キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍のとうもろこしを使ったかき揚げレシピと作る時の注意点

とうもろこしを使ったかき揚げはサクッと揚げることがコツですが、冷凍のとうもろこしを使う場合は気をつけなければいけないことがあります。それは「解凍してから作ること」です。冷凍のまま揚げることはNGなのです。

今回は、冷凍のとうもろこしを使ってかき揚げを作る場合の注意点とおすすめレシピをご紹介します。アレンジレシピもありますので、参考にして下さい。

また、天ぷら鍋ではなく、フライパンを使って作ることもできます。少ない油で簡単に作るレシピもご紹介します。

関連のおすすめ記事

きゅうりの半月切りのコツともっとおいしく食べるための秘訣

サラダに欠かせない代表的な野菜「きゅうり」。しかし、半月切りにするとどうしても厚さがバラバラになって...

唐揚げがジューシーなのは水がポイント!簡単にできるコツを紹介

唐揚げをジューシーに美味しく仕上げるためには、水分が必要だということを知っていますか?お肉にとっ...

【豚肉の筋切りのやり方】お肉を柔らかくして美味しく食べよう

とんかつなど厚めの豚肉を使う料理を作る時「筋切り」をするようにレシピに書いてあっても、やり方がわから...

大根の面取りをする理由とやり方・大根を美味しく煮るコツ

大根を使って煮物を作るとき、面取りをすると良いという話を聞くことがあります。ですが、一体なぜ面取りを...

ジンギスカン鍋の使い方や種類・おいしく食べるためのポイント

ジンギスカンといえば北海道ですが、ジンギスカンが広く浸透するようになってからは北海道外でもジンギスカ...

味噌汁とご飯だけでも、工夫次第で栄養価を上げられる

いつも、「しっかり栄養を取らなくては」と思っても、時間がなく、食事が味噌汁とご飯だけなんてことはよく...

唐揚げの作り方【フライパンで簡単】失敗しない揚げ焼きのコツ

唐揚げの作り方はフライパンで作る揚げ焼きがおすすめです。 でも、揚げ焼きをしてみたら仕上がりが上手...

夕飯のレシピの参考になる、お肉を使ったメニュー

夕飯のレシピを考える時に、まずメインになるものを決める方が多いと思います。 その中でもお肉は、使い...

長芋が変色!黒くなる理由と変色を予防する下処理・保存方法

長芋を調子した際、色が黒く変色してしまうことがあります。一体なぜ変色するのか、その理由がわからずに困...

長芋をすりおろしたら変色する原因は?防止するには?長芋豆知識

長芋をすりおろした直後から、赤や茶色に変色することがあります。 食べるのを躊躇してしまうくらい...

シュウマイの蒸し時間について。蒸し器の場合の時間と確認方法

お店のようなシュウマイをお家でも食べたい。そんな時は蒸し器がおすすめです。 ですが蒸し器を使っ...

料理が苦手な嫁は嫌?夫に愛される料理上手な嫁になって夫婦円満

料理が苦手で毎日の食事作りを憂鬱に感じている奥様もいるのではないでしょうか。本当は料理上手な嫁になり...

【梅干し作り】天日干しのやり方や日数の目安、完了の見極め方

手作りの梅干しを作る時には、漬けた梅を天日干しする工程も必要です。初心者が悩むのが、天日干しをする日...

卵の片手割りは練習次第で上手にできる?片手割りのコツをご紹介

卵の片手割りに憧れたことはありませんか?片手で割れなくても問題はありませんが、片手で割れると何だか、...

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

冷凍のとうもろこしを使ってかき揚げを作る場合の注意点とコツ

甘くておいしいとうもろこしのかき揚げを、冷凍とうもろこしで作る場合のポイントをいくつかご紹介していくので、参考にしてみたください。

冷凍とうもろこしは先に解凍するべし

とうもろこしは水分の多い野菜なので、解凍の過程でたくさん水分が出てきます。

冷凍のまま油で揚げてしまうと、かなり油がはねてしまってやけどをしやすいですし、こんろ周りがとても汚れて掃除が大変です。
冷凍のとうもろこしを使う時には電子レンジ解凍し、キッチンペーパーを使って水分を切ってから調理しましょう。

水は最後に入れるべし

水気を取ったトウモロコシをボウルに入れたら粉を入れ、全体に粉が付いた状態になってから水を加えます。
粉がまんべんなく付いた状態になれば、揚げるときにバラバラになってしまうのを防ぐことができます。

