ナスを使ったグラタンレシピ。子供も喜ぶ簡単で美味しいレシピ

お子様から「グラタンが食べたい」と言われて、ナスがたくさんある時には、このナスを使って美味しいグラタンを作ってみませんか?
そこで、ナスを使った簡単で美味しいグラタンのレシピをご紹介します。
グラタンと言うと、ちょっと手間のかかるイメージですが、ミートソース缶や、市販のホワイトソースを使えば、手軽に作ることができます。グラタンのチーズとジューシーなナスが美味しいレシピです。

関連のおすすめ記事

冷凍ご飯はタッパー?それともラップ?おすすめ保存方法

冷凍ご飯の保存はタッパーがいいのでしょうか?それともラップがいいのでしょうか?それぞれにメリ...

簡単チーズケーキの作り方とは?ミキサーを使えばとても楽ちん

お店で買うチーズケーキも美味しいですが、お家で作るのもおすすめですよ。なんとなく難しそうなチーズケー...

簡単ピザ生地レシピで自宅でも本格ピザを楽しむ!保存方法も紹介

自宅で簡単に作れるピザ生地のレシピが知りたいあなたへ。子供が急にピザを食べたいと言い出したときで...

シュウマイレシピの人気を紹介!子供と一緒に楽しく美味しい

シュウマイの手作りレシピは子供にも大人気です。簡単シュウマイなら子供も一緒に作ることもできるので...

【時短料理レシピ】晩ごはんに食べたいボリュームおかず

仕事を持つ主婦にとって、夕食のレシピは、短時間で作れる料理というのも、条件の1つだと思います。特に、...

豚バラを使った簡単丼メニュー大特集!卵を使ってさらに美味しく

豚バラを使った丼と言えば「豚丼」が定番ですが、それに卵をプラスしてみませんか。そうすることで、さらに...

冷しゃぶサラダのレシピとたっぷり野菜にあうタレの種類と作り方

野菜もお肉もたっぷり食べることが出来る冷しゃぶサラダ。食欲の無い暑い夏や、お肉でスタミナを付...

ナスのチーズ焼きの中で、人気の味付けやアレンジについて知りたい

ナスのチーズ焼きは、ナス好きはもちろん、チーズ好きの人からも人気のメニューのひとつです。そんな人...

豚肉と春雨とキャベツで作る簡単夕食レシピ3選と時短調理の工夫

家事に育児に忙しい主婦にとって、平日の夕食準備は時間との戦いですよね。子供のお迎えに行く前後に買...

餃子の皮も美味しく手作り!皮がくっつく原因と対処法を解説

餃子の皮から手作りして作る料理好きの人の中には、餃子の皮がくっつく事に頭を悩ませている人もいるのでは...

ナスの炒め物を作ろう!人気の炒めものレシピと下ごしらえ方法

炒め物をする時の具材として人気が高いナス。油を使ってナスを調理すると、ナスの美味しさを更に引き出すこ...

ナスのドライカレーが簡単に出来るレシピをご紹介

夏から秋にかけてはナスが美味しい季節ですよね。その時におすすめなのがドライカレーです。夏に食...

時短カレーレシピ!時間がなくても美味しいカレーを作る方法

お子様の大好きなカレー。仕事で帰りが遅くなったときなどに、お子様から「カレーが食べたい!」と言われて...

豚ひき肉レシピは子供にも人気!簡単に作れて美味しいを紹介

豚ひき肉を使ったレシピは子供にも人気があり、簡単に作れるレシピも多いので料理が苦手な人でも豚ひき肉は...

【丼レシピ】簡単で安いのにボリュームのある美味しい丼

丼物は、作り方も比較的簡単なものが多く、洗い物も少ないので主婦にとっても嬉しいレシピです。また、給料...

ミートソース缶を使って簡単!ナスとトマトのグラタン

ナスを使ってグラタンを作るのなら、ミートソース味がおすすめです。

ナスはミートソースと相性が良いので、ミートソースのパスタに合わせることも多いですよね。夏野菜のトマトも使った、ミートソースグラタンの作り方です。

  1. ナスは洗って表面の汚れを落とします、ヘタを切り落としてから、1センチくらいの幅に輪切りにしてください。水に10分ほどつけたら、キッチンペーパーなどで水気を拭き取っておきます。
  2. トマトは洗ってヘタを取ったら、1センチ角くらいのサイコロ状に切ってください。にんにくはみじん切りにします。
  3. ミートソースも用意してください。最初から手作りしても良いですが、市販のミートソース缶を使うと簡単です。
  4. オリーブオイルでにんにくから炒めてください。にんにくを軽く炒めたら、ナスを加えてすぐに上から塩こしょうをふります。ナスに下味をつけて焼くと美味しく出来上がりますよ。
  5. ナスの表面に焼き色がつき、柔らかくなったら火を止めます。
  6. 耐熱皿に具材を入れていきます。耐熱皿にナスを入れたら上からミートソースを加えます。ナスとミートソースを交互に入れたら、一番上にピザ用のチーズをかけてください。オーブントースターに入れて、表面にこんがりとした焼き色がついたら完成です。

