キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚バラを使った簡単丼メニュー大特集!卵を使ってさらに美味しく

豚バラを使った丼と言えば「豚丼」が定番ですが、それに卵をプラスしてみませんか。そうすることで、さらに美味しいメニューに生まれ変わるのです。

今回は、豚バラと卵を使った簡単丼ぶりメニューやそのレシピをご紹介します。お子さん向けのメニューもありますので、ぜひ作ってみて下さい。

また、キャベツやもやしなど野菜をプラスすることでボリュームもアップします。いろいろアレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷凍シュウマイのアレンジ術、冷凍食品が苦手な人必見です

冷凍シュウマイが苦手という方も実は多いのではないでしょうか。 そんな方におすすめしたい、冷凍シュウ...

シュウマイレシピの人気を紹介!子供と一緒に楽しく美味しい

シュウマイの手作りレシピは子供にも大人気です。 簡単シュウマイなら子供も一緒に作ることもできるので...

シュウマイのアレンジアイデア!簡単レシピで美味しくアレンジ

市販のシュウマイや冷凍のシュウマイは、便利で食卓に並ぶことやお弁当に入れることも多いと思います。いつ...

茄子とトマトのおかずは子どもにも人気!簡単レシピを紹介します

茄子とトマトを買いすぎてしまった、ご近所さんからたくさんいただいてしまった、そんなときには茄子とトマ...

ナス料理で夏バテ防止!美味しくて簡単なおすすめレシピを紹介

ナスは夏野菜の定番であり、ナスを使った料理を食べると夏バテを防ぐこともできます。でも、できれば暑い夏...

大根を使った簡単副菜レシピ。洋風で美味しいおかず

食卓に、もう1品欲しいという時に、大根を使った副菜を作ることもあると思いますが、大根を使ったレシピは...

豚バラカレーは薄切りでもコク旨!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラ肉を使ってできるカレーは薄切り肉でも簡単に作れます。薄切りの豚バラ肉で作るカレーはコクもあり、...

豚ひき肉レシピは子供にも人気!簡単に作れて美味しいを紹介

豚ひき肉を使ったレシピは子供にも人気があり、簡単に作れるレシピも多いので料理が苦手な人でも豚ひき肉は...

冷凍野菜は超便利、野菜を冷凍し保存する方法とポイント

冷蔵庫の隅で野菜が干からびてしまう前に、買ってきた野菜はすぐに冷凍保存しましょう。 野菜が安いとま...

豚ひき肉を使う料理のレシピを知りたい、出来れば簡単なやつ

豚ひき肉は値段も安くて美味しいので、家計の嬉しい味方ですよね。 そんな豚ひき肉をレシピを知りたいと...

簡単に朝ごはんを作りたい!ご飯を美味しく食べられるレシピは

朝ごはんは出来るだけ食べたほうが良いのはわかっていても、忙しい朝の時間は朝ごはんをゆっくり作る時間も...

挽肉料理のレシピの中で、作り方が簡単なものについて知りたい

挽肉料理にはレシピが数多くありますが、時短をしたい人や、料理にあまり慣れていない人は、作り方が簡単な...

料理と飾り付けのコツ!簡単だけどおしゃれなホームパーティーを

自宅で初めてのホームパーティーをする事になったら、一体どんなおもてなしをすれば良いのか頭を悩ませるも...

味噌の作り方は?簡単に手作りする方法と正しい管理・賞味期限

毎日のように使用する味噌を手作りして、自家製の味噌を作ってみたいと考えている人もいるのではないでしょ...

餃子の皮レシピでピザも簡単!余っても楽しめるお手軽アレンジ

餃子の皮が余ってお悩みのあなた。そんなときにおすすめなレシピは自宅でできる簡単ピザです。 ピザなら...

スポンサーリンク

豚バラと卵を使った簡単丼のレシピをご紹介します

豚バラは脂がたっぷりなので好き嫌いが分かれる部位でしょう。
豚バラ好き派にはジューシーでプルプルとした豚バラはいくらでも食べられる美味なお肉です。

夏にはよく七輪で炭を起こし、庭先でこじんまりと焼肉をします。豚バラを炭火で焼くと最高です。フライパンで焼くと脂が溶けて溜まりますが、網で焼くと脂が落ちて豚バラながらさっぱりとした味わいとなります。豚バラが苦手な家族も七輪で網焼きにした豚バラは「美味しい!」とパクパクと食べます。七輪だとバーベキューコンロを使用するのとは違い場所も取らずに小規模で行えるので、是非とも豚バラを焼いて塩コショウを軽く振って食べてみて下さい。ただし、豚バラを焼き始めると火災になりそうなくらい火の勢いが強くなるので注意が必要です。豚バラからしたたり落ちた脂が焼け、大きくなった炎が網の上の豚バラにまで燃え移ります。我が家ではしいたけやキャベツなど消火する野菜を用意しておき、炎の上にのせて火の勢いを小さくします。

