夜ご飯の献立をヘルシーにするには?体に優しいがポイント

夜ご飯の献立をヘルシーにするにはどんなポイントがあるのでしょうか。

疲れて帰ってきて、夜ご飯の準備をするのは大変ですよね。ついついカップラーメンに手が伸びがちな夜ご飯ですが、その1食をヘルシーな献立に変えていきましょう!

あまりにもヘルシーにしすぎると物足りなくなってしまうので、かさ増しや噛む回数が増えるような献立がおすすめです。

関連のおすすめ記事

ハズレ無し?冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺の簡単なアレンジ方法

ちゃんぽんが好きな方は、冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺を冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか?...

簡単美味しいおつまみをレンジを使って作りたい

簡単なおつまみを食べたいと思った時に、大活躍するのが電子レンジです。お皿の上で加熱するだけで出来...

簡単チャーハンレシピのおすすめを紹介!自宅でも美味しく楽しむ

自宅で簡単にチャーハンを作るなら、やっぱり美味しく作れるレシピが知りたい。自宅でもまるでお店のよ...

時短レシピも家族の人気1位の料理に。おすすめ時短レシピとコツ

時短レシピと聞くと手抜き料理のような印象が強いですが、時短レシピだって家族の人気1位レシピになります...

簡単な手作りアイスの作り方を紹介!甘さも自分好みにできます

アイスは買うものと決めつけてはいませんか?実はアイスは簡単に作ることができるんです。買ってき...

鶏肉で作る時短料理。忙しい主婦を助ける美味しい下味冷凍レシピ

平日は家に帰るのが遅くなり、夕ごはんの準備がいつも遅くなってしまうという方も多いと思います。そんな忙...

ナスはトマトソースと相性抜群!ひき肉を使ったボリュームおかず

今日の晩ごはんは何にしようか、と悩んでいる方も多いと思います。冷蔵庫をのぞいた時に、ひき肉とナスがあ...

大根で作る夕ご飯に食べたい料理!簡単美味しいメインおかず

大根は煮物やサラダなど、食卓にもよく登場する食材です。ただ、大根料理を作る時には、下茹でが必要なレシ...

ナスとズッキーニの夏野菜と鶏肉を使ったボリュームおかず

ナスやズッキーニは夏野菜の代表。ナスとズッキーニがある時には、鶏肉と合わせて美味しい一品を作ってみま...

簡単にできるおつまみ!今すぐできるきゅうりを使ったレシピ

家庭菜園をされる方は、手軽で簡単に作れることから、きゅうりを栽培している方も多いと思います。また夏に...

餃子の皮で、手作りおやつ!簡単レシピをご紹介

餃子の皮は、余りがちな食材のひとつです。他の料理のも活用できますが、おやつの材料としても使うこと...

豚挽き肉とキャベツを使ったご飯が進む簡単メインおかずレシピ

給料日前などは、冷蔵庫の中の食材が寂しくなってしまうこともありますよね。冷蔵庫の中を見ると、豚挽き肉...

簡単なのに美味しくパンが作れる!薄力粉(発酵なし)のパン作り

しまった!強力粉を切らしていた…しかし、そんなときは薄力粉でも簡単にパンを作ることができるんです。...

【簡単チーズケーキ】人気のチーズケーキの簡単な作り方をご紹介

チーズケーキは人気のケーキの1つ、ケーキ屋さんに行くと必ず選ぶという方も、少なくはないですよね。...

【冷凍保存のコツ】鶏肉に下味をつけた時短メニューをご紹介

仕事をしているママにとって毎日の夕飯の準備は大変なもの。お腹を空かせている子どものためにも、少しでも...

夜ご飯の献立に取り入れたいパッとできるヘルシー丼

社会人で一人暮らしをしている方だと、疲れて夜ご飯がコンビニ弁当やカップラーメンになりがちという方もいるでしょう。
たまにならいいのですが、毎日のようにだとバランスも偏りがちになりますし、摂取カロリーも高くなります。

健康のためにもヘルシーに食べられて、さらに作り方もそれほど面倒ではないレシピを紹介していきます。

まずは困ったときの強い味方、丼の紹介です。

マグロのヘルシー丼

材料

  • ご飯      1膳
  • マグロ     100g程度
  • 豆腐      60g
  • 醤油      大さじ1.5~2
  • オリーブオイル 大さじ1.5~2
  • レモン汁    小さじ1
  • 砂糖      小さじ1~1.5

作り方

  1. 醤油、オリーブオイル、レモン汁、砂糖を混ぜ合わせ、マグロを漬けて味を染み込ませます。
    マグロは切ってから漬けると、一つ一つに味が染みやすいです。
  2. ご飯に水切りをした豆腐と、漬けておいたマグロを乗せます。
  3. マグロを漬けておいたタレもまんべんなくご飯と豆腐にかけて下さい。

