キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ざるそばやせいろそばなど種類が豊富なそばの起源と現在の違い

かけそば、もりそば、ざるそば、せいろそば…蕎麦屋に行くとその種類の多さにどれを食べようか悩んでしまうほど。

しかしかけそばはともかく、もりそばもざるそばもせいろそばも違いが全然分からないという人もいるでしょう。

実際現在のそばはこの3種類に違いはほとんど無いのです。

現在では消えてしまったそばの由来を歴史と一緒に勉強してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長芋が変色!黒くなる理由と変色を予防する下処理・保存方法

長芋を調子した際、色が黒く変色してしまうことがあります。一体なぜ変色するのか、その理由がわからずに困...

低温調理ステーキは美味!湯煎方法や焼き方のポイントをご紹介

安い特売ステーキも、湯煎して温める低温調理で驚くほど美味しくなります。 普通に焼いたステーキと見た...

大根の切り方を知って、美味しいサラダを食べよう

大根にはさまざまな切り方があります。 切り方に違いがあるのは、食べる用途によって異なるからです。 ...

豚バラ巻きに合う野菜とレシピ、肉巻きの裏技もご紹介

夜ご飯のメニューに悩んでいるなら、野菜の豚バラ巻きにしてはいかがでしょうか。 野菜が苦手な子供...

【豚肉の筋切りのやり方】お肉を柔らかくして美味しく食べよう

とんかつなど厚めの豚肉を使う料理を作る時「筋切り」をするようにレシピに書いてあっても、やり方がわから...

大根の面取りをする理由とやり方・大根を美味しく煮るコツ

大根を使って煮物を作るとき、面取りをすると良いという話を聞くことがあります。ですが、一体なぜ面取りを...

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

油タップリからさよなら!油摂取を極力減らす茄子の素揚げ方法

茄子の素揚げは茄子がトロトロで美味しい反面、油の染み込み具合が気になるところです。 調理をして...

鶏肉は部位によって名称も、おすすめな料理も変わります

鶏肉の部位の名称を知ってる?と聞かれたら、もも肉やむね肉などを思い出す方が多いと思います。 もう少...

【唐揚げレシピ】お弁当に入れたい冷凍しても美味しいレシピ

お弁当に入れたいおかずの代表と言えば、唐揚げです。大人も子供も大好きなメニューですよね。唐揚げは冷凍...

大根の煮付けが苦い味になってしまう原因と救済アレンジ方法

大根の煮付けを作ったら、ちょっと苦味が出てしまったということはありませんか?せっかく時間をかけて作っ...

夕飯のレシピの参考になる、お肉を使ったメニュー

夕飯のレシピを考える時に、まずメインになるものを決める方が多いと思います。 その中でもお肉は、使い...

大根と鶏肉の圧力鍋の柔らかレシピ。定番や味や具材を変えて

圧力鍋があれば、煮込み料理も簡単です。煮込む時間も少ないうえに、圧力でしっかりと中まで火が通り食材を...

料理が上手くなるバイトがある?一石二鳥のバイトを探すコツ

一人暮らしを始めるようになると、急に料理を始める方も少なくはないはず。 しかし料理は基本を知ら...

スポンサーリンク

そばの歴史はかけそばから始まっている

もともとお店で提供されていたそばはもりそばのみで、当時はもりそばという名称もありませんでした。

かけそばは、江戸が発祥です。

当時の江戸っ子といえば気が短くせっかちなのが特徴で、このかけそばもいちいちそばを箸でつまんで汁につけて食べるのが面倒になった江戸っ子が、つけるための汁を全てそばの乗っていた器に掛けたことから始まっています。

こうすることでそばの入っている容器につゆが入り、いちいち食べる分だけ汁につけずに一気に食べられるようになります。

この動作から、最初はぶっかけそばとも呼ばれていたのです。

ちなみに、今ではかけそばといえば温かいのが常識ですが、当時のかけそばはせっかちな江戸っ子が急いで食べるのに丁度いい冷たいつゆでした。

温かいかけそばは、冷え性の女性のために生まれます。

冷たいかけそばはそば全体に冷たいつゆがかかっているので体を冷やしやすく、冷え性の女性や寒い時期になると食べるのが辛くなることから、現在の丼スタイルの温かいかけそばが誕生しました。

