料理が上手い人の特徴から解る!料理上手になるためのコツを紹介

料理の上手い人には特徴があるのを知っていますか?料理が苦手な人が料理上手になるためには、まずはその特徴をよく観察するとヒントになるかもしれません。

そこで、料理が苦手な人が上達するための料理の上手い人の特徴から学ぶコツについてお伝えしていきましょう。

これを読めば、料理が苦手な人と得意な人の違いがわかり、料理上手になるために必要なことや上達のポイントがわかります。
料理上手に近づくためにもぜひ参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

ジンギスカンとラムの違いとは?ジンギスカンの美味しい食べ方

ジンギスカンとラムにはどんな違いがあるのでしょうか?また、ラムとマトンの違いとは?少しク...

野菜を炒めると水分でベチャベチャに!その理由と対処方法

野菜を炒める時、強火で一気に炒めたのに、水分でベチャベチャになった経験はありませんか?炒めも...

美味しいお好み焼きは焼き方がポイント!コツを紹介します

家庭で美味しいお好み焼きを作るにはどうしたらいいのでしょうか?生地が硬い、ぺちゃんこになって...

卵だけしかなくても大丈夫!美味しい卵料理で胃袋を満たそう

冷蔵庫の中を見てみると「卵だけしかない!」こんな状況になっても、卵だけあれば大丈夫。卵さえあ...

豚肉をソテーに合うソースとは?おすすめを紹介します

豚肉ソテーに合うソースの作り方を紹介します。しょうゆ系やケチャップ系もいいけれど、少しおしゃれに仕上...

片栗粉のとろみがなくなる原因と対策!うまくとろみをつけるコツ

料理に片栗粉を使用してとろみをつけても、時間が経過するといつの間にかとろみがなくなることがありま...

たたききゅうりのさまざまな美味しいレシピをご紹介

たたききゅうりは、夏だけではなく、年中食べても美味しい一品レシピのひとつです。夕飯にプラスしたり...

【梅干し作り】天日干しのやり方や日数の目安、完了の見極め方

手作りの梅干しを作る時には、漬けた梅を天日干しする工程も必要です。初心者が悩むのが、天日干しをする日...

冷凍エビフライの揚げない調理法と、揚げなくても美味しいレシピ

家族の肥満や健康が気になる。でも揚げ物が食べたい。パン粉がサクサクのエビフライが大好きという方におす...

冷凍ポテトをカリッと美味しく揚げるコツ、揚げ方をご紹介

ポテトを沢山食べたい時や、家で揚げたてを食べたいときなど、冷凍ポテトを使って自分で調理をすることも少...

鶏肉は部位によって名称も、おすすめな料理も変わります

鶏肉の部位の名称を知ってる?と聞かれたら、もも肉やむね肉などを思い出す方が多いと思います。もう少...

ナスを炒める時の色落ちを予防!色止めの方法とおすすめレシピ

ナスを炒めるとナスの綺麗な色が落ちて茶色に変色してしまうことがあります。せっかく美味しい料理を作るの...

味噌汁とご飯だけでも、工夫次第で栄養価を上げられる

いつも、「しっかり栄養を取らなくては」と思っても、時間がなく、食事が味噌汁とご飯だけなんてことはよく...

春雨スープはダイエットに最適!糖質が高いと言われる春雨の理由

さらっと食べる事ができて体が温まる春雨スープ。ダイエット中にはヘルシーで最適な食べ物のように感じ...

鍋で炊飯する時の水の量の目安と計り方、炊き方のポイント

炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊く時は、水の量で悩んでしまいます。多すぎてしまうとベチャベチャになっ...

料理が上手い人の特徴は手際が良いこと

みなさんから見た「料理が上手い人」とは、どのような人のことでしょうか?

プロ並みの美味しくて凝った料理が作れる人は、確かに料理が上手い人だと言えると思いますが、料理の上手さとは、それだけで判断できるものではありません。

まず、料理が上手い人の中でも最もわかりやすい特徴としては、「手際の良さ」が挙げられます。

手際が良くなるには料理慣れするべし

実は、私自身もあまり料理する際の手際が良い方だとは言えませんが、それでも結婚して毎日台所に立つ習慣ができるにつれ、徐々に手際は良くなってきたという実感があります。料理すること自体に不慣れなうちは、1品ずつ作ってから次の料理に取りかかっていたため、料理にかける時間が長い割には品数が作れないという状態でした。だんだんと料理に慣れてくると、はじめから今日使う調味料や調理器具を準備しておき、たとえばこの食材を茹でている時に、こっちの野菜を刻んでしまおうだとか、先に煮物の下準備をしておいて、煮込んでいる間に他の料理を作るといったことができるようになるため、ムダな時間がなくなるのです。

もちろん、料理に慣れてくればそれだけひとつひとつの動作にもムダがなくなるため、包丁使いが上手くなったり、空いた時間にパパッと洗い物を済ませることができ、食後の片付けまでもがスムーズに行えるようになるというメリットもあります。

