キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ナスを使ったさっぱりとした簡単料理や夏場にとりたい食事を紹介

夏場に旬の野菜として店頭に並ぶナス。また家庭菜園をなさっている方も、夏は畑でナスがたくさん収穫が出来ますよね。

しかし夏場は暑さで食欲がなくなってしまうこともしばしば。そこでナスを使ったさっぱり簡単レシピをご紹介いたします。

また夏バテ?と感じるとき、夏場にとりたい食事についてもご紹介をしていますので、ぜひ参考になさって、暑い夏を乗り切ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

茄子とトマトのおかずは子どもにも人気!簡単レシピを紹介します

茄子とトマトを買いすぎてしまった、ご近所さんからたくさんいただいてしまった、そんなときには茄子とトマ...

冷凍できるボリュームレシピ!夕食のメインになる下味冷凍おかず

平日は仕事が終わるのが遅く、夕食を作リ始めるのがいつも遅くなってしまうという方はいませんか?特に、お...

夕飯のおかずに食べたい食べ過ぎ注意のがっつり肉レシピ

育ち盛りのお子様や、がっつり系が好きな旦那さんから「今日の夕飯は肉が食べたい!」と言われることも多い...

冷凍ご飯で美味しいチャーハン作り!パラパラチャーハンの作り方

冷凍ご飯は忙しいママたちの強い味方です。冷凍ご飯を使ってチャーハンを作った時、パラパラにならずにベチ...

豚ひき肉を使う料理のレシピを知りたい、出来れば簡単なやつ

豚ひき肉は値段も安くて美味しいので、家計の嬉しい味方ですよね。 そんな豚ひき肉をレシピを知りたいと...

疲れているときの夕飯は簡単に!子供向けのおすすめメニュー

夕飯をとにかく簡単に作りたい!子供向けの優しいメニューを紹介します。 簡単に夕飯を作りたいとき...

簡単チャーハンレシピのおすすめを紹介!自宅でも美味しく楽しむ

自宅で簡単にチャーハンを作るなら、やっぱり美味しく作れるレシピが知りたい。 自宅でもまるでお店のよ...

簡単美味しいおつまみをレンジを使って作りたい

簡単なおつまみを食べたいと思った時に、大活躍するのが電子レンジです。 お皿の上で加熱するだけで出来...

豆苗を美味しくレンジ調理。豚バラで巻いたり重ねたり味変したり

豆苗はたっぷり入っている上に、価格の変動も少なく野菜高騰の時期にはよくお世話になる野菜の一つではない...

唐揚げの味付けは時短でOK!簡単人気のおすすめレシピを紹介

唐揚げの味付けは時短でも簡単にできます。唐揚げを時短で作るには、味付けも時短になるアイテムを上手に活...

時短レシピで美味しいご飯!家族に人気の簡単ご飯と時短アイデア

お仕事をしているママたちのお悩みの一つが「毎日の食事作り」ではないでしょうか。毎日忙しく仕事をしてい...

お弁当や夕飯に役立つ冷凍ストック!おすすめ便利食材をご紹介

いざ冷蔵庫の買っておいた食材を使おうと思ったら、消費期限が切れていて使えない、ということはありません...

ナスはトマトソースと相性抜群!ひき肉を使ったボリュームおかず

今日の晩ごはんは何にしようか、と悩んでいる方も多いと思います。冷蔵庫をのぞいた時に、ひき肉とナスがあ...

電子レンジで卵料理は簡単!子供も喜ぶおすすめ人気レシピを紹介

電子レンジは料理を簡単に作ることができる便利なアイテムです。子供も大好きな卵料理も簡単に電子レンジを...

簡単アイスクリームの作り方!自由研究にまとめるアイデア

お子様の自由研究に料理を題材にするものも人気です。お子様の大好きなアイスクリームをテーマにまとめたい...

スポンサーリンク

レンジで加熱するだけで作れる!さっぱりナスの簡単レシピ

ごま油香るナスとトマトのポン酢がけ

少ない材料で簡単に作れる!献立に悩んだときにもぜひ。耐熱皿を使えば調理もテーブルに並べるときもお皿一枚で済みます。

材料(2人前)

  • ナス …2本
  • トマト …1個
  • 大根おろし …適量
  • 刻みねぎ …適量
  • ごま油 …大さじ1
  • ポン酢 …大さじ3
  • 砂糖 …小さじ1/2
  • かつお節 …少々

作り方

  1. ナスは縦半分に切り斜めに薄めにスライスする。トマトは1cm角に切る。
  2. 耐熱皿にナスを円状に並べる。
  3. 500Wの電子レンジで、約3分30秒加熱する。生っぽければ、10秒ずつ追加加熱してください。
  4. 真ん中に大根おろし、トマト、刻みねぎを盛る。
  5. ごま油、ポン酢、かつお節をかける。

ピリ辛にしたい時はラー油、一味も美味しいです。トマトなしでナスだけでも。ごま油をオリーブオイルに替えて、ナスとベーコンで作って、チーズ・塩こしょうをかければ洋風にアレンジもできます。

