料理が苦手なママを応援!簡単にする工夫と克服できるコツ

料理が苦手なママは必見。ママは料理が苦手で嫌いでも子供や家族のために料理を毎日作らなけれななりません。

そこで、料理が苦手なママのための簡単に料理ができるようになる工夫や苦手を克服できるコツについてお伝えしていきましょう。

まずは、苦手と嫌がらずに簡単にできる定番料理から挑戦してみてください。
きっといつの間にか苦手が好きに変わっているかもしれません。ぜひ参考に試してみましょう。

関連のおすすめ記事

お店で食べるような皮がパリパリな鳥モモ肉の焼き方をご紹介

お店で食べる鳥のモモ肉焼きは、身のジューシーさだけではなく、皮がパリパリな所も美味しさのポイントです...

長芋をすりおろしたら変色する原因は?防止するには?長芋豆知識

長芋をすりおろした直後から、赤や茶色に変色することがあります。食べるのを躊躇してしまうくらい...

ナスを炒める時の色落ちを予防!色止めの方法とおすすめレシピ

ナスを炒めるとナスの綺麗な色が落ちて茶色に変色してしまうことがあります。せっかく美味しい料理を作るの...

ジンギスカンとラムの違いとは?ジンギスカンの美味しい食べ方

ジンギスカンとラムにはどんな違いがあるのでしょうか?また、ラムとマトンの違いとは?少しク...

片栗粉のとろみがなくなる原因と対策!うまくとろみをつけるコツ

料理に片栗粉を使用してとろみをつけても、時間が経過するといつの間にかとろみがなくなることがありま...

野菜を炒めると水分でベチャベチャに!その理由と対処方法

野菜を炒める時、強火で一気に炒めたのに、水分でベチャベチャになった経験はありませんか?炒めも...

卵だけしかなくても大丈夫!美味しい卵料理で胃袋を満たそう

冷蔵庫の中を見てみると「卵だけしかない!」こんな状況になっても、卵だけあれば大丈夫。卵さえあ...

大根のつまの作り方や、それにまつわる事柄についてご紹介

大根のつまと言えば、お刺身添えられる名脇役のひとつです。あれを食べない人も多くいますが、逆に大好...

料理が上手い人の特徴から解る!料理上手になるためのコツを紹介

料理の上手い人には特徴があるのを知っていますか?料理が苦手な人が料理上手になるためには、まずはその特...

長芋が変色!黒くなる理由と変色を予防する下処理・保存方法

長芋を調子した際、色が黒く変色してしまうことがあります。一体なぜ変色するのか、その理由がわからずに困...

料理が上手くなるバイトがある?一石二鳥のバイトを探すコツ

一人暮らしを始めるようになると、急に料理を始める方も少なくはないはず。しかし料理は基本を知ら...

寄せ鍋に最適なだしは昆布だし!昆布だしの作り方とポイント

昆布から取る「昆布だし」はうま味があり、寄せ鍋だけでなく色々な料理に使える最適のだしです。だしが...

きゅうりの半月切りのコツともっとおいしく食べるための秘訣

サラダに欠かせない代表的な野菜「きゅうり」。しかし、半月切りにするとどうしても厚さがバラバラになって...

美味しい目玉焼きの作り方とポイント、少しの工夫で美味しく変身

美味しい目玉焼きの作り方を知りたくありませんか?この作り方を知れば、いつもの目玉焼きとは違う、見...

夏場の夕飯レシピ!料理をさっぱりさせるのは薬味がポイント

夏場はどうしてもさっぱりとした料理を好んでしまいますよね。また作る側としても、夏場の暑さから、あまり...

料理が苦手なママが克服するためにできること

ママに関わらず、料理が苦手な方は、世の中に大勢いると思います。自分が料理が下手、苦手とわかっているからこそ、料理をしなくなる、誰か代わりの人に「やって」なんて状態になります。料理が苦手でも、できるようになります。誰もはじめから上手に料理ができるわけではありません。料理が上手な人も、できるまで、辛抱強くトライした方がいいとアドバイスしていますから。

料理が苦手なら、できる料理から挑戦する

例えば、旦那さんが料理をしている時、この部分だけはあなたがいつもやるとか、料理に関わることに挑戦して下さい。油がハネたり、やっぱりこんな痛い目にあうのか、と実感することもあります。料理を手伝うことから始めて下さい。

