夕飯の献立をさっぱりしたものにしたい時におすすめな食材

夕飯の献立を考える時に、「今日はさっぱり系が良いな」と思うときもありますよね。
とはいえ、さっぱりした料理にしようと思っても、どんな料理を作ったら良いのか、いまいち頭に思い浮かばないなんてこともよくあることです。
そんな時に、さまざまな食材を使ったさっぱり料理のバリエーションを知っておくと、ちょっと食欲がない時や、胃を休めたい時に役立ちます。
いくつかのメニューをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

卵の片手割りは練習次第で上手にできる?片手割りのコツをご紹介

卵の片手割りに憧れたことはありませんか?片手で割れなくても問題はありませんが、片手で割れると何だか、...

野菜を炒めると水分でベチャベチャに!その理由と対処方法

野菜を炒める時、強火で一気に炒めたのに、水分でベチャベチャになった経験はありませんか?炒めも...

肉じゃがの調味料を入れるタイミングとは?肉じゃがの作り方

肉じゃがに調味料を入れるのはどのタイミングなのでしょうか?醤油を入れるタイミングを間違えてしまうと、...

料理の上達は期間よりも慣れ!料理上手になるために大切なこと

料理がなかなか上達しない、短期間で料理上手になりたいというあなた。料理が上達するためには、とにか...

料理が上手い人の特徴から解る!料理上手になるためのコツを紹介

料理の上手い人には特徴があるのを知っていますか?料理が苦手な人が料理上手になるためには、まずはその特...

豚バラ巻きに合う野菜とレシピ、肉巻きの裏技もご紹介

夜ご飯のメニューに悩んでいるなら、野菜の豚バラ巻きにしてはいかがでしょうか。野菜が苦手な子供...

夕飯のレシピの参考になる、お肉を使ったメニュー

夕飯のレシピを考える時に、まずメインになるものを決める方が多いと思います。その中でもお肉は、使い...

大根のつまの作り方や、それにまつわる事柄についてご紹介

大根のつまと言えば、お刺身添えられる名脇役のひとつです。あれを食べない人も多くいますが、逆に大好...

美味しいお好み焼きは焼き方がポイント!コツを紹介します

家庭で美味しいお好み焼きを作るにはどうしたらいいのでしょうか?生地が硬い、ぺちゃんこになって...

夏場の夕飯レシピ!料理をさっぱりさせるのは薬味がポイント

夏場はどうしてもさっぱりとした料理を好んでしまいますよね。また作る側としても、夏場の暑さから、あまり...

魚焼きグリルでパンが焦げるのはこうして調整しましょう

魚焼きグリルでパンを焼くと焦げるのはナゼ?美味しく焼けると聞いたけれど、焦げてしまうのはうちのグリル...

料理の基本を勉強するには?定番の家庭料理からスタートしよう

結婚を機に料理を始めるという女性も多いと思いますが、まずは料理の基本から勉強しようと思っても、何をど...

唐揚げの作り方【フライパンで簡単】失敗しない揚げ焼きのコツ

唐揚げの作り方はフライパンで作る揚げ焼きがおすすめです。でも、揚げ焼きをしてみたら仕上がりが上手...

【梅干し作り】天日干しのやり方や日数の目安、完了の見極め方

手作りの梅干しを作る時には、漬けた梅を天日干しする工程も必要です。初心者が悩むのが、天日干しをする日...

美味しいステーキのさまざまな焼き方についてご紹介

美味しいステーキを自分の家で焼こうと思った時に最も大切なのは、焼き方です。焼き方が上手くいかない...

今日の夕飯の献立は、大根を使ったさっぱり料理で決まり

暑い季節の夕飯におすすめのさっぱりした献立

トップバッターは「大根」を使った料理です。
大根はよく使う食材ですが、温かい料理でも冷たい料理でも美味しくいただけるのが良いところ。

さっぱりメニューで使う場合には、冷たい料理がいいですね。

大根サラダや酢の物などはさっぱりメニューの代表格

また、献立ではありませんが、大根おろしはとてもおすすめの食べ方です。
お肉やお魚の料理もさっぱりメニューに変えてくれるところが、大根の素晴らしいところ。
こってりとした揚げ物でも、大根おろしをたっぷりとのせてポン酢を少し垂らせば、さっぱりメニューに大変身します。困った時には、いつものおかずに大根おろしをのせてみてくださいね。

