キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

簡単美味しいおつまみをレンジを使って作りたい

簡単なおつまみを食べたいと思った時に、大活躍するのが電子レンジです。
お皿の上で加熱するだけで出来ますので、フライパンやお鍋などの洗い物を増やさなくて済みます。
そんな簡単にレンジで作れるおつまみのレシピをいくつかご紹介しますので、その日に食べたいおつまみの味付けや、食材に合わせて色々なおつまみを作って、夜の小腹を満たしましょう。

関連のおすすめ記事

夕飯のおかずに食べたい食べ過ぎ注意のがっつり肉レシピ

育ち盛りのお子様や、がっつり系が好きな旦那さんから「今日の夕飯は肉が食べたい!」と言われることも多い...

豚ひき肉を使った美味しいレシピ!みんなに人気の簡単メニュー

豚ひき肉は値段が安いだけでなく、料理にも便利に使える食材です。時間がないときや忙しい人には重宝する食...

丼物の美味しいレシピ!定番メニュー・人気の丼の作り方をご紹介

お腹が空いているときに食べたくなるものといえば「丼」です。ボリュームたっぷりの具材をご飯の上にたっぷ...

冷凍野菜は超便利、野菜を冷凍し保存する方法とポイント

冷蔵庫の隅で野菜が干からびてしまう前に、買ってきた野菜はすぐに冷凍保存しましょう。 野菜が安いとま...

ワーママは夕飯をいつ作る?タイミングと時短アイデア・レシピ

世の中のワーママたちは、夕飯をいつ作るのでしょうか。毎日忙しく仕事をしているワーママたちは、夕飯を作...

ナスの炒め物はアク抜きでキレイに!美味しいナス炒めのコツ

ナスの炒め物はアク抜きをしなくても作ることができます。 しかし、アク抜きというひと手間を加えるだけ...

豆苗を入れるスープの中で鶏ガラベースのものをご紹介

豆苗は、安くて調理しやすいだけではなく、ベータカロテンやビタミンB群などが豊富で栄養価も高いため、人...

ナス料理で夏バテ防止!美味しくて簡単なおすすめレシピを紹介

ナスは夏野菜の定番であり、ナスを使った料理を食べると夏バテを防ぐこともできます。でも、できれば暑い夏...

時短レシピのコツは賢く冷凍!便利な冷凍おかずと下味冷凍

仕事で家に帰るのが遅くなると、毎日の夕食の準備も大変です。時間に追われながら、忙しく夕食の準備をする...

夜ご飯の献立をヘルシーにするには?体に優しいがポイント

夜ご飯の献立をヘルシーにするにはどんなポイントがあるのでしょうか。 疲れて帰ってきて、夜ご...

簡単パン作りを発酵なしで!美味しく作るコツやおすすめレシピ

自宅で簡単にパン作りをしたいなら、発酵なしでも作れるパンがおすすめです。 発酵は時間も手間もかかる...

鶏モモ肉で簡単・時短調理!美味しいレシピと時短のコツを大公開

大人から子供まで人気の食材「鶏モモ」を使って、簡単でしかも時短で作れるレシピについてお伝えします...

冷凍シュウマイのアレンジ術、冷凍食品が苦手な人必見です

冷凍シュウマイが苦手という方も実は多いのではないでしょうか。 そんな方におすすめしたい、冷凍シュウ...

ナスを使った料理のレシピについて知りたい

ナスは美味しくて栄養価も高く、ヘルシーな野菜です。 しかも、調理方法によって味わいが大きく異なるの...

大根と手羽元のさっぱり煮のレシピと人気の調理方法

大根と手羽元で作る煮物は、どこの家庭でも一度は作ったことがある夕食メニューの定番ではないかと思います...