定番のナスの煮浸しも生姜とおろしでさっぱり!簡単レシピをご紹介

めんつゆで簡単ナスの煮浸し

一口噛むごとにナスの旨みが広がります。調味料はめんつゆで簡単。

材料(2人前)

  • ナス …2本
  • 大根おろし …適量
  • 水 …100cc
  • めんつゆ(2倍濃縮)…50cc
  • みりん …大さじ2
  • すりおろししょうが …適量
  • サラダ油 …適量
  • 天かす …適量

作り方

  1. ナスは縦半分に切り、皮の表面に斜めに切り込みを入れる。食べやすい長さに切る。
  2. フライパンにサラダ油をひいて中火で熱して、ナスを皮面から並べていく。
  3. 焼き目がついたら裏返して蓋をして裏面も焼く。
  4. 水、めんつゆ、みりん、すりおろししょうがを加えて、蓋をして弱火で煮つめる。
  5. 器に持って、大根おろし、天かすをのせたら出来上がり。
ナスを皮側から火を通すことで、きれいな紫色を保ちやすくなります。
冷やして食べても美味しいです。副菜にもおつまみにもぴったりです。

お弁当のおかずにもピッタリナスのさっぱり炒め

ナスとえのきの和風炒め

炒めるだけ簡単メニューです。火を長時間使いたくない時、さっと仕上げたい時に。口当たりまろやかで夏でも食べやすい一品です。

材料(2人前)

  • ナス …1本
  • えのき …80g
  • レタス …2枚
  • ごま油 …適量
  • Aすりおろし生姜 …小さじ1
  • A砂糖 …小さじ1/2
  • Aだし醤油 …大さじ1
  • A酢 …大さじ1
  • Aみりん …大さじ1
  • A酒(紹興酒でも) …大さじ1
  • いりごま …適量
  • 刻みねぎ …適量

作り方

  1. ナスは乱切りして水気を取っておく。えのきは石づきを切り指でふわふわとほぐしておく。レタスは包丁を使うより手でちぎった方が美味しさが増します。
  2. フライパンにごま油を少量熱し、ナスを炒める。ナスに火が通ってきたら、えのき、レタスも加えてさっと炒める。あまり火を通しすぎるとへなってしまいますので、えのきとレタスはさっとでOK。
  3. Aの調味料をフライパンに加え、さっと混ぜて絡める。
  4. 器に持っていりごま、刻みねぎをかける。

出来栄えは大人からの人気が強そうな見た目ですが、食べてみるとお子様も食べやすい味ですよ。

ナスを簡単にさっぱりいただくならコレ!マリネもおすすめ

ナスとトマトのマリネ

ナスとトマトで簡単おしゃれマリネ。来客時にも。常備菜として作り置きもOKです。

材料(2人前)

  • ナス …1本
  • ミニトマト …5個
  • 大葉 …1~2枚
  • オリーブオイル …大さじ1
  • ポン酢 …大さじ1と1/2
  • 砂糖 …小さじ1
  • ブラックペッパー …少々

作り方

  1. ナスは輪切りにする。ミニトマトは半分に切る。大葉は千切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル適量(分量外)を熱し、ナスを炒めて火を通す。粗熱を取る。
  3. ボウルにオリーブオイル、ポン酢、砂糖を合わせて、粗熱を取ったナス、ミニトマトを入れて絡めるように混ぜる。
  4. 冷蔵庫で冷やしたら完成。器に持って、大葉、ブラックペッパーを乗せる。
焼いたナスがとろとろで、オリーブオイルに絡んで美味しいレシピです。ポン酢がいい味効いてます。さっぱり食べられて、暑い夏場でもトマトと大葉のカラフルな色合いが食欲そそるレシピです。

さっぱりばかりじゃダメ?夏場の食欲がないときのアドバイス

  • 冷たい食べ物ばかりは×
    暑いときに冷たい食べ物はさっぱりして良いのですが、そればっかりにならないようにしましょう。ジャガイモやにんじんなどの根菜類、かぼちゃ、ネギ、にんにく、生姜などは、体を温めてくれる食材です。そういったものもバランス良く献立に取り入れるのがおすすめです。ナスは体を冷やす食材とも言われていますが、加熱して、他の食材ともバランス良く摂取すればそんなこともありません。暑い夏でもさっぱり食べられるナスは優秀な食材です。
  • 暑い夏場でも味噌汁を食べよう
    塩分がある味噌汁は夏バテ対策の強い味方です。具材もたっぷり入れれば栄養満点で、栄養バランスが崩れがちなときにもぴったりです。汗で塩分が流れ夏バテしやすい体をしっかりと補強してくれます。どうしても食欲がない朝などは味噌汁だけでも摂るようにするといいです。
  • 夏こそ温活を
    体を冷やしがちな夏こそ体を温めることを意識しましょう。具体的には、なるべくお風呂に入るときに湯船に浸かったり、白湯を飲むと良いです。お風呂の温度はぬるめで十分温まります。汗をかくと冷たい水分をついつい取りがちですが、砂糖の入ったドリンクを飲みすぎないようにしましょう。体が温まると自律神経がリラックスし、安らいだり眠りに入りやすくなります。