冷凍ご飯の賞味期限【炊き込みご飯編】賞味期限と保存・解凍方法

炊き込みご飯を作り過ぎてしまったとき、勿体無いからそのまま保存をしてまた食べたいと考えるものです。

ここで気になるのが、炊き込みご飯を保存した時の賞味期限です。炊き込みご飯は賞味期限が短いという話も聞きますから、そのまま保存をしても問題はないか心配になることもあります。

炊き込みご飯を保存するときは、冷凍ご飯にして保存するのがおすすめ。余ってしまった冷凍ご飯を正しく冷凍することで、賞味期限を伸ばしましょう。

炊き込みご飯を冷凍保存した時の賞味期限や、正しい保存方法・解凍方法についてお伝えします。

関連のおすすめ記事

卵を使った丼が食べたい!簡単おすすめレシピをご紹介

卵はさまざまな料理で大活躍する食材ですが、もちろん丼にもおすすめです。その中でも、簡単な丼料理を...

冷凍シュウマイのアレンジ術、冷凍食品が苦手な人必見です

冷凍シュウマイが苦手という方も実は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたい、冷凍シュウ...

時短レシピで簡単調理!人気の夕食レシピと時短アイデアを紹介

毎日忙しく仕事をしているのに毎日夕食の献立を考えるのはとっても大変です。家族の喜ぶ美味しい夕食を作り...

簡単パン作りを発酵なしで!美味しく作るコツやおすすめレシピ

自宅で簡単にパン作りをしたいなら、発酵なしでも作れるパンがおすすめです。発酵は時間も手間もかかる...

豚挽き肉とキャベツを使ったご飯が進む簡単メインおかずレシピ

給料日前などは、冷蔵庫の中の食材が寂しくなってしまうこともありますよね。冷蔵庫の中を見ると、豚挽き肉...

豚肉と春雨とキャベツで作る簡単夕食レシピ3選と時短調理の工夫

家事に育児に忙しい主婦にとって、平日の夕食準備は時間との戦いですよね。子供のお迎えに行く前後に買...

簡単にチャーハンを作る時の味付けはコレを使いましょう

チャーハンはパラパラに仕上げるのも難しいですが、味付けもいまいちビシッと決まりにくいですよね。...

ナスのドライカレーが簡単に出来るレシピをご紹介

夏から秋にかけてはナスが美味しい季節ですよね。その時におすすめなのがドライカレーです。夏に食...

簡単卵の朝食レシピ!朝ご飯を食べて一日を元気に過ごそう

忙しい朝は、できるだけ簡単に朝食の用意を済ませたいと考えるものです。そんなときにおすすめの食材が「卵...

ナスと豚肉で丼を作るならコレがおすすめ!美味しいレシピを紹介

ナスと豚肉で丼を作るなら、こってり、あっさりとどちらもレシピを覚えておくと重宝しますよ。がっ...

疲れているときの夕飯は簡単に!子供向けのおすすめメニュー

夕飯をとにかく簡単に作りたい!子供向けの優しいメニューを紹介します。簡単に夕飯を作りたいとき...

こねないパンレシピが人気!手軽に美味しく手作りしましょう

こねないパンのレシピはパン作りの面倒な工程がないので手軽にパンが作れて人気があります。後片付けも楽な...

唐揚げの味付けは時短でOK!簡単人気のおすすめレシピを紹介

唐揚げの味付けは時短でも簡単にできます。唐揚げを時短で作るには、味付けも時短になるアイテムを上手に活...

時短レシピも家族の人気1位の料理に。おすすめ時短レシピとコツ

時短レシピと聞くと手抜き料理のような印象が強いですが、時短レシピだって家族の人気1位レシピになります...

簡単手作りアイスクリームレシピ!短時間でできる美味しいアイス

お子さんのに手作りのアイスクリームを作ってあげたいという優しいお母さんもいますよね。簡単に手作りでき...

冷凍ご飯の賞味期限・炊き込みを冷凍した場合の賞味期限

作りすぎてしまった炊き込みご飯は、そのまま炊飯器の中で保温して保存するよりも、炊きたての状態の物をそのまま冷凍保存してしまう方が、長期保存出来ます。

食材を保存する時には、常温、冷蔵、冷凍と3つの保存方法がありますが、みなさんがご存じの通り、一番長く食材の保存が効くのが「冷凍保存」です。

炊き込みご飯を冷凍保存、2~4週間ほど保存可能

冷凍保存の賞味期限が短くなったり、長期保存が難しくなったりする食材は、魚介類で、「アサリの炊き込みご飯」や「鯛めし」などの海産物を使った炊き込みご飯の場合には、食材の劣化や食感の変化が早くなりますので、長期保存は避けて、1週間前後で食べきってしまうのがおすすめです。

