キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

シュウマイレシピの人気を紹介!子供と一緒に楽しく美味しい

シュウマイの手作りレシピは子供にも大人気です。
簡単シュウマイなら子供も一緒に作ることもできるので親子で楽しめます。

そこで、子供と一緒に楽しく作れる美味しいシュウマイの人気レシピについてご紹介していきましょう。

子供でもできるように包み方も簡単な方法がポイントです。また、フライパンでも電子レンジでもシュウマイは作れますので、ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

時短レシピで簡単調理!人気の夕食レシピと時短アイデアを紹介

毎日忙しく仕事をしているのに毎日夕食の献立を考えるのはとっても大変です。家族の喜ぶ美味しい夕食を作り...

簡単にできるおつまみ!今すぐできるきゅうりを使ったレシピ

家庭菜園をされる方は、手軽で簡単に作れることから、きゅうりを栽培している方も多いと思います。また夏に...

夕ご飯のレシピは簡単に作れるものがおすすめです

夕ご飯は、しっかり食べたいと思うものの、調理の時間はあまり取れないなんていう人はたくさんいるかと思い...

簡単なのに美味しくパンが作れる!薄力粉(発酵なし)のパン作り

しまった!強力粉を切らしていた…しかし、そんなときは薄力粉でも簡単にパンを作ることができるんです。 ...

丼物の簡単レシピ!ひき肉で作る美味しいボリュームレシピ

忙しい日の夕食には、ひき肉を使った丼物のレシピはいかがですか? そこで、ひき肉を使った簡単で美味し...

冷凍ご飯の賞味期限【炊き込みご飯編】賞味期限と保存・解凍方法

炊き込みご飯を作り過ぎてしまったとき、勿体無いからそのまま保存をしてまた食べたいと考えるものです。 ...

ハズレ無し?冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺の簡単なアレンジ方法

ちゃんぽんが好きな方は、冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺を冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか? ...

丼物の美味しいレシピ!定番メニュー・人気の丼の作り方をご紹介

お腹が空いているときに食べたくなるものといえば「丼」です。ボリュームたっぷりの具材をご飯の上にたっぷ...

簡単朝ごはん!朝からしっかり食べられる丼のレシピをご紹介

簡単に朝ごはんを作ろうと思っても、ボリュームがいまいちで、昼前にお腹が空いてしまったり、食べるのに時...

簡単パンの作り方!フライパンで作る美味しいパンのレシピを紹介

自宅でパンを焼きたいと思っても、パン作りに難しいイメージを持っていてなかなか挑戦できない人もいるので...

豚バラブロックで作るトロトロ柔らか絶品炊飯器レシピ

豚バラブロックの肉を調理する時には、圧力鍋を使うという方が多いかもしれませんが、圧力鍋を持っていない...

手間いらずな簡単プリンレシピ!カラメルソースもレンジで簡単に

子供が大好きなプリン!ぷるぷるな食感がたまりませんよね。しかし手作りのプリンは意外と手間がかかったり...

夕飯のおかずのレシピ集。肉・節約・簡単・和食・冷たいレシピ

夕飯のおかずは何にしよう。夕方になるとほぼ毎日考えています。 皆さんも夕飯のおかずに悩んではいませ...

鶏モモ肉で簡単・時短調理!美味しいレシピと時短のコツを大公開

大人から子供まで人気の食材「鶏モモ」を使って、簡単でしかも時短で作れるレシピについてお伝えします...

時短料理は下ごしらえがポイント!おすすめ作り置きのコツを紹介

毎日忙しくてできるだけ時短で料理を作りたいと思うあなた。 料理は下ごしらえをしておくだけで劇的に時...

スポンサーリンク

子供と一緒に作れる簡単人気のシュウマイレシピを紹介

子供と一緒に楽しくシュウマイを作るのであれば、ホットプレートのたこ焼き器を使ったシュウマイ作りがおすすめです。

シュウマイは餃子よりも包み方が難しいので、子供の不器用な手のではなかなか上手く包むことが出来ず、一緒に作っている大人側が我慢できなくなって口を挟んでしまったり、せっかくの楽しいクッキングタイムが台無しになってしまったりすることもあるため、小さい子供と一緒にシュウマイを包むのにはかなり心を寛大にしておかなければ難しいです。

しかし、その点たこ焼き器を使ったシュウマイ作りは簡単で、たこ焼き器にごま油を引いたら、シュウマイの皮を凹みに合わせて敷き、中にタネを詰めるだけで出来上がるので、不器用な子供でも簡単に作ることができ、大人の見守りも最小限、口出しする必要もなく、一緒にシュウマイ作りを楽しめます。

