キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

餃子の皮とチーズで作る子供の喜ぶ美味しいおやつレシピ

餃子を作った後に残ってしまった餃子の皮。そのうち使うかもと思っていても、結局使わずに処分してしまった、ということはありませんか?そんなことになる前に、この餃子の皮を使って、お子様のおやつを簡単に手作りしてみましょう。
そこで、餃子の皮を使った簡単美味しいおやつレシピをご紹介します。冷蔵庫にあるチーズと合わせると、お子様も喜ぶ美味しいおやつになります。お子様と一緒に作るのも楽しいですね。

関連のおすすめ記事

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

大人数の料理はホットプレートにおまかせ!おすすめを紹介

大人数の料理を作るときに役立つホットプレートですが、レパートリーがなかなか増えないとお悩みではないで...

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食...

野菜の栄養価は下がっている?栄養価を下げない野菜の摂り方

野菜の栄養価は昔に比べて下がっているのでは?そう言われるとなぜかそうかも知れない気がしてきますが、栄...

豚バラの肉巻きで野菜も美味しい!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラで野菜を肉巻きするとボリュームのあるおかずになります。 そんな豚バラの肉巻き野菜はお弁当のお...

冷凍ご飯を使えばリゾット風が簡単に作れます!作り方を紹介

冷凍ご飯しかない…そんなときには簡単リゾット風料理がおすすめです。生米から作っていないので、リゾット...

豚肉を柔らかくする方法!短時間でも簡単にできるコツを紹介

豚肉を柔らかくする方法について知りたいあなた。短時間で豚肉を柔らかく仕上げるためには、ほんの少しの工...

なすとピーマンの味噌炒め。こってり・さっぱり、美味しい作り方

なすとピーマンの組み合わせで作るおかずをご紹介いたします! 味付けは『味噌味』のみ! 味噌炒...

野菜が美味しく食べられるメニューは?子供の野菜嫌い克服方法

お子さんの野菜嫌いに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。子供には色々な物を食べてもらいた...

鳥の丸焼きはダッチオーブンがおすすめ、作り方を詳しく解説

キャンプへ行くなら、ダッチオーブンを使って鳥の丸焼きに挑戦してみてはいかがでしょうか。 ダッチオー...

味噌とチーズの相性は◯!おすすめな味噌チーズレシピを紹介

味噌とチーズはとても相性が合うのを知っていますか。どちらも味が強いのでケンカをしてしまいそうですが、...

豚ひき肉とキャベツで丼メニュー完成!アレンジして食べよう

豚ひき肉とキャベツは相性バツグンですが、丼にするとなるとどんな味付けにすればいいのか迷ってしまうかも...

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

ナス料理の中で美味しい調理法のものを知りたい

ナスを誰かからおすそ分けで貰ったり、特売で大量に買ったりした時は、さまざまな料理を楽しみたいですよね...

パリパリの餃子の皮が美味しい、チーズと合わせたおやつレシピ

子供のおやつとしても、大人のおつまみとしても、みんなが美味しく食べられる簡単おすすめチーズレシピは、チーズ餃子です。

材料は全部で4つだけ、餃子の皮 10枚と大葉 5枚、ピザ用やスライスチーズなどの溶けるチーズ、サラダ油です。

  1. 大葉の軸を取って千切りにし、スライスの溶けるチーズを使う時には包みやすいように小さく切っておきましょう。
  2. 餃子の皮の真ん中に大葉をのせ、チーズをのせたら餃子の皮のフチに水を塗って半分に折りたたんでしっかりと口を閉じます。
  3. 同じように全て包んだら、サラダ油をひいて熱したフライパンに並べ、こんがりするまで両面焼いてケチャップを添えて盛り付けます。
溶けたチーズが漏れ出してしまうことがあるので、餃子の皮の口はしっかり閉じてください。
大葉は香りが強くて子供には苦手な場合には、大葉の代わりにバジルソースなどを塗ってみてください。

