キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

料理に使う道具について知りたい。初心者が揃えておくべきものは

料理を作ろうと思った時に、必要な材料があれば良いわけではありません。
調理をするための調理道具がないと、何もすることが出来ないのです。
料理の経験者であれば、どういった道具が必要なのかすぐにわかりますが、料理の初心者は、何が必要なのかもよくわからないのではないでしょうか。
ここでは、初心者が揃えておくべき調理道具の選び方についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

豚肉【厚切り】焼き方を紹介!お家で簡単に美味しく食べるコツ

豚肉の厚切りステーキは焼き方次第で美味しさが変わってきます。 自分でするとどうしても固くなったり、...

食費を1ヶ月で1万円にするためにすべきこととは

日々の生活費を見直そうと思った時に、真っ先に見直される部分の多くは食費です。 なぜなら食費は、贅沢...

鶏モモとトマト缶を使ってできる、簡単料理をご紹介

毎日ご飯を作っていると、晩ご飯を作る時間になっても、やる気が出なかったり、調理時間をあまりかけら...

たこ焼き粉と小麦粉の違いとは?小麦粉でたこ焼き粉を作る方法

たこ焼き粉で作るたこ焼きと小麦粉で作るたこ焼きにはどんな違いがあるのでしょうか? たこ焼き粉の中に...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分...

味噌とチーズの相性は◯!おすすめな味噌チーズレシピを紹介

味噌とチーズはとても相性が合うのを知っていますか。どちらも味が強いのでケンカをしてしまいそうですが、...

食費を1ヶ月1万円に抑えるための節約レシピと食費の節約術

一人暮らしをしている方は、1ヶ月にどれくらいの食費を使っていますか?生活費を切り詰めたいという時には...

餃子の皮でスイーツが簡単に作れる!おすすめレシピや保存方法

餃子の皮が余ったときは、手作りスイーツを簡単に作ってみましょう。 餃子の皮を焼いたり揚げたりするだ...

豚ひき肉と豆腐を使った簡単美味しいレシピ【夕飯のおかず】

「今晩のおかずは豚ひき肉と豆腐を使って何かおかずを作りたい」という方も多いと思います。そこで、豚ひき...

ダッチオーブンで作る燻製、チーズ燻製の作り方とコツをご紹介

キャンプでダッチオーブンを使ってチーズの燻製を作ってみませんか? 我が家は毎年家族キャンプに行って...

冷凍フライドポテトの作り方!自宅で簡単にできる美味しいコツ

冷凍のフライドポテトの作り方はコツを掴めば自宅でも簡単です。 さらに、冷凍食品のフライドポテトでも...

【10倍粥の簡単な作り方】ご飯からブレンダーで作るレシピ

離乳食初期に食べさせる10倍粥。ブレンダーを使うと簡単だと言われていても、その作り方まではよくわから...

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

豚バラの厚切りをお弁当に!簡単人気のおかずレシピを紹介

豚バラの厚切り肉はお弁当のおかずとしてもボリュームもあり人気があります。 そこで、厚切り豚バラ...

料理の初心者がまず買うべき調理道具は包丁

料理を作ろうと思ったら、包丁が無ければ始まりません。
包丁には色々な種類があるのは知っていますか?
包丁と言ってイメージするのは、三徳包丁と言われる形の包丁だと思いますが、プロは食材や用途別によって包丁を使い分けています。

料理初心者の方が食材によって包丁を変えるのはハードルが高いと思いますので、まずは三徳包丁をまずは買いましょう。

三徳包丁は、様々な食材を切ることが出来る万能な形をしています。料理初心者がいきなりマグロの解体や丸鶏をさばくことはしないでしょうから、三徳包丁一つで充分事足ります。一般家庭の主婦でも大体は三徳包丁を使っています。

三徳包丁は、スーパーやホームセンター等キッチングッズを売っているお店なら基本的に販売しています。安ければ100均でも売っていますが、キッチン用品のお店や刃物店の包丁の方がお勧めです。三徳包丁だけでも種類が多いので自分の手に馴染みやすい包丁が見つかるでしょう。

  • ちなみに、包丁の素材はステンレスやセラミック、鋼があります。さびにくいのでお手入れが比較的簡単なのはステンレスで、一般家庭に多く普及しています。
  • セラミックは白い刃の物が多く、切れ味が長持ちするので自分でこまめに研ぐのが面倒な人に向いていますが、研ぐときは専用の道具が必要です。
  • 鋼は昔からある包丁の素材で、錆びやすいですが研ぐと一番切れ味が復活しやすいです。錆びやすいので濡らしたままにできず、使い終わったらすぐに洗って拭く必要があります。
包丁の切れ味は食材の切りやすさに関係し、料理のしやすさや味にもかかわってきます。包丁を買ったら、包丁研ぎ器や砥石の購入も検討しましょう。

