キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

【時短弁当】便利な作り置きおかずレシピとお弁当を早く作るコツ

毎朝のお弁当作りは大変ですよね。そんな忙しい朝には、作り置きのおかずがあると大助かり。お弁当作りの時短にも、夕飯のおかずにもなるおかずを常備しておきましょう。
そこで、お弁当のおかずにおすすめの、便利な作り置きレシピをご紹介します。
朝のお弁当作りを少しでも楽にするために、作り置きのおかずや冷凍おかずがあると便利です。朝の慌ただしい時間を乗り切るためのお弁当作りのコツです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【時短レシピ】夕食に食べたいボリューム丼!簡単・美味しい丼

働く主婦にとって、夕食作りは時間との戦いです。仕事から帰ってきて、息をつく暇もなく、夕食作りが始まり...

冷凍ご飯の賞味期限【炊き込みご飯編】賞味期限と保存・解凍方法

炊き込みご飯を作り過ぎてしまったとき、勿体無いからそのまま保存をしてまた食べたいと考えるものです。 ...

【丼レシピ】子供に人気の簡単美味しい丼メニュー

休日のランチや、旦那のいない日の夕食など、「今日は、簡単にできる丼ものにしようかなぁ」と、思うことも...

簡単だけど美味しい!冷凍のフライドポテトをレンジでアレンジ

冷凍フライドポテトをレンジで調理したいときには、こんなアレンジがおすすめです。 できるだけ火を...

冷凍ご飯のレシピ集。色々な雑炊の作り方や簡単で美味しいレシピ

お米を多めに炊いて1食分ずつ冷凍する方法は節約になりますし、炊飯の手間が省ける便利な方法なので実践し...

夜ご飯の献立をヘルシーにするには?体に優しいがポイント

夜ご飯の献立をヘルシーにするにはどんなポイントがあるのでしょうか。 疲れて帰ってきて、夜ご...

簡単パンの作り方!フライパンで作る美味しいパンのレシピを紹介

自宅でパンを焼きたいと思っても、パン作りに難しいイメージを持っていてなかなか挑戦できない人もいるので...

夕飯を簡単に済ませたい時のおすすめレシピと時短料理のポイント

夕飯を簡単に済ませたい時、パパっと作れるレシピがあれば嬉しいものです。 仕事がちょっと遅くなっ...

簡単チャーハンは卵なしでも美味しく作れる!おすすめレシピ

簡単にチャーハンを作りたいけど家に卵がないときは、卵なしでチャーハンを作ってみましょう。 卵なしで...

焼きトマトのレシピで人気のおすすめを紹介!簡単で子供も喜ぶ

焼きトマトのレシピはとても簡単に作れるので人気があります。 トマト嫌いな子供でも焼くことで甘みを増...

簡単にチャーハンをレンジで作れるレシピをご紹介

チャーハンを作りたいと思ったら、普通であればフライパンを使います。 しかし、フライパンは大きくて洗...

豚肉・チーズ・じゃがいもで作る晩ご飯に食べたい美味しいおかず

じゃがいもとチーズは相性の良い食材です。そこに豚肉をプラスすると、食べごたえのあるメインのおかずにな...

簡単にパンを発酵なしで作れるレシピについて知りたい

パン作りと聞いたら、材料を混ぜて、一生懸命こねて、長い時間発酵させてから焼くような難しいイメージを抱...

人気の茄子のひき肉レシピ【はさみ焼き】の作り方とアレンジ方法

茄子のひき肉レシピには麻婆茄子などいろいろありますが、その中でも人気があるのが「はさみ焼き」です。 ...

冷凍ご飯で美味しいチャーハン作り!パラパラチャーハンの作り方

冷凍ご飯は忙しいママたちの強い味方です。冷凍ご飯を使ってチャーハンを作った時、パラパラにならずにベチ...

スポンサーリンク

お弁当作りの時短に作り置きおかずが便利。切り干し大根の煮物レシピ

まずはおかずの定番である切り干し大根の煮物のレシピを紹介します。

下ごしらえをする

  1. 洗って水で戻した切り干し大根、にんじんを切ります。お弁当に入れやすいように少し小さめの細切りにしましょう。
  2. 切り干し大根の戻し時間は20~25分ほど必要なので、その間に油揚げの油抜きもします。
  3. 油揚げはそのままだと、中に油が大量に含まれているため味の染み込みも悪い上にくどくなるためです。
  4. 熱湯をかけて油抜きし、さらにキッチンペーパーで抑えてしっかり油と水気を切りましょう。
    その後食べやすい大きさにカットします。

鍋に入れて煮る

  1. 火の通りにくいものから加熱します。人参を炒め、次に油揚げを炒め、最後に切り干し大根を炒めたあとに、酒とみりんと醤油を大さじ2ずつ入れて汁気がなくなるまで中火で煮ます。
  2. 甘めの方が好きなら砂糖が入ってもいいですし、最後に塩で味の調整も出来ます。

焦げないように時々混ぜてください。

大体冷蔵庫で4~5日の保存が可能です。大量に作ってもお米の炊飯器に混ぜて炊き込みご飯にしたり、細かく刻んで卵焼きに混ぜてもいいので何かと助かるメニューです。

お弁当に入れたい作り置きおかず、ご飯の進むポークチャップ

豚肉のお弁当のおかずにぴったりなしっかり味のおかずといえばポークチャップです。

スライスで作る人も多いですが、ブロック肉を小さく切って作る人もいます。どれにしても美味しいのでぜひおすすめです。

作り方を簡単に紹介します。

材料を切る

  1. スライスの豚肉なら3cm幅くらいに、ブロックであれば1cm角の3cmくらいの長さに合わせて切ります。
  2. ポリ袋に小麦粉と一緒にれて捻ってからシャカシャカ振って全体的に小麦粉をまぶします。
  3. 玉ねぎはくし切りに、舞茸やエリンギは食べやすい大きさにほぐすか切ります。きのこはお好みで、しめじにしても美味しいです。

