昼ご飯のメニューを簡単にするコツとランチにおすすめのレシピ

一人分の昼ご飯を作るのはなんだか面倒なものです。なるべく手間をかけずにお昼ごはんを作りたいと思う人もいるのではないでしょうか。

ここでは、自分一人の昼ご飯を簡単に済ますメニューの考え方や、ランチにピッタリのおすすめレシピについてお伝えします。

自分一人分のランチを作るときは、手抜きをしてできるだけ簡単に済ませましょう。

関連のおすすめ記事

豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか?硬い豚肉はまるでゴムのようですし、...

冷凍させたたこ焼きの、美味しい食べ方についてご紹介

冷凍で保存できる食べ物は数多くありますが、作りすぎたたこ焼きも冷凍させることが出来ます。冷凍食品...

食費を節約しながら食べごたえもあるボリュームおかずレシピ

今よりも食費を少しでも節約したいと思う方は多いと思います。そこで、美味しくてボリュームのある節約...

卵を大量消費するなら冷凍卵がおすすめ不思議な食感がクセになる

卵が安売りの時に買いだめしたり、あるいは卵があるのにまた買ってしまったりなど、気付くと冷蔵庫に卵が大...

余った味噌汁を美味しいうどんにリメイク!おすすめレシピを紹介

味噌汁が少しだけ余っていることありますよね。捨てるにはもったいない、そんな時うどんを使って主食に変身...

食費を1ヶ月1万円に抑えるための節約レシピと食費の節約術

一人暮らしをしている方は、1ヶ月にどれくらいの食費を使っていますか?生活費を切り詰めたいという時には...

たこ焼き粉がなくてもたこ焼きが作れるレシピ【小麦粉代用】

買い物へ行ったもののたこ焼き粉を買い忘れてしまっても、小麦粉を代用すればたこ焼きを作ることができます...

【美味しいクッキーの作り方】プレゼントしても喜ばれるレシピ

クッキーはお菓子作りの定番、また失敗が少ない手作りお菓子の一つです。そのためレシピも沢山あり、初めて...

誕生日のメニューは何にする?旦那が喜ぶ料理を紹介します

子供の好きなものなら作りやすいけれど、旦那の誕生日メニューが決まらない…そんなときには、旦那の好きな...

野菜が美味しく食べられるメニューは?子供の野菜嫌い克服方法

お子さんの野菜嫌いに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。子供には色々な物を食べてもらいた...

豚肉を柔らかくする方法!短時間でも簡単にできるコツを紹介

豚肉を柔らかくする方法について知りたいあなた。短時間で豚肉を柔らかく仕上げるためには、ほんの少しの工...

たこ焼き粉と小麦粉の違いとは?小麦粉でたこ焼き粉を作る方法

たこ焼き粉で作るたこ焼きと小麦粉で作るたこ焼きにはどんな違いがあるのでしょうか?たこ焼き粉の中に...

余った餃子の皮はスープに変身!スープレシピや冷凍保存の方法

餃子を作ると餃子の皮だけが余ってしまうことがありますよね。余った餃子の皮は捨てるのはもったいない、か...

洋食のマナーとは?パンを食べるときのテーブルマナー

洋食でパンを食べるときにはどんなマナーがあるのでしょうか?コース料理でパンを食べる時、どのようにすれ...

夕ご飯の献立のメインになる絶品ボリューム鶏肉レシピ

「今日の夕ご飯の献立は何にしよう…」。主婦が毎日考えることです。冷蔵庫に鶏肉がある時には、鶏肉をメイ...

昼ご飯を簡単にするメニューの考え方

ヨーロッパの家庭にホームステイしていた知人が日本に帰ってきて食事の後片付けをしているときに「日本の食事はすごくいっぱい食器を使うから皿洗いが大変だね」と言っているのを聞きました。なるほど、聞くとヨーロッパの家庭ではひとつの大きなお皿にメインの料理と副菜、パスタなどをのせるワンプレートにするので皿洗いの量がとても少ないのだそうです。

日本はご飯を入れる茶碗、お味噌汁のお椀、メインの魚や肉を盛るお皿、おひたしや冷奴を盛ったりととにかく使用する食器の数が多いです。
和食料理屋さんなどに行くと料理がちょっとずつ様々な形の器に盛られて出てきます。器の美を楽しむのは日本の食文化で素晴らしい事ですが、後片付けをする事を考えると大変です。器の形も様々なので食器洗い機を使用する場合も入れるのが大変です。

