冷凍ご飯を使って美味しいチャーハンを作る方法とコツについて

冷凍ご飯でチャーハンを作ると、なかなか上手に作ることができない、ベチャッとしてしまうなど、出来上がりにお悩みの方も少くないのではないでしょうか。

できればお店のチャーハンの様に、パラパラの美味しいチャーハンを作りたいと思いますよね。

ここではそんなお悩みを解決する、冷凍ご飯で作るチャーハンのコツ、作り方についてご紹介をいたします。またレンジだけで作る手軽なチャーハンの作り方について、作ったチャーハンを冷凍する方法もご紹介をしていますので、あわせてお読みください。

関連のおすすめ記事

大根の切り方と繊維の関係。食感や献立に合わせた色々な切り方

大根を1本買うと、サラダや煮物、味噌汁や大根おろしなど色々な献立が出来ます。大根の切り方の種...

ナスの炒め物を作る時の切り方。下準備とナスを使ったレシピ

麻婆ナス、味噌炒めなど油との相性も良いナスですが、その切り方は色々あります。定番の輪切りや乱...

豚バラ巻きに合う野菜とレシピ、肉巻きの裏技もご紹介

夜ご飯のメニューに悩んでいるなら、野菜の豚バラ巻きにしてはいかがでしょうか。野菜が苦手な子供...

野菜を炒めると水分でベチャベチャに!その理由と対処方法

野菜を炒める時、強火で一気に炒めたのに、水分でベチャベチャになった経験はありませんか?炒めも...

味噌汁に入れた大根が苦い原因と対処法!美味しい味噌汁の作り方

大根の味噌汁を作ったとき、大根が苦くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。ど...

味噌汁の出汁は昆布のみでOK!簡単に美味しく作れるコツを紹介

味噌汁は出汁から作ると格段と美味しさがアップします。そんな味噌汁の出汁は昆布のみでも十分に美味し...

美味しいおにぎりの握り方についてご紹介します

美味しいおにぎりを作ろうと思ったら、こだわるところは、のりや具だけではなく、お米の炊き方や握り方も大...

大根を面取りする意味とは?それ以外の下ごしらえについても

大根の煮物や、おでんを作る時などに面取りが必要だと、よく料理本などに書かれていますが、これをするのに...

夏場の夕飯レシピ!料理をさっぱりさせるのは薬味がポイント

夏場はどうしてもさっぱりとした料理を好んでしまいますよね。また作る側としても、夏場の暑さから、あまり...

鶏肉は部位によって名称も、おすすめな料理も変わります

鶏肉の部位の名称を知ってる?と聞かれたら、もも肉やむね肉などを思い出す方が多いと思います。もう少...

長芋をすりおろしたら変色する原因は?防止するには?長芋豆知識

長芋をすりおろした直後から、赤や茶色に変色することがあります。食べるのを躊躇してしまうくらい...

味噌汁とご飯だけでも、工夫次第で栄養価を上げられる

いつも、「しっかり栄養を取らなくては」と思っても、時間がなく、食事が味噌汁とご飯だけなんてことはよく...

鶏モモステーキが美味しくなる焼き方についてご紹介

鶏モモのステーキは、ジューシーで美味しいので、人気のメニューのひとつです。しかし、焼き方ひとつで...

梅干しに黒カビが!そんな時にやるべき対処法

梅干しは、買うものと思っている人が多いですが、実は手作りすることも可能です。手作りは手間暇をかけ...

ナスを炒める時の色落ちを予防!色止めの方法とおすすめレシピ

ナスを炒めるとナスの綺麗な色が落ちて茶色に変色してしまうことがあります。せっかく美味しい料理を作るの...

冷凍ご飯でチャーハンを作る方法

冷凍ご飯を消費する方法として、最も多く作られている料理がチャーハンではないでしょうか?

実はチャーハンを作る場合、炊き立てのご飯よりも冷凍ご飯の方がパラパラでお店のような美味しいチャーハンに仕上げる事ができるのです。

美味しいチャーハンの作り方を知って、冷凍ご飯を大いに活用しましょう。

【材料・2人前】

  • 冷凍ご飯 2人分
  • ごま油 大さじ1
  • 卵 2個
  • ハム 2枚
  • 長ネギ 2分の1本
  • ニンニク 1片
  • 塩コショウ 少々
  • 醤油 少々

【作り方】

  1. フライパンを強火で熱し、ごま油をひいてご飯を炒めます。
  2. 細かく切った長ネギとハム、みじん切りにしたニンニクを加え、手早く炒めます。
  3. 最後に溶いた卵を加え、そぼろ状になるまでチャチャッと炒めます。
  4. 全体的にパラパラになってきたら、塩コショウと醤油を加え、味を整えて完成です。

