ナスの炒め物を作ろう!人気の炒めものレシピと下ごしらえ方法

炒め物をする時の具材として人気が高いナス。油を使ってナスを調理すると、ナスの美味しさを更に引き出すことができます。

ナスは水分の多い野菜ですので、油を使って熱することで水分が蒸発して油を吸収し、とろとろで美味しい食感のナスに変身するのです。

そんな炒め物との相性バツグンのナスを使って、美味しい炒め物を作ってみましょう。

ここでは、ナスを使った美味しい炒め物のレシピとナスを調理する時の下ごしらえ方法についてお伝えします。

ナスを美味しく調理して、食卓に笑顔をプラスしましょう。

関連のおすすめ記事

卵をで作る朝ご飯の簡単レシピ!忙しい朝も時短でお手軽調理

忙しい朝の朝ご飯作りに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。簡単レシピを取り入れて食事作りを...

豆苗で作るスープレシピ・卵を入れて美味しさアップ!レシピ紹介

豆苗と卵を使えば、とっても美味しいスープを作ることができます。家族に美味しいご飯を食べてもらいたいと...

電子レンジで卵料理は簡単!子供も喜ぶおすすめ人気レシピを紹介

電子レンジは料理を簡単に作ることができる便利なアイテムです。子供も大好きな卵料理も簡単に電子レンジを...

冷凍ご飯で美味しいチャーハン作り!パラパラチャーハンの作り方

冷凍ご飯は忙しいママたちの強い味方です。冷凍ご飯を使ってチャーハンを作った時、パラパラにならずにベチ...

子どもも喜んで食べる茄子のおひたしの作り方とアレンジ方法

茄子は油との相性が良いので、私を含め主に炒めもので食べる人の多いかもしれません。しかし、シンプル...

豚バラ巻きはチーズやその他の材料で簡単豊富にアレンジ

豚バラ肉は野菜やチーズを巻いて肉巻きにすると美味しく食べられますが、いつも巻く食材が同じだと飽きてし...

冷しゃぶサラダのレシピとたっぷり野菜にあうタレの種類と作り方

野菜もお肉もたっぷり食べることが出来る冷しゃぶサラダ。食欲の無い暑い夏や、お肉でスタミナを付...

夕飯の簡単メニューのおすすめを紹介【野菜・肉・時短】のレシピ

毎日の夕飯のメニューに悩む主婦は多いものです。そこで今回は夕飯におすすめなメニュー、しかも簡単な...

豚挽き肉とキャベツを使ったご飯が進む簡単メインおかずレシピ

給料日前などは、冷蔵庫の中の食材が寂しくなってしまうこともありますよね。冷蔵庫の中を見ると、豚挽き肉...

冷凍できるボリュームレシピ!夕食のメインになる下味冷凍おかず

平日は仕事が終わるのが遅く、夕食を作リ始めるのがいつも遅くなってしまうという方はいませんか?特に、お...

簡単チャーハンレシピのおすすめを紹介!自宅でも美味しく楽しむ

自宅で簡単にチャーハンを作るなら、やっぱり美味しく作れるレシピが知りたい。自宅でもまるでお店のよ...

丼物の美味しいレシピ!定番メニュー・人気の丼の作り方をご紹介

お腹が空いているときに食べたくなるものといえば「丼」です。ボリュームたっぷりの具材をご飯の上にたっぷ...

豚ひき肉と白菜の丼!同じ材料でも味付け次第で和にも洋にも

今日は買い物に出掛けたくない!家の冷蔵庫の中に入っているもので、何とか料理を作りたい!そんな日ありま...

簡単にできるおつまみ!今すぐできるきゅうりを使ったレシピ

家庭菜園をされる方は、手軽で簡単に作れることから、きゅうりを栽培している方も多いと思います。また夏に...

簡単美味しいおつまみをレンジを使って作りたい

簡単なおつまみを食べたいと思った時に、大活躍するのが電子レンジです。お皿の上で加熱するだけで出来...

