唐揚げの作り方【フライパンで簡単】失敗しない揚げ焼きのコツ

唐揚げの作り方はフライパンで作る揚げ焼きがおすすめです。
でも、揚げ焼きをしてみたら仕上がりが上手にできなかったという人もいるでしょう。

そこで、フライパンで簡単に作れる唐揚げの作り方について、失敗しない揚げ焼きのコツをお伝えしていきましょう。

フライパンで焼くように揚げれば、油を大量に使わなくてもいいのでヘルシーです。
ぜひ参考にお子さんも喜ぶジューシーな美味しい唐揚げを作ってみましょう。

関連のおすすめ記事

味噌汁の出汁は昆布のみでOK!簡単に美味しく作れるコツを紹介

味噌汁は出汁から作ると格段と美味しさがアップします。そんな味噌汁の出汁は昆布のみでも十分に美味し...

長芋が変色!黒くなる理由と変色を予防する下処理・保存方法

長芋を調子した際、色が黒く変色してしまうことがあります。一体なぜ変色するのか、その理由がわからずに困...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

鍋で炊飯する時の水の量の目安と計り方、炊き方のポイント

炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊く時は、水の量で悩んでしまいます。多すぎてしまうとベチャベチャになっ...

卵だけしかなくても大丈夫!美味しい卵料理で胃袋を満たそう

冷蔵庫の中を見てみると「卵だけしかない!」こんな状況になっても、卵だけあれば大丈夫。卵さえあ...

冷凍エビフライの揚げない調理法と、揚げなくても美味しいレシピ

家族の肥満や健康が気になる。でも揚げ物が食べたい。パン粉がサクサクのエビフライが大好きという方におす...

野菜の水切りをする時の裏技・サラダを作るときの水切りのコツ

野菜をたくさん使って美味しいサラダを作りたいと思っても、しっかり水切りが出来ずにいつも物足りない仕上...

シュウマイの蒸し時間について。蒸し器の場合の時間と確認方法

お店のようなシュウマイをお家でも食べたい。そんな時は蒸し器がおすすめです。ですが蒸し器を使っ...

ジンギスカン鍋の使い方や種類・おいしく食べるためのポイント

ジンギスカンといえば北海道ですが、ジンギスカンが広く浸透するようになってからは北海道外でもジンギスカ...

野菜を炒めると水分でベチャベチャに!その理由と対処方法

野菜を炒める時、強火で一気に炒めたのに、水分でベチャベチャになった経験はありませんか?炒めも...

冷凍ポテトをカリッと美味しく揚げるコツ、揚げ方をご紹介

ポテトを沢山食べたい時や、家で揚げたてを食べたいときなど、冷凍ポテトを使って自分で調理をすることも少...

美味しいステーキのさまざまな焼き方についてご紹介

美味しいステーキを自分の家で焼こうと思った時に最も大切なのは、焼き方です。焼き方が上手くいかない...

唐揚げがジューシーなのは水がポイント!簡単にできるコツを紹介

唐揚げをジューシーに美味しく仕上げるためには、水分が必要だということを知っていますか?お肉にとっ...

大根のつまの作り方や、それにまつわる事柄についてご紹介

大根のつまと言えば、お刺身添えられる名脇役のひとつです。あれを食べない人も多くいますが、逆に大好...

豚肉を炒めると固くなる!柔らかく炒める下ごしらえのコツを紹介

豚肉を炒めるとどうしてもいつも固くなるというあなた。そんなあなたの悩みを解決するために、豚肉...

唐揚げの作り方はフライパンで揚げ焼きが簡単

少ない油で作れる唐揚げはヘルシーで、後片付けも簡単、油を節約できて経済的と良いことづくめですが、揚げムラなども発生しやすくなかなか上手くいかない場合もあります。

唐揚げをフライパンで上手く揚げ焼きするポイントをおさえておきましょう。

  • 鶏肉の水分をしっかり取る。
    鶏肉の水分が多いと油に入れた瞬間に温度が下がりやすく、揚げムラが発生しやすくなってしまいます。とくに少ない油で行う場合は少しの水分でいつもより温度が下がりやすいです。そのためキッチンペーパーに包んでおさえて、しっかり水分をとっておくのが大切なポイント。また味もしっかりとつきやすくなります。
  • 鶏肉の余計な部分はカットする
    鶏肉の白い部分や筋は事前にカットして取り除いておきましょう。ある程度の脂肪は残っていて構わないので、そこまで念入りにやらなくて大丈夫ですが、脂肪が多いと食感や風味にも影響してくるので美味しい揚げ焼きをするためにも必須です。
  • 鶏肉はフォークで穴を開けておく
    フォークでぐさぐさと挿して、下味を染みこみ易く、火を通りやすくさせておきましょう。とくに皮目を中心にやるといいです。フォークの先が刺さりにくい場合は包丁で切れ目を入れても良いです。皮が多い場合は取り除いてもOK。

