キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ナスとじゃがいもを使った人気のレシピについて知りたい

ナスとじゃがいもは、一見して全く別の野菜に見えますが、実はじゃがいもはナス科の野菜だってご存知でしたか?
見た目や食感などは違いますが、いわば親戚同士の野菜なのです。
ここではそんなこの2つの野菜を美味しく食べられる人気のレシピについていくつかご紹介いたします。
また、料理の見た目や味がより良くなるように、下ごしらえのやり方についてもご紹介しますので、是非お読みください。

関連のおすすめ記事

夕ご飯は簡単で美味しいのが一番!おすすめレシピやコツを紹介

夕ご飯は簡単に作れて美味しいのがいいですね。働くお母さんにとって、夕ご飯の支度は時間との戦いです。子...

簡単なのに美味しくパンが作れる!薄力粉(発酵なし)のパン作り

しまった!強力粉を切らしていた…しかし、そんなときは薄力粉でも簡単にパンを作ることができるんです。 ...

【シュウマイレシピ】超簡単に作れる包まないシュウマイ

お子様や旦那さんから「シュウマイが食べたい」とリクエストが来ることもあると思います。ここで少し考えて...

夕御飯にピッタリ!簡単レシピで子どもも喜ぶメニューを紹介

お仕事をしている人など時間のない人は、夕御飯を作る時間を出来るだけ短くしたいですよね。 世の中には...

卵でおいしいご飯を作ろう!簡単レシピと卵の鮮度の見分け方

一人暮らしをしているときに便利に使える食材が「卵」です。時間がないときでも簡単に調理ができるため、冷...

簡単ピザ生地レシピで自宅でも本格ピザを楽しむ!保存方法も紹介

自宅で簡単に作れるピザ生地のレシピが知りたいあなたへ。 子供が急にピザを食べたいと言い出したときで...

冷凍ポテトの揚げないアレンジアイデア!簡単美味しいレシピ

市販の冷凍ポテトは、家で手軽に揚げたてのポテトが食べられて、お子様のいるご家庭でも、食べる機会が多い...

冷凍卵白でメレンゲを作る!ふわふわになるコツやおすすめレシピ

冷凍した卵白を使ってメレンゲは簡単に作れます。コツを掴めばふわふわなメレンゲも作ることができるので、...

夕飯のおかずに食べたい食べ過ぎ注意のがっつり肉レシピ

育ち盛りのお子様や、がっつり系が好きな旦那さんから「今日の夕飯は肉が食べたい!」と言われることも多い...

大根で作る夕ご飯に食べたい料理!簡単美味しいメインおかず

大根は煮物やサラダなど、食卓にもよく登場する食材です。ただ、大根料理を作る時には、下茹でが必要なレシ...

卵で美味しいおやつ作り。レンジを使うから簡単で時短のレシピ

冷蔵庫の中に卵があるとなぜか安心しませんか。 ここではご飯のおかずやおやつの強い味方、卵を使っ...

【簡単チーズケーキ】人気のチーズケーキの簡単な作り方をご紹介

チーズケーキは人気のケーキの1つ、ケーキ屋さんに行くと必ず選ぶという方も、少なくはないですよね。 ...

ナスと味噌とチーズをつかった料理について知りたい

ナスは美味しくてさまざまな料理に使える優秀な野菜ですよね。 それと合う調味料と言えば、味噌やチーズ...

豆苗と卵スープの人気のレシピ。色々な味付けとおすすめの具材

最近の注目度抜群の豆苗。卵でとじてスープにして食べるのも人気の食べ方ではないでしょうか。 豆苗...

簡単にチャーハンをレンジで作れるレシピをご紹介

チャーハンを作りたいと思ったら、普通であればフライパンを使います。 しかし、フライパンは大きくて洗...

ナスを調理する前に知っておきたい下ごしらえのやり方

ナスはアクが強い野菜のため、調理する前に下ごしらえが必要です。

ナスを切ったあとそのままにしておくと、切り口が黒ずんできて見た目が悪くなります。傷んだように見えて、いかにも美味しくなさそうな感じです。また、見た目だけでなく味にも影響が出ます。渋みが出てしまい、味もよくありません。

ナスのアク抜きの仕方は、調理で使う大きさに切ってから水の中に10分ほどつけておきます。

ナスを洗ってヘタを切り落としてから、好みの大きさに切ってください。水の中につけてアク抜きをしたら、キッチンペーパーなどで水気を拭き取っておきます。

ナスをサラダで使うときなど、できるだけきれいな色のままにしたい時は食塩水を使うと良いです。あまり塩気が強いとナスの味を変えてしまいますので、1%くらいの食塩水を使うようにしてください。

ナスを切った後すぐに料理で使うのなら、水にさらさしてアク抜きをする必要はありません。

その場合はナスの切り口に塩を少し振りかけておきます。ナスから水分が出てきますので、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから料理してください。

