豚バラ巻きはチーズやその他の材料で簡単豊富にアレンジ

豚バラ肉は野菜やチーズを巻いて肉巻きにすると美味しく食べられますが、いつも巻く食材が同じだと飽きてしまいますよね。

子供に人気のチーズはもちろんですが、じゃがいも、えのき、などの野菜も、豚バラ肉との相性抜群です。

ここでは、豚バラ肉の肉巻きにおすすめのレシピをいくつか紹介していきますので、ぜひ夕食のバリエーション増やしにご活用ください。

肉巻きではなく、チーズ巻きがあるのはご存知ですか?
チーズと合う食材も豚バラ肉同様たくさんあるので、お弁当のおかずには簡単に作れるチーズ巻きもおすすめです。

関連のおすすめ記事

電子レンジでも卵料理ができる!お弁当にぴったりな卵料理

朝はお弁当作りに朝食作りにと、主婦にとって忙しい時間ですよね。お家のコンロも全てフル活動、空き待ちに...

豚バラを使った簡単丼メニュー大特集!卵を使ってさらに美味しく

豚バラを使った丼と言えば「豚丼」が定番ですが、それに卵をプラスしてみませんか。そうすることで、さらに...

大根で作る夕ご飯に食べたい料理!簡単美味しいメインおかず

大根は煮物やサラダなど、食卓にもよく登場する食材です。ただ、大根料理を作る時には、下茹でが必要なレシ...

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ!簡単ボリューム丼

スーパーで豚ひき肉を多めに購入したという日には、豚ひき肉を使った丼ものもおすすめです。丼ものは忙しい...

味噌の作り方は?簡単に手作りする方法と正しい管理・賞味期限

毎日のように使用する味噌を手作りして、自家製の味噌を作ってみたいと考えている人もいるのではないでしょ...

ハズレ無し?冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺の簡単なアレンジ方法

ちゃんぽんが好きな方は、冷凍ちゃんぽんやちゃんぽん麺を冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか?...

冷しゃぶサラダをさらに美味しく!たれのレシピをご紹介

冷しゃぶサラダは、さっぱりしているのに、ビタミンとタンパク質が摂れるので夏に人気のメニューですよね。...

簡単に出来た!朝ごはんに卵が食べたい時のお米やパンのレシピ

毎日の朝ごはん、今日は何にしようかと悩んでしまいますね。忙しい朝は出来るだけ時間をかけずに、...

卵の消費に!子供のおやつに作りたい簡単美味しいお菓子レシピ

冷蔵庫に賞味期限の近い卵があると、何を作って使い切ろうかと悩む方も多いと思います。卵料理ばかりが続く...

ナスの美味しい電子レンジレシピ!簡単なのに美味しいおかず

今晩のおかずはナスを使って美味しい料理を作りたいけど、暑くてキッチンに立ちたくないという方はいません...

【時短レシピ】夕食に食べたいボリューム丼!簡単・美味しい丼

働く主婦にとって、夕食作りは時間との戦いです。仕事から帰ってきて、息をつく暇もなく、夕食作りが始まり...

簡単にチャーハンをレンジで作れるレシピをご紹介

チャーハンを作りたいと思ったら、普通であればフライパンを使います。しかし、フライパンは大きくて洗...

餃子の皮を使ったおつまみは超美味、簡単にできるおつまみレシピ

餃子の皮が余ったら、今晩のおつまみに利用してみては?どれも簡単にできて、大人も子供も喜ぶ料理に生まれ...

【丼レシピ】夕食に食べたい簡単美味しいボリューム丼

忙しい日の夕食や、休日のランチなど、今日は丼物で簡単に済ませたいということもあると思います。そこ...

夕飯のおかずのレシピ集。肉・節約・簡単・和食・冷たいレシピ

夕飯のおかずは何にしよう。夕方になるとほぼ毎日考えています。皆さんも夕飯のおかずに悩んではいませ...

豚バラとチーズの肉巻きは簡単に作れるご飯のお供です

ジューシーで柔らかく食べやすい豚バラ肉を使って、豚バラ肉のチーズ巻きを作ってみましょう。

巻くだけで簡単 豚バラ肉のチーズ巻き

【材料】

  • 豚バラスライス 18枚
  • 固形チーズ
  • 薄力粉 大さじ1と1/2
  • 醤油 大さじ1と1/2
  • 酒 大さじ1と1/2
  • みりん 大さじ1と1/2
  • はちみつ 大さじ1と1/2
  • サラダ油

作り方のご紹介です。

  1. まず、豚バラスライスは1枚ずつ広げておきます。
    次に、チーズをスティック状に個数分切り分けます。
  2. 広げた豚バラ肉にチーズを置きくるくると端から巻いていきます。
  3. すべてできあがったら小麦粉を薄くまとわせます。
  4. フライパンにサラダ油をいれて中火で火にかけます。そこにチーズを巻いた豚肉をいれて焼き始めます。
  5. フライパンと当たる面に肉の巻き終わりが来るように置くと、焼いている時に巻いた部分がほどけてきたりしません。
    かえしながら全面焼き、お肉が焼けたら調味料をいれてしっかりととろみが出るまで絡めます。
長めのチーズ巻きをつくりたければ、豚バラ肉を2~3枚程度重ねて幅を出して巻くといいでしょう。
また、今回はシンプルにチーズのみ巻きましたが、大葉を入れると風味がプラスされ色味もいいのでおすすめです。