レンジで簡単に作れるトマトのおつまみのレシピ

電子レンジで作るおつまみにはトマトがおすすめです。

大きなトマトでもミニトマトでもどちらでも使いやすいので、冷蔵庫にトマトがあれば組み合わせを替えて色々楽しめます。

とろけるチーズとトマトで最強おつまみができる

耐熱容器にミニトマトやスライスしたトマトを入れ、ピザ用チーズやとろけるチーズを乗せて、オリーブオイルを垂らしてバジルソルトをふりかけてレンジで温めるとイタリアンなおつまみが出来ます。

オリーブオイルではなくバジルソースでもいいですし、塩の種類は岩塩やブラックペッパーなどを組み合わせてもOKです。

トマトだけでもいいですが、アスパラやアボカド、ブロッコリーなどの緑色のものを合わせると見た目もきれいになります。

トマトを肉と一緒にレンジで煮ると旨味が染みたおつまみに変身する

ウインナーやベーコンをカットして耐熱容器に入れて、スライスしたトマトやミニトマトも加えて塩を振り、電子レンジで30秒~1分ほど温めると肉汁がトマトに染みて美味しいおつまみが出来ます。

こちらにもいんげんなどの野菜を入れると美味しいです。

ウインナーは基本的にラップをかけずにレンジにかけるのですが、加熱時間をトマトに合わせると破裂して電子レンジの中がウインナーの肉汁でべちょべちょになります。少し隙間を空けてラップをするのがおすすめです。

簡単レンジでチン!ナスのおつまみのレシピ

ナスも電子レンジで作るおつまみのレパートリーが豊富な食材です。

ナズは漬物を作るときなどの、すぐに加熱しない料理をするときはアク抜きとして水にさらす必要がありますが、電子レンジを使うときはすぐに加熱するので基本的にしなくても大丈夫です。

10分で作れるおつまみをいくつか紹介します。

ナスにマヨネーズとソースでたこ焼き風おつまみの完成

  1. 一口サイズに切ったナスを、水で湿らせて耐熱容器に入れてラップをかけます。
  2. 薄く切るときはそのままで良いのですが、乱切りなど厚みのある切り方にした場合は、切ったナスを全部爪楊枝で刺します。こうすることで火が通りやすくなります。
  3. 電子レンジで5~8分ほど加熱します。メーカーによって加熱時間は違うので少しずつ調整してください。
  4. 電子でレンジからなすを出したら、熱いうちにソースを全体に絡め、マヨネーズをかけてかつお節をのせて完成です。

アレンジで一味唐辛子をかけるのも美味しいのでおすすめします。

電子レンジで生姜焼き風おつまみも作れる

  1. ナスは薄く切って油を薄くかけ、電子レンジで加熱してください。
  2. 薄切りの場合は3分~7分くらいの加熱時間で見ると加熱し過ぎを防げます。
  3. 加熱が終わったら、熱いうちに醤油をかけ、チューブの生姜をナスに乗せて完成です。
  4. 簡単に作れる方法で紹介してますが、少し本格的な味にしたい場合は小さな容器に醤油、砂糖、生姜をあらかじめ混ぜておくとより生姜焼きの味に近くなります。

チューブよりも本物のしょうがをすりおろしたものも本格的でおいしいのでおすすめです。

レンジで簡単で安く作れちゃう!もやしのおつまみのレシピ

もやしは栄養価の高いスーパーフードです。さらに安いので、献立に困ったらとりあえずもやしを買っておけば栄養も経済的な心配もなく、大助かりな優秀食材なのです。あまり相性の悪い食材もないので、味の変化も無限大で飽きずに食べられるアレンジがたくさんあるので、少し紹介しましょう。

もやしは塩昆布との相性が最高

  1. もやしは袋から出したら洗って軽く水切りをしましょう。
  2. 耐熱容器に移したら、ラップをして2~5分加熱します。シャキシャキしていた方が好みの人は短めに、しんなりしている方が好きな人は長めに調整してください。
  3. 加熱が終わったら、醤油とごま油と塩昆布とお酢を加えて全体的に混ぜて完成です。
  4. 塩昆布でしかり塩気が付くので、醤油は少量でOKです。途中で味を見ながら調整してください。