料理の本を読んで実践する

本を読んで、こんな感じなんだと頭でイメージできるようにします。そして、簡単な料理に挑戦して、できるようにします。スクランブルエッグとか、簡単な料理からできるようになりましょう。

苦手な料理でもママがしやすくなる工夫が大切

あなたのように、料理が苦手で、家族のために献立を考え、料理をし、始めは自分でも下手だな、料理は苦手だなと感じていても、やるうちに慣れて、料理の腕前が上達します。

料理する時に使う道具の位置を決める

料理をするうちに、この調理器具はよく使う、だから、料理をする時に、この調理器具をどこに置こう、配置を考えて下さい。お味噌汁を作る時は、お玉が絶対必要など、この調理器具は絶対なくてはいけないあとは、この調理器具がなくてはいけない、色々見えてきます。どの調理器具をどの位置に置くのか、研究して下さい。手際よくできるようになれば、料理に対する苦手意識も失せます。

また、調理の中でも、例えば千切りが苦手とか、この部分の作業が苦手だと感じる部分も出ます。便利な時代ですから、それを簡単にこなすアイテムも登場しています。そんな便利アイテムも使って、料理をできるだけ簡単にして下さい。これも工夫の一つです。

料理が苦手なママは簡単にできる便利なアイテムを活用しましょう

料理をしていて、例えば、野菜を切る作業で指を切ってしまったから、料理への苦手意識ができてしまった。一度、二度経験していること克服するのは、難しいですよね。今度は大丈夫かな?また、指をきっちゃわないかな?おどおどしながら、料理だってしてしまいます。本当に調理が楽な時代で、お店に行くと、切った野菜が売られていたり、味付とかももう済んでいて、あとはフライパンの上で焼くだけのような商品も沢山あります。それを利用しましょう。わざわざまな板と包丁で野菜を切る時代でもないと思います。忙しいママさん、一人暮らしで料理に費やする時間がない方のことを考えて、そんな便利商品だって開発されています。

野菜だって、数種類入っているものがあります。栄養バランスもよく考えられていると思います。そんな便利商品を買って、料理に対する苦手意識を少しでもなくして下さい。

簡単に作れる子供の好きな料理を押さえておけば良し

お子さんがいる方が難しい点は、お子さんが好きなものを栄養バランスを考えて、調理しなければいけない点だと思います。

ただ、子供が好きなものは決まっています。例えば、トマトが好き、枝豆が好き。子供の成長を見るうちに、どれが好きでどれが嫌いなのか、その見分けもつけれるようになります。

料理は一日3度しなくてはいけません。すぐ、明日の朝は何を食べたいのか、献立も考えなくてはいけません。子供が好きなものは大量に作って、1週間のうちに何度かお子さんが食べれるようにして下さい。

あなたが得意料理を何点か用意しても、お子さんが満足しない時もあります。そんな時、他のママさん達は、子供が好きな料理、一品を一つ用意して加える工夫をしています。あなたにもできることです。お子さんが好きなものを、何か言われた時にすぐに出せる状態にしましょう。お子さんも文句を言わずに食べてくれます。

料理は経験と心がけで上手になっていきます

料理は、その人がひらめくアイディアや、経験で、上手になります。時代も時代で、外国人の方も日本料理が上手になり、日本食を作っては、日本人の方に味のことでアドバイスを求めていたりします。お料理は、その人が持っている、センス、アイディア、経験で変わると思います。バイトでレストランで働いていた方は、やっぱり技術をもう持っています。そんな経験は料理を上達させる上でやっぱり必要になります。あと、あまり期待をしすぎると、その高いレベルに合わせられない自分に苛立ちます。初心者がいきなり上級者になることはありません。失敗を繰り返して、料理も上達します。あまり自分にプレッシャーをかけないで、今日はこのことをできるようになろうなど、段階をつけて、自分の料理の腕を上げて下さい。やっていけば料理も上達します。あまり苦手意識を持たずに、できるところから挑戦して下さい。

家庭を持つママさんの悩みはお料理ですよね。旦那さんやお子さんのために料理を毎日考えては、食べさせなくてはいけません。苦手意識を持っている方は、まず簡単な料理からトライして下さい。できるようになれば、自信もつきます。全く何もできなかった方が、玄関掃除、風呂掃除、掃除がかけれるようになると、やっぱり自信はつきます。お掃除もお料理もまずは挑戦して下さい。やるうちにあなたができる範囲が広がります。