キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

夕ご飯の献立をお肉にしたいときはこの料理がおすすめです

夕ご飯の献立をお肉にするなら、やっぱり定番がおすすめ!しかし、定番になる献立はアレンジすれば和風にできたり洋風にできたりとメニューの幅が広がりますよ。

美味しい肉野菜炒めの作り方を覚えてしまえば、豚キムチにしてもいいですし、カレー味にすれば子どもも喜んで食べてくれます。

簡単に作れる夕ご飯にピッタリなお肉料理を紹介します。

関連のおすすめ記事

豚バラ巻きはチーズやその他の材料で簡単豊富にアレンジ

豚バラ肉は野菜やチーズを巻いて肉巻きにすると美味しく食べられますが、いつも巻く食材が同じだと飽きてし...

シュウマイはフライパンで簡単美味しい!レシピや包み方を紹介

シュウマイは蒸し器がなくてもフライパンで簡単に作ることができます。 でも、不器用さんにとってはシュ...

冷凍の餃子を使った簡単美味しい食べるスープレシピ

冷凍庫にある冷凍の餃子は、焼いても美味しいですが、スープとしても美味しく食べることができます。 そ...

簡単チャーハンの作り方!人気の美味しいチャーハンレシピ

休日のお昼や忙しくて時間がない時の食事に、チャーハン作る人もいますよね。美味しくてパラパラのチャーハ...

簡単ピザ生地レシピで自宅でも本格ピザを楽しむ!保存方法も紹介

自宅で簡単に作れるピザ生地のレシピが知りたいあなたへ。 子供が急にピザを食べたいと言い出したときで...

夕飯のおかずのレシピ集。肉・節約・簡単・和食・冷たいレシピ

夕飯のおかずは何にしよう。夕方になるとほぼ毎日考えています。 皆さんも夕飯のおかずに悩んではいませ...

片栗粉を使って出来るおやつは、昔どんなものだったのか

若い人に「片栗粉を使って作るおやつと言えば?」と聞いてもあまりピンとこない人が多いです。 しかし、...

簡単にピザ生地を作る方法!発酵なし簡単ピザのポイントをご紹介

お家で作るピザは焼きたての熱々が食べられて、美味しいですよね。しかしふわふわのピザ生地は、パン同様に...

疲れているときの夕飯は簡単に!子供向けのおすすめメニュー

夕飯をとにかく簡単に作りたい!子供向けの優しいメニューを紹介します。 簡単に夕飯を作りたいとき...

冷凍ご飯の賞味期限【炊き込みご飯編】賞味期限と保存・解凍方法

炊き込みご飯を作り過ぎてしまったとき、勿体無いからそのまま保存をしてまた食べたいと考えるものです。 ...

冷凍ポテトフライは揚げないでOK!美味しくなるコツやアレンジ

冷凍のポテトフライを揚げないで美味しく食べたい。 冷凍のポテトフライは揚げると美味しいですが、どう...

簡単にパンを発酵なしで作れるレシピについて知りたい

パン作りと聞いたら、材料を混ぜて、一生懸命こねて、長い時間発酵させてから焼くような難しいイメージを抱...

料理を簡単・美味しく調理!忙しい時に便利な美味しい料理レシピ

毎日忙しく仕事をしているママの中には、夕食の料理作りに頭を悩ませてる人もいるのではないでしょうか。な...

人気の茄子のひき肉レシピ【はさみ焼き】の作り方とアレンジ方法

茄子のひき肉レシピには麻婆茄子などいろいろありますが、その中でも人気があるのが「はさみ焼き」です。 ...

【時短弁当】便利な作り置きおかずレシピとお弁当を早く作るコツ

毎朝のお弁当作りは大変ですよね。そんな忙しい朝には、作り置きのおかずがあると大助かり。お弁当作りの時...

夕ご飯の献立にお肉が食べたいときはやっぱりコレ

夕ご飯の献立にお肉がないと満足できない!
そんな家庭は少なくないと思います。我が家は、私的には健康を心がけて魚をメインにする日があっても良いと思うのですが、魚メインの日は子供や旦那からクレームがきます。
旦那や子供は毎日の動く量がすごいため体力的にもボリュームあるお肉の献立が好きなようです。

夕ご飯のお肉の献立といっても、毎日献立を考えて料理をする主婦にとっては困ってしまいますよね。

そんな方を少しでも助けられる夕飯の献立を紹介します。

肉を使った簡単夕ご飯の献立

アレンジしたハンバーグ

お肉といったら大人も子供も大好きなハンバーグ!