グリーンピースなどの飾りをシュウマイの中央に乗せたら、水4分の1カップ程度を全体にかけて蓋をし、弱火~中火10分蒸し焼き、蓋を外して2~3分水分を飛ばしたら完成です。
大人も子供も楽しく作業ができる上、シュウマイの皮がカリカリになって新食感のシュウマイが作れるので大満足のレシピです。

子供でも出来るシュウマイレシピは親子で楽しめて人気です

詰め込むだけで簡単にできるホットプレートのたこ焼き器で作るシュウマイも良いですが、子供がある程度の大きさになったら、シュウマイは包んで作るものだということも教えてあげたいですよね。本格的な料理人のような包み方の手順を子供が習得するのは難しいですが、手順を簡単にして、子供にもわかりやすく説明すれば、小さな子供の手でも簡単にシュウマイが包めます。

子供でも簡単に包めるシュウマイレシピ

  1. 利き手ではない方の手の親指と人差し指を合わせて丸を作ります。
  2. 丸の上にシュウマイの皮を乗せたら、丸く丸めたシュウマイのタネを手の丸の位置に乗せます。
  3. シュウマイの皮の四つ角を折ってタネにくっつけ、バッテン印を作ります。
  4. 親指と人差指でシュウマイの横をギュッとしぼりながら、利き手でシュウマイの下を押して、筒状に形を整えます。
  5. シュウマイの中央にグリーンピースなどの飾りを乗せたら完成です。
タネを予め丸めて置いてあげると、子供も取りやすくて簡単に作れますよ。

子供にも大人気!フライパンで作れる簡単シュウマイレシピも紹介

子供にも簡単に作ることが出来て、我が家でも大人気のシュウマイレシピが「包まないシュウマイ」です。

シュウマイの皮を重ねたまま5mm程度に細く切ったら、丸めたシュウマイのタネをシュウマイの皮の上で転がして、タネの周りにくっつけて完成!
すごく簡単ですよね。

蒸すときも、蒸し器は使わず、餃子を作るときのイメージで、油を引いたフライパンにシュウマイを並べてお湯を入れ、蒸し焼きにして作れば簡単に焼きシュウマイができますし、水を入れたフライパンの上に皿に乗せてアルミを被せたシュウマイを置いて蓋をすれば、蒸し器代わりとしてフライパンを使うこともできます。

コロコロとした見た目が可愛い「包まないシュウマイ」は、我が家のおもてなし料理として友人たちに人気なのですが、皮を切るだけであとは普通のシュウマイのレシピと何も変わらないので、誰でも簡単に作れておすすめです。

簡単可愛い子供向けシュウマイならお弁当にもおすすめ

沢山作るのが楽しいシュウマイは、子供と一緒に作っているうちに、ついつい作りすぎてしまった…ということも多いと思います。作りすぎてしまったシュウマイは、次の日のお弁当にも便利ですし、出来上がったシュウマイを冷凍しておけば、いつでも解凍してお弁当につめることが出来ますね。シュウマイといえば、上にグリンピースが乗っているのが一般的ですが、子供の中にはグリンピースが嫌いで食べられないという子も多いので、そんな時には「とうもろこし」や「人参」「エビ」などを使って、子供も喜んで食べられる飾りのシュウマイに仕上げましょう。
中でもとうもろこしは見た目も可愛いですし、味も子供好みなので人気の飾りで、お弁当に入れる時にも、黄色の色味がキレイでおすすめです。
真ん中に1つだけチョコンと乗せるのも可愛いですが、2~3個並べて刺しても可愛いですので、子供と一緒に作るのであれば、子供に自由にトッピングさせてみましょう。

包まないお手軽シュウマイは電子レンジでも作れる

包まないシュウマイをおもてなし料理ではなく、自宅で食べる用に作るのであれば、もっと簡単なレシピにして下準備をし、更に電子レンジを使うことでもっと簡単に調理をしていきましょう。

電子レンジでシュウマイを作る時には、水を入れてチンすると逆に水っぽくなってしまうので、生のレタスを敷いて、レタスの水分を使って蒸し焼きにするのがおすすめです。
  1. まずはじめにシュウマイのタネを均等に分けて、子供に手で丸めてもらいましょう。
    丸めたシュウマイのタネは敷き詰めたレタスの上に並べて、上からシュウマイの皮を被せて軽くタネ全体にまとわせ、全て終わったら上からレタスの葉を被せてラップを掛けます。
  2. シュウマイの個数や大きさにもよりますが、600wの電子レンジで5分間加熱したら一度取り出して様子を確認し、竹串を刺して焼けているようであれば完成、生焼けの場合には30秒ずつ追加加熱をして「包まないシュウマイ」の完成です。