片栗粉を使って出来るおやつは、昔どんなものだったのか

若い人に「片栗粉を使って作るおやつと言えば?」と聞いてもあまりピンとこない人が多いです。
しかし、ある程度上の年代の人ですと「コレ」というおやつがあるそうです。
そのように、昔に食べられていたおやつとはどのようなものなのでしょうか。
また、これに似たもう一つのおやつについてもご紹介します。
他にも、ちょっと上の年代の人達が思わず「懐かしい」と言うようなお菓子についてもご紹介しますので、是非お読みください。

関連のおすすめ記事

忙しい主婦必見!時短レシピで夕食の準備、人気レシピをご紹介

時短レシピが雑誌やテレビなどで取り上げられていますが、夕食に取り入れていますか?その時は時短ワザに関...

夕ご飯を簡単に!時短できるアイデアと美味しいレシピをご紹介

お仕事をしているママたちのお悩みの一つが「夕ご飯作り」ではないでしょうか。簡単に作れる・時短できるア...

間違いなくご飯が進む夕食レシピは豚肉と玉ねぎとピーマンで作る

家の中に食べざかりの子どもがいると、旦那にも子どもにもお腹にたまる食事を作ってあげたい!とは思うもの...

豚肉で作る美味しい炊き込みごはんレシピ!炊飯器で簡単調理

炊き込みごはんは、炊飯器のスイッチを押すだけで美味しいご飯が食べられて、ご家庭でもよく作る料理の一つ...

ナスのドライカレーが簡単に出来るレシピをご紹介

夏から秋にかけてはナスが美味しい季節ですよね。その時におすすめなのがドライカレーです。夏に食...

手間いらずな簡単プリンレシピ!カラメルソースもレンジで簡単に

子供が大好きなプリン!ぷるぷるな食感がたまりませんよね。しかし手作りのプリンは意外と手間がかかったり...

夕飯のおかずを簡単に作りたい時のレシピについてご紹介

夕飯のおかずを毎日考えるのは大変ですよね。手の込んだ美味しい料理も作りたいところですが、なかなか...

唐揚げの味付けは時短でOK!簡単人気のおすすめレシピを紹介

唐揚げの味付けは時短でも簡単にできます。唐揚げを時短で作るには、味付けも時短になるアイテムを上手に活...

豆苗ともやしで作る低価格で美味しい豚肉料理をご紹介

豆苗やもやしはスーパーでいつも低価格で販売されていて、節約の強い味方です。ここではそんなもや...

丼物の簡単レシピ!ひき肉で作る美味しいボリュームレシピ

忙しい日の夕食には、ひき肉を使った丼物のレシピはいかがですか?そこで、ひき肉を使った簡単で美味し...

時短レシピの作り方・美味しい夕食の献立と時短のアイデアを解説

お仕事をしているママたちは、平日の夕食作りをなるべく簡単に、時短レシピを作りたいと考えることもあるの...

丼の人気メニュー、ランキング上位のものをご紹介

丼は、具材をご飯にのっけるだけで完成しますので、調理も後片付けも簡単でおすすめなメニューです。そ...

豚ひき肉と白菜の丼!同じ材料でも味付け次第で和にも洋にも

今日は買い物に出掛けたくない!家の冷蔵庫の中に入っているもので、何とか料理を作りたい!そんな日ありま...

シュウマイのアレンジアイデア!簡単レシピで美味しくアレンジ

市販のシュウマイや冷凍のシュウマイは、便利で食卓に並ぶことやお弁当に入れることも多いと思います。いつ...

簡単に手作りチョコを作れるバレンタインにおすすめなレシピ

バレンタインなどにお菓子作りをしたいと思った時に、張り切って手の込んだお菓子を作ろうと思っても、上級...

昔によく食べられた、片栗粉で作るおやつとは

時代の流れによって私達の生活は常に変化してきました。
自分と母の幼少期を比べても違う部分はたくさんあり、祖母の話を聞くと知らないことがたくさん出てきます。現代の生活に慣れている感覚にとっては、昔の話の中には新たな発見もあり新鮮に感じられることもあります。

当然のように現代と昔とでは食べていたおやつも違います。
昔は片栗粉を使ったおやつを食べることが多かったようですが、片栗粉がおやつにどのように変身しているのか気になります。

片栗粉のとろみがポイントのおやつ

  • 片栗粉  大さじ2
  • 水    大さじ1~2
  • 砂糖   大さじ1
  • お湯   150~160cc
  1. 先に片栗粉と砂糖を合わせておきます。
  2. 少しずつ水を加え、粉っぽさをなくします。
  3. お湯を加えたら一気に混ぜてとろみを出します。

片栗粉おやつはこれで完成です。

お好みで砂糖の量を調整したり、好きな味付けをして食べることも出来ます。
片栗粉そのものに強く味がついているわけではないので、いろいろな味付けをして自分の好みを見つけてみましょう。