じゃがいもを調理する前に知っておきたい下ごしらえのやり方

じゃがいもはでんぷん質が多い野菜のため、切った後は水にさらして表面のでんぷん質を流しておきます。

水につけないでそのまま調理をしてしまうと、炒めているときにじゃがいもがくっついてしまいます。

じゃがいもを水にさらす理由はもうひとつあります。じゃがいももナスと同じく、カットしたままにしておくと、次第に切り口が変色してしまいます。見た目も悪くなってしまいますよね。じゃがいももカットしたあとで水につけてアク抜きをしておくと、変色を防いで煮崩れも防止にもなります。

スーパーで買ったじゃがいもでも表面に土や泥がついていることが多いです。じゃがいもはまず水できれいに洗って表面の土を流してください。その後で皮をむいていきます。包丁で剥くときは螺旋状に剥くのではなく、縦に剥いて切り落とすようにします。じゃがいもは形がいびつなのでピーラーを使ったほうが簡単に剥くことができます。

皮を剥いたら芽の部分を取り除き、調理に使いやすい大きさにカットします。その後で水にさらして表面のデンプンを流します。じゃがいもの皮を残したまま調理する場合は水にさらす必要はありません。

ナスとじゃがいもを使った人気のグラタンのレシピをご紹介

ナスとじゃがいもを使った料理をご紹介していきますね。お子さんにも人気のグラタンはミートソース味がピッタリです。

子供にも人気のレシピ!ナスとじゃがいものミートソースグラタン

  1. ナスは洗ってからヘタを取り、1センチの輪切りにして水につけておきます。10分ほどおいてアク抜きをしたら水気を拭き取っておきます。
  2. じゃがいもはキレイに洗ってからレンジにかけて柔らかくし、皮をむいてください。じゃがいもも1センチの輪切りにします。
  3. 市販のミートソースを使うと簡単です。グラタン用の容器を用意し、内側にバターをこすりつけて薄く塗っておきます。
  4. 輪切りにしたじゃがいもを一番下に敷きつめてください。その上からミートソースの半分をかけます。ナスを乗せて残りのミートソースをかけたら、上にピザ用の溶けるチーズを乗せてください。オーブントースターで焼いてチーズの表面に焼き色をつけたら完成です。

ナスとじゃがいもが美味しく食べられる人気のカレーのレシピ

ナスとじゃがいもを使った人気の料理ならカレーが良いでしょう。ナスもじゃがいももカレーと相性抜群です。小さめにカットするとパクパクいけちゃいますよ。

ナスとじゃがいものカレー

  1. じゃがいもは洗ってから皮をむき、サイコロ状にカットしてください。水に10分ほどつけておきます。ナスも洗ってヘタを取り、サイコロ状にカットしたら水につけてアク抜きをします。
    玉ねぎは大きめのみじん切りにし、豚肉も食べやすい大きさに切ってください。にんにくをみじん切りにしておきます。
  2. 鍋に油とにんにくを入れて火にかけます。にんにくを炒めてから、玉ねぎと豚肉も加えて炒めてください。次にじゃがいもを加えて炒め、火が通りやすいナスは最後に加えて軽く炒めてください。
  3. 水を加えて煮立たせ、浮いてきたアクをきれいに取り除きます。じゃがいもに火が通るまで煮込み、お好みのカレールウを溶いたら完成です。カレールウを入れるときは一旦火を止め、カレールウを入れた後も弱火でコトコトしばらく煮込むと美味しく出来上がります。

ナスとじゃがいもの相性がバッチリな人気の炒め物のレシピ

ナスとじゃがいもは相性が良いので、一緒に炒めても美味しくいただけます。

ひき肉も使った中華風の味噌炒めをご紹介します。

ナスとじゃがいもの中華風味噌炒め

  1. 4人分の材料です。豚ひき肉を300gは一口大に切っておきます。ナス2本、じゃがいもを4こ用意してください。にんにくと生姜をみじん切りにしておきます。
  2. 最初に調味料を合わせておきます。味噌大さじ2、オイスターソース大さじ2、酒大さじ2、鶏ガラスープの素を小さじ1杯半、それに砂糖小さじ半分を加えてよく混ぜてください。
  3. ナスは洗ってからヘタを取り除き、食べやすい大きさにカットします。縦長の形や半月切りなど、炒めたときに火が通りやすい形にカットしてください。水にさらしてアク抜きをしたら、水気を拭き取っておきます。
  4. じゃいもは1センチくらいの棒状に切ってください。水に10分ほどつけて、表面のデンプンを流しておきます。
  5. ナスとじゃいもはは電子レンジで固めに加熱しておいてください。
  6. フライパンにごま油を入れて中火にかけます。にんにくと生姜を加えて軽く炒めてから、ここへ豚肉も加えて炒めます。
  7. 肉の色が変わったらナスとじゃいもも加えて炒めてください。野菜が柔らかくなったら水1カップ弱を加え、調味料も加えて混ぜます。汁気がなくなるまで炒めたら完成です。