食費を1ヶ月1万円に抑えるための節約レシピと食費の節約術

一人暮らしをしている方は、1ヶ月にどれくらいの食費を使っていますか?生活費を切り詰めたいという時には、食費を見直すことも大切です。外食が多くなったり、コンビニのお弁当が多くなると、知らずしらずのうちに、食費がかさんでしまいます。
そこで、一人暮らしの方向けの、美味しい節約レシピをご紹介します。食費は月に1万円に抑えたいという方もいると思います。安価で使い勝手の良い食材を常備しておき、なるべく自炊を心がけましょう。

関連のおすすめ記事

夕ご飯の献立は子供も大人も喜ぶものにしよう

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。大人好みのものにしてしまうと、子供には食べづらい味付...

大人数の料理はホットプレートにおまかせ!おすすめを紹介

大人数の料理を作るときに役立つホットプレートですが、レパートリーがなかなか増えないとお悩みではないで...

冷凍ご飯を解凍に冷蔵庫はNG!冷凍ご飯を美味しく食べる方法

冷凍ご飯を夜に使う予定だから冷蔵庫で解凍しておけばちょうどよいのでは?と、ゆっくり解凍したら水分が抜...

夕ご飯の献立の一週間の決め方ルール!働く主婦の時間節約テク

毎日の夕ご飯は「今日は何を作ろうかなぁ」と悩む方が多いと思います。献立に悩む時間はもちろん、冷蔵庫に...

シュウマイはフライパンで包まないまま!簡単レシピを紹介

シュウマイはフライパンを使って包まないでも作ることができたら簡単に作ることができます。シュウマイを作...

たこ焼き粉のレシピは余りものでも美味しい!おすすめを紹介

たこ焼き粉はたこ焼き以外にアレンジできるレシピを知っておくと、たこ焼き粉の余りも上手に美味しく使うこ...

冷凍ぶどうの食べ方!美味しく食べられるおすすめアレンジを紹介

冷凍したぶどうの食べ方はそのままでも美味しく食べることができます。さらに、ひと手間を加えるだけで...

冷凍ポテトのアレンジ料理!すぐに真似したくなるレシピをご紹介

冷凍のポテトは油で揚げてフライドポテトにするのが定番。子供も大人も大好きなフライドポテトですが、大袋...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

夕飯の献立に悩むママのために簡単・時短メニューをご紹介します

仕事しているママにとって夕飯の献立を考えることは面倒なもの。献立を考えるだけで時間がかかってしまうと...

茄子の素揚げの揚げ時間は何分?揚げ時間とカラッと揚げるコツ

茄子料理といえば、茄子の素揚げや麻婆茄子や茄子の天ぷらや炒めものなど色々ありますが、茄子の素揚げが難...

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。そんな...

夕ご飯に工夫をしてダイエットするならこんなレシピがおすすめ

ダイエットしている人は、夕ご飯を抜こうとしたりすることもありますが、体の事を考えると、それはおすすめ...

卵を使ったご飯に合うおかずレシピ、子供も喜ぶ朝ごはんをご紹介

寝坊した日の朝ごはんほど、子供に何を食べさせればいいのか悩んでしまいます。そんな時におすすめした...

宅配と出前ってどんな違いがあるの?その他食べ物にまつわる言葉

宅配や出前は、家にいながら美味しい食べ物が食べられる、便利なシステムです。普段何気なく使って...

食費を月に1万円に抑えるための節約丼レシピ

生きていくうえで欠かせないのが、食事です。

食事は必要不可欠な行為ですが、好きな物を好きなだけ食べているとどんどんお金がかかり、家計を圧迫してしまいます。

一人暮らしの場合、頑張れば食費を1万円に抑える事ができます。

そのためには、安くて美味しい節約レシピを覚える必要があります。安いだけを求めて味がイマイチだと長く続ける事は難しくなります。安くて美味しければ、食費の節約も苦にはならないでしょう。

まずは、安い食材を使って簡単にできる丼レシピを紹介します。

【豚肉もやし丼の作り方】

【材料・1人前】

  • 豚肉 100グラム
  • もやし 1袋
  • ニラ 半束
  • 塩コショウ 少々
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1

【調理手順】

  1. フライパンを中火で熱し、サラダ油をひいて豚肉を炒めます。
  2. 豚肉に塩コショウをして、火が通ったらもやしとニラを加えてさらに炒めます。
  3. 醤油とみりんを加えて混ぜ合わせたら完成です。

もやしはいつでも低価格で手に入れる事ができる、節約料理には欠かせないアイテムです。

ボリュームもしっかりあるので、お腹も満足できるでしょう。

食費を1万円にしたいなら鶏むね肉を活用!鶏むね肉たっぷりレシピ

節約中でも、お肉はたっぷり食べたいですよね?お肉の中で圧倒的に安い肉と言えば「鶏むね肉」です。鶏むね肉は鶏もも肉に比べ、脂が少なくパサパサしてしまうイメージですが、上手に調理すればジューシーに美味しく仕上がりますよ。

