豚肉巻きに入れるおすすめの野菜と食欲をそそる味付けのレシピ

晩ごはんのおかずや、お弁当にも入れたい野菜の豚肉巻き。
甘めのタレが食欲をそそり、野菜もたっぷり摂れるのでおすすめの一品です。

そんな豚肉の野菜巻きのレシピを紹介します。

中に入れる野菜は彩りが美しい定番の3色野菜、もやしなどのヘルシーな野菜、キムチなども良く合います。

また味付けを変えてもおいしいレシピを紹介します。

献立に困ったら、見た目も豪華な野菜の豚肉巻きを是非お作りください。

関連のおすすめ記事

美味しい目玉焼きの作り方とポイント、少しの工夫で美味しく変身

美味しい目玉焼きの作り方を知りたくありませんか?この作り方を知れば、いつもの目玉焼きとは違う、見...

鶏肉は部位によって名称も、おすすめな料理も変わります

鶏肉の部位の名称を知ってる?と聞かれたら、もも肉やむね肉などを思い出す方が多いと思います。もう少...

冷凍のとうもろこしを使ったかき揚げレシピと作る時の注意点

とうもろこしを使ったかき揚げはサクッと揚げることがコツですが、冷凍のとうもろこしを使う場合は気をつけ...

料理が上手い人の特徴から解る!料理上手になるためのコツを紹介

料理の上手い人には特徴があるのを知っていますか?料理が苦手な人が料理上手になるためには、まずはその特...

味噌汁の出汁は昆布のみでOK!簡単に美味しく作れるコツを紹介

味噌汁は出汁から作ると格段と美味しさがアップします。そんな味噌汁の出汁は昆布のみでも十分に美味し...

大根を面取りする意味とは?それ以外の下ごしらえについても

大根の煮物や、おでんを作る時などに面取りが必要だと、よく料理本などに書かれていますが、これをするのに...

きゅうりの半月切りのコツともっとおいしく食べるための秘訣

サラダに欠かせない代表的な野菜「きゅうり」。しかし、半月切りにするとどうしても厚さがバラバラになって...

ナスの炒め物を作る時の切り方。下準備とナスを使ったレシピ

麻婆ナス、味噌炒めなど油との相性も良いナスですが、その切り方は色々あります。定番の輪切りや乱...

夏場の夕飯レシピ!料理をさっぱりさせるのは薬味がポイント

夏場はどうしてもさっぱりとした料理を好んでしまいますよね。また作る側としても、夏場の暑さから、あまり...

長芋が変色!黒くなる理由と変色を予防する下処理・保存方法

長芋を調子した際、色が黒く変色してしまうことがあります。一体なぜ変色するのか、その理由がわからずに困...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

大根と鶏肉の圧力鍋の柔らかレシピ。定番や味や具材を変えて

圧力鍋があれば、煮込み料理も簡単です。煮込む時間も少ないうえに、圧力でしっかりと中まで火が通り食材を...

卵の片手割りは練習次第で上手にできる?片手割りのコツをご紹介

卵の片手割りに憧れたことはありませんか?片手で割れなくても問題はありませんが、片手で割れると何だか、...

鍋で炊飯する時の水の量の目安と計り方、炊き方のポイント

炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊く時は、水の量で悩んでしまいます。多すぎてしまうとベチャベチャになっ...

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

野菜の豚肉巻きの定番、彩りがキレイな豚肉巻きのレシピ

豚肉巻きを作る時には、彩がキレイになるような野菜を組み合わせるのがおすすめ

緑の野菜、赤系の野菜、白や黄系の野菜を選んで巻いてみましょう。

まずはオレンジのニンジン、緑のインゲン、白のじゃがいもを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

色鮮やかな豚肉巻き

4人分の材料は、豚肉(薄切り) 400g、ニンジン 1/2本、じゃがいも 1個、インゲン 100g、塩こしょう、片栗粉、サラダ油、酢 大さじ1(お好みで使ってください)を用意し、調味料はお酒 大さじ2、みりん 大さじ2、砂糖 大さじ2、しょうゆ 大さじ4を用意し、あらかじめ小さめのボウルなどに合わせておきます。

  1. インゲンの筋を取って長いものは半分に折り、ニンジンの皮をむいて斜め薄切りにして細切りにし、じゃがいもの皮をむいて芽を取ったら厚さ5ミリの輪切りにして5ミリ角の細切りにします。
  2. 鍋にお湯を沸かして塩少々を入れ、インゲンとじゃがいもを2~3分下茹でしてザルに上げて粗熱を取ります。
  3. まな板に豚肉を縦長になるように広げ、細いお肉は少しだけ重なるように横に何枚か並べて塩こしょうと片栗粉をふります。
  4. お肉の手前側にニンジン、じゃがいも、インゲンを重ねてのせ、お肉の端を掴んでギュッと締めるように巻いていき、巻き終わりを下にして置きます。
  5. 全ての肉巻きを巻き終わったらフライパンにサラダ油をひき、豚肉の巻き終わりを下にして並べ、火にかけます。
  6. 巻き終わりが焼けたらお肉全体に火が通るように時々転がしながら焼き、火が通ったら調味料を加えて煮からめます。
  7. 酢を加えるとさっぱりして美味しいので、最後にお好みで酢を加えて絡めたら火を消して盛り付けます。