料理の上手い人は頭の回転が速いのも特徴のひとつ

あなたの周りにも、どんな場面でも状況に合わせて瞬時に対応できる、頼りになる存在の人はいませんか?普通に話しているだけでも、次々と話題を提供して話の中心となれるような人は、実に頭の回転が速いなぁと感心されるものです。職場であれば頭の回転の速さは即戦力にもなりますが、これは職場に限らず、料理の上手い人にも共通した特徴だとも言えます。

少ない食材でも即座にメニューを決めることができるのが料理上手な人の特徴

何か特定の料理が作りたいと思った時、料理の苦手な人はすべての食材を一から揃えようとするあまり、残ってしまっても使うタイミングのない食材や調味料までも買い込んでくることになります。一方、料理が上手い人は、たとえ足りない食材があっても、何か違うもので代用できないかと機転を利かすことができるため、冷蔵庫の余り物から瞬時にメニューを考えて作ることができるのです。

たとえば、安くなっていた5本入りのナスを買ったとしても、一人暮らしだとなかなか使い切ることができませんよね。そのうちの2本を炒めものに使ったとしたら、あとの3本を何に使うかをあらかじめ考えておくことで、食材がムダにならずに済むだけでなく、まとめ買いすることで節約にもなります。料理が上手い人は、それだけ生ゴミの量も少なくなるのです。

とくに、一人暮らしで1食分を作る手間を考えると、まとめて作った料理をいかにアレンジするかで、同じ食材が続いても飽きずに食べきることができるでしょう。

手間を惜しまず美味しい料理を作ろうとするのが上手い人の特徴です

美味しい料理を作るうえでは、下ごしらえに時間を割くことは不可欠です。料理が上手い人を目指すには、自分のためだけに作るのではなく、誰かに食べさせることを想定しながら作るのがコツです。

料理を美味しく作るために、手間を惜しまないというのも、料理が上手い人の特徴だと言えるでしょう。

美味しい料理を作るには、愛情をこめて手間を惜しまないこと

料理の小ワザの一つに、「面取り」という作業があります。包丁を使って一つずつ丁寧に野菜の角を切り落とすことで、煮物の型崩れを防いで味を染み込みやすくするためにこの作業をするわけですが、面取りをしなければ煮物が作れないというわけではありません。ですが、誰かにこの料理を食べさせたいのであれば、この一手間をかけることによって、より見た目も味も良くなることを考えると、その人が食べてくれた時の喜ぶ顔を想像しながら作るのも、また楽しいものです。

料理の出来をみれば、時間と手間をかけて作ってくれたものか、下ごしらえは省いて簡単に作られたものかはすぐにわかってしまいます。たしかに、短時間でパパッと料理が作れるということも才能ではありますが、手間を惜しむことなく料理に愛情を注げる人こそ、真の料理上手だと言えるのではないでしょうか?

料理が苦手な人が上手い人になるためには違いを見直すこと

料理が苦手な人の中には、調理法を変えておかずを何品か作ったのに、うっかり味付けが似たものばかりになってしまうという人も少なくないでしょう。家にある調味料には限りがありますので、それも致し方ないことかもしれませんが、どうせならそれぞれ違った味付けにしたいですよね。

味付けを一工夫する

料理の上手な人は、同じ食材を使って何通りもの料理を作るという選択肢があるのに対して、料理が苦手な人は先に「この料理が作りたいからこの食材を買おう」という思考になりがちです。そうなると、使いきれずに余った食材の使い道に困り、結局毎回似たような味付けになってしまうため、いつまでたっても料理のレパートリーが増えない原因にもなります。
単純に鶏もも肉を焼いてチキンステーキを作るとしても、照り焼きにするのか、市販のスパイスやハーブが入った塩で味付けをするかで、何通りもの味が楽しめます。

まずは基本に忠実に

中には、初心者のうちから調味料なども目分量で適当に作ってしまう人もいますが、それはあくまでも料理が上手い人がすることによって成立する調理法です。たとえ料理が上手い人であっても、はじめはレシピの分量を守って、とにかくレシピ通りに作るところからスタートしている人が圧倒的に多いでしょう。

しっかり分量を計って指示通りに作れば、たいていの料理は上手く作れるのですから、あとは数をこなしてひたすら作り方を覚えて、アレンジするのはそれからです。

料理上手になりたいあなたのための上達のコツを紹介

料理の苦手な人に多いのが、いきなり難易度の高めな料理に挑戦して、挫折してしまうことです。初心者向けのレシピの中には、料理に関する基本用語の解説まで細かく載っているものが多いですが、ある程度料理ができる人向けのレシピだと、食材や調味料に関しても「適量」や「〇〇程度」といった曖昧な表現が多くなってくるものです。

なんせまだ「適当に」ということに慣れていない段階だと、果たして塩コショウの適量とはどのくらいなのか?野菜の下茹でとは何分くらいすれば良いのか?といった、細かい一つ一つのことがわからないため、本当に適当に作ってしまって、結果的に残念な仕上がりになってしまう可能性が高くなります。

最後に、これを防ぐためのいくつかのコツを挙げておきます。

  • まずは料理の基本を知る
  • とにかくひたすら数をこなす
  • 失敗してこそ上手くなる
料理の上手い人だって、はじめからなんでも上手に作れたわけではありません。まずは料理の基本を学び、料理をすること自体に慣れていくことで、少しずつでも確実に料理が上手い人に近づけるでしょう。