簡単にできるおつまみ!今すぐできるきゅうりを使ったレシピ

家庭菜園をされる方は、手軽で簡単に作れることから、きゅうりを栽培している方も多いと思います。また夏に採れるきゅうりですが、スーパーでは年中売られていて手にすることの多い野菜の1つです。

そこでここでは簡単に今すぐにできるきゅうりの簡単レシピ、おつまみだけじゃなく、おかずの一品にもなるきゅうりの料理をご紹介いたします。

関連のおすすめ記事

シュウマイレシピの人気を紹介!子供と一緒に楽しく美味しい

シュウマイの手作りレシピは子供にも大人気です。簡単シュウマイなら子供も一緒に作ることもできるので...

簡単にパンを発酵なしで作れるレシピについて知りたい

パン作りと聞いたら、材料を混ぜて、一生懸命こねて、長い時間発酵させてから焼くような難しいイメージを抱...

簡単なのに美味しくパンが作れる!薄力粉(発酵なし)のパン作り

しまった!強力粉を切らしていた…しかし、そんなときは薄力粉でも簡単にパンを作ることができるんです。...

ナスの美味しい電子レンジレシピ!簡単なのに美味しいおかず

今晩のおかずはナスを使って美味しい料理を作りたいけど、暑くてキッチンに立ちたくないという方はいません...

豆苗で作るスープレシピ・卵を入れて美味しさアップ!レシピ紹介

豆苗と卵を使えば、とっても美味しいスープを作ることができます。家族に美味しいご飯を食べてもらいたいと...

【冷凍保存のコツ】鶏肉に下味をつけた時短メニューをご紹介

仕事をしているママにとって毎日の夕飯の準備は大変なもの。お腹を空かせている子どものためにも、少しでも...

冷凍ご飯はタッパー?それともラップ?おすすめ保存方法

冷凍ご飯の保存はタッパーがいいのでしょうか?それともラップがいいのでしょうか?それぞれにメリ...

丼物の簡単レシピ!ひき肉で作る美味しいボリュームレシピ

忙しい日の夕食には、ひき肉を使った丼物のレシピはいかがですか?そこで、ひき肉を使った簡単で美味し...

簡単に作れる朝食にぴったりなスープのレシピを知りたい

簡単に朝食を食べようと思ったら、ふりかけご飯だけや、トースト1枚で済ませることもあると思います。...

【時短レシピ】夕食に食べたいボリューム丼!簡単・美味しい丼

働く主婦にとって、夕食作りは時間との戦いです。仕事から帰ってきて、息をつく暇もなく、夕食作りが始まり...

なすと大根をたっぷり食べる!今すぐできるレシピ人気をご紹介

なす×大根夏の定番野菜&いただきもので消費に困る、なすと大根はこうして美味しく食べちゃおう!...

子どもも喜んで食べる茄子のおひたしの作り方とアレンジ方法

茄子は油との相性が良いので、私を含め主に炒めもので食べる人の多いかもしれません。しかし、シンプル...

卵を使った丼が食べたい!簡単おすすめレシピをご紹介

卵はさまざまな料理で大活躍する食材ですが、もちろん丼にもおすすめです。その中でも、簡単な丼料理を...

簡単美味しいチャーハンの作り方!子供に食べさせたいレシピ

家でチャーハンを作っても、野菜嫌いの子供がなかなか食べてくれないとお困りの方はいませんか?子供が嫌い...

鶏肉で作る時短料理。忙しい主婦を助ける美味しい下味冷凍レシピ

平日は家に帰るのが遅くなり、夕ごはんの準備がいつも遅くなってしまうという方も多いと思います。そんな忙...

簡単で美味しい!子供もつまみたくなるきゅうりのレシピ

夏野菜の代表でもあるきゅうりは、年中手に入れることができます。食卓にあと一品欲しいという時や、さっぱりとしたものが食べたい時にもきゅうりがぴったりですよね。

きゅうりを使って簡単にできる料理をご紹介します。

まずは子供も美味しくいただける、気軽につまめるきゅうり料理です。ご飯のおかずにもなりますし、お菓子代わりにつまむのにもぴったりですよ。

きゅうりの醤油味

  1. きゅうり3本は洗って水気を拭き取り、縦に4~5等分に切ります。
    切ったきゅうりをビニール袋の中に入れてください。ビニール袋の上から麺棒や瓶などできゅうりを軽くたたき、半分に割ってください。
  2. ビニール袋の中に醤油大さじ4、ごま油大さじ1、みりん大さじ3を加え、ビニール袋の上から手でよく揉みます。味が染み込むようにしばらくもんだら、1~2分おいて味を馴染ませてください。
    味を確かめて薄ければ醤油か塩を足してください。
  3. 器にきゅうりを盛り付け、上から白ごまをふりかけていただきます。

