大根の皮は捨てずに食べられる!大根の皮を使った簡単レシピ

大根の煮物などを作る時には、皮を厚めに剥くというのが基本ですが、この厚めに剥いた皮はいつも捨てていませんか?実は大根の皮は、捨てずに調理すれば、簡単な副菜になります。
そこで、大根の皮を使った簡単レシピをご紹介します。いつもの習慣で、皮は捨てていたという方も多いと思います。食べられるのに、捨ててしまうというのはもったいないもの。節約のために、捨てずに美味しく食べましょう。

関連のおすすめ記事

大根の煮付けが苦い味になってしまう原因と救済アレンジ方法

大根の煮付けを作ったら、ちょっと苦味が出てしまったということはありませんか?せっかく時間をかけて作っ...

ナスの炒め物を作る時の切り方。下準備とナスを使ったレシピ

麻婆ナス、味噌炒めなど油との相性も良いナスですが、その切り方は色々あります。定番の輪切りや乱...

味噌汁を作るときはほうれん草のアク抜きを!手順とレシピを紹介

ほうれん草を使って料理を作るときは、アク抜きをするほうが良いという話を聞くことがあります。ですが、調...

油揚げの切り方と切り方の名前、簡単に油抜きする方法もご紹介

油揚げはお味噌汁や煮物などによく使いますが、料理に合った切り方はご存知でしょうか。 普段...

野菜を炒めると水分でベチャベチャに!その理由と対処方法

野菜を炒める時、強火で一気に炒めたのに、水分でベチャベチャになった経験はありませんか?炒めも...

羊の肉は臭い?そんな時は、選び方と調理方法を考えよう

羊の肉は、豚、牛、鶏に比べると、ややマイナーな食材です。あまり浸透しきらない理由のひとつに「...

大根の面取りをする理由とやり方・大根を美味しく煮るコツ

大根を使って煮物を作るとき、面取りをすると良いという話を聞くことがあります。ですが、一体なぜ面取りを...

卵だけしかなくても大丈夫!美味しい卵料理で胃袋を満たそう

冷蔵庫の中を見てみると「卵だけしかない!」こんな状況になっても、卵だけあれば大丈夫。卵さえあ...

夕飯のレシピの参考になる、お肉を使ったメニュー

夕飯のレシピを考える時に、まずメインになるものを決める方が多いと思います。その中でもお肉は、使い...

【梅干し作り】天日干しのやり方や日数の目安、完了の見極め方

手作りの梅干しを作る時には、漬けた梅を天日干しする工程も必要です。初心者が悩むのが、天日干しをする日...

寄せ鍋に最適なだしは昆布だし!昆布だしの作り方とポイント

昆布から取る「昆布だし」はうま味があり、寄せ鍋だけでなく色々な料理に使える最適のだしです。だしが...

ナスを炒める時の色落ちを予防!色止めの方法とおすすめレシピ

ナスを炒めるとナスの綺麗な色が落ちて茶色に変色してしまうことがあります。せっかく美味しい料理を作るの...

梅干しに黒カビが!そんな時にやるべき対処法

梅干しは、買うものと思っている人が多いですが、実は手作りすることも可能です。手作りは手間暇をかけ...

野菜の水切りをする時の裏技・サラダを作るときの水切りのコツ

野菜をたくさん使って美味しいサラダを作りたいと思っても、しっかり水切りが出来ずにいつも物足りない仕上...

味噌汁に入れた大根が苦い原因と対処法!美味しい味噌汁の作り方

大根の味噌汁を作ったとき、大根が苦くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。ど...

大根の皮は食べられるもの。捨てずに調理に使うのがおすすめ

お漬物などに使われる大根は皮ごと干して漬けることで美味しいお漬物になっていることが多く、しっかり水洗いをして、泥などをきれいに洗い流せば大根の皮も美味しく食べることができます。

人参などでもよく聞くようになりましたが、野菜の皮と果肉の間にも多くの栄養があると言われていることからも、大根の皮も新鮮なうちに食べた方が栄養も無駄にすることがありませんね。

ただし、皮のすぐ下は筋が多くある層になっていて食物繊維などは豊富ですが、煮ものにすると食感が良くないので、皮を厚くむいて筋の層も取り除いて調理します。

皮つきのままでも調理してそのまま食べることもできますが、味が染み込みにくくなったり、大根の果肉の食感を生かした料理をする時には皮を厚めにむいて調理し、皮は別の料理に変身させることをおすすめします。

