料理が上手くなるバイトがある?一石二鳥のバイトを探すコツ

一人暮らしを始めるようになると、急に料理を始める方も少なくはないはず。

しかし料理は基本を知らないと、なかなか上手に作るのが難しいものです。上手くなるにはどうしたら良いのか?まずは料理を毎日作ること。そして誰かに教えてもらうのが一番の近道。

そんな料理上手になる条件を満たすのが、キッチンバイトです!ここでは料理上手になるためのバイトを探すコツ、またキッチンバイトのつらい点についてもご紹介をいたします。未経験でもOKな場所がたくさんあるので、料理のスキルアップのために挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

関連のおすすめ記事

シュウマイの蒸し時間について。蒸し器の場合の時間と確認方法

お店のようなシュウマイをお家でも食べたい。そんな時は蒸し器がおすすめです。ですが蒸し器を使っ...

料理が苦手な初心者にもおすすめの簡単レシピ【料理の基本】

一人暮らしを始めたばかりという方の中には、「料理が苦手で…」と感じている方も多いと思います。それまで...

夕飯のレシピの参考になる、お肉を使ったメニュー

夕飯のレシピを考える時に、まずメインになるものを決める方が多いと思います。その中でもお肉は、使い...

梅干しを作る時の天日干しで虫が来ないようにする方法

梅干しの天日干しをするときに気になるのが虫ですよね。どのように干せば虫を寄せ付けなくすることができる...

味噌汁とご飯だけでも、工夫次第で栄養価を上げられる

いつも、「しっかり栄養を取らなくては」と思っても、時間がなく、食事が味噌汁とご飯だけなんてことはよく...

ジンギスカンとラムの違いとは?ジンギスカンの美味しい食べ方

ジンギスカンとラムにはどんな違いがあるのでしょうか?また、ラムとマトンの違いとは?少しク...

冷凍のとうもろこしを使ったかき揚げレシピと作る時の注意点

とうもろこしを使ったかき揚げはサクッと揚げることがコツですが、冷凍のとうもろこしを使う場合は気をつけ...

料理が苦手な原因は本?選んではいけない本と選びたい本

料理が苦手な人のお助けグッズと言えば料理本ですが、今手にしている料理本は、料理が苦手なあなたの役に本...

冷凍ご飯を使って美味しいチャーハンを作る方法とコツについて

冷凍ご飯でチャーハンを作ると、なかなか上手に作ることができない、ベチャッとしてしまうなど、出来上がり...

大根の皮は捨てずに食べられる!大根の皮を使った簡単レシピ

大根の煮物などを作る時には、皮を厚めに剥くというのが基本ですが、この厚めに剥いた皮はいつも捨てていま...

ジンギスカン鍋の使い方や種類・おいしく食べるためのポイント

ジンギスカンといえば北海道ですが、ジンギスカンが広く浸透するようになってからは北海道外でもジンギスカ...

ざるそばやせいろそばなど種類が豊富なそばの起源と現在の違い

かけそば、もりそば、ざるそば、せいろそば…蕎麦屋に行くとその種類の多さにどれを食べようか悩んでし...

長芋をすりおろしたら変色する原因は?防止するには?長芋豆知識

長芋をすりおろした直後から、赤や茶色に変色することがあります。食べるのを躊躇してしまうくらい...

ナスの炒め物を作る時の切り方。下準備とナスを使ったレシピ

麻婆ナス、味噌炒めなど油との相性も良いナスですが、その切り方は色々あります。定番の輪切りや乱...

寄せ鍋に最適なだしは昆布だし!昆布だしの作り方とポイント

昆布から取る「昆布だし」はうま味があり、寄せ鍋だけでなく色々な料理に使える最適のだしです。だしが...

料理が上手くなるバイトはキッチンスタッフが一番

一人で生活をしていく上では嫌でも必ずついてくる「料理」ですが、料理は日頃から行っていないと突然「始めよう!」と思ってもできるものではありません。
そのため初めて一人暮らしをするという方はそうした料理がきっかけとなって実家のありがたみを知るというケースも多いと思います。

料理ができる人の共通点はそれは「基本が身についている」こと

料理は基本が身についていなければ上達することはありません。
料理ができるようになりたいのであれば、まずはこの「基本」を身につけることから始める必要があるのです。

では実際に料理の基本を身につけるためにはどうしたら良いのか?

