簡単に出来た!朝ごはんに卵が食べたい時のお米やパンのレシピ

毎日の朝ごはん、今日は何にしようかと悩んでしまいますね。

忙しい朝は出来るだけ時間をかけずに、簡単に作りたいと多くの主婦の方が感じていることでしょう。

朝ごはんのときに食べたいメニューに卵料理があります。

今回は卵を使った簡単な朝ごはんメニューのレシピを紹介します。

まずは卵料理の定番、目玉焼きやスクランブルエッグのレシピです。時短の方法や簡単なのに美味しい一工夫をご覧ください。

ワンプレートメニューも簡単に作ってみましょう。
オムレツに入れる具材でしっかりと朝の栄養を摂ることが出来ます。

ごはんが好きな方におすすめなレシピや、パンが食べたい時に作りたい簡単で美味しいレシピをお届けします。

毎日の朝ごはんの悩みが解決するメニューを是非お試しください。

関連のおすすめ記事

豆苗と卵スープの人気のレシピ。色々な味付けとおすすめの具材

最近の注目度抜群の豆苗。卵でとじてスープにして食べるのも人気の食べ方ではないでしょうか。豆苗...

鳥モモ肉とぴったりの食材で煮物を簡単に作りましょう

義両親と同居している主婦にとって、夕食の支度は大変な家事の一つです。子供が美味しく食べられる料理...

丼の人気メニュー、ランキング上位のものをご紹介

丼は、具材をご飯にのっけるだけで完成しますので、調理も後片付けも簡単でおすすめなメニューです。そ...

【時短弁当】便利な作り置きおかずレシピとお弁当を早く作るコツ

毎朝のお弁当作りは大変ですよね。そんな忙しい朝には、作り置きのおかずがあると大助かり。お弁当作りの時...

夕ご飯は簡単で美味しいのが一番!おすすめレシピやコツを紹介

夕ご飯は簡単に作れて美味しいのがいいですね。働くお母さんにとって、夕ご飯の支度は時間との戦いです。子...

時短料理は下ごしらえがポイント!おすすめ作り置きのコツを紹介

毎日忙しくてできるだけ時短で料理を作りたいと思うあなた。料理は下ごしらえをしておくだけで劇的に時...

鶏肉料理は簡単!失敗知らずで美味しいおすすめレシピを紹介

鶏肉を使った料理は初心者でも簡単にできます。簡単な味付けをして焼くだけでも美味しいですし、電子レンジ...

簡単チャーハンレシピのおすすめを紹介!自宅でも美味しく楽しむ

自宅で簡単にチャーハンを作るなら、やっぱり美味しく作れるレシピが知りたい。自宅でもまるでお店のよ...

ナスの炒め物はアク抜きでキレイに!美味しいナス炒めのコツ

ナスの炒め物はアク抜きをしなくても作ることができます。しかし、アク抜きというひと手間を加えるだけ...

ハズレ無し?冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺の簡単なアレンジ方法

ちゃんぽんが好きな方は、冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺を冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか?...

簡単に朝ごはんを作るなら、パンを使うのがおすすめ

毎朝簡単に朝ごはんを作るだけでも意外と大変ですが、食べる時も時間をかけないようにしたいのであれば、パ...

唐揚げをフライパンで揚げるときの時間は何分?唐揚げの作り方

唐揚げをフライパンで作るときにはどのくらいの時間、揚げたらいいのでしょうか?少量の油で揚げ焼...

簡単パン作りを発酵なしで!美味しく作るコツやおすすめレシピ

自宅で簡単にパン作りをしたいなら、発酵なしでも作れるパンがおすすめです。発酵は時間も手間もかかる...

豚バラを使った簡単丼メニュー大特集!卵を使ってさらに美味しく

豚バラを使った丼と言えば「豚丼」が定番ですが、それに卵をプラスしてみませんか。そうすることで、さらに...

料理と飾り付けのコツ!簡単だけどおしゃれなホームパーティーを

自宅で初めてのホームパーティーをする事になったら、一体どんなおもてなしをすれば良いのか頭を悩ませるも...

朝ごはんの定番卵メニューを更に簡単に美味しく

卵料理は簡単で、時間のない朝にはとっても助かる食材です。
朝から凝った料理をするのは難しく、簡単で家族が喜んで食べてくれる料理を作らなければなりません。

朝ごはんの定番の卵料理でも、ちょっと工夫するだけで見た目が違ったり、食感を変える事が出来ます。

そのような工夫で、朝のマンネリの卵メニューを打破していきましょう。

  • 目玉焼きも、いつもも目玉焼きの焼き方を変える事で食感を変える事が出来ます。
    卵は両面焼きにして、中は半熟に。また、片面を焼いた後で、スライスチーズを乗せ、ひっくり返してチーズごと焼いて焦げ目を付けても美味しいですよ。
  • 次に、スクランブルエッグですが、一緒に野菜も入れると栄養を沢山取ることができます。余った野菜を少し小さめにカットして冷凍しておけばスクランブルエッグを作るときに入れてアレンジできます。また、夕飯で残ったおかずなども少し細かめに刻んで混ぜて作ると味の濃いスクランブルエッグになりご飯が進みます。
  • また、溶いた卵にスープの素を入れて一緒にスクランブルにするとスープの味の効いたものが出来上がりいつもと違う味付けにすることができます。