餃子の皮とチーズを使った簡単ピザレシピ

餃子の皮を餃子以外にアレンジするおすすめレシピは、朝ごはんにもピッタリのミニピザです。

ミニピザ10枚の材料は、餃子の皮 10枚、玉ねぎ 1/2個、ゆで卵 2個、ウインナー 2本、ピーマン 1個、ケチャップ、ピザ用チーズです。

  1. 玉ねぎは薄切り、ピーマンは薄く輪切り、ゆで卵を輪切り、ウインナーを斜めに薄く切ります。
  2. オーブントースターの大きさに切ったアルミホイルを広げて一度くしゃくしゃにし、もう一度広げます。
  3. アルミホイルの上に餃子の皮を並べ、ケチャップを塗り、玉ねぎをのせます。
  4. 茹で卵とウインナーを並べてのせたらチーズ、ピーマンを順に上にのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いて完成です。
具材にはソーセージや厚揚げなど、子供の好きなものを使ってください。
ピザソースが無くても、ケチャップで十分美味しいピザになります。

チーズを餃子の皮で巻いたお子様も大好きなレシピ

餃子の皮は包む以外にも巻いて使っても簡単で美味しく調理できます。

たったの3種類の材料で作れるチーズ巻のレシピをご紹介します。

餃子の皮 12枚、スライスチーズ 3枚、塩を用意し、重ねたスライスチーズを4本になるように切り、くっついたチーズを剥がしてバラバラにしておきます。

  1. 餃子の皮を並べて、真ん中にそれぞれチーズを1枚ずつ乗せてくるくる巻き、巻き終わりに水を塗って留めます。
  2. 巻き終わったら端にも水を塗って、チーズが漏れないように留めます。
  3. 多めの油で揚げ焼きにして、こんがりしたら油を切り、軽く塩をふって味付けします。

チーズが溶けださないように、端をしっかり留めるようにしましょう。
中にケチャップを薄く塗ってから巻いてもとても美味しくできます。

チーズ好きなら知っておきたいチーズの種類

チーズにはたくさんの種類があるので何を使ったら良いのか迷ってしまいますが、それぞれ調理方法や食べ方に違いがあるのでぜひ参考にしてください。
  • 熟成をさせずに食べるチーズは熟成させていない分クセが無くてとても食べやすく、フレッシュチーズと呼ばれています。
    モッツァレラチーズやカッテージチーズ、リコッタチーズなどがフレッシュチーズの代表と言えるでしょう。
  • フレッシュチーズを熟成させる時に表面に白カビを付けたものが、中が柔らかくて人気のカマンベールチーズです。
  • カビを付けて熟成させるチーズには表面ではなく中にカビを付けるものがあり、その代表がブルーチーズです。
    ブルーチーズはその名の通り青カビを使っているので、きれいな模様が特徴です。
  • 熟成させる前に水分を抜いてから作られるチーズはセミハードと呼ばれ、ゴーダチーズなどがその代表です。
    これをさらに時間をかけて熟成させると、ハードチーズと呼ばれるさらに硬いチーズになり、チェダーチーズやなどが代表で、パルミジャーノチーズもハードチーズで、細かく砕いて使われています。
  • ヤギの乳を使って作られたチーズはシェーブルチーズと呼ばれ、シェーブルとはフランス語でヤギを意味しています。
  • いろいろな形に作られていて見かけることの多い「プロセスチーズ」は、ナチュラルチーズなどを溶かして形を変え、冷やし固めて作られています。
    形の違いで食感が変わるので、料理に使ったり、そのままおやつやおつまみとして食べるのに適していて、広く親しまれています。

チーズの保存のポイント

チーズは保存の仕方によって、好みの状態までさらに熟成を進めたりすることができますが、その分保存方法に注意しなければ熟成しすぎてしまったり、乾燥によって硬くなってしまいます。
また、チーズにはニオイがとても移りやすいので、ニオイの強いものから離れた場所で保存し、ニオイ移りをさせないように袋に入れて密閉してください。

チーズはカビが生えやすく保存期間が短いものも多いため、他の食材と同じように冷凍できれば助かるのですが、そのまま食べる用のチーズは味や食感が変わってしまうので冷凍保存に向きません。
加熱して調理する用のチーズは冷凍してもそれほど変わりなく食べられるので、開封後に傷んでしまう前に冷凍用の保存袋に入れ、乾燥に注意して冷凍してください。
チーズを保存する時には、どんな保存方法でも乾燥に注意して密閉して下さい。
ラップでぴったりと包んだり、チャック付きの保存袋などを活用しましょう。