いつも作る普通のハンバーグに飽き飽きしてきたら自分なりにアレンジしてみましょう。私は某チェーン店のハンバーグを参考にしています。

  • いつものハンバーグの上や中にチーズを入れる
  • ハンバーグの中にポテチサラダを入れてる
  • カレーハンバーグ
  • 大根おろしとシソで和風ハンバーグ
  • 野菜不足と感じたらハンバーグのタネをピーマンや蓮根、しいたけの肉詰めに
  • 蓮根を刻んでハンバーグのタネに混ぜると食感を楽しめる

このようなアレンジを効かせて家族が飽きないハンバーグを目指していきましょう。

夕ご飯の献立は豚肉で決まり!肉野菜炒めの作り方

夕ご飯、肉の献立に困ったら豚肉を使って野菜炒めにしましょう。

野菜炒めは使う調味料で様々な味を楽しむことができます。

  • 塩コショウ
  • 甘味噌
  • 中華風

野菜炒めの調理はとても簡単ですが、簡単だからこそ落とし穴があります。
簡単な野菜炒めなのに上手く作れないという人も多いと思います。

それはポイントを無視しているからでしょう。

肉野菜炒めを作るポイント

  • 肉と野菜は別で炒める
    肉と野菜は火が通る時間が異なります。
    どちらも炒めすぎると肉は固く、野菜は水分が抜けすぎて食感がなくなります。
    別々に炒めるとより美味しい肉野菜ができます。
  • 野菜を炒める順番
    野菜を全部同時に炒めてしまうと人参に火が通りません。
    人参に火が通るのを待つと他の野菜がしなしなになります。
    火が通りにくいものから順番に時間差で炒めると良いでしょう。
  • 調味料を作っておく
    肉と野菜を炒めたらn2つを合わせて、あらかじめ合わせておいた調味料を投入して強火で水分を飛ばしながら肉野菜に絡めていきましょう。
    この時、火にかけすぎてしまうと野菜の水分で肉野菜はベチャベチャな仕上がりになってしまいます。

食感を楽しめる美味しい肉野菜を作ってみてください。

夕ご飯の献立メインになる鶏肉ステーキ

夕ご飯の肉献立には忘れてはいけない鶏肉。鶏肉といえば定番の唐揚げです。
唐揚げは前もって仕込みをして下味をつける。
そして油で揚げます。
漬け込むためには前もって用意しなければならないし、大量の油を使うのは後始末が面倒ですよね。

唐揚げ以外の献立で鶏肉を使って夕ご飯を考えましょう。

これから紹介する献立なら旦那も子供も唐揚げ並みに喜んでくれるはずです。

ハニーマスタードのチキンステーキ

ムラなく火が通るように鶏肉の厚みを揃えていきます。
鶏肉は焼き縮みするので切り込みを入れてください。
塩コショウをしてこんがり焼いた鶏肉に、ハニーマスタードソースを絡めます。

粒マスタードにはちみつを足すとアクセントが効いた甘いソースになり子供でも美味しく食べられるんですよ。

この味付けなら唐揚げじゃなくても文句ないでしょう。
いや、文句を言わせませんよ。

毎日の肉献立に困ったらぜひこのレシピを作ってみてください。

夕ご飯の献立に困ったときは肉にケチャップ

悩む夕ご飯の肉献立。
ちょっと変わったあ味付けにしたいならケチャップを使いましょう。

ケチャップを使った肉料理と言えばポークチャップですが、実際は牛、鶏、豚、どのお肉にも合いますよ。

今回はポークチャップを紹介しますね。

ポークチャップは外食ではあまり食べないですね。
昔ながらの喫茶店などにはメニューとしてあるでしょうが、現代風のお店にはメニューにないことの方が多いです。
そのため、母の味で知られています。オムライスのケチャップライスくらいにしか使わないケチャップ味で母の味を子供に教えてあげましょう。

母の味ですので、作り方はその家庭で様々ですが、基本のポークチャップの作り方として参考にしてくださいね。

ポークチャップ

豚ロースに脂身の方に焼き縮みしないように切り込みを入れ、その他はフォークで刺します。
塩コショウをして火が通るまで炒め、一旦取り出してください。
豚肉は火を加える時間が長いと固くなります。

同じフライパンでそのままソースとなる調味料を沸騰させ、豚肉を投入し絡めます。
調味料には、すりおろし玉ねぎ、すりおろしニンニク、ウスターソース、酒、コンソメ少々、水少々、ケチャップが入っております。
少し煮立て水分を飛ばしてから豚肉を絡めると良いでしょう。

これで母の味のレパートリーにポークチャップも仲間入りですね。

夕ご飯のお肉料理だって楽できる!おすすめレンジレシピ

まだまだある肉料理の献立

  • チャーシュー
  • サムギョプサル
  • プルコギ
  • 煮物
  • カツ
  • ローストビーフ
  • 餃子
  • そぼろ
  • 丼もの
夕ご飯のお肉献立といっても、やはり旦那や子供の健康も気になるでしょう。
私はサラダの上にチキンをトッピングしてチキンサラダや冷シャブサラダにします。
また野菜と一緒に食べられる鍋料理や、プルコギレタス巻きなんかもよくしますよ。

ボリュームが少ないとクレームがある魚料理はメインの肉料理の影に隠れてしまいますが、諦めずに気休め程度にで出します。
魚はなくても文句もないですが、あれば食べるんですよね。

しらすやお魚フレークでおにぎりにしたりなど、肉料理同様アレンジして見ましょう。

毎日の夕ご飯の献立を考えるのが大変ですが肉、魚、野菜、バランスを考えて献立を考えてくださいね。