料理の初心者に必要な道具には、まな板もあります

包丁を買ったらまな板もセットで必要です。

まな板も色々なタイプが販売されていますが、まな板の素材は、プラスチックか木のものが多いです。

  • プラスチックタイプは厚みがあってまな板のイメージ通りの形をしているものから、切った材料を集めたり鍋に入れやすくするために薄くて簡単に丸めることが出来るタイプがあります。抗菌効果があっても表面にしか施されていないので、包丁で表面が削れた部分から色がついたりカビが生えてくることがありますが、漂白剤でお手入れをしやすいです。
  • 木のまな板は、包丁の当たりが柔らかく、食材が滑りにくいです。木は包丁で表面が削れても内部まで抗菌効果がありますが、一度カビが生えてしまうと漂白剤等でお手入れは難しいです。濡れたままの時間が長いとカビの原因になるので、使い終わったら洗ってしっかり乾かす必要があります。まな板の厚みによっては、表面を平らに削ることで新品同様になるものもあります。
価格的にも安く、料理初心者にも扱いやすいのはプラスチックのまな板でしょう。どんなタイプが使い勝手が良いと感じるかは人それぞれ違いますし、調理スペースによって置けるまな板のサイズも変わりますので、色々試してみると良いでしょう。

初心者が買っておくべき料理の基本の道具といえば、鍋

包丁とまな板を買ったら鍋も必要です。茹でるや蒸すなどの調理や煮込み料理から汁物まで、色々な料理に使う調理道具です。

料理初心者の人が鍋を揃えるとしたら、大小の片手鍋各1つずつか、小さめの片手鍋と大きめの両手鍋を1つずつが良いでしょう。

大きい鍋は直径が置きくなるため、みそ汁を作るのにも水を入れると具が浸水せず沢山作らなければいけなくなってしまう事があります。1~2人暮らしの場合は程ほどに小さめの鍋があった方が使いやすいです。大きい方の鍋はカレールウ1パック分が作れる大きさがあれば充分でしょう。

お鍋にもアルミや鉄、ホーローなど素材が色々ありますが、料理初心者は内側にコーティングされているタイプがお勧めです。
鍋は煮物や汁物など水分の多い調理に使いますが、最初に炒めてから煮る調理をするときに焦げにくいですし、煮詰まって水分が少なくなると焦げ付かせてしまう事がありますが、こびりつきを防ぎやすいです。

なお、取っ手が取れるタイプは狭いキッチンでも省スペースで収納できるので、一人暮らしに向いています。

また、鍋は中の様子が分かりやすいガラス蓋付が便利です。

鍋にはおたまも必要なので、買い忘れないようにしてください。カレー等色の濃い料理に使うと、おたまに色が付いてしまう事があるので、黒いおたまか金属のおたまがお勧めです。なお、鍋はガス火専用やIH専用、両用があります。間違って買うと使えなかったり、事故の原因になりますので、コンロの種類に合った鍋を正しく購入しましょう。

料理の初心者でも迷わない、フライパンの選び方

鍋ときたら次はフライパンも必需品です。

フライパンも素材が様々ですが、表面が焦げ付きにくいコーティングがされているタイプが扱いやすいでしょう。

一人暮らしならフライパンは中サイズ1つか小中1つずつ用意するのがお勧めです。

大きめのフライパンは、一人暮らしの物件に多い1口コンロの狭いキッチンだと調理中に周りにぶつかったりする可能性があるため、大きすぎるフライパンは避けた方が良いでしょう。

なお、取っ手の取れるフライパンには、浅くて大きめのフライパンと小さめで深さのあるフライパンがセットになっていることもありますが、深めのフライパンがあれば鍋代わりとして使うことも出来ます。

小さくて深いフライパンを鍋とフライパン兼用と考え、浅くて大きめのフライパンと大きめの鍋があれば、最初は充分でしょう。浅くて小さめのフライパンと深くて大きなフライパンと小さめの鍋の組み合わせでも同じです。

また、鍋と同じでコンロに合わせて対応しているタイプを選んでください。

コーティングされているフライパンを購入した場合は、フライ返しはシリコンやプラスチックなどの当たりが柔らかい物を使いましょう。金属の堅いフライ返しはコーティングを傷つけやすくてコーティングの劣化を早めます。

まだまだある!初心者でも料理がしやすくなる調理道具とは

料理初心者の方が揃えたい調理道具はまだまだあります。

料理初心者が料理を失敗しないためにはレシピを見て、そのレシピに書かれている分量をしっかり守ることが大切です。そのためには調味料などを量るための調理道具も必要です。小さじと大さじの計量スプーン1セットと計量カップは1つ用意しましょう。

野菜を洗ったり、洗った野菜の水を切ったり、具材を混ぜたりするのに、ボウルとザルのセットは欠かせません。中くらいのサイズを1セット用意しましょう。

料理をするときには、菜箸も必要です。木の菜箸やシリコンタイプがあります。長すぎても短すぎても使いにくい場合がありますので、何種類かあると使い分けも出来ます。

鍋つかみや鍋敷きも1つあると便利です。タオルなどでも代用出来ますが、鍋敷きはキッチンが狭かったり1口コンロの場合は、一時的に鍋やフライパンを移動させることもあると思うので、あると便利です。

時計でも代用できますが、忘れたりしてしまいやすい人はキッチンタイマーがあると便利です。

ピーラーは料理初心者には重要なキッチングッズではないでしょうか。包丁の扱いに慣れれば包丁で皮を剥けますが、使いやすいピーラーがあれば便利です。

この項目でご紹介した調理道具は、100均でも販売されていますし、100均の物で充分です。