キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感のピザを作ることができますよ。

ここではオーブントースターを使って手軽に作る方法や、オーブンで程よい焼き加減で作る方法、また大勢で食べる時におすすめの焼き方についても紹介をいたします。

あわせてピザに合う具材や、おすすめの副菜についても紹介をしていますので、餃子の皮ピザを作る際の参考にしてください。

関連のおすすめ記事

冷凍食品のチャーハンをさらに美味しく!作り方やコツをご紹介

冷凍食品といえばお弁当のおかずといった感じがしますが、チャーハンや麺類などの主食も多く見かけるように...

野菜が苦手でも食べやすいおかず。子供が喜ぶ美味しいレシピ

野菜がちょっと苦手というお子様は多いと思います。子供の嫌いな野菜の代表と言えば、ニンジンやピーマン、...

ナス料理で子供が喜ぶ!嫌いが大好きに変わる人気レシピを紹介

ナスが苦手という子供は多いですが、そんな子供でもナスが美味しく食べられる料理があります。子供のナス嫌...

ダッチオーブンで作る燻製、チーズ燻製の作り方とコツをご紹介

キャンプでダッチオーブンを使ってチーズの燻製を作ってみませんか? 我が家は毎年家族キャンプに行って...

豚バラの厚切りをお弁当に!簡単人気のおかずレシピを紹介

豚バラの厚切り肉はお弁当のおかずとしてもボリュームもあり人気があります。 そこで、厚切り豚バラ...

豚肉・チーズ・じゃがいもで作る晩ご飯に食べたい美味しいおかず

じゃがいもとチーズは相性の良い食材です。そこに豚肉をプラスすると、食べごたえのあるメインのおかずにな...

豆苗と豚バラともやしを使った簡単美味しいおすすめレシピを紹介

節約の強い味方といえば豆苗ともやし。そんな豆苗ともやしは豚バラにもとても合います。豆苗ともやしを使え...

海外のケーキのデコレーションがスゴい!そのアイデアをご紹介

日本と違い、何でもスケールが大きい海外。その中でもケーキのデコレーションがスゴいと話題になっているよ...

豚ひき肉を使った離乳食完了期にぴったりな取り分けレシピ

離乳食完了期になると、卒業まであと一歩!食べられるものも増えてきて、段々と手間も省けてきます。 ...

なすと豚肉を使った料理が知りたいあなたに贈る簡単レシピ

なすは夏から秋にかけてが旬の美味しい夏野菜のひとつです。 シンプルに焼きナスにしても美味しいですが...

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

豚肉を柔らかくする方法!短時間でも簡単にできるコツを紹介

豚肉を柔らかくする方法について知りたいあなた。短時間で豚肉を柔らかく仕上げるためには、ほんの少しの工...

ナスを炒めるコツ!美味しく上手に仕上げるポイントを紹介

ナスを炒めるといつも失敗してしまうというあなた。 ナス炒めを美味しく作るにはコツがあるのです。 ...

冷凍ご飯を使えばリゾット風が簡単に作れます!作り方を紹介

冷凍ご飯しかない…そんなときには簡単リゾット風料理がおすすめです。生米から作っていないので、リゾット...

餃子の皮とチーズで作る子供の喜ぶ美味しいおやつレシピ

餃子を作った後に残ってしまった餃子の皮。そのうち使うかもと思っていても、結局使わずに処分してしまった...

餃子の皮を使った一口サイズピザ!オーブントースターで簡単に作る方法

餃子を作ったら半端にあまってしまうことのある餃子の皮、色々な使い方がありますが、簡単で、食べやすい小さいピザに変身させてしまいましょう。

ピザに乗せる具材

ウインナー、コーンの缶詰、ツナ缶などあらかじめ火が通っているものだとさらに簡単。

チーズは熱を通すととろけるタイプのチーズ、カットされていないシート状のチーズは千切りしましょう。

トマトソースまたは、ピザ用ソース、またはケチャップも準備します。

  1. オーブントースターの天板を取り出し、餃子の皮が乗る広さにオーブンシートを敷きます。
  2. 餃子の皮を並べてケチャップをスプーンの背を使って全体に塗ります。輪切りにしたウインナー、水を切ったコーン、油分を絞ったツナ缶をトッピングして、食材を隠すようにチーズを上からのせます。
  3. オーブントースター中に具材をトッピングした餃子の皮ピザを入れてチーズの表面がほんのりと焦げたら出来上がりです。
※2のケチャップは餃子の皮が隠れるまでしっかりぬると皮が固くならず柔らかく食べられます。ケチャップの変わりにマヨネーズをぬってアレンジもおすすめです。

