キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

簡単に作れるピザのレシピを紹介します!決めてはピザ生地

ピザを食べたいと思っても、ピザ生地を作ったりソースを作ったり具を用意したりと意外と工程が多いの悩みどころですよね。

自分の好きなように簡単にピザが作れたら…というそんな願いを叶えてくれる簡単ピザレシピを紹介します。

ピザソースやのせる具材は、食パンと組み合わせれば忙しい朝にもピッタリです。ぜひ、試してみてください。

関連のおすすめ記事

【夕飯レシピ】夏に食べたい簡単美味しいおかず

暑い日が続く夏は、どうしても食欲もなくなりがちです。また、調理をする方も、暑いキッチンで汗だくになり...

時短カレーレシピ!時間がなくても美味しいカレーを作る方法

お子様の大好きなカレー。仕事で帰りが遅くなったときなどに、お子様から「カレーが食べたい!」と言われて...

豚ひき肉を使った美味しいレシピ!みんなに人気の簡単メニュー

豚ひき肉は値段が安いだけでなく、料理にも便利に使える食材です。時間がないときや忙しい人には重宝する食...

時短料理は下ごしらえがポイント!おすすめ作り置きのコツを紹介

毎日忙しくてできるだけ時短で料理を作りたいと思うあなた。 料理は下ごしらえをしておくだけで劇的に時...

冷凍シュウマイのアレンジ術、冷凍食品が苦手な人必見です

冷凍シュウマイが苦手という方も実は多いのではないでしょうか。 そんな方におすすめしたい、冷凍シュウ...

豆苗と卵スープの人気のレシピ。色々な味付けとおすすめの具材

最近の注目度抜群の豆苗。卵でとじてスープにして食べるのも人気の食べ方ではないでしょうか。 豆苗...

鶏肉で作る時短料理。忙しい主婦を助ける美味しい下味冷凍レシピ

平日は家に帰るのが遅くなり、夕ごはんの準備がいつも遅くなってしまうという方も多いと思います。そんな忙...

豆苗と油揚げを使ってサラダを作りたい!簡単レシピを紹介します

豆苗と油揚げのサラダを作るときには、シャキシャキ感を出すためにこんなポイントがあたんです!ちょっとし...

鶏肉料理は簡単!失敗知らずで美味しいおすすめレシピを紹介

鶏肉を使った料理は初心者でも簡単にできます。簡単な味付けをして焼くだけでも美味しいですし、電子レンジ...

簡単にチャーハンを作る時の味付けはコレを使いましょう

チャーハンはパラパラに仕上げるのも難しいですが、味付けもいまいちビシッと決まりにくいですよね。 ...

卵の消費に!子供のおやつに作りたい簡単美味しいお菓子レシピ

冷蔵庫に賞味期限の近い卵があると、何を作って使い切ろうかと悩む方も多いと思います。卵料理ばかりが続く...

冷凍ポテトの揚げないアレンジアイデア!簡単美味しいレシピ

市販の冷凍ポテトは、家で手軽に揚げたてのポテトが食べられて、お子様のいるご家庭でも、食べる機会が多い...

【シュウマイレシピ】超簡単に作れる包まないシュウマイ

お子様や旦那さんから「シュウマイが食べたい」とリクエストが来ることもあると思います。ここで少し考えて...

冷凍ご飯で美味しいチャーハン作り!パラパラチャーハンの作り方

冷凍ご飯は忙しいママたちの強い味方です。冷凍ご飯を使ってチャーハンを作った時、パラパラにならずにベチ...

餃子の皮を使ったおつまみは超美味、簡単にできるおつまみレシピ

餃子の皮が余ったら、今晩のおつまみに利用してみては?どれも簡単にできて、大人も子供も喜ぶ料理に生まれ...

簡単にピザを作るなら発酵なしがおすすめレシピ

ピザ生地を作る時に時間がかかる原因の一つとして発酵時間が挙げられるでしょう。

ピザ生地の発酵時間をなくしてしまえば、あまり時間をかけずに簡単に作ることができます。

一般的にピザ生地を作る時にイーストを使いますが、それを使ってしまうと発酵時間が必要となってしまうので、発酵時間を無くすためにイーストを使わずにピザ生地を作ってみましょう。

ベーキングパウダーを使って作るピザ生地

ベーキングパウダーを使ったピザ生地は、材料がシンプルです。
小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダー、水だけです。
粉類を混ぜた後に水分を加えて生地にしていきます。
難しい工程はないので、とても簡単です。

ホットケーキミックスを使って作るピザ生地

さらに簡単に作れるピザ生地は家にあることの多いホットケーキミックスを使って作ることもできます。
ベーキングパウダーがない時や、より簡単に済ませたいときにはホットケーキミックスを使うのもいいでしょう。

ピザ生地を作る時は、強力粉を使うとサクサクでどちらかというと硬めの生地ができ、ヨーグルトを使うようにすると生地の食感がモチモチとするので、少し厚みのある生地でも美味しく食べれます。
冷蔵庫にヨーグルトがあれば試してみるのがおすすめです。

