キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍たこ焼きは揚げるのがおすすめ!コツやアレンジレシピを紹介

冷凍のたこ焼きは電子レンジで温めるよりも揚げる方がカラっと美味しく食べられるのを知っていますか?

そこで、冷凍たこ焼きを美味しく揚げる方法やコツ、さらに揚げた冷凍のたこ焼きを使ったアレンジレシピもなどお伝えしていきましょう。

冷凍たこ焼きはトースターを使ってもカリカリにすることも可能です。
ぜひ参考に自宅でお店ような美味しいたこ焼きを食べましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誕生日のブーケは、お菓子で作ると喜ばれること間違いなしです

誕生日に送るブーケは、その人の誕生花や、その人の好きなお花をメインにして作られますが、お花ではなく、...

食費を節約しながら食べごたえもあるボリュームおかずレシピ

今よりも食費を少しでも節約したいと思う方は多いと思います。 そこで、美味しくてボリュームのある節約...

美味しい焼肉のタレの作り方について知りたい

美味しい焼肉のタレは何かと考えた時に、市販品や、焼肉屋さんの特製ダレを思い浮かべるかたが多いことでし...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。 いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

野菜が苦手でも食べやすいおかず。子供が喜ぶ美味しいレシピ

野菜がちょっと苦手というお子様は多いと思います。子供の嫌いな野菜の代表と言えば、ニンジンやピーマン、...

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

ジンギスカンに使うのは、ラム肉?マトン?その違いとは

ジンギスカンは、北海道の名物料理として人気のメニューですが、それに使われる肉は主にラム肉とマトン...

冷凍させたたこ焼きの、美味しい食べ方についてご紹介

冷凍で保存できる食べ物は数多くありますが、作りすぎたたこ焼きも冷凍させることが出来ます。 冷凍食品...

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食...

宅配と出前ってどんな違いがあるの?その他食べ物にまつわる言葉

宅配や出前は、家にいながら美味しい食べ物が食べられる、便利なシステムです。 普段何気なく使って...

大根の味噌汁が苦い時の対処法!大根の苦味を取る方法

大根のおでんや味噌汁が好きな方は多いと思います。好きな方にとっては、あまり苦味を感じない大根ですが、...

冷凍ご飯の解凍方法はレンジ以外でも美味しく食べるコツを紹介

冷凍ご飯の解凍方法といえば電子レンジを使った解凍が一般的ですが、電子レンジ以外でも解凍することはでき...

冷凍ぶどうの食べ方!美味しく食べられるおすすめアレンジを紹介

冷凍したぶどうの食べ方はそのままでも美味しく食べることができます。 さらに、ひと手間を加えるだけで...

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある材料で作ってみよう

干し野菜ネットがなくても、家にあるもので代用できるのでご安心を。 材料も少なく、すぐに作れますので...

スポンサーリンク

冷凍たこ焼きは揚げるともっと美味しく食べられる

冷凍のたこ焼きは手軽にいつでもたこ焼きを食べられるので便利ですが、電子レンジで温めるとどうしてもべちゃっとしてしまって、カリッとはならないものです。

少し手間がかかってしまいますが、冷凍のたこ焼きを油を使って揚げるとお店の出来立てのようなカリッとした食感を再現する事ができます。

揚げ方は至ってシンプルです。
凍ったままの冷凍たこ焼きをそのまま揚げ油の中に投入するだけです。
使う器具は小さめのフライパンでも十分です。

たこ焼きが浸るくらいの量の油を温めて、そのままたこ焼きを入れて、カリッとするまで揚げるだけで、べちゃっとしたたこ焼きから解放されます。
油に入れた後そのままにしておくとたこ焼き同士がくっついてしまったり焦げてしまいますので箸で転がすようにして防ぎましょう。

高い所からたこ焼きを入れると油が跳ねて大変危険ですのでそっと入れてください。
また、たこ焼きに霜が付いてしまっている時にそのまま油に入れるとバチバチと跳ねる原因になりますので取り除きましょう。

冷凍たこ焼きを美味しく揚げるコツ

冷凍たこ焼きを油で揚げる時のコツはたっぷりの油を使って揚げる事です。

たこ焼きがしっかりと浸かるくらいの油を用意して180度に熱します。
冷凍のたこ焼きを油に入れると当然油の温度は下がりますのでパッケージに表示されている油の温度より少し高めに熱すると表面がカリカリになります。

