キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

【丼レシピ】夕食に食べたい簡単美味しいボリューム丼

忙しい日の夕食や、休日のランチなど、今日は丼物で簡単に済ませたいということもあると思います。
そこで、簡単に作れる美味しい丼レシピをご紹介します。丼レシピは、ご飯もたっぷりと食べられて、育ち盛りのお子様にもおすすめ。簡単なのに、食べごたえもあるボリュームのあるレシピです。また、洗い物が少ないというのも主婦にとっては嬉しいですね。

関連のおすすめ記事

時短カレーのレシピ!レンジを使って簡単に作る方法とコツ

時短レシピをよくテレビや雑誌などで見かけるようになりました。忙しい主婦にとっては、効率よく家事をこな...

冷凍ご飯はタッパー?それともラップ?おすすめ保存方法

冷凍ご飯の保存はタッパーがいいのでしょうか?それともラップがいいのでしょうか? それぞれにメリ...

シュウマイレシピの人気を紹介!子供と一緒に楽しく美味しい

シュウマイの手作りレシピは子供にも大人気です。 簡単シュウマイなら子供も一緒に作ることもできるので...

餃子の皮で、手作りおやつ!簡単レシピをご紹介

餃子の皮は、余りがちな食材のひとつです。 他の料理のも活用できますが、おやつの材料としても使うこと...

簡単チョコケーキは炊飯器で作れる!人気おすすめレシピを紹介

簡単にチョコケーキを作るなら炊飯器を使った方法がおすすめです。 炊飯器を使っても美味しいチョコケー...

【丼レシピ】子供に人気の簡単美味しい丼メニュー

休日のランチや、旦那のいない日の夕食など、「今日は、簡単にできる丼ものにしようかなぁ」と、思うことも...

ナスを使ったさっぱりとした簡単料理や夏場にとりたい食事を紹介

夏場に旬の野菜として店頭に並ぶナス。また家庭菜園をなさっている方も、夏は畑でナスがたくさん収穫が出来...

簡単にパンを発酵なしで作れるレシピについて知りたい

パン作りと聞いたら、材料を混ぜて、一生懸命こねて、長い時間発酵させてから焼くような難しいイメージを抱...

簡単な手作りアイスの作り方を紹介!甘さも自分好みにできます

アイスは買うものと決めつけてはいませんか?実はアイスは簡単に作ることができるんです。 買ってき...

卵の朝食パンで簡単ごちそう!おすすめレシピやアレンジを紹介

卵があれば朝食にパンを美味しく手軽に楽しむことができます。 忙しい朝だからこそ簡単にできて、子供も...

なすとチーズを使った美味しいレシピ!簡単夕食のメインおかず

なすがたっぷりとある時には、相性の良いチーズと合わせて今晩のおかずを作ってみませんか? そこで、な...

簡単だけど美味しい!冷凍のフライドポテトをレンジでアレンジ

冷凍フライドポテトをレンジで調理したいときには、こんなアレンジがおすすめです。 できるだけ火を...

鍋に入れたい実は美味しい変わり種のおすすめ具材

寒い季節になると鍋が恋しくなります。家庭でも鍋をすることが多くなると思いますが、使う具材はどうしても...

豚ひき肉と白菜の丼!同じ材料でも味付け次第で和にも洋にも

今日は買い物に出掛けたくない!家の冷蔵庫の中に入っているもので、何とか料理を作りたい!そんな日ありま...

片栗粉を使って出来るおやつは、昔どんなものだったのか

若い人に「片栗粉を使って作るおやつと言えば?」と聞いてもあまりピンとこない人が多いです。 しかし、...

簡単!美味しいふわとろ親子丼

麺つゆを活用して簡単に作る親子丼のレシピをご紹介します。

醤油やみりんなどいろいろな調味料を使う親子丼ですが、全てが入っているめんつゆがあればとても簡単に作ることができますよ。

4人分の材料は、鶏もも肉 2枚、卵 5個、玉ねぎ 1個、刻みのり、ご飯 4膳、めんつゆ 100ml、水 300ml、砂糖 大さじ1を用意し、卵はボウルに割り入れて溶いておきます。

  1. ひと口大に切った鶏肉を皮を下にして鍋に並べ、半分に切ってから5ミリ幅で切った玉ねぎを敷き詰め、火にかけます。
  2. 鶏肉の皮に焼き色が付いたら裏返し、火が通った玉ねぎを焦げないように鶏肉に乗せます。
  3. 水、めんつゆ、砂糖を加えて具材が柔らかくなるまで煮込みます。
  4. 煮えたら卵を半分回し入れて少しかき混ぜてから30秒おき、残りの卵を加えて蓋をして30秒煮ます。
  5. 火を止めて1分置いて余熱で卵を半熟にしたら、器に盛りつけたご飯にのせて刻みのりを散らして完成です。