炊き込みご飯の賞味期限は短い!長く保存したいなら冷凍ご飯にして保存を

炊飯器で朝炊いた白米を、夕食の時まで炊飯器で保存している家庭も多いと思います。
白米であれば、炊いてから半日以上経っていても美味しく食べることが出来ますが、白米に比べると炊き込みご飯の劣化は早く、炊飯器での保存は4時間程度だと言われています。

お米しか入っていない白米とは異なり、炊き込みご飯にはいろいろな食材や調味料が混ざっているため、水分が出やすく、炊飯器の蓋に溜まった水滴が垂れて雑菌が繁殖しやすい状態になることから「炊き込みご飯は賞味期限が短い」と言われています。

4時間といえば、最初の食事から次の食事まで持たない位短い時間なので、炊き込みご飯が出来上がったらすぐに炊飯器から取り出して別の方法で保存しなければいけないということになります。

そのため、炊き込みご飯を長く保存したいのであれば、冷凍ご飯にして冷凍保存するのが最適です。
冷凍した白米が1ヶ月程度日持ちするのに対し、炊き込みご飯を冷凍した場合の賞味期限は短くなってはしまいますが、それでも1週間程度の猶予があれば、家族皆で美味しく食べきることが出来るのではないでしょうか。

炊き込みご飯は冷凍ご飯にして賞味期限を伸ばそう!美味しい冷凍方法

白米を冷凍する際には、炊きたての白米をできるだけ早く急速冷凍することが美味しく冷凍するためのポイントになりますが、炊き込みご飯を冷凍保存する際にも、この点は同じで、炊飯器で保温した時の保存限度が4時間程度だと言われている炊き込みご飯の場合には、炊きあがりと同時に冷凍分を取り分けるくらいの勢いで、冷凍準備をして待ち構えていたほうが良いと言えます。

炊き込みご飯はラップで包む

白米を冷凍ご飯にするときには、冷凍用の保存容器を使用している方も多いと思いますが、炊き込みご飯の冷凍におすすめしたいのは保存容器よりも食材にピタッと密着させることができる「ラップ」です。
ラップで冷凍ご飯を作ることによって、空気が炊き込みご飯に触れないようにすることが出来るので、炊き込みご飯の劣化を防ぐことが出来ますし、一食ずつの小分けにして保存することで、冷凍ご飯を解凍した後の扱いもラクになります。

ラップに包む時には、1食分ずつの小分けしたら、平らに包むのがポイントです。
おにぎりのような真ん丸の形ではなく、食パンの様に四角く平たい形に整えましょう。

炊き込みご飯が空気に触れないように、ラップできちんと密着させて閉じたら、冷凍保存用の保存袋にまとめて入れて、そのまま冷凍庫に入れます。

冷凍庫にアルミ板が付属している場合には、そのスペースを利用することで急速に冷凍することができますし、他の食材を傷めないように配慮するのであれば、保冷剤で熱々の炊き込みご飯を挟んで入れることで、その他の食材への影響を防ぐことが可能です。

炊き込みご飯を保存する時の注意点とポイント

数多くある食材の中には、「レタス」「キャベツ」「じゃがいも」「卵」「豆腐」「こんにゃく」などの冷凍に不向きな食材がいくつか存在します。
これらは、冷凍することで解凍後の食感が固くなったり、パサパサになったり、水っぽくなったりと、味や食感を悪くします。

紹介したこれらの冷凍に不向きな食材の中でも、「こんにゃく」は炊き込みご飯に入ることが多い食材なので、炊き込みご飯に混ぜる時には、注意が必要です。

  • こんにゃくを冷凍ご飯にする前に取り出す
  • 小さく刻むことで、冷凍しても固くなったこんにゃくの食感に気づかない様にする
  • こんにゃくを別個に煮て、食べる時に混ぜる

などの方法を取ることで、炊き込みご飯の味を劣化させないように工夫しましょう。

炊き込みご飯を冷凍保存したときの解凍方法

炊き込みご飯を冷凍ご飯にした際の解凍方法は、

  1. 炊き込みご飯をラップから外して茶碗に入れ、ふんわりとラップを被せる
  2. 炊き込みご飯1膳あたり600Wの電子レンジで1分半~2分加熱する
  3. 加熱が足りなければ10秒ずつ追加加熱して、全体が温まったら完成

1膳あたりのご飯の量や、炊き込みご飯の具材によっても加熱時間が異なるので、加熱しすぎてご飯が固くならないように少なめの時間から設定し、温めが足りなければ10~20秒単位で加熱を足していくのが失敗の少ない方法だと思います。