ワンプレートメニューを大いに取り入れると後片付けが楽になります

特に簡単に済ませたい昼ご飯にはおすすめです。
ひとり一枚の大皿を洗うだけで片付きます。

大人だけならばちょっと素敵なワンプレート用のお皿を購入したくなりますが、焼き物の皿は重たくて割れるので子供が使う場合には適していません。100均でランチプレートや大きな平皿、深いボール型のお皿などが販売されています。メラミンやプラスチック素材の食器を選ぶと子供でも軽くて割れないので安心して使用することができるでしょう。

昼ご飯が簡単になる食事メニュー!電子レンジで作る簡単丼ランチ

簡単で美味しい料理の代表選手は丼物ではないでしょうか。

我が家では時間がないとき、お出掛けして疲れたとき、食材があまりないときなどに登場するのは簡単丼メニューです。
肉を味付けて煮たり炒めてご飯にのせるだけでできます。肉は何でも大丈夫です。豪華なステーキ丼といきたいところですが、大抵は豚のこま切れ、豚挽肉、鶏ムネ肉、鶏挽肉といった肉です。これらを炒めてしょう油で味付けます。みりんと砂糖を多めに入れて照り焼き風にしたり、オイスターソースを入れて中華風に、ケチャップを入れて甘く仕上げたりと味は気分により変えます。

野菜も玉ねぎやセロリなど何でもあるものを刻んで肉と一緒に炒めます。
豚肉とりんごなど果物でも以外と合うものです。

飽きがこないように常識に捕らわれずに様々な食材を合わせてみると意外な美味しさに出会うことができます。

具材を炒めて味付けをしてご飯にのせるだけ、是非とも多用して料理の手間を軽減させましょう。
ポイントはご飯に合うように味付けを濃くすることです。海苔や緑の野菜刻んで散らすと味や見た目のアクセントとなり豪華に仕上がります。

彩り鮮やかで食欲そそる!そぼろ丼で簡単昼ご飯

挽肉はとても優秀です。

我が家では殆ど買物は宅配のものだけで済ませますが、鶏の挽肉は毎週欠かさずに注文しています。
時間が無いとき、メニューが思いつかないときには挽肉でそぼろ丼を作ります。

子供はとにかく飽き易いものです。先週喜んで食べても今週作ると全く食べなかったりします。そこで新しい味付けをどんどんと開発してみました。

挽肉をマーマレードジャムとしょう油で味付けて炒めると絶品です。
マーマレードジャムを入れすぎると甘ったるくて気持ち悪くなるのですが、適量入れると甘み、コク、ほのかに香るフルーティーさ、マーマレードのほろ苦さがよくあるしょう油を引き立たせます。照りも出て見た目にもつやつやして美味しそうです。これにミント葉を飾るととってもおしゃれなお昼ご飯になります。

残り物で簡単昼ご飯!リメイクメニューでランチしよう

カレーライスを作ると一回で食べきる事はまずありません。そのためお鍋ごと冷蔵庫に入れる事を想定して小さめの鍋で作っています。再利用する時にはお鍋ごと火にかければよいので簡単なのですが、冷蔵庫内で場所を取るのが難点です。
リメイクして別な料理として早々に登場させてしまいます。
簡単にリメイクするには初回はライスと合わせたので、ライスをうどんに変更すると別な料理になります。そうして飽きさせないためには味も変える必要があります。

用意する食材は残りカレーとゆでうどんの他に、ミントの葉とりんごの皮です。ミントは鉢植えで育てているのでいつでも沢山手に入るのです。そうして子供達の朝ごはん代わりとなっているりんごは常時我が家で欠かせない存在で、皮は毎日出るのです。これらを使ったのでとっても節約にもなるメニューです。

りんごの皮とミントの葉は刻んでおきます。うどんをとりんごの皮をオリーブオイルで炒めて香ばしい香りがしてきたら刻んだミントの葉をさっと混ぜてお皿に盛ります。カレーをかけて上に切っていないミントの葉を一枚のせます。
盛り付ける時にうどんを平べったくしてカレーは中央だけにかけるようにします。そうすると白いうどんと赤いりんごの皮、それに緑のミントの葉の色合いが美しい見た目になります。りんごの甘酸っぱさとミントの爽やかさで先日食べ飽きたカレーの味が新鮮なものになります。

調理の手間いらず!食パンと卵で作る簡単昼ご飯メニュー

食パンがあるとトーストしてバターをのせるかジャムをつけるかサンドイッチにするか…と食パンメニューも手詰まり感がありました。

そこでやはり我が家の残り物と栽培物で新鮮卵食パンメニューを開発しました。
りんごの皮とミントの葉を刻んで入れてスクランブルエッグを作ります。
キャンプ用に購入したホットサンド器に食パン、りんごミントのスクランブルエッグ、とろけるチーズ、ハム、食パンの順に挟んで焼きます。