簡単アイスクリームの作り方!自由研究にまとめるアイデア

お子様の自由研究に料理を題材にするものも人気です。お子様の大好きなアイスクリームをテーマにまとめたいという時には、やはりなるべく簡単な作り方で少ない工程のものがおすすめです。
そこで、簡単に作れるアイスクリームの作り方をご紹介します。
料理の作り方を写真と共に紹介するのも良いですし、冷凍庫に入れずに、違う方法で固める実験を行うのも楽しいですね。

関連のおすすめ記事

冷凍ご飯でお弁当もおにぎりも作れる!おすすめや美味しいコツ

冷凍ご飯を使ってお弁当を作るときは、おにぎりが簡単でおすすめです。おにぎりなら冷凍ご飯を解凍する...

餃子の皮を使ったおつまみは超美味、簡単にできるおつまみレシピ

餃子の皮が余ったら、今晩のおつまみに利用してみては?どれも簡単にできて、大人も子供も喜ぶ料理に生まれ...

豚ひき肉と白菜の丼!同じ材料でも味付け次第で和にも洋にも

今日は買い物に出掛けたくない!家の冷蔵庫の中に入っているもので、何とか料理を作りたい!そんな日ありま...

ナス料理で夏バテ防止!美味しくて簡単なおすすめレシピを紹介

ナスは夏野菜の定番であり、ナスを使った料理を食べると夏バテを防ぐこともできます。でも、できれば暑い夏...

ナスとズッキーニの夏野菜と鶏肉を使ったボリュームおかず

ナスやズッキーニは夏野菜の代表。ナスとズッキーニがある時には、鶏肉と合わせて美味しい一品を作ってみま...

人気の茄子のひき肉レシピ【はさみ焼き】の作り方とアレンジ方法

茄子のひき肉レシピには麻婆茄子などいろいろありますが、その中でも人気があるのが「はさみ焼き」です。...

豆苗ともやしで作る低価格で美味しい豚肉料理をご紹介

豆苗やもやしはスーパーでいつも低価格で販売されていて、節約の強い味方です。ここではそんなもや...

簡単に朝ごはんが作れるレシピについて知りたい

朝はみんな何かと忙しいですから、簡単に朝ごはんを作りたいですよね。ささっと作れてすぐに食べられる...

簡単パン作りを発酵なしで!美味しく作るコツやおすすめレシピ

自宅で簡単にパン作りをしたいなら、発酵なしでも作れるパンがおすすめです。発酵は時間も手間もかかる...

卵でおいしいご飯を作ろう!簡単レシピと卵の鮮度の見分け方

一人暮らしをしているときに便利に使える食材が「卵」です。時間がないときでも簡単に調理ができるため、冷...

簡単パンケーキの作り方!自分で作るふわふわパンケーキレシピ

お店で食べるようなふわふわで美味しいパンケーキを、自分でも簡単に作ることができたらいつでも美味しいパ...

丼物の美味しいレシピ!定番メニュー・人気の丼の作り方をご紹介

お腹が空いているときに食べたくなるものといえば「丼」です。ボリュームたっぷりの具材をご飯の上にたっぷ...

簡単朝ごはん!朝からしっかり食べられる丼のレシピをご紹介

簡単に朝ごはんを作ろうと思っても、ボリュームがいまいちで、昼前にお腹が空いてしまったり、食べるのに時...

手間いらずな簡単プリンレシピ!カラメルソースもレンジで簡単に

子供が大好きなプリン!ぷるぷるな食感がたまりませんよね。しかし手作りのプリンは意外と手間がかかったり...

大根を使った簡単副菜レシピ。洋風で美味しいおかず

食卓に、もう1品欲しいという時に、大根を使った副菜を作ることもあると思いますが、大根を使ったレシピは...

生クリームを使った簡単バニラアイスクリームの作り方

以前は「家庭でアイスクリームを作ろう」などという文言を見ても

「面倒くさい。わざわざ作らなくても買ってくれば美味しくていいのよ。」

としか思いませんでした。しかし、子供ができて幼稚園へ行くようになると意識が変わりました。

冬にアイスクリーム作りのイベントがありました。そのイベントが知らされた時から子供は毎日アイスクリーム作りをとっても楽しみにしていて、当日の喜びようといったらもの凄いものでした。