ここにツナ缶を加えても美味しいのでおすすめです。

肉で巻くとボリューミーなおつまみに早変わり

  1. 豚バラの薄切りを広げ、その上にもやしを数本乗せ、そのもやしを包むように肉を巻いていきます。
  2. お好みでニラも一緒にもくと美味しいのでおすすめです、
  3. 巻き終わった豚バラに塩コショウを振って、お皿に乗せたらラップをして電子レンジで4~7分ほど加熱しましょう。
  4. 市販の焼き肉のタレで食べても美味しいですし、醤油にいりごまや中華だしやラー油などを混ぜたオリジナルのタレを合わせても美味しいです。

簡単美味しい!レンジで作れるじゃがいものおつまみのレシピ

じゃがいもは電子レンジで加熱することで煮崩れも防げてホクホクな食感が楽しめるので、カレーなどの料理でも茹でずに先にレンジで加熱する人が多いほど電子レンジとの組み合わせがメジャーな食材です。そんなじゃがいもなので、普通に加熱するだけでなく、おつまみとして調理することももちろん可能です。

少し加熱時間は長くなりますが、美味しいのでぜひ参考にしてみてください。

じゃがいもといえばじゃがバター

丸々1個を加熱してバターを乗せるだけで、子供も大好きなおやつにもなるおつまみができます。

  1. 皮ごと加熱するので、よく洗ってください。もしも哺乳瓶や野菜を洗える洗剤があるご家庭なら使いましょう。
  2. 爪用のブラシで洗うと奥の方に入った土もしっかり落とせて、とてもきれいになります。
    そのまま水気を切らずに1個1個じゃがいもをラップで包んで、数分レンジで温めてはひっくり返してまた数分温めましょう。
  3. 一定の向きで温め続けると、下の方のじゃがいもが固くなるのですが、これでむらなく熱を通すことが出来るようになります。
  4. 温め終わったじゃがいもは熱いうちに取り出して十字のきりこみを入れて完成ですが、素手で触るとヤケドしやすいのでミトンなどを使ってくだだい。
  5. 切り込みにバターを乗せ、塩を振ったら完成です。

ジャーマンポテトは冷凍ポテトでも作れる

よくフライドポテト用のカットされたじゃがいもが冷凍されて売られていますが、じゃがいもの皮を剥くのが面倒な人にはこれを使って作るおつまみがおすすめです。

  1. 皮付きの少し厚みのあるタイプのじゃがいもを選びましょう。
  2. ウインナーを半分のところで斜めにカットして、耐熱容器に入れ、冷凍ポテトをも加えて1~3分加熱しましょう。
  3. 冷凍ポテトは加熱しすぎるとドロドロに崩れてしまうので加熱時間は少し慎重に見てください。
  4. 加熱が終わったら、熱いうちに顆粒コンソメと塩を和えてよくなじませます。最後にきざみパセリを散らして完成です。
フライパンを使うよりも手間がなくて簡単で、子供も喜ぶのでご飯の「あと一品」にも大活躍します。

レンジで簡単!ピーマンの美味しいおつまみのレシピ

緑のおつまみがあると食卓に彩りが出るのでどんどん使いたいところです。

ピーマンなら加熱しても緑から色が変わらないのでおすすめの食材です。

こちらもとても簡単なレシピを紹介します。

ピーマンはかつお節との相性抜群

  1. ピーマンは下手と種を取ってみじん切りにします。
  2. 耐熱容器に入れたらラップをして1分加熱し、終わったら熱いうちにめんつゆとごま油とかつお節をよく混ぜて完成です。

冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも役に立ち、すぐに作れるので便利なレシピです

みじん切りは粗めでも美味しいですよ。

ハムとチーズを詰めて食べやすいおつまみの完成

ピーマンは半分に切って種とヘタを取ります。内側の空洞の部分にとろけるチーズを乗せ、その上にハムやベーコンを乗せて塩コショウを振って電子レンジで1~2分加熱します。

これで完成です。

切る手間などがあまりないので簡単に作れてすぐに食べられるおつまみの完成です。

電子レンジでおつまみを作る場合、ほとんど10分もかからずに完成し、洗い物が少ないので時短だけでなく節水にもなります。