キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚バラ巻きに合う野菜とレシピ、肉巻きの裏技もご紹介

夜ご飯のメニューに悩んでいるなら、野菜の豚バラ巻きにしてはいかがでしょうか。

野菜が苦手な子供も、きっと肉巻きにすれば食欲が湧いてご飯が進むこと間違いなし。多めに作って、翌日のお弁当のおかずにするのもおすすめです。

いんげんとにんじんといった定番野菜だけでなく、どんな野菜でも合うのが豚バラ巻きの魅力です。
どの野菜が美味しいのか、子供と一緒に作りながら食べ比べるのも楽しそうです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寄せ鍋に最適なだしは昆布だし!昆布だしの作り方とポイント

昆布から取る「昆布だし」はうま味があり、寄せ鍋だけでなく色々な料理に使える最適のだしです。 だしが...

鶏モモステーキが美味しくなる焼き方についてご紹介

鶏モモのステーキは、ジューシーで美味しいので、人気のメニューのひとつです。 しかし、焼き方ひとつで...

鍋で炊飯する時の水の量の目安と計り方、炊き方のポイント

炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊く時は、水の量で悩んでしまいます。 多すぎてしまうとベチャベチャになっ...

きゅうりの半月切りのコツともっとおいしく食べるための秘訣

サラダに欠かせない代表的な野菜「きゅうり」。しかし、半月切りにするとどうしても厚さがバラバラになって...

夕飯のレシピの参考になる、お肉を使ったメニュー

夕飯のレシピを考える時に、まずメインになるものを決める方が多いと思います。 その中でもお肉は、使い...

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

冷凍ご飯を使って美味しいチャーハンを作る方法とコツについて

冷凍ご飯でチャーハンを作ると、なかなか上手に作ることができない、ベチャッとしてしまうなど、出来上がり...

味噌汁を作るときはほうれん草のアク抜きを!手順とレシピを紹介

ほうれん草を使って料理を作るときは、アク抜きをするほうが良いという話を聞くことがあります。ですが、調...

唐揚げがジューシーなのは水がポイント!簡単にできるコツを紹介

唐揚げをジューシーに美味しく仕上げるためには、水分が必要だということを知っていますか?お肉にとっ...

長芋をすりおろしたら変色する原因は?防止するには?長芋豆知識

長芋をすりおろした直後から、赤や茶色に変色することがあります。 食べるのを躊躇してしまうくらい...

味噌汁とご飯だけでも、工夫次第で栄養価を上げられる

いつも、「しっかり栄養を取らなくては」と思っても、時間がなく、食事が味噌汁とご飯だけなんてことはよく...

料理の上達は期間よりも慣れ!料理上手になるために大切なこと

料理がなかなか上達しない、短期間で料理上手になりたいというあなた。 料理が上達するためには、とにか...

唐揚げの作り方【フライパンで簡単】失敗しない揚げ焼きのコツ

唐揚げの作り方はフライパンで作る揚げ焼きがおすすめです。 でも、揚げ焼きをしてみたら仕上がりが上手...

ジンギスカン鍋の使い方や種類・おいしく食べるためのポイント

ジンギスカンといえば北海道ですが、ジンギスカンが広く浸透するようになってからは北海道外でもジンギスカ...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

スポンサーリンク

豚バラ巻きに合う野菜は?おすすめ野菜をご紹介

野菜の豚バラ巻きはご飯のすすむおかずの1つですよね。
野菜が苦手な人でも豚肉の味が強いので食べやすくなるというメリットもあります。

しかし、いつも同じ野菜の豚バラ巻きでは飽きてしまいます。
よく使われるのは人参といんげんですよね。
その次に定番なのはアスパラでしょうか。
彩りが良く豚肉との相性も良いので、よく見かけるレシピです。

もしも、いつもの豚バラ巻に飽きてしまったのなら、少し冒険してみませんか?

