キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

時短レシピのコツは賢く冷凍!便利な冷凍おかずと下味冷凍

仕事で家に帰るのが遅くなると、毎日の夕食の準備も大変です。時間に追われながら、忙しく夕食の準備をする方は多いと思います。料理の時短のコツのなかで、冷凍を上手に使うというのは、外せないルールです。
そこで、料理の時短になる冷凍おかずのレシピや、便利な活用方法、平日を乗り切るための下味冷凍のメリットなどをご紹介します。
時間に追われる夕食の準備を少しでも楽にするために、冷凍保存を上手に使いこなしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シュウマイのアレンジアイデア!簡単レシピで美味しくアレンジ

市販のシュウマイや冷凍のシュウマイは、便利で食卓に並ぶことやお弁当に入れることも多いと思います。いつ...

ナスの美味しい電子レンジレシピ!簡単なのに美味しいおかず

今晩のおかずはナスを使って美味しい料理を作りたいけど、暑くてキッチンに立ちたくないという方はいません...

冷凍食品の唐揚げを使った簡単美味しいアレンジレシピ

冷凍食品の唐揚げは、お弁当用にいつも冷凍庫に常備してあるというご家庭も多いと思います。お弁当に便利な...

丼の人気メニュー、ランキング上位のものをご紹介

丼は、具材をご飯にのっけるだけで完成しますので、調理も後片付けも簡単でおすすめなメニューです。 そ...

簡単なプリンの作り方を紹介します!子供と作るのもおすすめ

プリンは柔らかめ、硬め、甘みの強さなどそれぞれ好みがありますよね。そんな自分好みのプリンを作りたいの...

夕飯のおかずの中で人気のレシピについてご紹介

夕飯のおかずを考える時に、ただ自分が食べたいものにしてしまうと、夫や子供の箸が進まない時もあります。...

なすとチーズを使った美味しいレシピ!簡単夕食のメインおかず

なすがたっぷりとある時には、相性の良いチーズと合わせて今晩のおかずを作ってみませんか? そこで、な...

豆苗で作るスープレシピ・卵を入れて美味しさアップ!レシピ紹介

豆苗と卵を使えば、とっても美味しいスープを作ることができます。家族に美味しいご飯を食べてもらいたいと...

簡単ピザ生地なら薄力粉でできる!子供と一緒に楽しく作ろう

簡単にピザ生地を家で作ることができたら、いつでも美味しい焼き立てピザが食べられます。薄力粉を使った方...

簡単にピザ生地を作る方法!発酵なし簡単ピザのポイントをご紹介

お家で作るピザは焼きたての熱々が食べられて、美味しいですよね。しかしふわふわのピザ生地は、パン同様に...

豚肉で作る唐揚げ!簡単レシピと唐揚げのアレンジをご紹介

唐揚げといえば鶏肉を想像しますが、豚肉でも唐揚げを作ることができます。豚肉は薄切り肉を使用することで...

豆苗ともやしで作る低価格で美味しい豚肉料理をご紹介

豆苗やもやしはスーパーでいつも低価格で販売されていて、節約の強い味方です。 ここではそんなもや...

簡単に出来た!朝ごはんに卵が食べたい時のお米やパンのレシピ

毎日の朝ごはん、今日は何にしようかと悩んでしまいますね。 忙しい朝は出来るだけ時間をかけずに、...

簡単チョコケーキは炊飯器で作れる!人気おすすめレシピを紹介

簡単にチョコケーキを作るなら炊飯器を使った方法がおすすめです。 炊飯器を使っても美味しいチョコケー...

冷凍野菜は超便利、野菜を冷凍し保存する方法とポイント

冷蔵庫の隅で野菜が干からびてしまう前に、買ってきた野菜はすぐに冷凍保存しましょう。 野菜が安いとま...

