和菓子はカロリーが低い?生菓子のカロリーについてご紹介

和菓子は洋菓子と比べるとカロリーが低いと言われています。しかし和菓子と言っても、その種類は多く、中には洋菓子よりもカロリーが高い和菓子もあります。

そこで和菓子の中でも生菓子に注目をして、その気になるカロリーについてご紹介をいたします。

また洋菓子でもカロリーの低いものもあります。どちらも種類によってカロリーは異なりますので、カロリーが気になる方は確認をすると良いでしょう。

関連のおすすめ記事

【10倍粥の簡単な作り方】ご飯からブレンダーで作るレシピ

離乳食初期に食べさせる10倍粥。ブレンダーを使うと簡単だと言われていても、その作り方まではよくわから...

夕飯におすすめの美味しいメニュー!夏の暑さを乗り切る食事

気温が高くなる夏は、あまり食欲がなくて食事を食べる気になれないことも多いです。家族のためにせっかく夕...

食費を1ヶ月で1万円にするためにすべきこととは

日々の生活費を見直そうと思った時に、真っ先に見直される部分の多くは食費です。なぜなら食費は、贅沢...

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

夕飯の献立に悩むママのために簡単・時短メニューをご紹介します

仕事しているママにとって夕飯の献立を考えることは面倒なもの。献立を考えるだけで時間がかかってしまうと...

夕ご飯の献立の一週間の決め方ルール!働く主婦の時間節約テク

毎日の夕ご飯は「今日は何を作ろうかなぁ」と悩む方が多いと思います。献立に悩む時間はもちろん、冷蔵庫に...

No Image

夜ご飯のメニューが決まらない時に参考になるようなものは

夜ご飯のメニューを考える時に、上手く決まらないことはよくあることです。「なんでも良いけど、アレは...

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

鍋に入れる順番は?肉と魚を一緒に鍋で食べる時の作り方

鍋に肉と魚を入れるときにはどのような順番で入れればいいのでしょうか。肉が先?それとも魚が先?肉や魚の...

フライ返しはシリコンを使うと溶ける?溶けないフライ返し

シリコンのフライ返しはなんだか溶けるような気がして、選ぶことができないという人は耐熱性のものを選べば...

冷凍ご飯を解凍に冷蔵庫はNG!冷凍ご飯を美味しく食べる方法

冷凍ご飯を夜に使う予定だから冷蔵庫で解凍しておけばちょうどよいのでは?と、ゆっくり解凍したら水分が抜...

美味しい焼肉のタレの作り方について知りたい

美味しい焼肉のタレは何かと考えた時に、市販品や、焼肉屋さんの特製ダレを思い浮かべるかたが多いことでし...

ナスの正しい焼き方。フライパンで作る美味しいナス料理の秘訣

ナスをフライパンで焼くときは、油をひいて調理をしますが、ナスが油をどんどん吸収してしまい、油が少なか...

シュウマイはフライパンで包まないまま!簡単レシピを紹介

シュウマイはフライパンを使って包まないでも作ることができたら簡単に作ることができます。シュウマイを作...

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食...

和菓子のカロリーは?洋菓子と練りきりなどの生菓子を比べてみる

ケーキが食べたいけどカロリー高いしやめておこうかな。そんな時は和菓子に置き換えてみてはどうでしょう?和菓子は洋菓子よりもカロリーが低いとよく言われていますよね。
ですが和菓子全てが低カロリーなわけではありません。
カロリー別でまとめた一覧を参考にコントロールしながら食べるようにしましょう。

比較的低カロリーな和菓子

1個あたり100kcal程度で1日1個なら大丈夫なもの

  • 水ようかん
  • 練りきり
  • 葛饅頭
  • 醤油団子

低カロリーだが注意が必要

1個あたり150kcal程度で週に2~3回くらいなら大丈夫なもの

  • 大福餅
  • カステラ(50g)
  • 羊羹(50g)
  • 栗まんじゅう
  • シュークリーム(70g)
  • プリン(100g)

