【梅干し作り】天日干しのやり方や日数の目安、完了の見極め方

手作りの梅干しを作る時には、漬けた梅を天日干しする工程も必要です。初心者が悩むのが、天日干しをする日数や、ちょうど良いタイミングです。そこで、天日干しをする日数の目安や、干し方の手順、天日干しの完了のタイミングなどをご紹介します。
その日の天候や、干し始める時間によっても、乾燥の度合いは変わってきます。初心者にとっては、ちょうど良いタイミングというのが、わからないという方も多いと思います。梅の状態を見て、ベストなタイミングを見逃さないようにしましょう。

関連のおすすめ記事

料理が苦手な原因は本?選んではいけない本と選びたい本

料理が苦手な人のお助けグッズと言えば料理本ですが、今手にしている料理本は、料理が苦手なあなたの役に本...

鍋で炊飯する時の水の量の目安と計り方、炊き方のポイント

炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊く時は、水の量で悩んでしまいます。多すぎてしまうとベチャベチャになっ...

夕飯の献立をさっぱりしたものにしたい時におすすめな食材

夕飯の献立を考える時に、「今日はさっぱり系が良いな」と思うときもありますよね。とはいえ、さっぱり...

きゅうりの半月切りのコツともっとおいしく食べるための秘訣

サラダに欠かせない代表的な野菜「きゅうり」。しかし、半月切りにするとどうしても厚さがバラバラになって...

味噌汁に入れた大根が苦い原因と対処法!美味しい味噌汁の作り方

大根の味噌汁を作ったとき、大根が苦くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。ど...

唐揚げの作り方【フライパンで簡単】失敗しない揚げ焼きのコツ

唐揚げの作り方はフライパンで作る揚げ焼きがおすすめです。でも、揚げ焼きをしてみたら仕上がりが上手...

冷凍のとうもろこしを使ったかき揚げレシピと作る時の注意点

とうもろこしを使ったかき揚げはサクッと揚げることがコツですが、冷凍のとうもろこしを使う場合は気をつけ...

寄せ鍋に最適なだしは昆布だし!昆布だしの作り方とポイント

昆布から取る「昆布だし」はうま味があり、寄せ鍋だけでなく色々な料理に使える最適のだしです。だしが...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

豚肉をソテーに合うソースとは?おすすめを紹介します

豚肉ソテーに合うソースの作り方を紹介します。しょうゆ系やケチャップ系もいいけれど、少しおしゃれに仕上...

大根の切り方と繊維の関係。食感や献立に合わせた色々な切り方

大根を1本買うと、サラダや煮物、味噌汁や大根おろしなど色々な献立が出来ます。大根の切り方の種...

冷凍ポテトをカリッと美味しく揚げるコツ、揚げ方をご紹介

ポテトを沢山食べたい時や、家で揚げたてを食べたいときなど、冷凍ポテトを使って自分で調理をすることも少...

シュウマイの蒸し時間について。蒸し器の場合の時間と確認方法

お店のようなシュウマイをお家でも食べたい。そんな時は蒸し器がおすすめです。ですが蒸し器を使っ...

【唐揚げレシピ】お弁当に入れたい冷凍しても美味しいレシピ

お弁当に入れたいおかずの代表と言えば、唐揚げです。大人も子供も大好きなメニューですよね。唐揚げは冷凍...

野菜の水切りをする時の裏技・サラダを作るときの水切りのコツ

野菜をたくさん使って美味しいサラダを作りたいと思っても、しっかり水切りが出来ずにいつも物足りない仕上...

梅干しを日数を掛けて天日干しする理由

太陽の力で殺菌できる

梅干を干す時期は梅雨が開けカラっと晴れた日が多い季節が続きます。強い日差しによって菌を滅菌したり、防腐作用を受けて梅干を腐りにくくすることができます。

水分を飛ばすことができる

梅に含まれている余分な水分によって腐敗が早まることがあります。水分を飛ばす事によって長い間保存が利きます。又水分が飛んだ梅干を梅酢に戻すと沢山吸収し塩分が濃くなりいたみを防ぎます。