昔からある、片栗粉に似たおやつとは

先ほど片栗粉とお湯を混ぜたおやつを紹介しましたが、片栗粉を使わずに似たようなおやつも食べられていました。

片栗粉ではなく、葛粉を使ったおやつです。

葛粉と聞いてピンと来た方もいるかもしれませんね。
現代でも葛餅や葛切りの原料として使われているものです。

似たおやつが完成する片栗粉と葛粉ですが、原材料もかなり似ているのでしょうか。

粉の状態を見てもそれほど違いのない両者ですが、原料が全くの別物なので、似ているように見えても全然違うものです。
砂糖と塩も見た目は似ているけど成分は違いますよね。

葛は健康にも効果があり、体調を整えてくれる役割を果たしてくれます。

そして片栗粉と比較すると価格も全く違うので、葛粉の方が圧倒的に高価な品です。

厳密に言うと片栗粉と葛粉は違いますが、似ているおやつが完成しますし作り方も非常に似ています。

片栗粉のおやつと違う手順

  • 容器を事前に温めておくこと
  • お湯を注ぐ前に、ぬるま湯で溶かしておくこと
  • 砂糖などの味付けは最後にすること

これらの違いに注意すると、葛粉でもとろみのあるおやつが作れます。

葛粉は体を温めてくれる効果があるので、寒い冬には特におすすめなおやつです。
冷えを感じるときは食べてみて下さい。

片栗粉のおやつと並ぶ、昔懐かしいおやつとは

次は片栗粉を使ったおやつと並ぶくらい、昔は定番として食べられていたおやつを紹介します。
砂糖をたっぷりと入れるので、おやつらしい甘みを十分に感じるので、食べ慣れない方でも食べやすく感じるかと思います。

  • 砂糖  50g
  • 水   大さじ1
  • 重曹  少量
  1. 重曹を加えることでふわっと膨らみ、満足感のあるおやつになります。
  2. お玉に砂糖と水を入れて加熱します。
    鍋で作るのではなく、お玉を使って下さい。
  3. 沸騰してからさらに待つと小さな泡が発生してくるので、このタイミングで加熱は終了です。
  4. 重曹を加えたら間髪入れずに混ぜ始めて下さい。
    無心で80~100回ほどたっぷり混ぜます。
  5. 重曹がしっかり混ざるとモコモコ膨らんでくるので、これが完成した形です。

お玉を直接加熱したり、沸騰した状態でかき混ぜたりするので危険な面もありますが、子供も楽しんで作ることが出来そうなおやつです。

作るときは、十分に安全に配慮しましょう。

昔懐かしい手作りおやつには、こんなものも

昔懐かしい手作りのおやつには、現代でも食べたことがあったり、似ているものが残っていたりします。

例えばいちご牛乳。
いちごミルクとしたのデザート飲料もありますし、練乳をかけたいちごもまだまだ一般的に食べられています。

昔から食べられていたいちご牛乳は、今でも残っているこのようなデザートの原点になっているのかもしれません。

作り方も非常にシンプルで、いちごの美味しさをそのまま生かしています。

  1. へたを取ったいちごをしっかり流水で洗います。
  2. 皿に盛ったいちごの上から、牛乳と砂糖をかけたら完成です。

そのまま味わっても、いちごを潰して牛乳と果汁を混ぜても美味しいです。

他にもパンの耳を揚げて砂糖をまぶしたおやつもあります。
このおやつ、ラスクにとても似ているのです。

パンの耳を使うととても安く作れますし、美味しくて懐かしさも感じられる素朴なおやつになります。
素朴なおやつを食べていると、自然と優しい気持ちになりませんか。

昔も今も食べ続けたいおやつとは

昔も食べていて、これからの時代も食べたいおやつの一つとして大学芋があります。
材料であるさつまいもには繊維質が含まれているので、便通にもいい効果が実感出来るはずです。

現代は食べ物の変化とともに、疾患を抱える人が多かったり、子供でも便通の悪さに悩むことが珍しくありません。

現代ではそれほど珍しくないような病気でも、昔はそれほど一般的な病気ではなかったりもします。

医療は発達しているので寿命は昔より伸びていますが、病気を抱える人が多いのは確実に食生活が関係しています。

昔はいかに素材の味を生かした健康的な料理やおやつを食べていたかということです。

大学芋は作り方も簡単なので、おやつに取り入れることをおすすめします。
  1. 皮付きのままさつまいもをカットして、少し水にさらしてアク抜きをします。
  2. しっかり水分を拭き取ったさつまいもを、やや多めの油で揚げ焼きします。
  3. さつまいもに火が通ったら、同量の水と砂糖、少量の醤油を加えて煮詰めます。
    さつまいも全体にトロっと絡むまで加熱したら完成です。

仕上げにごまを和えると旨みも栄養もアップします。

昔のおやつは食べ慣れていないと味気ないと感じるかもしれませんが、いつも普通に食べているおやつだと油分や塩分を摂取しすぎているかもしれません。

味覚や健康にも影響を与えるので、時々素材の味を生かしたおやつを食べる日を作ってみてはどうですか。