スポンサーリンク

夕食のメインに食べたいレシピ、ハンバーグは冷凍しておくのがおすすめ

冷凍しておくおかずとして向いているのがハンバーグです。
ハンバーグは夕食のメインとなるので一品準備すればかなり楽になるでしょう。ハンバーグを作ろうと思うとかなり手間になって時間がかかりますが、一気に作っておけばほかの日にも簡単に食べることができます。

ハンバーグを作りすぎてしまった場合などは冷凍保存することで食べられる期間を延ばすことができます。
小さく小分けしておけばお弁当のおかずにもすることができるので大変おすすめですよ。

ハンバーグの冷凍保存方法は、ハンバーグを生のまま保存しても加熱してから保存するのでもどちらでもOK

生のまま保存する場合は、解凍後にほかの料理にアレンジしやすいです。

そして、加熱したものを冷凍保存することもできます。
加熱したものを冷凍保存する場合はアレンジをすることはできませんが、温めてすぐに食べることができるのが良い点です。

そして、生のものを冷凍保存する場合よりも長い期間冷凍保存することができるのも良い点だといえます。

料理の時短のために便利、冷凍ミートボールレシピ

ハンバーグの他にも、ミートボールを冷凍するのもよいでしょう。

ミートボールは夕食のメインにもなりますし、お弁当のおかずにもなります。
肉料理が簡単に準備できればかなり料理の手間を省くことができます。

ミートボールの保存期間も2週間くらいを目安にするとよいでしょう。
ミートボールのタネは、形が崩れないようにあらかじめ揚げるかゆでるかして火を通してから冷凍することをお勧めします。

加熱した後は粗熱をしっかりとってから、ジップロックなどの保存袋に入れてしっかり密封して保存してください。

冷凍したミートボールは様々な料理にアレンジすることができます。

王道である甘酢あんを絡まして食べてもよいですし、そのまま食べてもおいしいでしょう。

ミートボールを崩してそぼろとして食べるという方法もあります。

アレンジ自在、時短レシピに使いたい冷凍保存できる牛そぼろ

夕食のメインのおかずとして、冷凍牛そぼろを準備しておくのもよいでしょう。

材料としては、合いびき肉に加え様々な野菜を加えて野菜たっぷりのそぼろにするのもおすすめです。

玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、しいたけなどもおすすめです。
みじん切りにしてこれらの材料を入れることで、お肉だけよりもボリューム感が出ますのでかなり満足する一品になるでしょう。

味付けは、醤油、砂糖、みりん、酒、塩コショウと比較的いつも家にある調味料で簡単にできます。

炒めてつくったそぼろは粗熱を取ってからジップロックのついた保存袋に平たくして入れれば冷凍保存できます。

このそぼろがあればご飯支度に時間がない場合でも、解凍してご飯に乗せるだけでご飯支度がほとんど済んでしまいます。休日などの時間のある時にまとめて作って冷凍しておくとよいでしょう。

冷凍保存には向かない食材

食材を冷凍保存するのは時短料理を作る場合などにはとても便利です。

しかし、何もかもが冷凍保存できるわけではなく、冷凍保存に向いていない食材もあります。

その例としては、トマトやレタスなどの生野菜はあまり向いていません。
なぜなら冷凍保存することで栄養素が壊れてしまったり、おいしさも半減してしまいます。

葉物野菜は冷凍に適しておらず、一度火を通したのもでも冷凍するのはあまりお勧めしません。
かぼちゃやじゃがいもなどは形のまま冷凍保存するのではなく、つぶしてペーストの状態にして冷凍した方が良いでしょう。

豆腐やこんにゃくなども食感が変化してしまうのでお勧めしません。

冷凍保存する場合、保存期間によってはある程度食品が変化してしまうことがあることを覚えておきましょう。

時短で美味しい下味冷凍で平日を乗り切る

忙しい平日は、休日のうちに準備した下味冷凍食材を使って時短料理するようにしましょう。

ジップロックにお肉やおさかななどの食材を入れておき、その中に調味料を入れて下味をつけておきます。

調味料であらかじめ味をつけて置けば、解凍して焼くだけで簡単に一品作ることができます。

下味の方法も様々なものがあります。

豚肉を生姜とニンニクで下味をつければスタミナどんぶりを簡単に作ることができます。
調味料は塩こうじやヨーグルト、味噌、ケチャップなど様々な味付けを楽しむことができますよ。

下味をつけて冷凍しておけば、簡単なのにしっかり味が染み込んだ料理を出すことができるのでお勧めです。朝イチ冷凍庫から冷蔵庫へ移動しておくことで、その日の夕食の時には解凍されていると思うのでスムーズに準備することができます。
下味冷凍食品は、料理時間を時短してさらにおいしい料理ができるので一石二鳥ですよね。