「やったーやったーアイスクリームができた!」
「美味しいー!」

と本当に飛び上がって喜んでいました。

こんな様子を見ると、家庭でもアイスクリーム作りをしてあげようかなと思うようになりました。

また、自分で作ると余計な添加物を入れないので健康にも良いおやつになりそうです。

原材料は生クリームに卵、砂糖のみです。

砂糖は取りすぎると良くないですが、生クリームと卵は栄養満点で食の細い我が家の子供達には良さそうです。

そこで私は冬に美味しい濃厚なアイスクリームを目指して配合を決めました。

鍋に「卵を3個」と「沖縄産の粗めの粒のサトウキビ糖を70グラム」を入れて極弱火にかけながら混ぜます。

卵が温くなったら火を止めて白くもたっとするまで混ぜます。

そこに「生クリームを1パック(200ml)」入れてよく混ぜます。

混ぜ終わったらバットに入れて冷凍庫で固まるまで冷やします。

とっても簡単で栄養満点のアイスクリームができました。

夏に収穫したブルーベリーで作っておいたジャムをのせて更に盛ると子供達は大喜びでした。

簡単レンジで作るアイスクリームの作り方

生クリームで作る濃厚アイスは我が家の人気メニューですが、生クリームを頻繁に購入するには価格がお高いです。

安価に作れるアイスクリームメニューを開発しました。

生クリームではなく牛乳を使用するアイスクリームの作り方

ついでに鍋で温めずに電子レンジで温めてその容器のまま冷凍をするという洗い物も少なくする簡単アイスクリームです。

電子レンジにかける事の出来る耐熱ガラスの容器に「卵を2個」と「沖縄産の粗めの粒のサトウキビ糖を50グラム」入れてよく混ぜてから「牛乳を200ml」を入れ更に混ぜます。

次に電子レンジ500ワット程度で20秒加熱してからよく混ぜます。冷めたらそのまま冷凍庫に入れて凍らせます。

こちらのアイスクリームはわざわざ生クリームを購入しなくても我が家では常に自宅にある材料で作る事ができるので、思い立ったときにいつでも作る事ができます。
子供が風邪気味で食欲の無いときなどにも活躍しています。

少ない材料でできる簡単バナナアイスクリームの作り方

子供の体調が悪いときには栄養の摂れるデザートを作ります。

いつも同じアイスクリームだとさすがにアイスクリーム好きの子供達でも飽きるようなので、いつものアイスクリームに飽きたときにも登場するのがこのバナナアイスクリームです。
これも作り方はとても簡単です。

我が家ではバナナを購入しても誰にも食べられずにどんどん黒くなってしまうことがよくあります。そんな時にはバナナをスライスしてラップに包んで冷凍します。

「冷凍バナナを2本分」取り出してミキサーに入れます。

そこに「ヨーグルト大さじ4杯」と「はちみつ大さじ3杯」入れてミキサーを運転します。

滑らかになったらバットに入れて冷凍庫で凍らせます。

バナナのねっとり感がアイスのようになりこちらも子供達に好評です。

自由研究のアイスクリーム作りに食塩と氷を使う方法

幼稚園でのアイスクリーム作りは、サミット袋に雪と塩を入れて、そこに材料を入れた密閉袋を入れてひたすら振るという方法でした。
家庭でお友達が来たときにそれを真似てアイスクリームつくりのイベントを行いました。

まずはボウルに「生クリーム200ml」と「卵黄2個」「沖縄産の粗めの粒のサトウキビ糖を60グラム」を入れてよく泡立て器で混ぜます。

できたアイスクリームの素を食品用の密閉袋に4等分にして入れます。

入れすぎると固まりづらいので小さい食品用密閉袋を使用してこの分量以上にはしないようにしましょう。

サミット袋を2重にしてそこに氷と塩を入れます。

氷はアイスクリームの材料を入れた食品用密閉袋が覆い隠せるくらいの量、塩は大さじ5杯程度入れると良いでしょう。

少ないとアイスが固まりづらく、多いほどしっかりと固める事ができます。

サミット袋の中心にアイスクリームの材料を入れた食品用味ペイ袋を入れてサミット袋の口をしっかりと縛り、タオルを巻いてひたすら振ります。

出来上がったら器に入れてすぐに食べましょう。

ペットボトルで転がす簡単アイスクリームの調べ方

前項で紹介したアイスクリーム作りを応用して外で遊びながら作ることもできます。
前項の「自由研究のアイスクリーム作り」の材料で作ったアイスクリームの素をペットボトルに入れます。

ペットボトルは500mlの大きさでよく洗って乾かしてから使用しましょう。

アイスクリームの素はやはり4等分して4本のペットボトルに入れます。

ペットボトルの蓋をしっかりと閉めたら雪の積もった屋外へ行き雪の上に転がします。

サッカーのようにペットボトルを足で蹴って転がすと早くできます。

実はあるイベントでアイスクリームを作るためのサッカーボールの形をした容器を見た事があります。

調べてみるとそれなりのお値段をしていたので、ペットボトルを代用する事を思いつきました。

ただ、専用の容器と違い取り出すときにはペットボトルを切らないといけません。ペットボトルを切って取り出す作業は手を切らないように気をつけて大人が行うようにしましょう。