大根の皮を使った簡単に食べられるレシピ

厚くむいた大根の皮を無駄なく使って、美味しく調理していきましょう。

ポン酢で浅漬け

大根の皮を千切りにして、蓋つきの保存容器に入れてポン酢を浸るくらい入れ、そのまま半日置くだけです。
お好みで刻んだ鷹の爪を加えてください。
むいた皮は切断面積が広いため水分が蒸発しやすくなっているので、すぐにしなびてしまいます。
むいてからすぐに刻んでポン酢に漬けて、食感を生かしましょう。

塩昆布和え

大根の皮を千切りにして市販の塩昆布と和え、ごま油を少し垂らして和えるだけであっという間におつまみが完成です。
味の馴染みを良くするために、繊維と垂直に刻んでください。

ナムル

大根の皮を細切りにし小さじ半分程度の塩を加え、よく揉み込で少し置きます。
水分が出てきたらギュッと握って絞り、ごま油と砂糖ひとつまみ、ポン酢と和えて完成です。
大人のおつまみには、ごま油をラー油に変えるのもおすすめです。

カレー炒め

大根の皮と人参(または人参の皮)を千切りにしたら、熱したフライパンにツナ缶の油をひいて炒めます。
しんなりしてきたらツナ缶を加えて塩こしょうをふり、カレー粉を加えて全体に馴染ませたら鍋肌にしょうゆを回し入れて、全体を絡めて完成です。

大根の皮を捨てずに食べられる大根の皮を使ったきんぴら

大根の皮を使った美味しいきんぴらのレシピをご紹介します。

3人分の材料は、大根の皮 20センチ、和風だしの素 小さじ1、水 60ml、砂糖 小さじ2、醤油 大さじ1、お酒 小さじ2、みりん 小さじ1、ごま油、いりごまです。

  1. まず始めに、大根の皮を太めの千切りにします。
  2. フライパンを熱したらごま油をひいて大根の皮をよく炒めます。
  3. しんなりしてきたら調味料をすべて加え、煮汁が少なくなるまでときどきかき混ぜながら煮詰めます。
    汁気が飛んだらいりごまを加え、よく混ぜたら完成です。
人参の皮や人参を加えると色が鮮やかになってさらに美味しくなり、お弁当のおかずにも使いやすいですよ。

大根の皮を揚げると美味しいおやつに

大根の皮を揚げて、おやつやおつまみに活用してみましょう。

パリパリ揚げ

  1. 大根の皮を太めの千切りにしてボウルに入れ、片栗粉を全体によくまぶします。
  2. 揚げ油を熱したら、そのままサクサクになるまで素揚げにして、取り出して油を切ったら熱いうちに塩こしょうをふって完成です。

●かき揚げ

  1. 千切りにした大根の皮と人参の皮をボウルに入れ、てんぷら粉をふりかけます。
  2. よくまぶしたら水を加えて混ぜ、カラッと揚げて完成です。
    塩を少し付けて食べるのがおすすめです。

大根の皮を冷凍して食費の節約に

揚げ物やきんぴらなどと意外と使い道の多い大根の皮は、捨てるのはもったいないですしそのままにしておくとすぐにしなびてしまって美味しくなくなるので、使いきれなかった時には冷凍してしまいましょう。

大根の皮を冷凍する時には、細切りにしてから口が閉められる冷凍用の保存袋に入れて、平らにして空気を抜いて冷凍します。

凍ったっま少しほぐすと、使いたい分だけパラパラと取り出して使うことができます。

他にも大根の皮をうまく保存するには、干し野菜にしてみましょう。

干すことでうま味や栄養分が凝縮し、お味噌汁の具や切り干し大根として、おいしく食べることができておすすめです。

ピーラーでむいたり、包丁でむいた皮を細切りにしてザルにのせ、窓際の日当たりのいいところやベランダに置いて2日程度乾かします。

天気が良くない時や時間がない時には、電子レンジで干すこともできます。

クッキングシートを敷いて重ならないようにバラバラにのせ、電子レンジで1分加熱します。
場所を入れ替えたりしながら、焦げないように20~30秒ずつ加熱を加えるとしっかり水分が抜けて乾燥させることができます。

干した後は湿気らないように、瓶や口が閉じられる袋に入れて保存します。