子どもが大好きな豚バラの肉巻きに合うのはチーズだけではありません

豚バラ肉の肉巻きは、チーズだけに限らず子どもが喜ぶ食材もピッタリです。

  • 例えばじゃがいもはどうでしょうか。
    じゃがいものホクホクした食感とお肉のジューシーさは相性バッチリです。
    じゃがいもを豚バラ肉で巻く時には、事前にじゃがいもの下処理が必要です。
    じゃがいもは火が通りにくいので、電子レンジで加熱してやわらかくしておくか、お湯で崩れない程度に茹でておくと巻いて焼くときも時間がかかりません。
    下処理が面倒であれば、冷凍のフライドポテトを使うのも一つの方法です。
    電子レンジで加熱する必要はありますが、皮をむいたり切ったりする必要がなくなります。
    時間がない時にはピッタリですね。
  • さらにえのきを巻いて食べるのもおいしいです。
    えのきは石づきを落としたらバラバラにできるので、豚バラ肉に巻く時も小分けにしやすいので調理もしやすいです。
    また、巻いた時に豚バラ肉からはみ出るえのきのカサの部分もかわいらしいので見た目にもいいですね。

どちらもシンプルに塩コショウで味付けしてもおいしいですが、子どもには甘辛く味付けしたほうが喜ばれそうです。

肉巻きを夕食のおかずにする時は野菜をたっぷり巻きましょう

豚バラの肉巻きのおすすめの具は野菜です。

お肉と一緒だと、野菜も食べやすく子どもにもいいですし、栄養面を考えたときにも安心です。

肉巻きにおすすめの野菜はいくつかあるのでご紹介します。

  • まずはアスパラです。
    アスパラは、ベーコンと炒め物にしたり、塩ゆでしてそのまま食べたりすることもありますが、豚バラ肉で巻いてやくのもおいしいです。
    アスパラの水分がジューシーでおいしいですし、鮮やかな緑がとてもきれいです。
    お弁当のおかずにもピッタリです。
  • さらに、オクラはどうでしょうか。
    粘り気が特徴ですが、味にクセがあまり無いので豚バラ肉で焼いてもおいしいです。
    さらに、断面が星型のような形をしているのであえて半分に切ってお皿に盛り付けるととても可愛いです。
    オクラが苦手な子どもでも、ペロッと食べれちゃいますね。
この他にも肉巻きに合う野菜はたくさんあります。
好きな野菜を入れてもいいですし、彩りを考えて野菜を巻いてもいいでしょう。
苦手な野菜があるのなら甘辛い味付けの肉巻きの中にいれると食べやすくなるのでおすすめですよ。

肉巻きはお弁当のおかずにもピッタリ!豚バラがない時には違うお肉で代用できます

お弁当のおかずにもおすすめな肉巻きですが、どんな豚肉でも作ることができます。

豚バラは脂身が多くおいしいですが、ヘルシーに仕上げたい時には脂身の少ない豚ももスライス肉を使ったり、冷蔵庫に豚肉のこま切れ肉があるのであればそれを使って作ることも可能です。
一見こま切れ肉は巻くことが難しそうですがそんな事はありません。
こま切れ肉は大きさも小さいものが入っていたりするので、広げて重ねて使うと小さくても隙間が気にならずにきれいに肉巻きが作れます。
肉巻きの巻き方のコツとして、中に入れる食材にピタッとくっつくようにきつめに巻きます。
また、巻き終わりには脂身の少ないほうがくるように考えて巻き始めます。
そして、巻き終わりから焼き始めるとその部分がくっつくのでほどけにくくなります。

お弁当に肉巻きを入れる時には、できたてとは違い冷めています。
味をしっかりと感じおいしく食べるためにも出来たてでは少し濃いかな?と感じるくらいに味付けしましょう。
さらにとろみをつけておくと、よく味が絡んでおすすめです。

肉巻きならぬチーズ巻きは、簡単に出来て子どもが喜ぶお弁当おかずになります

チーズを中に入れて巻くのではなく、チーズで巻くチーズ巻きもおすすめです。

ハムと焼きのりとスライスチーズがあれば簡単に作ることができます。

材料は、スライスハム、焼きのり、スライスチーズです。

作り方です。

  1. まず、耐熱皿にラップをします。
    焼きのりは、チーズと同じ位の大きさに切ります。
  2. ラップを敷いた耐熱皿に、スライスハム1枚、焼きのり、スライスチーズを順番にのせます。
    電子レンジで5~10秒加熱します。
    少しチーズがやわらかくなればOKです。
  3. ラップを持ち上げて、端から巻いてロール状にします。
    ラップにくるんで冷蔵庫に入れます。
    冷えてかたくなったらラップを取り外して食べやすいサイズに切り分けます。
ハムとチーズとのり、それぞれの色が映えて断面のうずまきがきれいです。
スライスチーズは白いものでもいいですし、オレンジ色がきれいなチェダーチーズにするのもまた違った印象になるのでおすすめです。
お弁当に入れる時には、ピックをさしておくと食べやすいですし、見た目にもかわいくなります。