市販のホワイトソースで作る簡単ナスグラタン

ナスのグラタンはミートソース味が多いですが、ホワイトソースのグラタンもまた美味しく出来上がります。

ホワイトソースはお子さんにも食べやすい味ですよね。

  1. ナスはヘタを切り落とし、1センチくらいの輪切りにしてください。ウィンナーは斜めに切っておきます。どちらも食べやすい大きさにしてください。
  2. ナスは切った後で水にさらしてアク抜きをし、水気を拭き取っておきます。
  3. フライパンに油又はバターを入れて火にかけ、ナスを入れて塩こしょうをふります。
  4. ナスが柔らかくなるまで焼いたら、ウィンナーも加えて炒めてください。
  5. グラタン用の耐熱皿に炒めたナスとウインナーを入れます。その上からホワイトソース缶をたっぷりとかけ、溶けるチーズを乗せてください。
  6. オーブンやオーブントースターでこんがりときれいな焼き色をつけたら出来上がりです。フツフツとしたホワイトソースが美味しそうで食欲も増しますよね。
お子さんが食べやすいようにウィンナーを合わせましたが、ひき肉を使って作ることもできます。ブロッコリーやアスパラ、コーンなどを加えると彩りも良くなりますし、冷蔵庫にあるいろいろな野菜を加えると栄養バランスもアップしますよ。

食べごたえのある簡単ナスのミートグラタン

ナスだけのグラタンも美味しいですが、お肉を加えると食べごたえがあります。

ナスと相性の良い合挽き肉を使ったグラタンなら簡単に作ることができます。

  1. 茄子は1センチくらいの輪切りにするか、半月切りなど食べやすい大きさに切ります。
  2. 水にさらしてアク抜きをしたら、水気を拭き取っておきます。玉ねぎは薄切りにしてください。
  3. フライパンに油をひき、合挽き肉を炒めます。次に玉ねぎを加えて炒めたら、茄子も加え得て更に炒めてください。
  4. 合挽き肉と野菜に火が通ったら、赤ワインとトマト缶、すりおろしたニンニクを加えてください。
  5. ケチャップ、顆粒タイプのコンソメ、塩こしょうも加えます。沸騰したら弱火にして煮込み、とろみがついたら火をとめてグラタン用の耐熱皿に移します。
  6. 上から溶けるチーズをたっぷりかけて、オーブントースターでこんがりと焼き色をつけたら出来上がりです。
面倒な時はすべてフライパンひとつで作ることもできます。耐熱皿を使わずに、具材の上に直接チーズをかけて蓋をし、チーズが溶けてきたら出来上がりです。お皿に取り分けていただきます。

新鮮なナスの選び方

旬のナスはみずみずしくて美味しいですが、スーパーなどで販売しているナスの中には収穫してから時間がたったものが混ざっていることもありますよね。そのようなナスをうっかり手にとってしまわないように、新鮮なナスの見分け方を覚えておきましょう。

収穫したてのナスはヘタの切り口にみずみずしさがあります。ヘタには小さいけれど鋭いトゲがあります。ヘタにトゲがなかったり、ヘタが萎れていたり茶色くなっているものは収穫してから時間がたっている可能性があります。

ナスは水分を多く含んでいます。時間がたつとともに中の水分が抜けて、次第にしぼんで皮にシワが見られるようになります。
ナスの皮が黒っぽくツヤがあり、ハリがあるものは新鮮な証拠です。手に取ったときにずっしりと重みのあるものを選んでください。

ナスの皮がしぼんで見えるもの、皮が茶色く変色しているもの、手に持ったときに見た目よりも軽く感じるものは選ばないようにしましょう。

ナスを美味しく保存するコツ

ナスは時間がたつとともに中の水分が抜けていき、しなびた状態になっていきます。購入したらできるだけ早く食べるようにしましょう。

ナスを保存するときは、気温がそれほど高くない日なら常温で保存することができます。風通しの良く涼しい場所で保存してください。ナスの適温は10~15度と言われていますので、それを目安にして保存する場所を選ぶようにしてください。

気温が高い日なら冷蔵庫の野菜室で保存をします。ナスの水分が抜けてしまわないように、ナスを一本ずつラップでくるんでから冷蔵庫の野菜室に入れてください。

常温保存だと3日くらい、冷蔵庫の野菜室なら1週間位は保存することができます。時間とともに味も落ちてきますので、美味しいうちに早めに食べるようにしましょう。

ナスがたくさんあって食べきれないような場合は冷凍保存がおすすめです。

ナスをまるごと保存する場合は、ヘタは取り除かずに水洗いをし、電子レンジで加熱してから冷凍保存をします。ナスをラップで包み、電子レンジに1本につき1~1分半ほど加熱しておきます。冷めたら冷凍用の保存袋にいれて冷凍庫に入れてください。
ナスは料理に使いやすい形に切ってから冷凍するのがおすすめです。切った状態で冷凍するときは、解凍したらそのまま使えるようにアク抜きまでしておきます。水気をしっかり拭き取り、ラップでくるんでから冷凍用の保存袋に入れてから冷凍庫で保存します。1ヶ月を目安に食べるようにしましょう。