豚バラはほとんどの野菜と相性が良いので、それほど悩む必要はありません。

細長い食材、もしくは細長くカットできる食材がベスト

ですから、パプリカやピーマン、ズッキーニやオクラ、ナスやエリンギ、大根や長芋なども巻くことが出来ます。

巻く野菜に合わせて、ソースを変えてみるのもおすすめです。

手軽に市販のとんかつソースや焼き肉のタレを使うのも良いですし、バターソースやレモン汁なども美味しいですよ。
また、いつもの甘辛タレにコチュジャンや豆板醤などを加えるのもおすすめです。

いろいろなソースと野菜との組わせを豚バラ肉巻きで楽しんでくださいね。

サラダに使うあの野菜も豚バラ巻きによく合う

豚バラ巻きに使える野菜は先程ご紹介したものだけではありません。

きゅうりやトマトなどを巻いても美味しいのでおすすめ

他にもよくサラダで使われる水菜やスプラウト、サラダ菜なども美味しいです。

どれも野菜には火を通さなくても美味しくいただけるので、豚バラ肉だけをしっかりと焼けばOKです。

料理時間も短くて済みますし、サラダ感覚でさっぱりと食べることが出来ますよ。
ソースには、サラダドレッシングを使うのもおすすめです。

サラダ野菜ではありませんが、ちょっと変わったところで新生姜やキムチなどを巻くのもおすすめですよ。
お漬物は味がしっかりしているので、ソースなしでも美味しく食べることが出来ます。

旬の野菜を豚バラ巻きに、新玉ねぎのまるごと豚バラ巻きもおすすめ

野菜の豚バラ巻きというと、野菜を細長くカットして豚バラ肉を巻きつけて円柱に成形するのが一般的ですよね。
しかし、いつもそれではつまらない。

まるごとの新玉ねぎに巻きつける方法

新玉ねぎは皮を向いて電子レンジで加熱して火を通しておきましょう。
大きさにもよりますが、8分位を目安にしてくださいね。

  • 玉ねぎが柔らかくなったら、豚肉を巻きつけていきます。
  • クロスさせるように巻きつけていくと上手に巻けますよ。
剥がれてしまわないように、片栗粉を全体にまぶして馴染ませてから、フライパンで焼いて焼き目をつけていきます。
転がしながら全体に焼き目をつけるのが美味しそうにみえるポイントです。

仕上げに醤油、みりん、砂糖を加えて、タレを絡めたら完成です。

お皿には、そのままゴロンと盛ってタレをかけましょう。
ネギなどの青みを添えるとより華やかでボリュームのある一品になりますよ。

一枚一枚巻く必要なし、驚くほど簡単にできる野菜の豚バラ巻きの裏技

野菜の豚バラ巻きをつくる時、みなさんはどの様に作業していますか?

人参などの野菜を細長くカットしてから、豚バラ肉の幅に合わせて更にカットしますよね?
そして、豚バラ肉に野菜を乗せて、1つずつ巻いている方が多いと思います。
意外と手間のかかる料理です。

この作業をもっと簡単にすることも出来ますよ。

まとめて巻いて最後にカットする方法

豚バラ肉を買うと、たいていパックにきれいに並べられていますよね?
お肉はその状態のまま使いましょう。

パックをひっくり返してお肉を取り出し、折られている部分は伸ばして、大きなお肉のシートにします。

  1. お肉シートは真ん中でカットして2枚にしましょう。
  2. この上に細長く切っただけの人参やいんげんなどを並べて、長い豚バラ肉巻きを2本作ります。
  3. そのままフライパンで焼いてから、最後に食べやすい大きさにカットして盛り付けます。

この方法であれば、野菜を小さくカットする手間も省けますし、巻く作業も2回だけとかなり手間を軽減できます。

野菜じゃ物足りない、夜のおつまみにぴったりの肉巻きレシピもご紹介

豚バラ巻きを作る時には、ついつい野菜を選んでしまいますね。
ですが、野菜以外を巻くことだって出来ますよ。

野菜だけでは物足りない時、小腹が減った時などにぜひ試してほしいのが、「お餅」です。

お餅を細長くカットして豚バラ肉を巻いて焼くだけ

甘辛タレを絡めて頂くのがおすすめですよ。

お餅と豚の脂、そして甘辛タレの組み合わせですから、美味しくないわけがありませんよね。
辛い物が好きな方はぜひ一味唐辛子を振って召し上がってくださいね。

豚バラ肉とお餅の組み合わせは、満腹感も得やすいですし、ネギや大葉、梅肉を加えたり、チーズを乗せて更に焼いたりと、いろいろなアレンジもしやすいのでとてもおすすめの豚バラ肉巻きですよ。