キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

なすとズッキーニをたっぷり食べられる簡単レシピ

なすやズッキーニは家庭菜園でも人気の野菜。なすとズッキーニがたくさんあるときには、晩ご飯のおかずにたっぷりいただきましょう。
そこで、なすとズッキーニを使った簡単レシピをご紹介します。野菜たっぷりでご飯の進むレシピです。
また、ズッキーニの上手な保存方法についてもご紹介していきます。ズッキーニは冷凍保存もできる野菜です。

関連のおすすめ記事

簡単プリンはフライパンで!自宅でできる作り方と美味しいコツ

自宅で簡単にプリンを作るならフライパンを使った方法がおすすめです。 フライパンを使えば簡単に家庭で...

ナスを使ったグラタンレシピ。子供も喜ぶ簡単で美味しいレシピ

お子様から「グラタンが食べたい」と言われて、ナスがたくさんある時には、このナスを使って美味しいグラタ...

餃子の皮も美味しく手作り!皮がくっつく原因と対処法を解説

餃子の皮から手作りして作る料理好きの人の中には、餃子の皮がくっつく事に頭を悩ませている人もいるのでは...

簡単ピザ生地のレシピとフライパンで焼くおいしいおすすめピザ

ピザが食べたい時はどうしていますか? ピザを作ろうと思うと一番ハードルが高いのはピザ生地ではないで...

簡単なパウンドケーキの作り方しっとりさせるポイントとコツ

パウンドケーキを作ってみたらなんだかパサパサに仕上がってしまった…レシピの通りに作っているのになぜし...

豚ひき肉を使う料理のレシピを知りたい、出来れば簡単なやつ

豚ひき肉は値段も安くて美味しいので、家計の嬉しい味方ですよね。 そんな豚ひき肉をレシピを知りたいと...

料理を簡単・美味しく調理!忙しい時に便利な美味しい料理レシピ

毎日忙しく仕事をしているママの中には、夕食の料理作りに頭を悩ませてる人もいるのではないでしょうか。な...

夕ご飯のおかずを簡単に決めるコツとおすすめレシピをご紹介

毎日の夕ご飯作りで、なかなかおかずが決まらずに悩むこともありますよね。忙しい日や体調が思わしくないと...

冷凍ポテトフライは揚げないでOK!美味しくなるコツやアレンジ

冷凍のポテトフライを揚げないで美味しく食べたい。 冷凍のポテトフライは揚げると美味しいですが、どう...

夜ご飯に食べたい電子レンジで作る簡単レシピ。暑い夏はレンチン

暑い夏は、食事の準備をするのも大変。コンロの火を使うと、キッチンの温度も上がり、料理をしているだけで...

鶏モモ肉で簡単・時短調理!美味しいレシピと時短のコツを大公開

大人から子供まで人気の食材「鶏モモ」を使って、簡単でしかも時短で作れるレシピについてお伝えします...

なすを使ったレシピを紹介!簡単・美味しいなすの料理を作ろう

お仕事をしている人や料理をする時間がない人は、簡単にできる料理を献立に取り入れることで、短時間でおか...

簡単なプリンの作り方を紹介します!子供と作るのもおすすめ

プリンは柔らかめ、硬め、甘みの強さなどそれぞれ好みがありますよね。そんな自分好みのプリンを作りたいの...

卵でおいしいご飯を作ろう!簡単レシピと卵の鮮度の見分け方

一人暮らしをしているときに便利に使える食材が「卵」です。時間がないときでも簡単に調理ができるため、冷...

【シュウマイレシピ】超簡単に作れる包まないシュウマイ

お子様や旦那さんから「シュウマイが食べたい」とリクエストが来ることもあると思います。ここで少し考えて...