彩りを考えて、きぬさやや豆苗などを卵でとじる直前に入れるといいでしょう。

ひき肉で作る簡単で美味しいそぼろ丼レシピ

市販のたれで簡単に作れる、子どもも喜ぶそぼろ丼のレシピをご紹介します。

4人分の材料は、ひき肉 300g、にんじん 3センチ、玉ねぎ 1/2個、コーン缶 1/2缶、塩こしょう、お酒 大さじ1、焼き肉のたれ 大さじ5、レタス4枚、ご飯 4膳です。

  1. 食材の食感も楽しんでもらうために、玉ねぎと人参を粗めにみじん切りにします。
  2. レタスは食べやすいように小さめに手でちぎって、広げるように盛り付けたご飯に敷き詰めるようにのせます。
  3. 加熱したフライパンにサラダ油をひいてひき肉を炒め、玉ねぎとにんじんを加えてお酒をふりかけて炒め合わせます。
  4. ひき肉に完全に火が通ってから野菜を加えると野菜に火が通るまでにひき肉が硬くなってしまうので、ひき肉に半分ほど火が通った時点で加えてください。
  5. 最後にコーンを加えたら塩こしょうと焼き肉のタレで味付けをして、盛り付けておいたご飯とレタスの上にのせます。

味付けも簡単、美味しい牛丼レシピ

調味料をいろいろ使う牛丼も、めんつゆで簡単に作ることができますよ。

4人分の材料は、牛こま切れ肉 400g、玉ねぎ 2個、ご飯 4膳、めんつゆ 200ml、水 200ml、砂糖 大さじ2、紅ショウガ、七味唐辛子です。

  1. 玉ねぎを半分に切って、繊維の向きと直角になるように1センチ幅に切ります。
  2. 鍋にめんつゆと水、砂糖を入れて火をつけ、煮立ったら玉ねぎを加え、牛肉をほぐしながら加えます。
  3. 5分ほど煮てアクが出たらアクをとり、弱火にして15分煮込みます。
  4. 器に盛りつけたご飯にのせて煮汁をかけ、紅ショウガを添えて、お好みで七味唐辛子をふって完成です。

たっぷりの煮汁で自宅で作る牛丼は、つゆだくにし放題ですよ。

夕食の準備が楽になる下味冷凍

安く買うことができたお肉や魚など、そのまま冷凍するだけではなく、小分けにするついでに下味をつけて冷凍してみませんか。

同じお肉を使っていても、下味の材料を変えるだけで飽きずに美味しく食べられますよ。時短で食事の準備ができ、忙しい日の味方になってくれるでしょう。

下味をつけて冷凍することで、中まで味が染み込んでますます美味しくなり、味が染み込むことでお肉を焼いても硬くなりにくく、柔らか食感で食べられます。

生姜焼きやみそ漬け、照り焼きに塩だれなどの定番の味付けはもちろん、子どもが喜んでくれそうな味噌マヨなどもおすすめです。
ひき肉も味を付けて冷凍することができ、ケチャップとソースを入れてもみ込んでから冷凍すると時短でミートソースが作れたり、砂糖やみそ、しょうゆと合わせてもみ込んでおくと肉みそやそぼろをすぐに作ることができます。

野菜も冷凍しておくと便利

下ごしらえや味付けを済ませて冷凍すれば便利に使えるお肉だけでなく、野菜も使いやすいように下ごしらえをして冷凍すれば、使いやすくてとても便利です。
  • 彩りやお弁当の隙間を埋めてしまうのにちょうどいいブロッコリーは、小房に切り分けて塩ゆでして冷まし、保存バッグに入れて冷凍し、常備したい野菜のひとつです。
  • きのこ類も石づきを取って、ほぐしてから冷凍するのがおすすめです。
    きのこは冷凍すると壊れた細胞からうま味成分が溶けだしやすくなり、アミノ酸などの栄養が増えることがわかっています。
    いろいろなきのこをミックスして、冷凍ミックスきのこにして使うと便利ですよ。
  • 冷凍で常備しておきたい薬味が、しょうがです。
    スライスや千切りで冷凍すると使いやすく、凍ったまま千切りのしょうがを握ると折れてぽろぽろになり、みじん切りのしょうがになります。
    煮込み料理にも炒め物にも汁物にも良く使うしょうがは、使いやすいように切って冷凍しましょう。
    また、ラップで包んで丸ごと冷凍しておけば、凍ったまますりおろすことができます。
  • 茹でたほうれん草もお味噌汁やソテーなど、料理に使う場合には冷凍しておくと便利です。
    塩ゆでしてちょうどいい長さに切り分け、さらに小分けにラップで包んでから保存バッグに入れて冷凍するのがおすすめです。