キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

なすとチーズを使った美味しいレシピ!簡単夕食のメインおかず

なすがたっぷりとある時には、相性の良いチーズと合わせて今晩のおかずを作ってみませんか?
そこで、なすとチーズを使った簡単で美味しいレシピをご紹介します。
なすが少し苦手というお子様にも、チーズと一緒に調理することによって、食べやすくなります。ジューシーななすにチーズのコクがマッチして、夕食のメインにぴったりなレシピです。

関連のおすすめ記事

冷凍野菜は超便利、野菜を冷凍し保存する方法とポイント

冷蔵庫の隅で野菜が干からびてしまう前に、買ってきた野菜はすぐに冷凍保存しましょう。 野菜が安いとま...

鳥モモ肉とぴったりの食材で煮物を簡単に作りましょう

義両親と同居している主婦にとって、夕食の支度は大変な家事の一つです。 子供が美味しく食べられる料理...

時短レシピの作り方・美味しい夕食の献立と時短のアイデアを解説

お仕事をしているママたちは、平日の夕食作りをなるべく簡単に、時短レシピを作りたいと考えることもあるの...

時短カレーレシピ!時間がなくても美味しいカレーを作る方法

お子様の大好きなカレー。仕事で帰りが遅くなったときなどに、お子様から「カレーが食べたい!」と言われて...

時短レシピで簡単調理!人気の夕食レシピと時短アイデアを紹介

毎日忙しく仕事をしているのに毎日夕食の献立を考えるのはとっても大変です。家族の喜ぶ美味しい夕食を作り...

冷しゃぶサラダのレシピとたっぷり野菜にあうタレの種類と作り方

野菜もお肉もたっぷり食べることが出来る冷しゃぶサラダ。 食欲の無い暑い夏や、お肉でスタミナを付...

味噌の作り方は?簡単に手作りする方法と正しい管理・賞味期限

毎日のように使用する味噌を手作りして、自家製の味噌を作ってみたいと考えている人もいるのではないでしょ...

ナスとチーズのレンジで作れるおすすめ料理を紹介します

ナスとチーズさえあればレンジで簡単に一品作ることができます。味付けを変えればあっさりしたものから子供...

ナスのチーズ焼きの中で、人気の味付けやアレンジについて知りたい

ナスのチーズ焼きは、ナス好きはもちろん、チーズ好きの人からも人気のメニューのひとつです。 そんな人...

簡単パンの作り方!フライパンで作る美味しいパンのレシピを紹介

自宅でパンを焼きたいと思っても、パン作りに難しいイメージを持っていてなかなか挑戦できない人もいるので...

簡単美味しいチャーハンの作り方!子供に食べさせたいレシピ

家でチャーハンを作っても、野菜嫌いの子供がなかなか食べてくれないとお困りの方はいませんか?子供が嫌い...

【シュウマイレシピ】超簡単に作れる包まないシュウマイ

お子様や旦那さんから「シュウマイが食べたい」とリクエストが来ることもあると思います。ここで少し考えて...

ナスと豚肉を使った簡単美味しいパスタ!夕食に食べたいレシピ

ナスと豚肉がある時には、美味しいパスタはいかがですか?ナスと豚肉を使った、夕食にもおすすめのレシピを...

簡単にできるおつまみ!今すぐできるきゅうりを使ったレシピ

家庭菜園をされる方は、手軽で簡単に作れることから、きゅうりを栽培している方も多いと思います。また夏に...

簡単にパンを発酵なしで作れるレシピについて知りたい

パン作りと聞いたら、材料を混ぜて、一生懸命こねて、長い時間発酵させてから焼くような難しいイメージを抱...

トースターで作るなすとベーコンのチーズ焼きレシピ

ナスとチーズの相性は抜群。

この2つがあれば、簡単で美味しいおかずを作ることができますよ。

  1. フライパンで薄めにスライスしたナスと、食べやすくカットしたベーコンを炒めて、塩と胡椒で強めに味付けします。
  2. 取っ手が取れるタイプのフライパンなら、このままとろけるチーズをのせてパン粉をまぶし、トースターで焼き上げましょう。
    取っ手がとれないタイプのフライパンの場合は、耐熱皿に移してくださいね。
なすのアクはお好みで抜いてください。
カットした後に5分ほど水に晒すとアクが抜けます。
アクが苦手な方は、最後にギュッと絞るようにして水切りしましょう。
その後オイルで炒めると、ベーコンの旨味のついたオイルを吸って、なすのアクが気にならなくなりますよ。
他の調理でも使える方法なので、なすが苦手な方にはとてもおすすめの方法です。