豚バラは塩コショウで焼くだけでも美味しいのですが、今回は手軽に利用できてコクも出る塩昆布で味付けしてみましょう。

  1. 豚バラをフライパンで油が出るまで炒め、塩昆布を入れて絡めます。
  2. 卵を溶いて豚バラに回しかけて蓋をして火を消します。
  3. 深めの器にご飯を盛って置き、卵が半煮えになったら豚バラごと上にのせます。
  4. 上に海苔を握りつぶすようにして砕いてたっぷりとかけていただきます。
    こねぎを刻んでのせるとさっぱりと食べることができ、見た目も美しくなります。

かたまりの豚バラ肉と卵で作る丼レシピ

豚バラが塊で特売になっていることがありました。いつもはスライスされたものを購入していたのですが、安さにつられて塊を購入しました。
切るのは手間でしたが、厚みのある歯ごたえのあるメニューになりなかなか好評でした。豚バラを厚めにスライスして、フライパンで焼き塩コショウで味付けします。温泉卵を作ります。丸い保温容器に卵を入れて熱湯を入れてフタをしておくだけで温泉卵を作ることができる道具があります。幼稚園のバザーで出品されているのを子供が欲しがり購入したのですが、とっても便利で大活躍しています。お湯を入れてから置く時間によってゆで卵を作る事もできます。
私は温泉卵、子供達はそれよりも時間を置いて半熟のゆで卵状態に仕上げます。

深めの器にご飯を盛り、その上に豚バラを散らしてのせます。中央を少し窪ませて私は温泉卵を、子供達は半熟卵をのせます。スイートチリソースを回しかけて、刻んだミントの葉をのせます。
子供が張り切って温泉卵や半熟卵をたくさん作るので、2個3個とのせて食べます。

豚バラと卵に野菜をプラスした丼もおすすめです

宅配の野菜を毎週購入していると、自分ではあまり買わないような野菜もやってきます。私はキャベツは焼きそば以外ではあまり使わないので、大きいのが一玉来るとしばらくの間冷蔵庫の中で場所を取りちょっと厄介な存在となります。
そこで、ある時豚バラとあわせて調理してみると、キャベツのあっさりさと豚バラのたっぷりの脂身がとても高相性で美味しいメニューになりました。
  1. キャベツを一枚ずつ剥がしてよく洗います。
  2. 圧力鍋の底に1枚から2枚の厚みになるように敷いて豚バラを1枚の厚みになるように並べます。これを交互に繰り返して層にします。
  3. キャベツと豚バラの層がちょうど隠れるくらいまで水を入れて、コンソメを入れて圧をかけます。軟らかく煮えたら沸騰させて溶き卵を回し入れ蓋をして火を止め、半熟にします。
  4. ターナーでザクッと底まで切って鍋から取り出して器に盛ったご飯の脇に添えるように盛ります。

豚バラとチーズで子供も喜ぶ丼の作り方

熱々の豚バラにチーズとろけて合わさると元気もりもりの美味メニューになります。

どんなチーズでも合うのですが、今回は常温でもとろけ易いカマンベールチーズを使います。通常のサイズのものをひとり分ずつ切り分けてもよいのですが、丸いミニサイズのカマンベールチーズが手に入ったので、丸いミニサイズを使用してみました。
  1. 豚バラをフライパンで炒めて料理酒としょう油を回しかけて絡め、少し焦げ目が付いて香ばしくなるまで炒めます。
  2. 器にご飯を盛って炒めた豚バラをのせます。一枚ずつ広げて放射線状にのせると美しい見た目になります。その中央に丸いミニカマンベールチーズをのせます。バジルかミントの葉を刻んで豚バラの上に散らします。
  3. 更に4つに切ったミニトマトをカマンベールチーズの周囲に並べると見た目もカラフルになり栄養バランスもよくなります。

豚バラと卵ともやしでボリュームたっぷりの丼を作ってみませんか

豚バラを大量のもやしと一緒にヘルシーに食べましょう。

  1. もやしは蒸し器でサッと蒸してご飯にのせます。
  2. 豚バラは料理酒を振って10分程度おいてから蒸し器に入れて蒸します。
  3. もやしの上に豚バラを散らしてのせ、中央を窪ませます。温泉卵を作って窪ませた部分に殻を割って取り除いて入れます。ごま油としょう油をかけて頂きます。非常にシンプルですがあっさりとしていていくらでも食べることの出来る味です。もやしを蒸す時間を短時間にしてしんなりしてしまう前に取り出すことが美味しく仕上げるポイントです。
  4. もやしと豚バラを一緒に蒸すと豚バラの油がもやしに浸み込んでしまいます。一緒に蒸す場合にはもやしと豚バラを離して配置しましょう。