比較的高カロリー

1個あたりが200Kcal以上で週1回以下にしておきたいもの

  • どらやき
  • ドーナツ
  • ショートケーキ
  • モンブラン

一覧にして見てみるとやはり和菓子のほうがカロリーが控えめで洋菓子は高カロリーのようですね。

和菓子や生菓子を食べる時はカロリーよりも栄養素に注目

上記でも取り上げたように和菓子のほうがカロリーが低いイメージがあり、実際間違いでもないのですが、実はカロリーより栄養素の部分が大きく関係しているのです。

3大栄養素の1gあたりのカロリーってご存知でしょうか?
  • 脂質 1gあたり9kcal
  • タンパク質 1gあたり4kcal
  • 炭水化物 1gあたり4kcal

となっています。見て分かる通り脂質多いとカロリーが圧倒的に高くなってしまうのです。

例えば、こしあんまんじゅうが脂質約0.3gなのに対してモンブランだと約22gほどになってしまいます。
モンブラン一つで一日に必要な脂質を採れてしまい、それにプラス普段の食事で脂質を摂取するので簡単に1日量をオーバーしてしまいます。脂質を取りすぎると健康によくありませんよね。

最近では低糖質のスイーツや、血糖値の上昇を抑える食物繊維が入っているスイーツなどもコンビニなので気軽に買うことが出来るので、カロリーだけでなく栄養素にも注目して購入するように心がけてみましょう。

和菓子の生菓子と上生菓子、半生菓子について

洋菓子にも種類があるように和菓子にも様々な種類があります。

  • 生菓子
    餅物、蒸し物など生の食感がある口当たりもしっとりとしたもののことです。半生菓子としては最中が挙げられ、表面が乾いていますが内側は生の食感があるものの事を言います
  • 干菓子
    粉や砂糖を固めて作っている水分量の少ない菓子で、飴やせんべいなどの乾き物の事を言います
  • 上生菓子
    正式な行事の場などでおもてなしとして出されるお菓子で、デザイン性が高いものが多いです。味わい深いものも多く、一般的にもよく食べられている練りきりや羊羹などが挙げられます。

和菓子よりもカロリーが高い洋菓子を食べたい場合

どうしても和菓子より洋菓子が食べたいという時は、洋菓子の中でも乳製品や卵が中心で栄養素的にも優秀な以下のおやつを選択するのが良いでしょう。

  • シフォンケーキ
    卵を多く使っており、大きさがあっても重量は軽いので食べごたえも抜群。そのまま食べた方がカロリーは抑えることが出来ますが、生クリームを付けて食べるとより満足感があり美味しく頂けます。
  • シュークリーム
    卵、牛乳をメインに使っており、生クリームが少ないものやサイズが小ぶりなものを選ぶとよりカロリーダウン出来ます。サイズが大きいと300kcal近くになるので注意しましょう。
  • プリン
    なめらかなクリーム系のタイプでも比較的ケーキの中ではカロリーが控えめになっています。よりカロリーを抑えたい時は昔ながらの硬めのたまごプリンなどやデコレーションがないタイプの物を選ぶのがおすすめです。
  • スフレチーズケーキ
    ニューヨークチーズケーキやベイクドチーズケーキなどのどっしりして濃厚なものではなく、ふわふわとしたスフレタイプのケーキはカロリーが控えめです。小さめをチョイスしてより低カロリーになるようにしましょう
  • ロールケーキ
    中にクリームがたくさん入っていますが、フルーツがサンドされているものやデコレーションがされていないものはカロリーが控えめなものが多いようです。

基本的に大きさを工夫すればダイエット中でもケーキを食べることはOKなので我慢しすぎないように調整して食べるようにしましょう。

手作りのお菓子でカロリーを抑える方法

スイーツはコンビニなどでも手軽に買えるので、いつも作った物を食べているという人は少ないと思いますが、手作りをすると自分で使う材料をコントロールできるためよりカロリーを抑えることが出来ます。

おからや玄米フレークなどを使用した健康を意識しているレシピを使うと低カロリーで健康的なスイーツが自宅でも作れるので参考にしてみてはどうでしょか。