朝ごはんは、卵を乗せたワンプレートで簡単に

見た目からゴージャスにできるワンプレートも朝ごはんにお勧めです。

出来るだけ見た目でおいしそうにするために、色合いに気を付けて盛りつけると食欲が増します。オムレツや、ゆで卵などがお皿に乗っていると見た目鮮やかで良いですね。オムレツは甘めでも、塩コショウで味付けしたおかず風でも良いです。中にハムを入れてオムレツを割った時にびっくりせてみても楽しんでくれるでしょう。

オムレツにはどんなものを入れも合いますので、栄養素を重視して納豆を入れて見ても良いです。

納豆とチーズなども相性が良いです、納豆を使ったオムレツの作り方をご紹介します。

  1. 納豆は味が付いている方がおいしく食べられますので、納豆についているタレを混ぜて作りましょう。
    また、卵に納豆を混ぜ込んで作るタイプのオムレツと、納豆を包むタイプのオムレツがあります。納豆をより感じたいときは包むタイプ、時間短縮で作りたい方は卵に混ぜるタイプの方で作ってください。卵にふんわり感を出したい時はマヨネーズを入れるとふんわりします。
  2. 卵を入れて、納豆を真ん中に入れて包む、卵に納豆が入っている状態でフライパンに卵を流しい入れ、スクランブルエッグにしながらオムレツの形に整えていく。どちらもおいしそうな納豆オムレツの完成です。

しっかりお米を食べたい朝ごはん。卵を使ったおすすめ簡単メニュー

朝ごはんをお米でしっかりと食べて欲しい時はご飯を炒めて味を付けるとご飯が進み、たくさん食べてくれるようになります。
朝から炒めるのは手間が掛かるとは思いますが、朝食を全然食べないで出かけるよりも一口でも食べて出かけた方がエネルギーになります。また、炒める事で良い匂いが家の中に広がり、食欲を増幅させてくれます。
お米と卵を炒めるだけでもよいのです。朝の定番の卵とウインナー、一緒に炒めてもそのまま出しても変わらないのなら、一緒に炒めて出してみましょう。
また、味海苔や韓国海苔などを巻いて食べるとおいしいです。

カルボナーラ風簡単朝ごはんも作ることができます。

こちらはレンジで加熱するだけですので忙しい朝などは最適です。

  1. ご飯を山の形に耐熱皿に盛り、中心を少し窪ませます、その窪みに卵を入れて、山の上の卵の周りにぐるっとマヨネーズを回しかけて、マヨネーズの上にとろけるチーズを振りかけます。カルボナーラにしたいのでチーズは多めが良いです。
  2. レンジにで加熱するのですが、生卵ですので加熱しすぎると卵が爆発してしまいます。少しずつ加熱していってください。大体40秒前後加熱してみてご飯が温まっているようなら出来上がりです。
  3. チーズが完璧に溶けていなくても、ご飯と混ぜて作るので大丈夫です。全体を混ぜてトロリとするようならそれ以上は過熱しなくて良いです。最後に塩コショウをしたら出来上がりです。

毎日食べたい、パンと卵の絶品朝ごはんレシピ

  • 卵を使った料理に、フレンチトーストがあります。朝から食が進まないときに、甘い匂いが食卓からしてきたら、自然とテーブルにみんな寄ってくると思いませんか。
    フレンチトーストなら、卵液を前の日に作っておいて、パンも浸して置けば朝焼くだけです。しっかり卵液が使ったフレンチトーストはとっても美味しいです。
    バターで焼くと更にいい匂いになります。作ってみてください。
  • 卵を使ったトーストは他にもあります。トーストにマヨネーズで周りを囲み壁を作り、中に卵を入れて焼くエッグトーストがあります。焼きすぎると卵が固くなってしまうので様子を見ながら取り出しましょう。また、焼きあがりが不十分で白身も固まっていないような状態なら少し加熱して、トースターの余熱で熱を入れても良いです。
    トースターによっては二枚一緒に入れると焼きムラができる場合もありますので、様子を見ながら均一に熱が通るように入れ替えても良いかもしれません。
    その他にも、スクランブルエッグを入れてホットサンドもよいですね。ホットサンドメーカーはどんな具でも挟むことができ、温かいパンが食べられるのでお腹にも良いですね。

朝ごはんはなるべく食べよう。スープもおすすめ

ちょっと変わり種の朝ごはんもご紹介します。

スープと一緒に食べるココットはどうでしょう。パンを角切りにして、パンを耐熱容器に入れます。入れた後に上から卵を割り入れてそのままオーブントースターに入れて焼きます。この時、パンは角切りでも一枚のままでも良いです一枚のまま使うときはミミを切り、耐熱容器に押し付けるように入れてください。

パンの耳を切らないとしっかり容器に入らなくなってしまい、容器から浮き出で来てしまいます。
パンが浮き出ると中身も全部出てしまいます。きちんと押し付けて容器に付くようにしましょう。