簡単夕食レシピ3選と時短調理の工夫

家事に育児に忙しい主婦にとって、平日の夕食準備は時間との戦いですよね。子供のお迎えに行く前後に買...

簡単に出来た!朝ごはんに卵が食べたい時のお米やパンのレシピ

毎日の朝ごはん、今日は何にしようかと悩んでしまいますね。忙しい朝は出来るだけ時間をかけずに、...

簡単にチャーハンをレンジで作れるレシピをご紹介

チャーハンを作りたいと思ったら、普通であればフライパンを使います。しかし、フライパンは大きくて洗...

ナスとパプリカと鶏肉を使って出来るレシピ

自宅に彼氏が来たり、お客様が来る時に何かご馳走を作ろうと思ったら、見栄えも良くて美味しいものが良いで...

ナスをたっぷり使ったトマトソースパスタ

ナスをたくさん食べたくなるトマトソースパスタのレシピをご紹介します。

4人分の材料は、なす 4本、玉ねぎ 1個、ベーコン 4枚、にんにく 2片、オリーブオイル 大さじ6、スパゲティ 4束、塩、粉チーズです。
ソースの材料は、トマト缶 2缶、塩こしょう、しょうゆ 大さじ1です。

  1. ナスを洗ってヘタを切り落としたら厚めの斜め薄切りにし、玉ねぎも薄切り、ベーコンは1センチ幅、にんにくの皮をむいたらみじん切りにします。
  2. 鍋にたっぷり水を入れて沸かし、フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて火にかけ、にんにくがよく香ってきたらベーコン、ナス、玉ねぎの順に入れて炒め合わせ、ソースの材料を加えて煮込みます。
  3. 鍋のお湯が沸いたら分量外のオリーブオイルと塩を入れて時間通りにスパゲティを茹で、茹で上がったらフライパンのソースとよく絡め、盛り付けて粉チーズをふります。

ひき肉を入れてボリュームアップ、ナスとトマトのミートパスタ

ナスを具にして食べ応えのあるミートソースパスタ

1人当たりの材料は、スパゲティ 1束、ナス 1/2本、ひき肉 50g、玉ねぎ 1/4個、にんじん 2センチ、カットトマト缶 1/4、顆粒コンソメ 小さじ1と半分、ケチャップ 小さじ1/2、砂糖ひとつまみ、オリーブオイル、粉チーズです。

  1. ナスのヘタを切り落として乱切り、玉ねぎとにんじんの皮をむいてみじん切りにしますが、野菜の食感を残すように大きめに刻むと食べ応えを感じられます。
  2. 鍋にたっぷり水を入れて火にかけ、フライパンにオリーブオイルをひいて火にかけたらひき肉を炒め、色が変わってきたらナス、玉ねぎ、にんじんを加えて炒め、ナスがしんなりしてきたらトマト缶、ケチャップ、コンソメ、砂糖を加えて煮込みます。
  3. 鍋のお湯が沸いたら分量外の塩とオリーブオイルを少し加えて時間通りにスパゲティを茹で、お湯を切ったらフライパンのソースとよく絡ませて盛り付け、粉チーズをふります。

他にもしめじなどのきのこ類を足しても美味しく、食感のアクセントになっておすすめです。

ナスとサバ缶で作るサバのトマトパスタ

栄養たっぷりのサバ缶とナスを使ったトマトパスタのレシピをご紹介します。

サバ缶を汁ごと使うことで味に深みが増し、具だくさんのトマトソースになりますよ。

4人分の材料は、スパゲティ 4束、サバの水煮缶 2缶、トマト缶 2缶、キャベツ 半分、ナス 2本、オリーブオイル、チューブ入りにんにく 大さじ1、しょうゆ 大さじ1、お酒 大さじ3、みりん 大さじ3、砂糖 大さじ1、塩こしょう、粉チーズです。

  1. 鍋に水を入れて火にかけ、沸くまでの間にナスを乱切りにして水にさらしてあく抜きをし、キャベツをナスの大きさに揃えるように切ります。
  2. お湯が沸いたら袋に書かれている時間通りにスパゲティを茹で、茹で上がるまでの間に、オリーブオイルとにんにくを入れて加熱したフライパンでナスとキャベツをしんなりするまで炒めます。
  3. サバ缶を汁ごと加えてヘラでざっくりほぐしたらトマト缶を加えて塩こしょうして煮込み、スパゲティが茹で上がったらお湯を切ってフライパンで絡めて盛り付け、粉チーズをまぶします。

知っているようで知らないトマト缶の使い分けのコツ

トマト缶には「ホールトマト」と「カットトマト」といった種類の缶詰が売られていますが、味や使い方にどのような違いがあるのか知っていますか?

「ホールトマト」にはイタリア原産の細長い品種のトマトが使われていて加熱することでより美味しくなる品種なので、皮をむいてから丸ごと水煮にしていてトマト全体の甘みやうま味が濃縮されています。
潰してから煮込み料理などに使うことで美味しさを最大限に味わうことができます。

木べらなどで潰して使う方が多いと思いますが、美味しさをより引き出して使うにはホールトマトの潰し方がポイントです。

手でギュッと握りつぶすようにして、果実と種をしっかり馴染ませましょう。
使う直前にボウルなどにあけて、何度か握り潰しましょう。
そうすることで、均等に加熱されてうま味が引き出しやすくなります。

「カットトマト」は皮をむいたトマトを角切りにして種を取り除いてから水煮にしています。
種の部分がないのでホールトマトより酸味が少なく、その分果肉の美味しさが際立ちます。
トマトの果実感を生かすようなミネストローネなどのスープやそのままドレッシングに使うなど、そのままか、さっと火を通すくらいで食べるのに向いています。
スープに使う場合には火を通しすぎないように、最後に加えるようにしましょう。

また、トマトの水煮を裏ごしして煮詰めた「トマトピューレ」は、煮詰めてうま味が凝縮されているので、カレーなどの煮込み料理に少し加えると深い味わいになります。

カットされているかどうかだけの違いだと思っていましたが、味わいも違うとは驚きですね。
どんな料理に使うのかによって使い分けをしてみましょう。

ナスの美味しさをキープする保存方法

様々な料理に大活躍のナスですが、上手に保存しないと美味しさがかなり失われてしまいます。

美味しさを保つ保存方法をご紹介します。

冷蔵保存

ほとんどが水分でできているナスは、そのまま冷蔵庫に入れると乾燥して水分が抜け、あっという間にしなびてしまいます。
また、近年ではハウス栽培がされていて一年中購入することができますが、本来は温かい時期に作られる野菜なので寒さに非常に弱い野菜のひとつです。
丸ごと冷蔵庫で保存する場合には、新聞紙で包んでポリ袋などに入れます。
低温障害で種の周りが変色してくるので、なるべく早く使いきりましょう。

冷蔵庫ではおよそ1週間保存することができます。

冷凍保存

冷凍するイメージの少ないナスですが、冷蔵庫で保存している期間に使い切れないような時には思いきって冷凍しましょう。
生のナスを冷凍すると調理した時に味が染み込みやすくなり、加熱時間も短くて済むようになるので、使いやすい大きさに切ってアクを抜いたら水気を拭き取って冷凍用の保存バッグに入れて冷凍します。
冷凍保存した場合には1か月以内に使いきるようにしましょう。

美味しいナスの選び方

水分の抜けてない、ハリと艶のあるものを選びましょう。
新鮮さは、ヘタのトゲで見ることができます。

トゲがしっかりしたものは鮮度が落ちていない証拠ですよ。
また、色の濃いものを選ぶとポリフェノールなどの栄養が多くなっています。