肉と野菜を炒める

  1. 豚肉を炒め、火が通ったら野菜を炒めます。
  2. スライスの肉は火が通るのが早いですが、ブロックは少し厚みがある分火の通りが遅いので、ゆっくり丁寧に炒めます。

強火で一気に炒めると肉は硬くなり野菜は焦げやすいので、中火での調理がおすすめです。

味付けをする

  1. しっかり火を通したら食材をフライパンの端に寄せて、余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。
  2. ケチャップ、みりんを投入して食材全体に良く絡めてください。
  3. 混ざったらバターを加えて更に混ぜて完成です。

少し酸味があると味にしまりが出てさらに美味しくなるので、火を止めてからレモン汁やお酢を少量加えて絡めるのもおすすめです。

お弁当の彩りも良くなるにんじんしりしりを作り置き

あと1品というときにとても便利なにんじんしり。

だけどそのあと1品のためににんじんを千切りするとなると中々面倒で気がひけるという人も多いのですが、そういうおかずこそ作り置きです。

できるだけ簡単に作れるように、調理道具などはどんどん活用しましょう。

  1. まずは人参を千切りにします。時間があるときに何本か千切りにしてチャック付き保存袋に入れて冷凍するととても便利です。千切りも包丁よりはスライサーを使うととても速くて細かくてきれいな千切りになるので、活用しましょう。指を切らないうように押さえを使うのを忘れずに。
  2. にんじんを炒めます。千切りなので、火の通りは早いです。
  3. しなっとしてきたら、卵とめんつゆとみりんを入れてぐるぐるかき混ぜます。
  4. 卵が固まってきたらフライパンから空けて完成です。めんつゆの量は濃度によって違うので、少しずつ調整しながら入れてください。

お弁当の時短には冷凍おかずがあるとさらに便利

お弁当のおかずは、徹底的に時短するならおかずカップに入れて冷凍保存するのがおすすめです。

保存可能な期間も冷蔵よりも格段に長くなるので調理の手間が減りますし、おかずカップでの冷凍なので容器から詰め直す必要もないので、おかずによってはお弁当の準備に菜箸すらいらないときがあります。

特に楽するコツをご紹介します。

冷凍のまま詰められるおかずを作る

おかずはできるだけ解凍不要のものを作りましょう。

特に夏場は、気温が高いためお弁当には衛生上の注意が必要です。

特にあたたかいおかずや肉のおかずがレタスなどの野菜と接触していると、菌が繁殖しやすく危険です。夏場はトマトなどでも生野菜は避けた方が安全と言われています。

そのようなお弁当のリスクを下げるのにも冷凍おかずは重宝するのです。

冷凍おかずは保冷剤になります。

朝詰めたものは時間をかけて常温に戻ります。

お弁当のおかず程度の大きさであれば大体2~3時間で食べごろです。

中には自然解凍に向かないおかずもあるので、レシピを探すときや冷凍食品を使うときは「自然解凍OK」という表記のあるものを使いましょう。

実際に自分で作った自然解凍のおかずばかりを詰めたお弁当を食べたことがありますが、きちんと解凍されていて問題なく食べられましたし、味に変化もありませんでした。

電子レンジも使わなくていいので本当に楽ですよ。

感じる手間といえば最初にご飯をきちんと冷ます時間を作ることくらいです。

卵焼きも冷凍保存が出来る

卵焼きもじつは冷凍保存が出来ます。

我が家では卵にマヨネーズと片栗粉と砂糖と水を入れて作る卵焼きを冷凍保存しているのですが、自然解凍OKで甘くてふわふわの卵焼きが出来ています。毎朝卵を割ってといて巻いて冷ましてというのがとても面倒でやり始めたのですが、これを始めたことでお弁当を作る時間は10分を切りました。ご飯が早く覚めれば5分くらいでお弁当作りは終わります。朝の支度も捗るようになりましたよ。

お弁当を時短で作るコツ

他にも冷凍だけに頼らない時短の方法があります。

どうしてもおかずを作っている時間がないときや、1品1品詰める余裕もないというときに使える技です。

以下に紹介しますので参考にしてみてください。

メイン1品でも成立するお弁当にする

1品で成立する料理といえば、丼です。

カレーや牛丼、豚丼など色々ありますが、これらも一度作り置きして1回分ずつ分けて冷凍すると、朝は解凍してご飯に乗せるだけでお弁当作りが終了します。

レトルトのように袋に入れて、お弁当のときにかけて食べられるようにしてもいいですね。

ほかにも麺類がとても便利です。

焼きうどんや焼きそば、ビーフンなどがおすすめなので、ストックしておくのもおすすめです。

加熱にはトースターを使う

どうしても当日加熱しないといけないようなものは、ガスやIHではなくトースターを使いましょう。

トースターの天板にアルミホイルを乗せておけば、使った後はアルミホイルを交換するだけでいいので洗い物は増えませんし、焼いている間に他のことが出来るので時間の節約ができます。

目玉焼き屋ウインナーも焼けるので、朝食作りもそこで済ませるのもおすすめです。