野菜の豚肉巻きをレンジで作れば簡単に

電子レンジで時短調理ができる、簡単肉巻きのレシピをご紹介します。

4人分の材料は、薄切り豚肉 400g、もやし 1袋、豆苗 1袋、ゆず皮、万能ねぎ、ポン酢です。

  1. まず始めに、豆苗を根元から2センチ上あたりで切り取って長さを半分に切り、万能ねぎを小口切りにします。
  2. 豚肉を何枚か重ねながら細長く広げ、もやしと豆苗をのせてギュッと締めるように巻きます。
  3. 全て巻いたら深めの耐熱皿に巻き終わりを下にして並べ、ラップをかけて600wの電子レンジで5分加熱します。
  4. お肉に火が通るまで30秒ずつ加熱を加えてください。
    お好みでゆず皮、万能ねぎを散らして、ポン酢をかけて完成です。

野菜嫌いな子供も大好きな味、豚肉巻きのタレがポイント

子どもにも食べやすい、照りマヨ醤油味の豚肉巻きのレシピをご紹介します。

4人分の材料は、薄切り豚肉 400g、アスパラ 12本、調味料(しょうゆ 大さじ3、砂糖 大さじ2、マヨネーズ 大さじ4、みりん 大さじ1、チューブ入りしょうが 3センチ)、サラダ油です。

  1. まず始めに、調味料を合わせてよく混ぜておき、アスパラの硬い部分の皮をむいて半分に切って下茹でします。
  2. 豚肉を広げたら手前にアスパラを数本置いて、ギュッと締めるように巻きます。
  3. 全て巻き終わったら、フライパンに油をひいて巻き終わりを下にして並べたら火をつけ、全体に焼き色が付くまで焼きます。
  4. お肉に火が通ったら合わせておいた調味料を加え、煮からめたら完成です。

最高の組み合わせ、豚肉巻きのレシピ

おつまみにも最適な、キムチーズ豚肉巻きのレシピをご紹介します。

辛みの少ないキムチを使えば、チーズが辛みをさらにマイルドにしてくれるのでお子さんでも食べられるでしょう。

4人分の材料は、薄切り豚肉 400g、キムチ 200g、にら 1/2束、プロセスチーズ(スライス) 5枚、塩こしょう、サラダ油、調味料(しょうゆ 大さじ2、みりん 大さじ1、お酒 大さじ2、砂糖 大さじ1、水 大さじ2)、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1、水 大さじ1)、片栗粉です。

  1. まず始めに、調味料を合わせておき、にらを長さ2センチに刻み、キムチをざく切りにし、スライスチーズを重ねて1センチ幅に切って棒状にしておきます。
  2. 豚肉を縦長になるように広げ、横に少し重ねながら3枚並べて塩こしょうをふり、巻き終わり3センチほどに片栗粉をふっておきます。
  3. 手前にチーズ、キムチ、にらをのせてお肉の端を掴み、具材を残りの指で押さえながらギュッと締めるように巻き、巻き終わりを下にして置きます。
  4. フライパンにサラダ油をひいて巻き終わりを下にして並べたら火にかけ、焼けてきたら時々転がしながら全体を焼き、調味料を加えて煮からめます。
  5. 少し煮詰まってきたら水溶き片栗粉を加えてすばやく混ぜ、とろみが付いたら盛り付けます。

豚肉巻きに入れたいおすすめの野菜

豚肉巻きには定番のニンジンやアスパラ、インゲン、もやしや豆苗などの他にも、いろいろな野菜を巻いて美味しく食べることができます。

どの野菜も細長く刻み、加熱に時間がかかりそうなものは下茹でするか電子レンジで加熱してから巻きましょう。

じゃがいも、カボチャなどは照り焼き風のたれに、ナスの肉巻きはみそだれによく合いますし、オクラやズッキーニも豚肉との相性がいい野菜です。

おつまみなどにさっぱり食べたい時には、千切りのしょうがやミョウガなどの薬味野菜がおすすめです。

食感を楽しみたい時には長芋の肉巻き、香りを楽しみたい時にはゴボウ、彩を鮮やかにしたい時にはパプリカとインゲンなどを合わせるのがおすすめです。

豚肉巻の中でも子供も喜んで食べてくれるのが、肉巻きおにぎりです。
おにぎりの中にチーズを入れて豚肉で巻き、お肉が焼けたら焼き肉のタレをかけて煮からめます。