キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

夕飯のメニューにぴったりなお肉料理について知りたい

夕飯のメニューを考える時に、多くの人はお肉をメインに考えるのではないでしょうか。
お肉は食べごたえがあって、ご飯も進む人気のおかずですよね。
そんなみんなが大好きなお肉を存分に味わえるお肉のレシピについていくつかご紹介しますので、肉好きの人も、そうではない人も是非参考にして、美味しいお肉を味わってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

たたききゅうりのさまざまな美味しいレシピをご紹介

たたききゅうりは、夏だけではなく、年中食べても美味しい一品レシピのひとつです。 夕飯にプラスしたり...

冷凍エビフライの揚げない調理法と、揚げなくても美味しいレシピ

家族の肥満や健康が気になる。でも揚げ物が食べたい。パン粉がサクサクのエビフライが大好きという方におす...

冷凍のとうもろこしを使ったかき揚げレシピと作る時の注意点

とうもろこしを使ったかき揚げはサクッと揚げることがコツですが、冷凍のとうもろこしを使う場合は気をつけ...

お店で食べるような皮がパリパリな鳥モモ肉の焼き方をご紹介

お店で食べる鳥のモモ肉焼きは、身のジューシーさだけではなく、皮がパリパリな所も美味しさのポイントです...

羊の肉は臭い?そんな時は、選び方と調理方法を考えよう

羊の肉は、豚、牛、鶏に比べると、ややマイナーな食材です。 あまり浸透しきらない理由のひとつに「...

唐揚げがジューシーなのは水がポイント!簡単にできるコツを紹介

唐揚げをジューシーに美味しく仕上げるためには、水分が必要だということを知っていますか?お肉にとっ...

大根の面取りをする理由とやり方・大根を美味しく煮るコツ

大根を使って煮物を作るとき、面取りをすると良いという話を聞くことがあります。ですが、一体なぜ面取りを...

豚肉巻きに入れるおすすめの野菜と食欲をそそる味付けのレシピ

晩ごはんのおかずや、お弁当にも入れたい野菜の豚肉巻き。 甘めのタレが食欲をそそり、野菜もたっぷり摂...

料理が苦手なママを応援!簡単にする工夫と克服できるコツ

料理が苦手なママは必見。ママは料理が苦手で嫌いでも子供や家族のために料理を毎日作らなけれななりません...

卵の片手割りは練習次第で上手にできる?片手割りのコツをご紹介

卵の片手割りに憧れたことはありませんか?片手で割れなくても問題はありませんが、片手で割れると何だか、...

料理が苦手な初心者にもおすすめの簡単レシピ【料理の基本】

一人暮らしを始めたばかりという方の中には、「料理が苦手で…」と感じている方も多いと思います。それまで...

ナスの炒め物を作る時の切り方。下準備とナスを使ったレシピ

麻婆ナス、味噌炒めなど油との相性も良いナスですが、その切り方は色々あります。 定番の輪切りや乱...

大根のつまの作り方や、それにまつわる事柄についてご紹介

大根のつまと言えば、お刺身添えられる名脇役のひとつです。 あれを食べない人も多くいますが、逆に大好...

大根の皮は捨てずに食べられる!大根の皮を使った簡単レシピ

大根の煮物などを作る時には、皮を厚めに剥くというのが基本ですが、この厚めに剥いた皮はいつも捨てていま...

スポンサーリンク

夕飯のメニューにぴったりな豚肉のレシピ

豚肉はスライスや切り落としが夕飯のメニューに一番使いやすく、炒めものだけで考えてもメニューはレシピサイトを少し覗くと豊富にあります。

豚肉は夕飯のメニューに使いやすい

生姜焼きなどはその代表的なメニューではないでしょうか。

  • 生姜の部分をにんにくに変えるとスタミナ炒めになりますし、醤油ベースを味噌ベースに変えて味噌炒めにもアレンジ可能です。
  • また、肉じゃがのように、豚バラを使った煮込み料理にするのも、汁から他の食材に肉の脂と旨味がよく染みるのでおすすめです。
  • 下味を付けた切り落としの肉は丸めて片栗粉をまぶすと簡単肉団子にもなりますし、豚肉は使い勝手の良い優秀食材と言えます。

味も甘みがあって美味しいので、子供でも豚肉が一番好きという家庭は多いのではないでしょうか。

また、オムレツの中にスライスした豚肉とトマトを入れても美味しく、ボリュームもあるので夕飯のメニューにおすすめです。

フライパン対応のアルミホイルを使うと、肉の油を使って炒めればサラダ油場げなどは不要ですし、オムレツを巻くのもアルミホイルを折りたたむだけでいいのでとても簡単です。

