キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

料理が苦手な嫁は嫌?夫に愛される料理上手な嫁になって夫婦円満

料理が苦手で毎日の食事作りを憂鬱に感じている奥様もいるのではないでしょうか。本当は料理上手な嫁になりたいと思っているのに、なかなか料理が上達せずにお悩みの人もいることでしょう。

料理が苦手な嫁に対して、世の中の旦那様たちはどのように感じているのでしょうか。男性の意見を知って、料理上達に向けて努力をしてみましょう。

料理が上達すれば、食事作りに感じているストレスを減らすことができます。毎日のストレスを減らし、旦那様に愛される料理上手な奥様になりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卵だけしかなくても大丈夫!美味しい卵料理で胃袋を満たそう

冷蔵庫の中を見てみると「卵だけしかない!」 こんな状況になっても、卵だけあれば大丈夫。卵さえあ...

料理が上手い人の特徴から解る!料理上手になるためのコツを紹介

料理の上手い人には特徴があるのを知っていますか?料理が苦手な人が料理上手になるためには、まずはその特...

卵の片手割りは練習次第で上手にできる?片手割りのコツをご紹介

卵の片手割りに憧れたことはありませんか?片手で割れなくても問題はありませんが、片手で割れると何だか、...

大根の皮は捨てずに食べられる!大根の皮を使った簡単レシピ

大根の煮物などを作る時には、皮を厚めに剥くというのが基本ですが、この厚めに剥いた皮はいつも捨てていま...

味噌汁の出汁は昆布のみでOK!簡単に美味しく作れるコツを紹介

味噌汁は出汁から作ると格段と美味しさがアップします。そんな味噌汁の出汁は昆布のみでも十分に美味し...

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

油タップリからさよなら!油摂取を極力減らす茄子の素揚げ方法

茄子の素揚げは茄子がトロトロで美味しい反面、油の染み込み具合が気になるところです。 調理をして...

料理が苦手なママを応援!簡単にする工夫と克服できるコツ

料理が苦手なママは必見。ママは料理が苦手で嫌いでも子供や家族のために料理を毎日作らなけれななりません...

料理の基本を勉強するには?定番の家庭料理からスタートしよう

結婚を機に料理を始めるという女性も多いと思いますが、まずは料理の基本から勉強しようと思っても、何をど...

大根の面取りをする理由とやり方・大根を美味しく煮るコツ

大根を使って煮物を作るとき、面取りをすると良いという話を聞くことがあります。ですが、一体なぜ面取りを...

夏場の夕飯レシピ!料理をさっぱりさせるのは薬味がポイント

夏場はどうしてもさっぱりとした料理を好んでしまいますよね。また作る側としても、夏場の暑さから、あまり...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

美味しい目玉焼きの作り方とポイント、少しの工夫で美味しく変身

美味しい目玉焼きの作り方を知りたくありませんか? この作り方を知れば、いつもの目玉焼きとは違う、見...

豚肉をソテーに合うソースとは?おすすめを紹介します

豚肉ソテーに合うソースの作り方を紹介します。しょうゆ系やケチャップ系もいいけれど、少しおしゃれに仕上...

豆苗の肉巻きに合う、タレの種類について知りたい

豆苗は、炒め物やスープにも使うことが出来ますが、その中でも特に肉巻きは、人気のメニューです。 しか...

スポンサーリンク

料理が苦手な嫁に旦那はがっかり!こんな料理はNG

結婚するまで料理は一切したことのなかった人もいらっしゃるのではないでしょうか。
料理をしたことが無くて苦手だと思っているだけの方、作ってもあまり上手にできない方様々な方がいらっしゃいますが、最低限の料理とはどのような物でしょうか。
また、旦那さんはどのような料理にがっかりするのでしょうか。

料理が苦手なお嫁さんを持った旦那さんの悩みは、主に料理の味付けにあります。

育ってきた環境の違う二人ですから食べてきたものは違いますが、お互いに寄り添う事も大切です。
しかし、健康志向のためかあまりにも味がしないものや、反対に味付けが濃すぎる物、好きではない食べ物が続く、料理に余計なアレンジを加えてしまう…など料理の味付けや好き嫌いはお互いに妥協できるところはしなくてはなりません。

また、カレーを作る時には一般的に皆さんカレールーを使って作る事が多いのではないでしょうか。

カレールーの箱の裏側に書いている作り方はメーカー推奨の作り方で一番美味しく作れる方法が書いてあるのですが、それを無視してアレンジされすぎたカレーでがっかりしている旦那さんもいます。

