簡単なプリンの作り方を紹介します!子供と作るのもおすすめ

プリンは柔らかめ、硬め、甘みの強さなどそれぞれ好みがありますよね。そんな自分好みのプリンを作りたいのであればやっぱり手作りが一番ではないでしょうか。

なめらかプリンを作りたいなら火を通さないもの、硬めのしっかりしたプリンを作りたいならこんな材料で作るといいようです。

簡単なプリンの作り方や成功のポイントを紹介します!

関連のおすすめ記事

ナスの炒め物を作ろう!人気の炒めものレシピと下ごしらえ方法

炒め物をする時の具材として人気が高いナス。油を使ってナスを調理すると、ナスの美味しさを更に引き出すこ...

豚バラを使った簡単丼メニュー大特集!卵を使ってさらに美味しく

豚バラを使った丼と言えば「豚丼」が定番ですが、それに卵をプラスしてみませんか。そうすることで、さらに...

こねないパンレシピが人気!手軽に美味しく手作りしましょう

こねないパンのレシピはパン作りの面倒な工程がないので手軽にパンが作れて人気があります。後片付けも楽な...

時短カレーのレシピ!レンジを使って簡単に作る方法とコツ

時短レシピをよくテレビや雑誌などで見かけるようになりました。忙しい主婦にとっては、効率よく家事をこな...

簡単チャーハンをパラパラに!美味しい作り方のコツやアレンジ

自宅で簡単にチャーハンをパラパラに美味しく作るにはコツがあるのを知っていますか?料理初心者だとチャー...

簡単に作れる朝食にぴったりなスープのレシピを知りたい

簡単に朝食を食べようと思ったら、ふりかけご飯だけや、トースト1枚で済ませることもあると思います。...

卵の朝食パンで簡単ごちそう!おすすめレシピやアレンジを紹介

卵があれば朝食にパンを美味しく手軽に楽しむことができます。忙しい朝だからこそ簡単にできて、子供も...

簡単朝食パンで忙しい朝でも美味しく作れる!子供も喜ぶおすすめ

忙しい朝は簡単に作れる朝食が助かります。パンを使った朝食なら子供もはやく食べることができるはずです。...

子どもも喜んで食べる茄子のおひたしの作り方とアレンジ方法

茄子は油との相性が良いので、私を含め主に炒めもので食べる人の多いかもしれません。しかし、シンプル...

鶏モモ肉で簡単・時短調理!美味しいレシピと時短のコツを大公開

大人から子供まで人気の食材「鶏モモ」を使って、簡単でしかも時短で作れるレシピについてお伝えします...

簡単・美味しいチョコのお菓子を手作り!手作りチョコレシピ

お友達へのプレゼントに、手作りのチョコのお菓子をプレゼントしようと考えている人もいますよね。...

冷凍そばのおいしい解凍・冷凍方法!アレンジレシピをご紹介

冷凍食品は忙しいときに活用したい便利なアイテムです。冷凍のそばをよく活用するという人もいるのではない...

冷凍の餃子を使った簡単美味しい食べるスープレシピ

冷凍庫にある冷凍の餃子は、焼いても美味しいですが、スープとしても美味しく食べることができます。そ...

簡単にピザ生地を作る方法!発酵なし簡単ピザのポイントをご紹介

お家で作るピザは焼きたての熱々が食べられて、美味しいですよね。しかしふわふわのピザ生地は、パン同様に...

冷凍ご飯のレシピ集。色々な雑炊の作り方や簡単で美味しいレシピ

お米を多めに炊いて1食分ずつ冷凍する方法は節約になりますし、炊飯の手間が省ける便利な方法なので実践し...

簡単だけど美味しい!プリンの作り方

性別も年齢も関係なく幅広く愛されているスイーツと言えば、「プリン」ではないでしょうか?
一度は作ってみたいスイーツですよね。しかし、プリン作りは難しいと耳にしませんか?
それは、蒸して作るプリンです。

冷やし固めてつくるプリンなら、失敗なく簡単に作ることが出来ます。

ゼラチンを使うのでプルプルでツルンとしたのどごしが特徴です。

ゼラチンはスーパーで売られています。
5gの個包装になっている商品が多いので、一袋使って作れる分量でご紹介していきます。

  • ゼラチン 5g
  • 牛乳 250ml
  • 卵 1個
  • 砂糖 25g
  1. 鍋に牛乳と砂糖を入れて、溶といた卵も入れます。
  2. 弱火にかけてしっかりとかき混ぜながら、沸騰直前まで加熱して火を止めます。
  3. ゼラチンを満遍なく振り入れて、ゆっくりと丁寧に、でもしっかりとかき混ぜましょう。
  4. 静かに型に流し入れて、冷蔵庫でしっかりと冷やしたら完成です。
  5. キャラメルシロップをかけていただきます。
    キャラメルシロップは手作りしても良いですが、市販品をつかったりメープルシロップなどを代わりにかけても美味しいですよ。