フライパンでも美味しい唐揚げの作り方は下味をしっかり

唐揚げをフライパンで美味しく揚げ焼きにするために、下味もしっかりとつけましょう。

揚げる数時間前、できれば前日に調味液に漬けて冷蔵庫で保存しておくとばっちりです。
下味の材料は、しょうゆ、酒、塩こしょうなどが基本。さらにすりおろししょうが・にんにくを加えると風味アップです。上級テクだとすりおろしりんごを入れると、りんごに含まれる成分がお肉を柔らかくしてくれます。バットなどに入れても良いですがポリ袋なら洗いものいらず。薄いポリ袋だと破れる可能性があるため、厚めのものを使うか二重にすると良いですよ。

ポリ袋の中でしっかり混ぜたらその中に一口大サイズに切った鶏肉を入れ、口を閉じて軽くもみこみます。後は冷蔵庫に入れて数時間置けばOK。時間がない時は30分~1時間程度でも大丈夫です。

たれを作ってもみこむだけの作業は子どもでもできるので、お子様に手伝ってもらって楽しくやるのも良いですね。

フライパンで作る唐揚げの作り方のポイント

下味をつけたら、次に衣をまぶし、揚げていきます。

唐揚げの衣をまぶすときのポイント

唐揚げ粉や片栗粉は、揚げる直前にまぶしましょう。まぶしてから時間をおいてしまうと水分が発生し、仕上がりがべちゃべちゃになってしまいます。カラッと揚げるには、直前にまぶすというのが大切なポイントです。衣がついていない場所があったり、一部分にばかりたくさんかかっていると仕上がりに影響があるので、全体にまんべんなく同じ量をまぶすには下味のときと同じくポリ袋を使うと便利です。すぐに揚げられるよう、同時に揚げ油も加熱しておきます。

フライパンでいよいよ揚げ焼き

いよいよ揚げ焼きしていきます。底が深めのフライパンを使って、油は2cmぐらいでOK。菜ばしを入れてふつふつと泡がついてきたら、適温です。一気に全部は入れず、5~6個程度、皮面から揚げていきます。最初は160~170度ぐらいの温度でキツネ色になったら裏返して片面も揚げて、一度取り出してから次は180度にして二度揚げするとカラッと仕上がります。

フライパンで揚げ焼き唐揚げを失敗しないコツ

  • 油に入れたらあまり触らない
    油に入れてから、火が通っているか気になって箸で頻繁に持ち上げたり裏返したりすると、衣がはがれてしまったり十分に加熱されないことがあります。そのためまずはじっと様子を見ましょう。あまり様子を見る時間が長いと焦げてしまうので、2~3分経ったら裏返して確認してみると良いでしょう。もう片面も同様にします。
  • 仕上げは温度を上げて
    最初に160~170度で揚げたら、次に180~190度にして二度揚げすると水分が飛びカリッと仕上がります。この時、二回目に入れている時間は本当にささっとで大丈夫です。でないと焦げてしまいます。菜ばしで持ち上げたときにジュージューいってたらOK。

しっかり油を切ったら簡単美味しい揚げ焼き唐揚げの完成

  • 油をしっかり切る
    少ない油で揚げ焼きをした場合でも、からっとした唐揚げを仕上げるために油切りは必須。キッチンペーパーや網の上に置いて切ります。キッチンペーパーしかない場合は何枚か重ねましょう。唐揚げ同士を重ねず、それぞれしっかり油を切れるようスペースを作って油切りしましょう。
  • 油はねに気をつける
    鍋より底の浅いフライパンで揚げ焼きを行うのに気をつけておきたいのが、油はね。鍋に比べてはねやすいので、コンロ周りを汚したり肌に当たってやけどすることもあります。
コンロ周りがある程度汚れてしまうのは仕方がないとして、蓋をするのは温度が上がりやすく危険なのでやめましょう。蓋がわりにキッチンペーパーを上に乗せて油はねをおさえる方法もありますが、この時キッチンペーパーが火につかないように注意してください。