料理は基本を押さえる事が大切なのです。

料理が苦手な嫁をどう思う?男性の意見

最近の男性は一人暮らしをしていた方も多いので、男性自体が料理が得意という方もいらっしゃいます。
時々お嫁さんよりも料理が得意な旦那さんもいるくらいですので、料理ができない女性に対して妻失格だと思う男性はそう多くありません。

【料理のできる男性】は、

  • 妻が苦手な事は自分がカバーすれば良い
  • 練習していくうちに上手になってほしい
  • 料理以外の部分でお互い尊敬し合える仲なら料理ができなくても大丈夫

と思ってくれているようですが、反対に、【料理の苦手な女性は妻失格だと思っている男性】は

  • 最低限の家事はしてほしい
  • 手料理を食べたい
  • 男女関わらず料理はこなしてほしい

という意見をお持ちのようです。

妻に対して料理ができなくても良いと言ってくれている男性も多いのですが、外食が続きすぎたり、仕事から帰ってきた時に料理が無いという状態をいつまでも続けるわけにはいきません。料理はできないよりもできた方が将来のためにも良いのです。

料理が苦手な嫁から料理上手な嫁へ!上達の鍵は「作ること」

人間は苦手な事からはなるべく離れて生きていたいものです。
料理が苦手でも、最近はスーパーのお惣菜や冷凍食品も進化しているし、コンビニエンスストアは24時間お弁当を売っています。
確かに料理を作らなくても大丈夫な体制は整ってきているのですが、料理は作らなくては上手になりません。
最初は総菜や冷凍食品も美味しくいただけるのですが、毎日続くと飽きてしまい次第にストレスを感じてしまうようになりかねません。

三ツ星シェフのような料理のプロでも最初は料理は素人です。
失敗は成功のもとということわざもあるように料理は失敗を重ねて上手になるものですので、まず作らなくてはどうしようもありません。

今はインターネットで検索すると料理の作り方はレシピの紹介だけではなく動画で作り方を教えてくれるものもあります。
苦手だから…という意識を一度捨ててみて料理に挑戦してみましょう。
愛情を込めて料理をしていくうちに料理は上達します。
まずは簡単な物から作っていきましょう。

料理が苦手を改善したい!まずはレシピどおりに作ることから始めよう

さて、料理が苦手だという意識を改善するためにまずは何から始めていけば良いのでしょうか。

料理が苦手な人が作る料理の特徴

【レシピを見ているのに分量を無視している】

という事が挙げられます。
料理を作ろうと思ってレシピを見ているのに、自分で勝手に何かしらのアレンジをしてしまうと一気に失敗する確率が高くなります。
料理の基本はまずレシピは忠実に作る事です。
その際に参考にするレシピも個人的なレシピよりも、料理本やメーカー公式のレシピを参考にすると尚基本的なレシピを押さえる事ができます。
調味料の量はもちろんですが、用意する食材や調理器具、それから火加減なども最初のうちは忠実に守りましょう。

「勝手なアレンジを加えずに」、「レシピの分量を守って」、「レシピの通りの手順で」料理を作れば大失敗する事はまずありません。

また、レシピに忠実に料理を作る事で経験ができますので自分の料理にどんどん自信を持つこともできるようになります。

失敗してしまった時にもそのままで終わりにせず、どうして失敗したのか、何が悪かったのかという事を振り返る事で料理は確実に上達します。

料理上手な嫁になるコツ・料理を作れるようになるポイント

何事も基礎と言うのはとても大切で、料理も例外ではありません。

まずは基礎を心得ましょう。

よく料理の基本はさしすせそ、と言われますが、このさしすせそを全て言えますか。

これは料理で良く使う調味料の頭文字で、砂糖、塩、酢、醤油、味噌の事を指しており、この順番に調味料を入れると美味しく、且つ入れ忘れも少なくなると言われています。

それから、食材を鍋に入れる時には火の通りにくい物から入れる、そんな基本をまず知る事が料理の大切なポイントになります。

また、料理を始めたばかりで何を作っていいのか分からない時には、自分の好きな物や旦那さんの好きな物を作ってみましょう。
好きな物なら真剣に作れます。

そして一番大切なことは、料理を作る時にはイヤイヤ作るよりも、楽しく作るという事です。
これはどんなことにも共通しますが、何事もせっかくするのであれば楽しくやった方が効率は良いのです。
そのためには頑張りすぎないこともとても大切な事です。

疲れたら時には総菜や外食に出かけるのもとても良い事です。
外食で食べるものは美味しいので、それを真似して作る事も料理の上達には欠かせません。

楽しく料理を覚えて旦那さんが料理を楽しみに帰ってきてくれるような食卓を目指しましょう。