冷凍ご飯でチャーハンを作る際のコツ

冷凍ご飯を使って美味しいチャーハンを作るコツは、ご飯の解凍方法にあります。

ご飯はしっかりとアツアツになるまで解凍するのではなく、ご飯粒がほぐれる程度の解凍でOKです。ご飯をアツアツに解凍してしまうと、ご飯粒同士がくっついてべチャッとした食感になってしまいます。パラパラのチャーハンにするためには、少し冷たさが残っているくらいの解凍具合が最適です。

また、フライパンをしっかり熱するという事も重要です。

フライパンをしっかり熱すれば、ご飯と具材がフライパンにくっついてしまうのを防ぐ事ができます。

具材はなるべく水分の少ないものを選び、パラッとした食感を目指しましょう。

レンジだけで作る冷凍ご飯を使ったチャーハンの作り方

冷凍ご飯を使ってチャーハンを作る時、ご飯をまず解凍して、それから炒めて…という作業を面倒だと感じる人もいるでしょう。

そんな時は、電子レンジだけでチャーハンを作ってみませんか?

さすがにパラパラチャーハンとはいきませんが、電子レンジだけでも美味しいチャーハンができあがりますよ。

電子レンジだけでチャーハン

【材料・1人前】

  • 冷凍ご飯 茶碗1杯分
  • 長ネギ 4分の1本
  • 豚バラ薄切り肉 50グラム
  • 塩 適量
  • ごま油 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • 醤油 小さじ1

【作り方】

  1. 耐熱容器に細く切った豚肉とみじん切りにした長ネギを入れます。
  2. 1に塩を振りかけ、上に冷凍ご飯をのせます。
  3. ラップをふんわりとかけ、電子レンジで3分間加熱します。
  4. 温まったご飯を容器の端っこによせ、空いたスペースにごま油を混ぜた溶き卵を入れます。
  5. ご飯に鶏がらスープの素と醤油をかけ、混ぜ合わせます。
  6. 今度はラップをかけずに電子レンジで2分間加熱します。
  7. 卵がだいたい固まったら、全体的にしっかりと混ぜ合わせて完成です。

洗い物も少なく、片付けもラクチンです。

火を使わなくて済むので、熱い夏のキッチンで料理をしたくない時などにおすすめです。

IHでチャーハンを作る際の注意点

チャーハンをパラパラに美味しく仕上げるには、強い火力と鍋振りが重要です。

家庭用のコンロには、ガス式の物とIH式の物があります。

チャーハンを作るならガス式で直火を使用した方が良いのですが、IH式のコンロでもパラパラで美味しいチャーハンを作る事が可能です。

IHコンロで美味しいチャーハンを作るにも、やはりフライパンを熱く熱する事が大切です。

時間をかけてしっかり水分を飛ばしながら調理すれば、パラパラチャーハンを作る事ができるでしょう。

ただし、テフロンコートがしてあるフライパンだと熱伝導が伝わりにくい場合があるため、チャーハンは中華鍋で作るのがおすすめです。

IHコンロでも使える中華鍋があるので、ぜひチェックしてみてください。

チャーハンを作ってから冷凍する方法も

作ったチャーハンは、冷凍保存すれば1ヵ月程美味しく食べる事ができます。

チャーハンをパラパラの状態で冷凍するためには、粗熱を取ってから保存袋に入れ、なるべくご飯が重ならないように平らな状態で冷凍するのがポイントです。

金属トレイなどに乗せ、冷凍スピードを早めるように工夫をします。

急速冷凍室がある場合は、急速冷凍室に入れましょう。

半分ほど固まってきたら、一度揉みほぐしてから再び冷凍します。

完全に固まったら、もう一度揉みほぐし、保存袋の空気を抜いて密閉状態にして冷凍保存しましょう。

食べたい分だけお皿に盛り、電子レンジで解凍すればいつでも美味しいチャーハンを食べる事ができます。

一人分の少ない量を毎回作るよりも、一度に多めの量を作って冷凍保存しておいた方が、光熱費の節約に繋がります。一人暮らしの人にもおすすめですし、働きながら家事をこなす忙しい主婦の方にもおすすめです。

余りものの具材でも簡単に作る事ができるチャーハンは、栄養バランスも良く、子供から大人まで大人気のメニューです。

美味しいく出来たチャーハンは、冷凍保存して何度でも繰り返し楽しんじゃいましょう。