今ではかけそばといえば冬に頼むのが一般的で、上に乗せる具のバリエーションも豊富なことから、ちょっとしたお祝いのときや節目のときに食べられることが多いです。

年越しそばなどもそうですね。

江戸時代ではそばは非常食で、しかも腹下しを起こしやすいことからあまり好かれていなかったことを考えると、大出世した麺と言えます。

ざるそばとせいろそばの起源ともなるのがもりそば

もともとお店で一般的に提供されていたのは、もりそばです。

当時はもりそばという呼び名はありませんでしたが、せっかちな江戸っ子がかけそばを生み出してから、かけそばを食べたい人ともりそばを食べたい人の両方が現れるようになりました。

そこで、つゆをぶっかけたかけそばと、お皿に盛ったもりそばの2つの名称がつき、それぞれ今日まで親しまれているのです。

当時のもりそばはそばがお椀や少し平たいお皿に盛られていました。提供するときはつゆの入ったお椀も添えられていたので、そばの乗ったお皿が現在とは違うくらいで、昔からスタイルはほぼ変わっていません。

もりそばの器を変えて海苔を乗せたのがざるそば

もりそば、かけそばの2種類が定着した頃、伊勢屋というお店がもりそばの容器にざるを使うようになります。

ザルを使うことで視覚的に涼しくなることから良さそうだと始めたことですが、これが大当たりしてあすぐにさるそばブームがやってきます。

大きくヒットしたのには涼しげに見えるという理由だけではなく、ざるに盛ることにより水が切れてそばの食感が格段に良くなったこともあります。さらにもりそばと見た目の区別をつけるため、そばの上に海苔を乗せ、当時はそば粉もそばつゆももりそばとざるそばでは違ったものを使い、ざるそばは少し高級な存在でした。

しかしときが経つに連れ、もりそばもザルに乗せて提供する店が増えたため、ざるそばともりそばの違いがあやふやになりました。

最初は使う素材も差別化していましたが、徐々にそれもなくなり、同じそばを使い同じそばつゆを使っているお店がほとんどです。

今では違いを探すとなるとそばの上の海苔の有無くらいです。

せいろそばはもともと蒸し蕎麦だったことが由来

今日の茹でるそばが確立されたのは江戸時代のことで、それ以前はそばを茹でると麺が切れやすかったため、せいろで蒸して作られていました。

そのため、歴史でいえばもりそばよりも早くからせいろそばはあったのです。

その後茹でるのが一般的になり、かけそば、もりそばと種類が増えてから、せいろに乗ったもりそばをせいろそばというようになりました。

お店によってはせいろに乗っていてももりそばという名称で提供されていたりと、どこのお店にいっても必ずあるメニューとは限りません。

容器が違うだけで基本的にはせいろそばとももりそばは一緒のものです。

そのため、どちらかがメニューにあればもう片方のメニューは無いということも多いです。

せいろが一般的に使われるようになったのはそばの高騰のため

そばブームが続くなかで、そば粉が高騰した時期がありました。

そのため蕎麦屋さんは幕府にそばの値上げを要求します。

しかし幕府はそれを拒否したため、実質値上げをするしかなくなってしまいました。

そこでちょうど良かったのがせいろです。

せいろは容器の縦の長さに対して深さが全然ありません。

そのため、少し盛っただけでも山盛りになっているように見えるのです。

そこで、これまでもりそばで提供していた量よりも減らして価格を変えずに出すことで、お客さんにはバレずい実質値上げを行いました。

せいろを使うことで高級感も出たためそのまませいろそばも定着し、せいろ、もり、ざるの3つの種類のそばの区別が付きにくくなっていったのです。

今のもりそばとざるそばとせいろそばに違いはほとんどない

現在のこの3種類のそばの見分け方は何で見分けるかと言ったら、海苔と容器しかありません。

唯一ざるそばには海苔が乗っているので、海苔があればざるそばで、あとはお椀ならもりそば、せいろならせいろそばという区別が正しいのですが、せいろに乗っていてもお店がもりそばとして提供するならそれはもりそばと考える、というような違いしかありません。

基本的に味は全部一緒なので、海苔の有無だけで考えても問題ありません。

あとは量に多少の違いがある程度なので、トッピングの中身や価格で選ぶのもいいでしょう。