お肉をプラスでご飯が進むなすとズッキーニのレシピ

なすとズッキーニは定番の夏野菜ですよね。
どちらも同時期に安く売られたり、家庭菜園で収穫できます。

だったら一緒に料理したいというのが主婦の希望ですよね。

なすとズッキーニの相性は抜群。

お肉も一緒に調理すれば、ご飯の進むメイン料理になりますよ。

なすとズッキーニに合わせるお肉は豚肉がおすすめ

豚肉の脂がナスやズッキーニを更に美味しくしてくれます。

味付けはこってりがおすすめ

オイスターソースやコチュジャンを使って中華風や、味噌炒めもおすすめですよ。

同じく夏野菜のピーマンなども相性抜群なので、冷蔵庫で眠っているなら是非一緒に調理しましょう。

なすとズッキーニがたくんさん食べられる炒めものレシピ

次は、なすとズッキーニをたくさんたべれる炒めものレシピをご紹介しましょう。

なすとズッキーニのペペロンチーノ風

オリーブオイルとニンニク、唐辛子、塩のシンプルな味付けにすると、箸が止まらなくなりますよ。

もしもたくさん作って余ったときには、瓶にオリーブオイルを注ぎ、炒めたなすとズッキーニ、ニンニク、唐辛子、塩を加えてオイル漬けにするのもおすすめですよ。

醤油炒めもおすすめ

なすとズッキーニを炒めものにするなら、お醤油味もおすすめです。

意外ですが、オリーブオイルとお醤油の相性は抜群。
これらを1:1で混ぜるだけでドレッシングになります。
もちろん炒めても美味ですよ。

お醤油の代わりにポン酢で味付けするのも、さっぱりとしておすすめです。
お醤油ベースの炒め物には、仕上げにかつお節をトッピングしましょう。
見た目も味もグッと良くなりますよ。

作り置きにもおすすめ、なすとズッキーニのラタトゥイユレシピ

なすとズッキーニを使った定番レシピと言えば、ラタトゥイユです。
夏野菜をオリーブオイルとニンニクで炒めて、トマトとローリエを加えて煮る料理です。
ナスとズッキーニの他に、玉ねぎやピーマン、パプリカなどの野菜も一緒に煮込みましょう。
また、ベーコンを加えると出汁と塩気が出て、とても美味しくなりますよ。

ローリエを加えて煮るので、味付けは塩だけでも美味しく仕上がります。
お好みでコンソメを少し加えたり、ポン酢で和風に味付けするのもおすすめですよ。

ラタトゥイユはそれだけ立派な一品ですが、ソテーしたお肉やお魚フライにソースとしてかけてもとっても美味です。
また、耐熱容器にラタトゥイユを入れてチーズをのせて焼くと、子供に人気のメニューに早変わりしますよ。

アレンジしやすい料理なので、たくさん作っていろいろな食べ方を楽しんでくださいね。

ズッキーニの保存方法

なすと違ってズッキーニは割と最近よく見かける野菜です。
西洋野菜のズッキーニは洋食が一般化するとともに日本でも売られるようになりました。
今では夏になると度のスーパーでも見かけますし、家庭菜園でも人気の野菜です。

ズッキーニはきゅうりに似た見た目だけれど実はかぼちゃの仲間

ですが、かぼちゃと同じように保存することはできません。
かぼちゃに比べるとズッキーニの皮はとても薄く、簡単にカットでき、皮も食べることができる野菜です。
そのため、水分が抜けやすいという性質があります。

美味しさを長く保つためには、水分の蒸発をできるだけ抑えることが重要なので、乾燥は天敵です。
乾燥からズッキーニを守るために、新聞紙で一つずつラッピングしましょう。

ズッキーニはメキシコが原産の野菜

原産地からも想像がつくように、ズッキーニは比較的温かい温度を好みます。

保存適温は10~20度と言われていますから、風通しの良い冷暗所での常温保存がベストです。

多くの野菜は冷蔵庫の野菜室が最適と言われますが、野菜室の温度は高くても10度以下ですから、ズッキーニにはやや寒い環境と言えます。
常温保存では7日程度の保存が目安となりますが、野菜室では3~5日程度が保存の目安となります。

ズッキーニを長く保存するなら冷凍保存がおすすめ

ズッキーニをいつでも食べたい!
そんな方におすすめする保存方法は、冷凍です。

一般的な他の野菜と同様に、ズッキーニも冷凍保存が可能な野菜

ズッキーニを冷凍保存するときには、食べやすくカットしてから冷凍しましょう。
できるだけ早く冷凍することを考慮すると、5mm厚くらいの輪切りがベストです。
料理にも使いやすいサイズですよね。

野菜は冷凍すると、火を通した時に崩れやすくなる傾向があります。
ズッキーニも例外ではありません。

そのため煮崩れてもOKなレシピに使うのがおすすめです。

ズッキーニを生のまま冷凍した場合の保存目安は約2週間です。
それ以上保存したい場合には、加熱してから冷凍するようにしましょう。

茹でたり、焼いたり、揚げたりしてから冷凍すると1ヶ月程度冷凍できるようになります。