お好みで大葉や海苔を細切りにして乗せると、見た目にも美味しそうですし栄養もプラスされます。

好きな方はアボカドも一緒に乗せると、味わいにコクが出ますね。

夜ご飯の献立は減らすのではなくヘルシーにかさ増しがおすすめ

カロリーを気にする方だと、つい夜ご飯の量を少なくしがちですが、ご飯を少なくするのは健康面が心配です。

理想は満足感のあるヘルシーレシピなので、ヘルシーなものであればかさ増ししてお腹を満たして下さい。

例えばドライカレーを作るとき、ひき肉を使いますよね。
ひき肉と同量くらいのおからや高野豆腐をプラスすると、肉をたっぷり食べている満足感を得ながらもヘルシーな献立が完成します。

カレーの味がしっかりあるので、ひき肉を食べている感覚とそれほど変わりません。

おなじみのかさ増しですが、ハンバーグを作るならやはり豆腐ハンバーグが断然ヘルシーです。個人的には豆腐を入れても肉の味はしっかり感じられますし、それでいてさっぱりとしているので普通のハンバーグよりも食べやすい印象があります。しっかり水分を切ることが美味しく作れるポイントです。

夜ご飯の献立は噛みごたえのあるもので満腹感をプラス

ヘルシーな夜ご飯にすることも効果的ですが、たくさん噛むこともとても大切です。

同じ食事であっても噛む回数を多くすると、消費エネルギーがアップするので結果体にとってはヘルシーな食事に変化してくれるのです。

たくさん噛んでから飲み込む方が消化にかかる負担も軽減されるので、体そのものの健康にもつながります。
食後に胃腸の違和感を感じることがある方は、噛む回数を意識的に増やしてみて下さい。

歯ごたえのある食材をプラスすると、自然と噛む回数も多くなるので取り入れてみて下さい。

  • イカ、タコ
  • 海藻
  • 根菜類
  • 乾物

などを料理にプラスして使うと、噛みごたえのある夜ご飯に簡単に変身させることが出来ます。

夜ご飯に麺を食べたいときはヘルシーうどん

うどんも簡単に作れるヘルシーメニューの一つです。

うどん自体にはクセがないので、いろいろな食材との相性も抜群です。

うどんがメインの献立になると炭水化物の量が多くなるので注意しましょう。

一番ヘルシーなうどんとして思いつくのは、野菜たっぷりのサラダうどんです。

サラダうどんに乗せる野菜は特にルールがあるわけではないので、好きな野菜や海藻を乗せて麺つゆで味付けをすると完成します。

野菜や海藻だけでは物足りない方は、ツナ缶をプラスすることがおすすめです。
ヘルシーさはそのままに、コクと旨みはアップします。

ツナの油を切った方が、よりヘルシーになるので参考にして下さい。

辛味が食欲をそそる、キムチうどんもおすすめです。

こちらも作り方は非常に簡単で、キムチと納豆をうどんに乗せるだけです。
お好みできゅうりやネギをトッピングしても美味しいですし、卵黄を乗せるとコクとまろやかさが引き立ちます。

夜ご飯をヘルシーにするコツを紹介

夜ご飯をヘルシーにするためにおすすめな食材やかさ増しについて紹介してきました。

他にもヘルシーにするためのコツがあるので、食材選び以外にも心がけてみると相乗効果が得られそうですね。

冷たいより温かい

冷たい食事は体を中から冷やすことになります。
夏の暑い時期ならいいですが、頻繁に冷たい食事を摂っていると血行不良の原因になることもあります。

血行不良になると、体にとってメリットになることはほとんどありません。

同じくうどんを食べるなら、冷たいうどんより温かいうどんの方が消化もしやすくヘルシーと言えます。

冷たい食事になる場合も、汁物や飲み物で体に温かさをプラスして下さい。

汁物を夜ご飯のお供に

汁物は栄養を取り入れやすいのにカロリーが少なく、体をしっかり温めながらも満腹感を与えてくれます。

ヘルシー志向の女性には最強のお供と言えるのではないでしょうか。

具によって栄養価を高くすることも出来ますし、足りない栄養を整えてくれることも出来ます。

カロリーを気にして夜ご飯をヘルシーにしようと思うと、食事の量や質が低下して不健康なダイエットになってしまうことが多いですが、これは非常に危険です。

ダイエットをするにしても、健康的でなければ意味がありません。

ちょっとした一工夫がヘルシーな夜ご飯を叶えてくれるので、きちんと満腹感を満たす食事を心がけましょう。