餃子の皮をあわせて普通サイズのピザに!オーブンを使った作り方

餃子の皮を生地にしてピザを作りましょう。
大き目のピザを作るときは余った餃子の皮だけでは大きさが限られてしまうため、10枚以下であれば新たに買い足すことをおすすめします。

  • 餃子の皮(オーブンの天板に入るくらいの枚数)
  • ピザ用ソース、ケチャップ
  • 具材(あらびきウインナー、ピーマン、玉ねぎ、コーン缶など)
  • ピザ用チーズ、またはシート状の薄いチーズ
  1. あらびきウインナーは縦に2つに切ります。ピーマンは種を取って5ミリくらいの幅で切り、玉ねぎは皮をむき薄切り、コーンはざるにあげて水を切っておきましょう。
  2. オーブンの天板にオーブンシートを敷いて作りたい大きさに餃子の皮を敷きます。後から皿に移す時に生地が歪んでしまうことを考えて大きさを考慮しましょう。
  3. 敷いた餃子の皮にピザ用ソースを全体に塗り、その上から1の具材を乗せます。玉ねぎやピーマンのように火を通す必要がある物はあらかじめ火を通し塩コショウしておくと安心です。上から適量のチーズをのせて200度に予熱したオーブンで9分ほど焼きます。
  4. 途中様子を確認し時間の調整をしましょう。

餃子の皮のピザを大人数で食べるならオーブンよりホットプレートがおすすめ

大人数のおもてなし料理や、子供が集まった時など各々トッピングできる調理方法がおすすめです。ホットプレートを使っての調理は準備までの手間を少なくできたり、自分の好きな具材を自分で作ることができるため話が弾んだり、意外な食材の組み合わせを発見できたりで楽しい時間を過ごすことができます。

ピザにのせる具材に火を通しておく

ピザに乗せる具材を生のまま出すとホットプレートの熱伝導にムラがあったら焼き加減が変わってしまったり、時間がかかってしまいます。ピーマンや玉ねぎ、魚介、肉など火を通したものを用意しましょう。

色々なタイプのチーズで味を変えて楽しめる

餃子の皮ひとつひとつで味を変えられるため、思い切って色々なチーズを用意し楽しんで見ましょう。

スイーツ感覚ピザも楽しめる

ある程度おなかが満たされたら、ホットプレートの上をキッチンペーパーで拭いてスイーツに切り替えましょう。板チョコや1センチほどの厚さにカットしたバナナ、マシュマロ、餡子、シナモンパウダーなど用意し甘いピザも楽しめます。

餃子の皮ピザに合う具材

食べ応えがある具材

野菜が多いピザも美味しいですが、食べ応えを出すには肉系がおすすめです。中でも油分が多いベーコンやウインナーなどはよく使われます。冷蔵庫に残っている前日の残りおかずも具材にしやすく、豚肉の生姜焼き、ハンバーグなどを食べやすい大きさに切手具材として使ってみましょう。

缶詰を具材に!

ツナ缶の変わりに鮭をほぐしたフレークや魚介系の水煮、コーン缶の変わりにマッシュルームやグリンピースをトッピングしてみましょう。

野菜

定番野菜以外ではズッキーニ、長ネギ、レンコンなども合います。どれもあらかじめいためて味付けし水気を飛ばしてから具材として乗せると水っぽくならずに食すことができます。

ピザとよく合う副菜もご紹介

さっぱりタイプのサラダ

油分の多いピザには箸休めとしてサラダが合います。海草やエビやかにを使った野菜のサラダは肉系の具材が多いピザに合います。サラダの味付けはクリーミーなものよりもサラッとして酸味のある味にすると箸が進むでしょう。

具材たっぷりのコンソメスープ

クリーム系のスープよりも具材が多く食べ応えのあるさっぱりした味付けのスープを用意しましょう。ピザで使い切れなかったウインナーを入れたり、スープ用にキャベツ、芋、人参などを使っておなかを満たしましょう。

マリネ

揚げた鮭、玉ねぎ、レモンも一緒に酢味のタレにつけてさっぱり味のマリネを副菜にしてみましょう。さっぱり味の副菜でピザもさらに進むでしょう。