めんつゆとラー油で簡単にできるおつまみきゅうり

大人向けには辛みを効かせたきゅうりのおつまみがおすすめです。

ご飯のお供に、又はお弁当に入れたり、ちょっとしたときにつまむことができる、ピリッと辛いきゅうりの料理をご紹介します。

  1. きゅうり2本は洗って水気を拭き取ってください。スライサーを使って皮を3箇所くらい縦に剥きます。皮がある部分と皮をむいた部分を作ってくださいね。
  2. きゅうりの端を切り落としたら、麺棒や瓶などを使って上から叩いてください。砕いて、ぐしゃぐしゃな塊ができる感じにします。叩いて割れたきゅうりはビニール袋の中に入れます。又はビニール袋に入れてから叩いて割っても良いですよ。
  3. きゅうりを入れたビニール袋の中に、2倍濃縮のめんつゆを大さじ2、ラー油をお好みの量で加えてください。辛みが心配なときは小さじ半分を目安に加え、味を確かめてみると良いでしょう。
  4. ビニール袋の空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫の中に1時間以上いれてください。味を馴染ませます。
  5. あとは器に盛り付け、上から白ごまを振りかけ、糸唐辛子を乗せたら完成です。ラー油を加減することで辛みを調整することができます。辛みが足りないときは上から一味を振りかけてみても良いですよ。

おつまみにもおかずにもなる簡単きゅうりレシピ

きゅうりにハムや他の野菜を加えることでボリュームのあるおかずが完成します。

きゅうりだけではさっぱり味ですが、他の食材と合わせて味をしっかりつけることでご飯がすすむ一品になります。きゅうりとナスのの中華サラダをご紹介します。

  1. ナスは洗ってヘタを切り落とし、耐熱皿に乗せて上からラップをして電子レンジにかけます。5分ほど電子レンジで加熱して柔らかくなったら、手で細かく裂いてから冷蔵庫に入れて冷やしておいてください。
  2. ナスが冷えたら中華サラダを作ります。
    きゅうりは斜めに薄くスライスしたら、端から細く切って千切りにしてください。ハムも同じように千切りにします。
  3. 器に醤油、酢、酒、砂糖、ごま油を入れてよく混ぜてください。醤油とお酢は同量にし、砂糖、酒、ごま油は少なめに加えます。
  4. ここにきゅうりとナス、ハムを加えてよく混ぜたらできあがりです。細く切った長ネギを加えたり、鷹の爪を入れて辛みをだしたりと、好みに合わせて簡単にアレンジすることができますよ。

新食感?炒めて作るきゅうり料理もご紹介

きゅうりを食べる時はサラダや漬物など、生で食べることが多いですよね。きゅうりは加熱して料理しても美味しいですよ。きゅうりの炒めものを作るときは、きゅうりの食感を残すことがポイントです。一緒に合わせる食材を先に火を通し、きゅうりを加えたらサッと炒めるだけにしてください。

きゅうりとツナの炒めものをご紹介します。

  1. きゅうりとツナ缶、それににんじんを用意してください。きゅうりは斜め薄切りにし、塩を振ってしんなりとさせます。サッと洗って塩分を落とし、水気を絞っておきます。にんじんは細めの千切りにしてください。
  2. フライパンにツナ缶を油ごと入れます。ここへにんじんを加えて中火で炒めてください。にんじんに火が通ったらきゅうりを加え、醤油と砂糖を加えてサッと炒めたら完成です。
  3. 大人用ならにんにくを効かせたピリ辛味がおすすめです。きゅうりは洗ってから麺棒などでたたき、食べやすい大きさに割ってください。にんにくはみじん切りにします。唐辛子は輪切りにしてください。
  4. フライパンに油とにんにくを入れて炒め、唐辛子も加えてサッと炒めます。ここへきゅうりを入れて軽く炒めたら、酒少々と塩を入れて炒めて完成です。

食欲がなくなる暑い夏にはきゅうりがおすすめ

さっぱりと食べやすいきゅうりですが、その成分のほとんどは水分です。夏の暑い時期なら水分補給を兼ねてきゅうりをポリポリするのも良いですよね。

ほとんどが水分と聞くと栄養がないと思ってしまうかもしれませんが、きゅうりにはカリウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。夏は汗でミネラルが不足しがち。こんなときこそ、きゅうりを食べて水分とミネラルを同時に体に取り入れることができますよ。

夏は積極的にきゅうりを食べられるように、食卓にきゅうりを使った料理を出したり、おやつとしてポリポリ食べるのも良いですよね。きゅうりは洗ったらそのまま食べることができます。味噌をつけたりマヨネーズをかけたりと、きゅうりを楽しんでくださいね。