シンプルな材料での簡単プリンの作り方

簡単なゼラチンを使ったプリンをご紹介しましたが、懐かしい味で食べたくなるプリンと言えば蒸しプリンですよね。

ゼラチンを使うよりも失敗談を多く耳にするので、手を出しにくいと思われるかもしれませんね。
皆さんがいう「失敗」とは「スがはいる」ことです。

アニメなどで小さな穴がたくさんあるチーズを見たことがありませんか?
プリンがあのような仕上がりになることを「スがはいる」と表現します。

スはプリン液が高い温度で加熱されることで、沸々としながら固まることによってできる小さな穴です。
この穴ができてしまうと、食感が悪くなってしまいます。

ですが、原因は温度が高すぎることですから、火加減に気をつければ大丈夫ですよ。

火を通すプリンは卵を加熱することによって固めますから、ゼラチンプリンよりもたくさんの卵を使います。

牛乳250mlに対して、卵は2個用意しましょう。
砂糖は先ほどと同じ様に25g程度を目安にしてください。

  1. 卵に砂糖を加えてしっかり混ぜたら、牛乳も加えて混ぜ合わせます。
    茶こしや細かい網目のザルなどを使って、プリン液を濾しましょう。
    やや面倒に感じますが、食感に影響するので省かない方が懸命です。
  2. プリン型に泡立たないように液をそーっと流し入れて、弱火で10分ほど蒸して火を止めます。
    そのまま予熱で10分蒸してから冷蔵庫で冷やしましょう。
    予熱で火を通すと、スが入りにくくなるのでおすすめですよ。
オーブンで加熱する場合にも低めの130~140度くらいに温度設定にして30分程度焼き、その後予熱で10分火を通すと良いでしょう。
天板にはるお湯の温度も熱湯ではなく50~60度位にすると失敗が少なくなりますよ。

簡単に美味しいプリンを作りたいならコレ!生クリームを使った作り方

プルプル、ツルンとしたゼラチンを使ったプリンと、昔ながらのシンプルでしっかり食感のプリンをご紹介しましたので、次は濃厚なこってりプリンをご紹介しましょう。

プリンを濃厚にしたい時のポイントは2つです。

  • 黄身の量
  • 牛乳の濃厚さ

これはゼラチンプリンの場合も、蒸しプリンの場合も同じです。
ゼラチンプリンの場合、白身は使わずに黄身だけを使うのがおすすめです。
蒸しプリンの場合は、全卵+黄身が良いでしょう。

牛乳の濃厚さは、直接プリンの濃厚さに影響します。
とても濃厚な牛乳で作っても良いですが、牛乳に生クリームを加えて濃厚さを出す方法も手軽でおすすめです。

先程ご紹介したレシピの分量を変えるだけでも、濃厚に仕上げることができますよ。
牛乳250mlは、牛乳150mlと生クリーム100mlにします。
また、卵も全卵1個の代わりに黄身2個を使います。
蒸しプリンのレシピでは卵は2個使っていたので、全卵1個と黄身2個で作ると良いでしょう。

この2つの材料を変えるだけで、ぐっと濃厚なプリンになりますから、試してみてくくださいね。

プリンの作り方は簡単でもポイントは押さえて

プリンは材料が少なく、作り方も簡単なスイーツです。

ですが、シンプルなだけに美味しく仕上げるためにはコツも必要です。

  • まず、卵はM~Lサイズのものを使いましょう。
    小さすぎるのは失敗の原因です。
    蒸しプリンの場合は、常温に戻してから使うのも、美味しく仕上げるコツです。
  • また、卵はガチャガチャと混ぜてはいけません。
    卵以外の材料を加えてからも、できるだけ空気は含まない様に混ぜるのが、美味しく仕上げるコツです。
    勢い良く混ぜすぎると冷やし固めた時に気泡ができたり、スがはいる原因になってしまいますよ。
  • なめらかな食感が好みの方は、卵液を2回くらい濾すと良いでしょう。
    ゼラチンを使うときにもこの作業を行うと、口当たりが良くなるので試してくださいね。
    また、牛乳より生クリームの方が水分量が少ないため、なめらかな仕上がりになります。

プリンの作り方は自分の好みに合ったものが一番

ここまでご紹介したように、プリンの作り方は大きく分けて2つです。
冷やし固める方法と、火を通す方法。

冷やし固めるためにゼラチンを使いましたが、寒天でも固めることが出来ます。

また、火を通す方法も蒸し器を使ったり、オーブンで焼いたり、失敗することもありますが電子レンジを使うという方法もあります。

  • ツルンとなめらかな食感が好みの方は、冷やし固めるプリンがおすすめです。
    プリン液に含まれるゼラチンや寒天の量で固さが決まりますから、好みの食感になるように調整してみると良いでしょう。
  • しっかり食感の濃厚プリンが好みという方は、火を通すプリンがおすすめです。
    クリームブリュレのような濃厚なプリンにすることも出来ますよ。
    そこまで濃厚さを求める場合には、全卵をやめて卵黄のみで作ると良いでしょう。

火を通すプリンの場合、砂糖の量でも食感が変わります。
砂糖が多いと加熱に時間がかかるので、同じ加熱時間なら砂糖の多い方が柔らかいプリンに仕上がりますよ。

試行錯誤しながら自分好みのプリンに仕上げるのも楽しいですよ。