ナスとピーマンを使った美味しい・人気の炒め物のレシピ

ナスと言えば、素揚げや炒めものなど、油を使った料理が多いですよね。

ナスは水分が多く含まれる野菜です。

その特性上、油と一緒に加熱することで、身がトロトロに柔らかくなり、味がよく染み込みます。

そのため、ナスと油との相性は最強とも言われます。

野菜の中でも、ボリュームのあり、お手頃に買えるナスは家計の優しい味方でもあります。

そんなナスを使った炒めもののレシピをご紹介します。

●ナスとピーマンの麻婆炒め

紫のナスと、緑のピーマンを一緒に炒めることで、彩り豊かな一品が出来上がります。

豚ひき肉や、バラ肉などの肉も一緒に入れると、コクも出てさらにボリュームのある料理になります。

中華の味付けには、香り豊かなごま油がおすすめです。

ごま油を多めに入れ、ナス、豚肉、ピーマンの順番で炒め、味噌、みりん、醤油、砂糖で甘辛ダレを作り、合わせるだけでご飯がよく進む一品になります。

辛さを加えたい時は、豆板醤などを少し加えるとピリっとした大人味になります。

ナスは、切ってから時間が経つと白い身の部分が黒っぽく変色してしまうので、彩りよく調理するためには、切ったら水を入れたボウルなどにナスを入れるようにしましょう。

大人から子供まで人気!ナスと豚肉の炒めもの

●ナスを炒める時は油の吸わせすぎに注意

トロトロで柔らかい食感のナスは、子供から大人まで人気の野菜ですが、油で炒めてトロトロになっているということは、その分油を吸収しているということです。

そのため、ナスは調理法によっては油っぽくなってしまうので、注意が必要です。

ナスの素揚げも、ナスの定番料理の1つですが、油で揚げているうちに、ナスに油が染み込んで油が少なくなってしまうこともあります。

その際、油を継ぎ足してしまうと、ナスがさらに油を吸い取ってしまいますので、油の継ぎ足しはしないようにしましょう。

ナスを油で炒める時も同様で、油が無くなってもすでに油がナスに染み込んでいるので、油は足さないようにしましょう。

●豚肉とナスのさっぱり炒め

ナスと豚肉は、相性の良い食材です。

豚肉のコクとナスの食感が食欲をそそる一品になります。

醤油ベースの味付けでも、味噌ベースでも合うので、その日の気分に合わせた味付けで楽しむことができます。

どうしても油を吸収して柔らかくなるナスは、こってりしたおかずになりがちですが、出来るだけさっぱり頂くために、”ポン酢”を使うと、ナスでもさっぱりと美味しく頂くことが出来ますよ。

にんにくで風味を効かせたり、ネギを散らすと、見た目もよくおもてなし料理としても出せる料理になります。

ご飯のお供やお弁当にも人気!手軽にできるナスの炒め物

きんぴらと言えば、ごぼうや人参を使った料理を想像する人も多いかと思いますが、ナスを使ったきんぴら料理も、ご飯が進む人気のおかずになります。

きんぴらと言ったら、甘辛い味付けが特徴の料理ですが、調味料は醤油、料理酒、砂糖が中心で、シンプルな作り方です。

家にある調味料で、思い立ったらすぐ出来るきんぴら料理は、時間のない人や、節約している人にとっては、心強い味方となります。

きんぴらナス

ナスに味がしっかり染み込むため、冷めても美味しく食べることができ、おつまみや、お弁当のおかずなどにも幅広く使えます。

でも、ナスを料理する時には、油は欠かせないため、油分が気になる人は多いでしょう。

おすすめは、サラダ油ではなくごま油を使うことです。
油のカロリーとしてはさほど差はありませんが、その代わり、動物性油脂には少ないオレイン酸やリノール酸などの栄養素、ごまに含まれるセサミンと言った栄養素が摂れるというメリットがあります。

ごま油を使って料理する場合は、くっつかないフライパンを使って、なるべく少量のごま油を使うことがカロリーオフする最大のポイントとなります。

きんぴらナスの仕上げには、白ごまを振りかけることで、ごまの風味豊かな一品になります。

ナスの炒め物を作る前にちょっとひと手間!ナスの下ごしらえ

ナスのアク抜きはなぜ必要?

ナスは、水分が多く含まれる野菜です。

ナスを切りっぱなしで置いておくと、白い身の部分が黒っぽく変色するのは、ナスに含まれるアクが原因です。

他の野菜ではほうれん草やジャガイモ、ごぼうなど様々な物に含まれているアクは、自分自身の身を守るためのバリアの役目があります。

アクには苦味や渋味の成分があるため、ナスはアク抜きが必要

ほうれん草であれば、熱湯で茹でてアク抜きする方法が一般的ですが、ナスや、ごぼう、ジャガイモなどの野菜は、切ったら水にさらすことがアク抜きになります。

アク抜きすることで、アクを抜き、苦味を取り除くことの他、変色を止めることが出来るので、ナスの場合は、紫の鮮やかな色味をそのまま料理に活かすことが出来るという訳です。

アク抜きが不要なナス

ナスの中でも、水分率が高い”水なす”は、そもそも含まれているアクが少ないため、アク抜きの処理をしなくてもそのまま美味しく食べることが出来ますし、切って時間をおかずに調理に入る場合は、普通のナスでもアク抜き処理は”加熱”が替わりになるため、不要になります。

ナスの皮を剥くと日の通りが早い・味が染み込みやすいメリットが!皮の処理方法

ナスは、紫の皮部分もそのまま食べることが出来、栄養がたっぷり摂れる野菜のひとつですね。

加熱することで、身の柔らかい食感と、皮の食感の違いを楽しめるのも魅力です。

ナスの下処理で皮を剥くメリット

食感が違うということは、そもそもナスの皮と身は固さが違うということ。

中まで早く火を通したい場合には、皮を剥いて身だけの状態にした方が早く火が通り、味も染み込みやすくなります。

ナスを丸ごと1本使って焼きナスにする場合には、初めからナスの皮を剥いてしまうと、身の部分が固くなってしまうので、焼き上がったら皮を剥く方法がおすすめです。

皮を剥きやすいように、ナスに縦1本の切り目を入れてから焼くと、剥きやすくなります。