簡単なのに美味しい!ピザソースレシピ

ピザに欠かせないものはピザソースです。
市販のピザソースも売られていますが、急に作ることになったときには家に無いことが多いでしょう。

色々な調味料が入っていて難しそうなピザソースですが、自分で簡単に作ることができます。

自分で作るので、酸味が苦手な人はマイルドな仕上がりに、にんにくの風味を強くしたい人は多めに入れて作るなど、自分好みに作ることができるのでいいですよね。

また、調味料や材料をまぜるだけでできるのも嬉しいポイントです。
材料はケチャップ、オリーブオイル、にんにく、コショウです。

もう少し本格的に作りたければ、乾燥バジルや刻み玉ねぎなどを入れるのもいいでしょう。

また、ケチャップを使うときより時間や手間もかかりますが、パーティーメニューとしてピザを出すときなどにおすすめのピザソースもあります。
それはトマト缶を使ったピザソースです。
ケチャップではなくトマト缶を使うので、鍋に具材や調味料をいれて煮詰める必要が出てきます。
ですが、いつもより本格的なピザが食べたいなと思ったときにはトマト缶を使って作ってみるのもおすすめです。

その時の冷蔵庫にあるものや食べたい味の気分でピザソースを作り分けてみてもいいですしょう。

ピザはフライパンで簡単に焼くことができます

ピザを焼くときはオーブンで焼いて仕上げる人が多いでしょう。

オーブンやトースターを使わなくても、フライパンを使って簡単に焼くことができます。

フライパンでピザ生地を焼くときのポイントがいくつかあります。

生地の大きさはフライパンの大きさに合わせて

ピザ生地を伸ばす作業の時に楽しくてついつい伸ばしすぎてしまいがちです。
フライパンよりも生地が大きくなってしまうと当然焼くことができません。
せっかく作った生地が入らずに作り直しになってしまいます。
ですので、伸ばし始める前に大きさを確認するか、伸ばしながら大きさを確認して調整する必要があります。

フライパンで焼くときは蓋を忘れずに

具材を乗せて焼くので、蓋をしっかりしておかないと乗せている具材に火が通りにくくなってしまいます。
また、あまりにも火が強いと生地が焦げる可能性もあるので、弱火から中火にするようにします。

ピザをフライパンで焼くときは、あらかじめピザソースと具材を乗せて焼いてもいいですし、生地を片面焼いた後にピザソースと具材を乗せて蒸し焼きにする方法のどちらでもOKです。

すべてがあたたかいピザもおいしいですが、チーズのみをピザ生地に乗せて焼き上げ、その後にレタスやトマト、生ハムなどをのせて食べるピザもヘルシーでおすすめです。
後のせするピザなので、自分の好きな野菜や具材を乗せれるのでワイワイ食べれそうです。

コレを使えば簡単!缶詰を使ったアレンジピザ

ピザ生地もソースも簡単に作ったら、具材も簡単なものにできたら嬉しいですよね。
ピザの具材はカットするものが多く、意外と大変だったりします。
ここで、便利なのが缶詰です。
1つ缶詰を使うだけで時間短縮になりますし、缶詰は長持ちするので買い置きしておくのもいいでしょう。
例えば、甘くてプチプチの食感が子どもにも人気のコーン缶はどうでしょう。
赤いソースと黄色いコーンに白いチーズは見た目も可愛くこの具材だけでも十分美味しいです。
トッピングも簡単になるので、子どもと一緒に盛り付けることができるのもいいですね。
また、おつまみとして食べたことがある人も多いと思いますが、焼き鳥缶もおすすめです。
照り焼きのタレも美味しくマヨネーズやチーズとの相性もバッチリです。
焼き鳥の存在感も大きく、食べごたえもあります。
ほかにも、ツナ缶にマヨネーズを和えたツナマヨや、意外なところでサバ缶もピザの具材にできますよ。

色々試してみると新しい発見もあると思うので、たくさん試してみるのもいいでしょう。

簡単すぎる餃子の皮で作るピザのレシピ

ピザ生地を作らなくても簡単にピザを作る方法もあります。

それは餃子の皮を使うことです。

餃子を家で作った時に皮が多くて余った経験はありませんか?
そんな時はピザの生地として余すことなく使ってみましょう。
また、餃子の皮の大きさは小さいので、1枚で使えば小さい子どもが食べるサイズにピッタリです。

餃子の皮を使う方法として

  • フライパンに餃子の皮を敷き詰めて大きい1枚のピザを作る
  • 餃子の皮1枚づつ使って小さいピザを作る

という方法があります。

大きいピザを作るときでも餃子の皮は厚みが無いので火の通りが早いのでおすすめです。
小さいピザを作る時は、それぞれ違う具材を乗せて数種類食べることができたり、家族みんなが違う好みであってもそれぞれが好きなピザを食べられるといういい点があります。

たくさん焼くときにはフライパンよりもホットプレートを使ったほうが一度に焼ける枚数が増えるので使うのをおすすめします。