今回はベーコンも一緒に調理しましたが、なければウィンナーや鶏もも肉などで代用してもOKですよ。
また、玉ねぎやズッキーニ、トマトなどの野菜を追加すると、よりバランスの取れた美味しい一品になります。

チーズにかつお節でコクアップ!なすのおかかチーズ焼きレシピ

なすとチーズの旨味をシンプルに味わえる料理がチーズ焼きです。

  1. なすを斜めに薄くカットします。
  2. フライパンにオイルを挽いてなすを並べて焼いていきます。
  3. 塩と胡椒で味付けして、焼き目がついたら裏返します。
  4. 醤油をまぶした鰹節、チーズの順にのせまます。
  5. 裏にも焼色がついてチーズもとろけたら完成です。

醤油をまぶしたカツオ節となすという和風の組わせにチーズの風味相混る、和洋ミックスの美味しいレシピです。

たっぷりチーズが美味しいなすとトマトのグラタンレシピ

なすとチーズのレシピの定番といえば、なすのミートグランでしょう。

なすとトマトの相性は最高。
そこにチーズが加わるのですから、美味しくないわけがない。

  1. みじん切りの玉ねぎとひき肉を炒めて、トマトも加えて煮込みます。
  2. トマトは加熱用トマトかトマト缶を使うのがおすすめです。
  3. ローリエで香りづけして、コンソメと塩と胡椒で味付けしましょう。
  4. 水気が減ってきたら、一口大にカットしたなすも加えて煮ていきます。
  5. 耐熱皿になす入ミートソースを入れて、ピザ用チーズをかけてパン粉をチラシ、美味しそうな焼き目がつくまでオーブンやトースターで焼きましょう。
ミートソースを作るのが面倒な方は、市販のソースを使うと良いでしょう。
ソテーしたなすと市販のミートソースを耐熱容器の中であえて、チーズをのせて焼き上げます。

店頭でなすを選ぶ時のポイント

どんなレシピも使う食材が良ければ、より美味しく仕上がりますよね。
ですから、なすを店頭で選ぶ時には、できるだけ鮮度の良いものを選ぶことが重要です。

美味しいなすを見極めるポイントは5つ。

  1. 色が濃い
  2. ハリツヤがある
  3. 棘が尖っている
  4. 重さを感じる
  5. 傷のないもの
  • 1~3は見た目です。
  • 1の色の濃さは太陽をたくさん浴びた証です。
    美味しいのはもちろん、なす特有のポリフェノールもたくさん含んでいます。
  • 2は、なすの果実の特徴が現れています。
    なすの9割は水分と言われるほどたくさんの水分を含んでいます。
    しかし、時間の経過とともに収穫時についた傷から水分が抜けてしまうので、鮮度が見た目にあらわれやすい野菜でもあります。
    艶がなくなったり、しおれてきていたらそれは収穫からある程度時間が経過している証拠です。
  • 4や5も同じ理由からです。
    時間が経過すると切り口からどんどん水分が抜けるので、重さも軽くなってしまいます。ですから、ずっしりと思いなすはたくさん水分を含んでいるので、新鮮だと考えられます。
    また、傷があるとそこからも水分が抜けてしまうので、傷む速度が早くなります。
    まだハリやツヤのあるなすでも、痛みやすいのでおすすめできません。
  • また、3の棘に関しても同様で、水分が抜けると棘もしおれてしまいますから、なすの棘が痛いくらいであれば新鮮な証拠と言えます。

なすを美味しく保存するコツ

どんなに美味しいなすを選んで買っても、正しく保存しなくてはすぐに傷んでしまうのがなすです。

なすは水分をたくさん含んでいて、その水分量は美味しさに比例します。
ですから、「乾燥させないこと」はなすを保存する上ではとても重要になるのです。

乾燥させないためには包むのが一番です。
野菜保管では定番のキッチンペーバーや新聞紙を使って、1つずつ包みます。
ラップでもOKです。

気温が低めで風通しの良い場所を確保できる場合には常温でも良いのですが、真夏など暑い期間は冷蔵庫の野菜室が良いでしょう。
野菜室では、1つずつ包んだなすをさらに密閉袋の中に入れてから、保存します。