それから一度に大量のたこ焼きを投入すると、油の温度が下がりすぎてしまいますので、鍋の大きさによって入れる個数を調整します。
通常の天ぷら鍋で大体5個から6個くらいがベストです。
たこ焼きを手で投入するのが怖い時には穴あきのお玉や網を使って入れると油跳ねを恐れずに入れる事ができます。

冷凍たこ焼きを揚げる事で油の温度が下がってしまうのを防ぐためには、レンジを使ってサッと解凍する事で油の温度の変化を押さえる事ができます。

レンジで温める目安は、中は凍ったまま、表面がちょっと柔らかくなるくらいがちょうど良いです。
表面に霜や氷の塊が付いたままですと、そのまま油に入れてしまうとひどくはねてしまうのでそういった時にもレンジで表面の氷を溶かしましょう。

たこ焼きを揚げ始めたら火のそばからは離れずに、たこ焼きを時々転がしながら表面がまんべんなくかりかりになるように5分程揚げましょう。

冷凍たこ焼きを揚げるおすすめアレンジレシピを紹介

たこ焼きの食べ方と言えばソースとマヨネーズにかつお節をかけて食べるのがメジャーですが、ひと手間加えると夜ご飯にもできるレシピになります。たこ焼きは小麦粉とたこが主原料ですので夜ごはんにするには野菜が足りません。そこで、野菜たっぷりのあんをかけてあんかけたこ焼きにすると、野菜たっぷりのたこ焼きが楽しめます。

【野菜たっぷりあんかけたこ焼き】

仕事が忙しい時などに野菜たっぷりのあんを一から作るのは至難の業ですが、チルド商品として売られている八宝菜を使うと大抵の具が入っていて、野菜を一つ用意するだけで後は簡単にお鍋一つであんを作る事ができます。
時間のある時にはもちろん一から作っても構いません。
好きな野菜を入れて先にあんを作りましょう。

それから先ほどご紹介した方法で揚げたこ焼きを作ります。
あんをかけるので、たこ焼きの量は少し少なめでも良いかもしれません。
お腹の空き具合と相談して食べる量を決めてください。
カリッとたこ焼きが揚がったら作ったあんをアツアツのうちにたこ焼きにかけていただきましょう。

野菜も摂れていつもとは変わったたこ焼きが楽しめます。

冷凍たこ焼きはトースターでも美味しく食べられる

冷凍たこ焼きを揚げると美味しいのですが、油を使うとカロリーが気になってしまいます。

カロリーを増やさないようにカリカリのたこ焼きを楽しむためにはトースターを使ってみましょう。

トースターなら余計な水分は飛ばしながら焼けますのでカリカリに焼くことができるので、トースターを使ってたこ焼きを上手にカリカリにするために大切なポイントを押さえましょう。

まず冷凍たこ焼きを冷凍庫から出したらふわっとラップをかけて600Wの電子レンジで二分程加熱して半解凍の状態にします。
トースターはあらかじめ温めておき、ホイルの上にたこ焼きをくっつかないように並べて焼きます。
お持ちのトースターによって焼き時間は変わりますので様子を見ながらたまに上下をひっくり返してまんべんなくカリカリに焼き目を付けましょう。

最後にお好みでソースとマヨネーズをかけて完成です。
余計な油を使わなくてもカリカリのたこ焼きが楽しめます。

カロリーを恐れずもっとカリカリを楽しみたい時は焼く前に刷毛などを使ってたこ焼きの表面に油を薄く塗りましょう。
そうすると大量の油を使わなくてもトースターでもっとカリカリのたこ焼きを楽しむことができます。

手作りたこ焼きが残ったときも冷凍保存しましょう

冷凍たこ焼きは買ってくるだけで便利に使う事ができますが、自分でたこ焼きを作ればもっと安くたこ焼きを食べられます。
たこ焼きパーティなどでたこ焼きを作ると意外と生地が余ってしまって大量のたこ焼きができてしまう事があります。
たこ焼きをたくさん作ってしまった時などに活用してください。

自分で作ったたこ焼きを冷凍しておけばいつでも自分の好きなたこ焼きを食べられます。

作ったたこ焼きの粗熱が取れて触れるくらいの温度になったらたこ焼きを一度に食べられる量に小分けにしてラップで包みます。
この時のポイントは空気に触れないように包むことです。
それからジッパー付きの保存袋に入れて二重に空気からシャットアウトし、冷凍庫に入れるだけです。

食品を冷凍する時はなるべく早く凍らせることが大切ですので、あれば金属製のトレーに乗せて冷凍しましょう。
なお、自分で冷凍したたこ焼きの賞味期限は約2週間です。
美味しく食べられるうちに早めに食べましょう。