夜露を吸って柔らかくすることができる

日中天日に干してそのまま雨が降らなければ夜露にあてて干す方法もあります。乾燥しすぎずほどよい夜露に当てる事で梅が柔らかくなります。

これらを数日かけて行う事で梅に含まれているうまみ成分を外に出さず凝縮した状態で梅干を作ることができます。

梅干しを天日干しする日数の目安

梅を天日に干すのにおすすめの時期

梅雨が明けて太陽が出てカラッとした日が続いてくる7月の中旬頃の天気予報を注意してみておきましょう。1日で出来上がるものではないのでその日を目安に干すまでの準備が必要です。また天候の変化がありそうなときは外出などの予定も確認する必要があります。

天日に当てる日数は3日

晴れていて湿度が低く、風が程よく通る天候が3日ほど続くと理想的ですが、途中湿度が高く気温が低い日や、雨を挟んでしまうとさらに日数が必要になります。夜露に当てたり、夜は部屋の中へ入れたりすると状況が変わってきます。

天日干し中の天候の変化には注意

天候が急に変わってしまったら部屋の中に入れて干しましょう。湿気が多い場合は風の流れを作ったり、部屋全体を除湿しながら梅を干しましょう。

梅干しを天日干しにするタイミングと手順

梅を干す時期の土用は梅雨が明けたあたりの時期をさしますが梅雨が長引いたり、梅雨は明けたがパットしない天候が続く場合は土用を気にせず天候が続く日を目安に梅を干しましょう。

  1. 付けていた梅をざるにあけます。梅酢は戻して使うため使っていた瓶は一度洗って消毒してから梅酢を戻しましょう。
  2. 梅を干すための網状のものに並べます。我が家では魚を干す網を購入し行いました。梅が重なったりくっつかないように隙間を空けておきます。風に吹かれて網が揺れると梅が移動してしまうため余裕を持って並べる事をおすすめします。この作業は午前中の早い時間に行いましょう。
  3. 午後一番にゴム手を履いて梅を1つ1つすべて逆さにし、下になっていた部分に日光を当てます。箸やトングを使ってしまうと柔らかくなった梅に傷が付いてしまうので手で行いましょう。
  4. 網についてしまって取れにくい時はゆっくり少しずつはがしていきましょう。梅の表面がはがれてしまってもそのまま表面を元に戻し干しましょう。
  5. 時間を置いて梅全体の側面にもに日が当たるように転がしましょう。
  6. 同じ作業を梅干がしわしわになるまで数日かけて行います。
私が作ったときは菌を寄せ付けないように入れ物や干すための網などすべて35度のホワイトリカーを使って消毒しました。そのせいか傷ませることなく作ることができました。菌等気になる方はお試しください。

梅干しを天日干しするときは日数だけでなく梅の状態を確認

梅干の梅を干して基本となる日数干したけどなんとなく自身がない場合や、天候の変動によって連日干すことができなかったときなどは梅の状態に合わせて干しましょう。

梅のしわを確認

梅の表面が乾き白っぽくなって上の薄皮に細かいしわが入ると干す作業完了です。梅全体がその様な状態であることを確認し水っぽい部分がなくなることが大事です。

梅の手触りを確認

殺菌した手やゴム手袋をはいた指先で梅を触ってみましょう。ひじを伸ばしたときのひじの皮膚を指で触った時のような柔らかさになっているとあげても良い状態です。表面はかさかさしていて中身はみずみずしい状態になっているはずです。

梅の重みを確認

天日干しされた梅は最初のみずみずしい梅よりも水分が抜け軽くなっています。30パーセントから40パーセントの水が抜けたら出来上がりです。最初の重さを量って、干し加減の目安にすると安心です。

梅干しを天日干しで干し過ぎた時の対処法

天気の良い日が続いたり、乾いた風が吹いたり思いのほか梅が乾いてしまいほしすぎてしまっても大丈夫です。手塩にかけてここまで育ててきた梅が乾燥しすぎて残念に思うことはありません。

梅を干す前に使っていた梅酢があればそれを使って干しすぎた梅干に潤いを戻す事ができます。

  1. 梅酢が入った瓶を用意する。
  2. 干しすぎた梅干をボウルに戻し、ホワイトリカーをスプレーしてボウルを回しながら梅干し全体にホワイトリカーを行き渡らせる。
  3. 綺麗な菜ばしを使って梅酢の瓶に戻す。梅酢がはねないように静かに入れましょう。
  4. 2~3日付けて梅酢を吸ってふっくらした梅干しを確認したら、再度ざるにあけて天日干しをしましょう。
  5. 最初の日数よりも少なくて大丈夫ですが、梅の干し加減をこまめにチェックする必要があります。