【鶏むね肉のネギ焼きの作り方】

【材料・1人前】

  • 鶏むね肉 150グラム
  • 塩 少々
  • 酒 大さじ2分の1
  • 片栗粉 大さじ2分の1
  • 水 20ml
  • 塩 少々
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2分の1
  • 黒コショウ 少々
  • 長ネギ 1本
  • ごま油 大さじ2分の1

【調理手順】

  1. 鶏肉は皮を取り除き、1口大のそぎ切りにして、塩と酒を揉み込みます。
  2. フライパンを中火で熱し、ごま油をひいて、片栗粉をまぶした鶏肉を焼きます。
  3. 両面に焼き色が付くまで焼いたら、水、塩、鶏がらスープの素、黒コショウを加えます。
  4. 汁気が少なくなったら、長ネギを加えて混ぜ合わせたら完成です。

そのままおかずやおつまみにしても、ご飯にのせて丼にしても美味しく食べられます。

お好みでいりゴマを振り掛けて食べるのもおすすめです。

納豆を使った節約チャーハンレシピ

納豆は、体に良い栄養満点の万能食品です。

独特のニオイやネバネバ感が苦手で、納豆が嫌いという意見もよく聞きますが、安くて栄養満点の納豆を料理に使わないのはもったいないです。

ここでは納豆が苦手な方でも食べられる、美味しい納豆チャーハンのレシピを紹介します。

納豆を毛嫌いしているそこのあなた!ぜひ作って食べてみてください。

このチャーハンを食べれば納豆が大好きになるかもしれませんよ。

【納豆チャーハンの作り方】

【材料・1人前】

  • ご飯 200グラム
  • 納豆 1パック
  • 卵 1個
  • 長ネギ 3分の1本
  • 醤油 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 大さじ2分の1
  • コショウ 少々
  • ごま油 大さじ2分の1

【調理手順】

  1. フライパンを強火にかけ、温まったらサラダ油をひいて溶き卵を入れます。
  2. 卵が半熟になったら、ごはんを加えて炒めます。
  3. ご飯がほぐれてパラパラの状態になったら、納豆と長ネギのみじん切りを加えます。
  4. 納豆のネバネバ感がなくなるまで炒めたら、醤油と鶏がらスープの素、コショウを加えて味を調えます。
  5. 最後にごま油を回し入れ、全体的に混ざったら完成です。

ネバネバがなくなるまで納豆を炒める事で、納豆嫌いの方でも食べやすいチャーハンになっています。

仕上げのごま油が効いて、風味良く美味しく食べられますよ。

食費を1万円で抑えたい方へ買い置きしておきたい食材

食費を節約するためには、節約に適した食材を選んでまとめ買いをする事がおすすめです。

買い物の回数を減らす事で。無駄な出費を抑える事ができます。

安い商品をただ大量にまとめ買いするだけでは、食材を使い切れずに腐らせてしまったり、必要のないものまで買ってしまう恐れがあります。

買い物の前にしっかりと計画を立ててからまとめ買いするようにしましょう。

  • まずおすすめな食材は「卵」です。
    卵は物価が上がっても価格があまり変わらず、栄養価も高いうえに様々な料理に使う事ができます。
    卵を保存する時は、とがっている方を下向きに並べると、割れにくく黄身を保護しやすいのでおすすめです。
  • 野菜の中でおすすめなのが「キャベツ」と「ジャガイモ」です。
    キャベツは1玉買うと、外葉や芯まで使う事ができます。
    外葉や芯にも栄養が豊富なので、スープなどにして余すところなく使いましょう。
    ジャガイモは日持ちがしてレシピも豊富なので、たくさんあっても困る事のない食材です。
    保存する時は日が当たらないところで保存して、芽が出ないように気をつけましょう。
  • その他、おすすめなのがホットケーキミックスです。
    ホットケーキミックスは、朝ごはんやおやつにもなりますが、実は料理にも使えます。
    アメリカンドックやチヂミを作ったり、パンを作ることもできるのです。
    万能な粉物は節約料理には欠かせません。
  • 他にも鶏むね肉や納豆など安い食材はたくさんあります。
うっかり買いすぎてしまったら、冷凍して保存するなど工夫して長持ちさせましょう。

節約できて美味しい下味冷凍がおすすめ

食費の節約には、食材のまとめ買いがポイントです。

食材をまとめ買いしたら、冷凍して長期保存するようにしましょう。

せっかくまとめ買いで節約をしても、食材を余らせて腐らせてしまっては意味がありません。

まとめ買いした食材は、適切な保存方法で長持ちさせましょう。

肉や魚などは小分けにして冷凍すると使いやすくて便利です。

また、あらかじめ味を染み込ませてから冷凍する下味冷凍もおすすめです。下味冷凍とは、調理の直前の状態で冷凍保存する方法です。肉や野菜を食べやすい大きさに切り、調味料と一緒に保存袋に入れて揉み込み、平たくして冷凍します。こうしておけば、あとは解凍して調理するだけであっという間におかずを作る事ができるのです。
食費の節約はもちろん、調理時間の短縮、さらには味を染み込ませる事による美味しさのアップにも繋がります。

たとえ同じ食材でも、味付けを変えれば全く別の料理になるので、少ない食材でたくさんの料理を作る事ができます。

下味を付けることで、冷凍焼けや冷凍庫臭さも気になりませんよ。