キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍ポテトフライは揚げないでOK!美味しくなるコツやアレンジ

冷凍のポテトフライを揚げないで美味しく食べたい。
冷凍のポテトフライは揚げると美味しいですが、どうしてもカロリーが気になります。

そこで、冷凍のポテトフライを揚げないで美味しく食べる方法についてお伝えしていきましょう。

揚げる手間がないので簡単でヘルシーに作ることができますし、さらにひと手間を加えてアレンジして楽しむこともできます。
ぜひ参考に試してみてください。

関連のおすすめ記事

ナスの炒め物を作ろう!人気の炒めものレシピと下ごしらえ方法

炒め物をする時の具材として人気が高いナス。油を使ってナスを調理すると、ナスの美味しさを更に引き出すこ...

【丼レシピ】子供に人気の簡単美味しい丼メニュー

休日のランチや、旦那のいない日の夕食など、「今日は、簡単にできる丼ものにしようかなぁ」と、思うことも...

卵の朝食パンで簡単ごちそう!おすすめレシピやアレンジを紹介

卵があれば朝食にパンを美味しく手軽に楽しむことができます。 忙しい朝だからこそ簡単にできて、子供も...

簡単な手作りアイスの作り方を紹介!甘さも自分好みにできます

アイスは買うものと決めつけてはいませんか?実はアイスは簡単に作ることができるんです。 買ってき...

簡単にピザ生地を作る方法!発酵なし簡単ピザのポイントをご紹介

お家で作るピザは焼きたての熱々が食べられて、美味しいですよね。しかしふわふわのピザ生地は、パン同様に...

簡単なのに美味しくパンが作れる!薄力粉(発酵なし)のパン作り

しまった!強力粉を切らしていた…しかし、そんなときは薄力粉でも簡単にパンを作ることができるんです。 ...

【冷凍保存のコツ】鶏肉に下味をつけた時短メニューをご紹介

仕事をしているママにとって毎日の夕飯の準備は大変なもの。お腹を空かせている子どものためにも、少しでも...

【丼レシピ】夕食に食べたい簡単美味しいボリューム丼

忙しい日の夕食や、休日のランチなど、今日は丼物で簡単に済ませたいということもあると思います。 そこ...

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ!簡単ボリューム丼

スーパーで豚ひき肉を多めに購入したという日には、豚ひき肉を使った丼ものもおすすめです。丼ものは忙しい...

大根で作る夕ご飯に食べたい料理!簡単美味しいメインおかず

大根は煮物やサラダなど、食卓にもよく登場する食材です。ただ、大根料理を作る時には、下茹でが必要なレシ...

大根を使ったおつまみを簡単に作れるレシピについて知りたい

大根は、生で食べるとシャキシャキして辛味があり、加熱すると、柔らかい歯ごたえでほのかな甘味に変わりま...

簡単チーズケーキの作り方とは?ミキサーを使えばとても楽ちん

お店で買うチーズケーキも美味しいですが、お家で作るのもおすすめですよ。なんとなく難しそうなチーズケー...

簡単に出来た!朝ごはんに卵が食べたい時のお米やパンのレシピ

毎日の朝ごはん、今日は何にしようかと悩んでしまいますね。 忙しい朝は出来るだけ時間をかけずに、...

簡単パン作りレシピ。初めてのパン作りにおすすめの美味しいパン

パン作りをしてみたいけど、手間が掛かりそうで難しいという印象を持っている方は多いと思います。確かに「...

料理と飾り付けのコツ!簡単だけどおしゃれなホームパーティーを

自宅で初めてのホームパーティーをする事になったら、一体どんなおもてなしをすれば良いのか頭を悩ませるも...

冷凍のポテトフライは揚げないでも美味しく食べられる

ポテトフライはおいしいですし、冷凍のものを常備しておけばいつでも食べることができます。
しかし、食べたいと思ってもカロリーが気になったり、揚げるのが面倒に感じてしまい結局食べないまま冷凍庫に眠っていることもあるでしょう。

冷凍ポテトは、油で揚げなくてもオーブンで作ることができます。

材料は、冷凍ポテトフライとサラダ油です。

オーブンで冷凍ポテトを作るポイントとして、オーブンに入れる前に冷凍のポテトフライに油をまとわせることです。
ポテトフライの量によりますが、ポテトフライ50gに対して油は大さじ1/2程度使用します。
  1. まず、オーブンを250度に設定しあたためている間に、冷凍のポテトフライに油をしっかりと馴染ませます。
    手でやるとまんべんなくまとわせることができます。
  2. オーブンがあたたまったら、10分程度焼きましょう。
    しっかりとやきあがったら完成です。