夕飯のメニューにおすすめしたい鶏肉のレシピ

鶏肉は部位によって出来る料理のテイストが全然違うので、例えば一週間を鶏肉だけで過ごすことになっても飽きません。親子丼や鳥のからあげは、鶏肉のぷりぷりした柔らかさと肉汁が美味しいものなので、柔らかくて油の多いもも肉がおすすめです。

胸肉やささみはさっぱりしているので、サラダと混ぜて使う人が多いですが、チキンカレーなどは鶏むね肉を使うとくどくならなくて美味しくなります。

鶏肉の手羽元は煮込みにもグリルにも使える万能部位です。

大根やゆで卵と一緒に煮込んで甘辛煮にしてもいいですし、たれにつけ込んだものをオーブンで焼くのも子供の大好きなメニューとして活躍します。

手羽先はおつまみメニューに良く、シンプルにグリルで塩焼きにしても大人も子供も食べやすい1品になります。

また、低温で数分揚げた後に高温でまた揚げ、タレを掛けた後に胡椒をまぶすという少し手間をかけた調理もおすすめです。

夕飯のメニューは牛肉で決まり!おすすめのレシピは

牛肉は肉自体の旨味が強いので、ステーキやローストビーフなど、肉の形や味をできるだけ残して食べるのにも向いている食材です。焼き肉なども牛肉のメニューが特に多く並んでいます。丼でも牛丼は豚丼や親子丼よりも遥かに多く専門店が全国チェーンで何店もあるほど人気があります。肉の形を残しても柔らかくて食べやすいので、咀嚼が苦手な子供でも食べやすいというのも人気のひとつです。

また、味に深みが出るので、ハンバーグも牛と豚の合い挽きで作った方が好きという人も多いですね。

煮込みとして作るのであればカレーもおすすめですがビーフストロガノフも子供にも人気があるメニューです。

トマトとの相性もいいので、困ったら牛肉と野菜とトマト缶と調味料を圧力鍋に放り込んで簡単にトマト煮も作れます。

牛肉は火を通す時間が短くても安心な食材なので、調理に時間をかけたくない人にもおすすめです。

鶏肉なら火が通るまで時間がかりますし、しっかり火を通そうと加熱時間を長くすると旨味が全て肉の外にボソボソになります。
牛肉は調理の難易度が低い食材でもあるので、困ったときには牛肉を選んでみるのもいいでしょう。

夕飯に飛び切り美味しいお肉を食べるなら、丁寧にステーキを焼こう

ステーキはその1品だけでいいので夕飯のメニューとしては簡単で嬉しいものですが、上手に焼けないと肉が硬くなってしまい美味しくありません。

きちんと下ごしらえをして調理するととても美味しいステーキになるので、挑戦してみてください。

夕飯に嬉しい肉料理「ステーキ」のおいしい作り方を説明します。

下ごしらえをする

焼く30分ほど前には冷蔵庫から出して常温に戻しましょう。

キッチンペーパーで表面の水分を拭き取り、表面を筋切りしてから肉を叩いて全体の厚みを均一にします。

味付けは焼く直前にしましょう。

ステーキを焼く

強火で焼きます。焼いている面の色が変わったらひっくり返しましょう。

両面を強火で焼いたら、アルミホイルをフライパンに乗せて、弱火で蒸し焼きにします。
少し蒸し焼きにしたら今度はフライパンからとりだしてアルミホイルで包み、加熱時間を予熱で調整します。

こうすることで旨味が肉から一切逃げません。

手間は増えても大変な工程ではないので、誰でも簡単に出来ます。

インパクト抜群!だけど意外に簡単な夕飯のメニュー

子供が大好きな肉料理といえばハンバーグです。ですがハンバーグはみじん切りに形成に、ひっくり返るすときも崩れないように気を遣ってと、少し面倒なところもあります。

おすすめはミートローフです。

材料はハンバーグとほぼ同じで、焼くときの面倒が少しなくなったメニューなので、忙しい時でも意外と簡単に作れます。

材料を混ぜる

ひき肉とみじん切りにした玉ねぎ、にんじん、アスパラなど、好みの材料と調味料を良く混ぜます。つなぎでパン粉と牛乳と卵もあるといいですが、無くても大丈夫です。

型に入れる

パウンドケーキの型やシリコンの型など熱に強い素材の方に詰めます。

空気が入らないように手で空気抜きをしながら詰めてください。

大体均等になるように詰めます。

オーブンで焼く

200度に予熱したオーブンで30~40分焼きます。

竹串を刺して、肉が付かなければしっかり火が通っているので完成です。

型から出して1~2cmくらいずつにカットして食卓に並べます。

30分以上焼き時間があるので、その簡易もう1品作ったり洗い物をしたりとながら調理にとても向いているのでおすすめです。

見た目がハンバーグに近いので子供も喜んで食べてくれます。キッチンに立ちっぱなしが辛くて少し楽したい時などにもおすすめなので、ぜひ作ってみてださい。