夕飯の献立に梅を使ったさっぱり料理はいかが

さっぱり食材は他にもあります。

次にご紹介する食材は「梅」です。

梅も酸味が爽やかでさっぱりさせてくれる食材ですよね。
梅はご飯に乗せても、調理に使っても爽やかさを加えてくれる素晴らしい食材です。

夕飯には登場させたいお肉やお魚はどうしてもこってりしがちですが、梅を加えるとさっぱりとして食べやすくなりますよ。

焼いたお肉に梅肉を添えるだけでも、立派なさっぱりメニューになります。

もう少し手を加えるなら、いつもの野菜の肉巻きに梅肉を少し塗ってみましょう。
爽やかな酸味の広がるメニューに変えてくれますよ。

お魚料理なら、煮汁にみじん切りのにんにくと梅を加えて煮るのがおすすめです。
にんにくの食欲をそそる風味と梅の優しい酸味が広がり、暑い時でも食べやすいメニューに仕上がりますよ。

梅はそのまま食べることができる食材なので、潰した梅肉を市販のドレッシングや、醤油などの調味料に加えるだけでも、さっぱり感を追加できますよ。

食欲がない時は、夕飯の献立に酢を使ったさっぱり料理がおすすめ

夕飯は米と味噌汁にメイン料理と副菜というのが、日本人の一般的な献立ですよね。
朝に比べると意外としっかりとしたメニューであることが多いのではありませんか?

お肉やお魚を使ったメイン料理は、少し重たい献立になりがちですよね。

夕飯のメイン料理をさっぱりさせてくれる秘密兵器と言えば、「酢」です。

煮たり焼いたりする時に少し加えるだけでも、お肉やお魚の脂をさっぱりと頂けるようにしてくれます。
また、メイン料理でつかうソースなどに酢を加えるのもおすすめです。
直接酸味を感じられるので、調理中に加えるよりもさっぱりとしたメニューになりますよ。

また、酢は副菜でも大活躍ですよね。
酢の物に始まり、サラダやカルパッチョ、マリネ、ピクルス、漬物など、いろいろな料理で酢は大活躍です。

暑い季節になると食べたくなる食材の1つですね。

夕飯をさっぱりさせるなら、きゅうりを使ったメニューもおすすめ

さっぱり野菜と言えば、すぐに思いつくのは夏野菜ではないでしょうか?

いろいろあると思いますが、今回は「きゅうり」。

一年中見かける野菜ですが、旬は夏です。
きゅうりのほとんどは水分だと言われるように、みずみずしい食感が特徴的ですよね。
カットしたキュウリに味噌を添えるだけでも、簡単なさっぱりメニューになります。
きゅうりはこれまでご紹介してきたさっぱり食材との相性もバッチリです。
大根と一緒にサラダにしたり、梅肉であえたり、酢を使った酢の物やお漬物にしたりと、さっぱりメニューには大活躍の野菜ですよ。

また、辛味とも相性が良いのでキムチや豆板醤などど和えるのもおすすめです。
他にもマヨネーズや和風味、中華味とも相性の良い野菜なので、いろいろな和え物や炒め物を楽しむことが出来ますよ。

美味しいトマトを使ったさっぱりメニューもおすすめ

夏野菜といえば、「トマト」です。
きゅうりと並んでメジャーな野菜ですよね。

トマトもいろいろな食材と相性の良い野菜ですし、生のまま食べることが出来ますから、カットして冷蔵庫に入れておくだけで「冷やしトマト」が完成します。

カットトマトはポン酢と和えたり、野菜に添えたりするのはもちろんですが、麺類と一緒に食べるのもおすすめですよ。
パスタだけでなく、そうめんやうどんにのせても、華やかで美味しい一品になりますよ。
暑い日の夕飯作りはとても億劫ですが、麺類であれば茹でるだけで、後はカットしたトマトを乗せてるだけでOKなので簡単で良いですよね。
パスタの場合にはレモン汁やにんにく、塩コショウ、オリーブオイルと一緒にトマトを和えてパスタと絡めます。

そうめんやうどんの場合には、麺の上にカットトマトをのせたら、めんつゆを用意するだけです。
市販品を使えば、より簡単ですよね。

トマトだけではあっさりしすぎという時には、ツナを加えるのがおすすめですよ。
油漬けのタイプなら、少しだけこってりさも加わってお腹も満足するメニューになります。