時間は目安なので、焼いている途中で中の様子を確認するといいですね。
味のついていないポテトフライであればできあがりに塩をかけましょう。

冷凍ポテトフライは揚げないでフライパンでカリカリ

冷凍ポテトフライは油であげなくてもフライパンで焼くことでも調理することが可能です。

少量の油を使ってもいいですし、油をつかわないで焼くのもOKです。

油を使わなくても、できあがったポテトフライはカリカリなのでおすすめです。
フライパンを使うことのメリットはやはりヘルシーという点ですよね。

  1. 用意するものは、冷凍ポテトフライとフタ付きのフライパンです。
  2. 火を付けて凍ったままのポテトフライをフライパンに重ならないように広げて並べます。フタをしっかりしめて加熱し、転がしたり裏返したりしながら焼きましょう。
    フタをしめてそのままにしておくと、ポテトフライが焦げてしまうので必ずこの作業は行ってください。
  3. 焼きあがった時に、ポテトフライがカリッとしていればOKです。
    すべてのポテトフライに火が通ったらお皿に盛り付けて完成です。

油を使っていないので、おやつに食べてもそれほど罪悪感もなくていいですね。

ポテトをフライパンに入れる時は、たくさん入れすぎると重なってしまいますし、火の通りもあまり良くないので、フライパンの大きさに合わせてポテトフライの量を調整してください。

また、使うフライパンも焦げ付きやすいものよりもテフロン加工のされているものを使ったほうが、焦げつきにくいのでおすすめです。

揚げない冷凍ポテトフライにひと手間加えて美味しく食べましょう

ポテトフライの味付けで最もポピュラーなものは塩であることが多いと思います。
その味付けもシンプルでおいしいですが、そこにプラスして味付けを変えたり、違う味付けにしてポテトフライを食べるのもいいですね。

  • 例えば塩を振った揚げたてのポテトフライに1かけのバターを絡めてみましょう。
    ホクホクのポテトにバターのコクと風味でどんどん食べてしまいそうになります。
  • または、ポテトフライの上からとろけるチーズやチーズソースをかけて食べるのもおいしいです。
    トローリとしたチーズがからんでどんどんポテトがすすんで手が止まらなくなる美味しさです。
  • もしくは、子どものおやつにするならチョコソースをつけて食べるものいいですね。
    チョコレートの中にカラフルなトッピングシュガーなどを入れてたべると、いつものおやつタイムもたのしくなります。

いつものように塩気のある味付けでも、少し変わった甘い味付けでもどちらでもおいしいので試してみてください。

電子レンジなら揚げずにしっとりポテトフライが楽しめる

揚げたてのポテトフライはカリッとしていておいしいですが、中にはしっとりしたポテトのほうが好きという人もいるでしょう。

時間が経てばしっとりしますが、冷めてしまっているので美味しさは半減です。

電子レンジを使って冷凍ポテトフライを加熱すると、できたて熱々の状態でもしっとりとしたポテトフライを味わうことができます。

  1. 耐熱容器に凍ったままの冷凍ポテトフライを入れます。
  2. その上からお好みで塩を少し振りかけて、電子レンジで加熱してあたためます。加熱時間は3分から初めて、足りなそうであれば時間を追加して様子を見てください。
  3. 加熱後のポテトフライはくっついていることがあるので、箸などで形が崩れないようにほぐしてお皿に盛って完成です。

食べる時はケチャップを付けてもいいですし、最初に塩を振りかける時にしっかりめに味付けをしてもいいですね。

冷凍のポテトフライはそのままでもアレンジしても美味しい

冷凍のポテトフライをじゃがいもの代わりに使って、夕飯のおかずを作ってしまいましょう。

じゃがいもは皮をむいたりカットしたり、茹でたりと意外と時間がかかるので、冷凍ポテトフライを使うことで調理時間の短縮になります。
今回は冷凍ポテトフライとゆで卵のチーズ焼きです。

材料は、冷凍ポテトフライ、ゆで卵、ウインナー、玉ねぎ、マヨネーズ、塩コショウ、とけるチーズです。

  1. ゆで卵は殻をむき黄身はとりだし器に入れ、白身は大きめのみじん切りにして黄身と同じ器に入れます。
    マヨネーズと塩コショウで和えます。
  2. ウインナーは食べやすい大きさに切って、玉ねぎは半分に切った後に薄切りにします。
  3. フライパンに油をしき、ウインナーと玉ねぎを炒めて塩コショウで味付けをします。
  4. 冷凍ポテトフライは電子レンジやフライパンなどお好みの方法で加熱してください。
    ここではしっとりとしたできあがりになるので、電子レンジでの加熱がおすすめです。
  5. 大きめの耐熱容器に加熱したポテトフライをしきつめます。
    その上に炒めたウインナーと玉ねぎをのせてゆで卵を全体に広げます。
  6. しあげにとけるチーズをのせてトースターで焼き色がつくまで焼きます。
    中の具材は全て火がとおっているので、チーズがとけてこんがりとした色がつけばそれでOKです。