方法はどんなものでも構いません

身近な存在から学びたいのであれば母親に頼るのが良いですし、本屋さんに行って料理本を買ってみるのも良いでしょう。
また、気軽に始めてみたいのであれば、スマホで軽く調べてみるのもオススメです。

一方でこれからアルバイトを始めてみようと考えている方は「職種」にこだわってみるのもオススメです。

最も効率的な職種は「キッチンスタッフ」です。

キッチンスタッフは料理の基本を教わりながら実際に作って料理経験を積むことができます。
実際にキッチンスタッフとしてバイトをした人は、包丁の扱い方はもちろんのこと、魚が捌けるようになったりパスタが作れるようになったりなど、料理の腕前が上がったという人も少なくありません。
「キッチンスタッフ」というバイトは料理が上手くなりたい人にとって絶好のバイトだと言えますので検討してみると良いかもしれません。

キッチンスタッフのバイトは料理の基本を学べます

では実際にキッチンスタッフのバイトで学べる「料理の基本」とはどんなことなのかお伝えします。

バイトで学べる料理の3つの基本

消毒について

料理をする上では清潔であることが欠かせません。

特に、お客様に食べ物を提供するキッチンスタッフという職種はより一層清潔さが必要になるため、キッチンスタッフとして働けば身をもって料理の基本である「消毒の重要性」を学ぶことができるでしょう。

包丁の扱い方について

料理には殆どの場合で「包丁」が伴い、また、そんな包丁の扱い方は実際に料理をするからこそ学べるものでもあります。
キッチンスタッフとして実際に料理を経験できれば、料理をする上で大前提となる包丁の扱い方もマスターできることでしょう。

皿洗いについて

料理をした後にはお皿はもちろんのこと使用した調理器具等も洗わなければいけません。キッチンスタッフとして働く上ではこうした「皿洗い」も料理をする工程のひとつであるということを学ぶことができます。
また、飲食店では前述した「清潔さ」が求められますので、どうやったらヌメリや汚れを綺麗に効率良く落とすことができるのかも、合わせて学ぶことができるはずですよ。

本格的に料理が上手くなるバイトを探すには

料理が上手くなるバイトを探す上では「いかに融通を利かせて貰えるか」がポイントとなるのです。

最もオススメなバイト先「個人や家族で経営しているお店」

個人や家族で経営しているお店は、教えて欲しいことがあった時に臨機応変に対応をして貰える可能性が高いです。

「料理をもっと学びたい!」と言えば快く教えてくれるお店もあるかもしれません。

そのため、バイトで料理が上手くなりたいと思っているのであれば、まずは「地元に特化したお店」に目を当てて探してみましょう。

また、個人経営のお店は入口に「バイト募集」といった張り紙をしていることも少なくありませんので、バイト求人誌と合わせてチェックしてみて下さいね。

大きなチェーン店では料理が上手くなる確率が低い理由について

一方で飲食店の中には全国展開している「チェーン店」などの大規模なお店もありますが、料理が上手くなりたい!ということに重点をおくのであれば、大規模なお店でのバイトは避けることをオススメします

なぜなら、チェーン店では「手順を記載したテキスト」が置かれていることが多く、料理はそのテキスト沿って行うことになる可能性が高いからです。
つまり、自分の頭で考えて料理を進めることができないため、そのテキストが無くなったら料理ができなくなる可能性があるのです。

また、大規模のお店では効率性アップのために食品が既に工場等で加工されていたり、自動の調理器具を取り入れているようなことも少なくないため、実際に本当に得られる料理のスキルとしては僅かなものとなる可能性が高いでしょう。

キッチンバイトは良い点ばかりではありません

キッチンでのバイトには少なからずデメリットも存在します。

主なデメリットとしては「怪我」をする可能性があるということ。
料理をする上では包丁による切り傷や油を使用した際の火傷などが起こります。
特に料理を未経験の方であれば最初の頃はこうした怪我が多くなることでしょう。

また、飲食店では料理は熱々で提供する必要がありますので、基本的にキッチンに冷房器具は設置されていません。
そのため、時には「暑さ」で辛い思いをすることもあり、特に夏場だとより一層辛い環境でのお仕事が求められることになるでしょう。

キッチンのバイトは料理が上手くなりたい人にとっては最高のバイトです。
しかしその裏には前述したようなデメリットがあることも覚えておいて下さいね。