てんぷら粉の混ぜすぎ注意

衣を作る時には、水を加えたてんぷら粉をまぜすぎないことで、てんぷらのサクサク感を出すことができます。
ホットケーキのようにダマが無くなるまで混ぜてしまうのは、混ぜすぎですよ。
水の代わりに炭酸水を混ぜるとサクサクのてんぷらになりますが、この時も混ぜすぎてしまうとせっかく入れた炭酸水の炭酸が抜けてしまいます。
てんぷら粉は「ダマを残す」ようにして軽く混ぜましょう。

油の温度をしっかりキープ

揚げ物をしていると揚げ終わったらすぐに取り出して次の食材を入れてしまいますが、これは良くありません。
油の温度が下がっているのでベチャっと油っぽくて美味しくないてんぷらになってしまいます。
しっかりと頃合いの温度になってから次の食材を揚げるために取り出してからひと呼吸おきましょう。

冷凍したとうもろこしを使った基本のかき揚げの作り方

冷凍とうもろこしを使った、基本のとうもろこしのかき揚げのレシピをご紹介します。

てんぷら粉が無くても小麦粉と片栗粉があれば簡単に作ることができますよ。

4人分の材料は、冷凍とうもろこし 240g、薄力粉 大さじ1、片栗粉 大さじ1、水 小さじ1、塩、揚げ油です。

  1. 冷凍とうもろこしを解凍し、水気をしっかりと拭き取ります。
    とうもろこしをボウルに入れて、小麦粉と片栗粉を入れて軽く混ぜて馴染ませたら、水を加えて混ぜます。
  2. 揚げ油を180℃に熱したら、大きめのスプーンですくって一口大にして入れ、きつね色になるまで揚げます。

甘さを引き立たせるために、塩で食べるのがおすすめです。

てんぷら粉で作る場合には、50gのてんぷら粉に記載されている分量の水を入れ、少しだけかき混ぜてからスプーンですくい入れて揚げます。

冷凍のとうもろこしと枝豆を使った簡単かき揚げレシピ

揚げずにフライパンで揚げ焼きにして作れば、片付けがとても楽にかき揚げが作れておすすめですよ。

冷凍とうもろこしと冷凍枝豆のかき揚げのレシピをご紹介します。

4人分の材料は、冷凍とうもろこし 200g、冷凍枝豆 50g、玉ねぎ 1/2個、小麦粉 大さじ3、片栗粉 大さじ2、水 大さじ3、塩 ひとつまみです。

  1. とうもろこしと枝豆を解凍し、枝豆はさやから出して水気をしっかり拭き取ります。
  2. 玉ねぎを薄切りにして下準備をします。
  3. ボウルに水以外の材料を入れて混ぜ合わせたら最後に水を加えて混ぜ、熱したフライパンに多めの油をひいて大きめのスプーンですくい入れて揚げ焼きにします。
  4. 両面こんがり焼いたら完成です。

玉ねぎの代わりに長ネギを斜め薄切りにしたものを使っても、美味しくできますよ。

とうもろこしのかき揚げは「フライパン」でも作れます

油で揚げるときにとうもろこしがバラバラになって失敗してしまったという場合におすすめの方法をご紹介します。

  1. とうもろこしのかき揚げの大きさを決めたら、それより少し大きいくらいにクッキングシートとカットします。
    作る個数分の枚数を用意しましょう。
  2. クッキングシートにスプーンですくってのせて形を整えてから、クッキングシートごと油に入れて揚げ、裏返すタイミングでクッキングシートをはがし取ります。
  3. こうするととうもろこしがバラバラになりにくく、形がきれいなまま揚げることができます。

揚げ焼きの時にも同じようにやってみてくださいね。

また、トウモロコシがバラバラにならないようにするために、トウモロコシと小麦粉や片栗粉を先に混ぜて、全体にまんべんなく粉をまぶしたような状態になってから水を加えます。
粉がくっつける役割をしてくれるので、バラバラになりにくくなりますよ。

冷凍とうもろこしのかき揚げアレンジレシピ

冷凍とうもろこしのかき揚げに、とうもろこしの他にも具材を加えると違った美味しさが味わえます。玉ねぎや枝豆の他にも、長ネギ、カニカマ、魚肉ソーセージ、にんじんがよく合います。とうもろこしの甘みが強いので、野菜が苦手な子どもでもにんじんや玉ねぎなどが食べやすくなっておすすめです。
大人のおつまみには、紅ショウガやアボカドがおすすめです。
塩で食べることが多いとうもろこしのかき揚げですが、いろいろな味付けをするのもおすすめですよ。
衣にカレー粉を混ぜてカレー味、顆粒コンソメを混ぜてコンソメ味にしたり、かき揚げにバター醤油を絡めてもよく合います。