豚肉のスープにもやしを入れて、色んなバリエーションを味わおう

豚肉のスープを作る時に、さまざまな野菜が合いますが、その中でももやしは、安くて食物繊維などの栄養もありますので、おすすめの食材と言えます。
そんな豚肉ともやしを使うスープには、どういったものがあるのでしょうか。
ここでは、豚肉ともやしを美味しく食べられるスープのバリエーションについてご紹介しますので、色んな味を試してみたいという方は、是非チャレンジしてみてください。

関連のおすすめ記事

豆苗と豚バラともやしを使った簡単美味しいおすすめレシピを紹介

節約の強い味方といえば豆苗ともやし。そんな豆苗ともやしは豚バラにもとても合います。豆苗ともやしを使え...

大人数のもてなし料理・冬の美味しいレシピとおもてなしのコツ

冬になると色々なイベントが目白押しです。自宅にお客様を招いて、ホームパーティーをする予定の人もいるの...

玄米と白米2合ではカロリーはどっちが低い?玄米の良さについて

玄米2合のカロリーは、どのくらいなのか知っていますか?普段食べている白米よりもずっとカロリーが低いの...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

豚ひき肉と豆腐を使った簡単美味しいレシピ【夕飯のおかず】

「今晩のおかずは豚ひき肉と豆腐を使って何かおかずを作りたい」という方も多いと思います。そこで、豚ひき...

豚ひき肉を使った離乳食完了期にぴったりな取り分けレシピ

離乳食完了期になると、卒業まであと一歩!食べられるものも増えてきて、段々と手間も省けてきます。...

食費を1ヶ月3万円にするために。夫婦2人暮らしの節約ルール

夫婦2人暮らしの生活で、食費を1ヶ月に3万円に抑えたいというときには、やはり節約の工夫が必要です。...

冷凍ポテトのアレンジ料理!すぐに真似したくなるレシピをご紹介

冷凍のポテトは油で揚げてフライドポテトにするのが定番。子供も大人も大好きなフライドポテトですが、大袋...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感の...

豚肉を柔らかくする方法!酒や果汁・乳製品で美味しいお肉に変身

豚肉を調理したとき、どうしてもお肉が固くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか...

唐揚げの美味しい揚げ方、片栗粉と小麦粉の衣の違いについて

唐揚げはレシピ通りに作ってもベチャッとしてしまったり、肉が硬くなってしまったりと、揚げ方によって食感...

食費の節約のコツ。無理なく今日から初められる節約のルール

子供たちが成長してくると、食費も今までよりも多くなってきます。今よりも食費を節約したいという時には、...

余った味噌汁を美味しいうどんにリメイク!おすすめレシピを紹介

味噌汁が少しだけ余っていることありますよね。捨てるにはもったいない、そんな時うどんを使って主食に変身...

豚肉と、もやしを美味しく食べられる中華スープ

豚肉は多くの家庭で欠かせない食材でしょう。

我が家ではたんぱく質部類では鶏肉と並んで登場頻度が非常に高い食材です。それだけ頻繁に登場するので、毎回同じような料理になると飽きられてしまいます。以前は炒めるか肉巻きにするかカレーライスにすることが多かったのですが、スープメニューでも人気となりました。合わせる野菜は玉ねぎや人参が多いのですが、もやしもとてもよく合います。特に野菜が高い時期には買物へ行くたびにカゴにもやしを入れてしまいます。
スープの味付けは限られたもので、食卓のメインメニューにあわせて、和、洋、中のどれかになります。
我が家で作る中華スープをご紹介します。実は以前は鶏がらだしが定番調味料として常備されていたのですが、買物へ行くたびに買い忘れてしばらくの間欠品した状態が続いていました。そんな時に中華スープをどうやって作ろうかと考え、使用したのがごま油とオイスターソースです。
  1. 鍋で小さく切った豚肉をごま油で炒めて水を入れます。
  2. 続いて人参と玉ねぎの千切り、シメジを投入、ある程度軟らかくなったらもやしを入れます。
  3. しょう油とオイスターソースを少々、ごまを入れてかき混ぜて火をとめます。
  4. ます最後に溶き卵を流しいれて軽く混ぜて完成です。

オイスターソースは風味付け程度に少しだけ入れます。ごま油とゴマの風味が効いて中華らしく、しかしさっぱりとした味に仕上がります。

豚肉と、もやしとキムチの相性が絶妙なピリ辛スープ

豚肉ともやしときたらキムチが合うのは至極当然のことです。

キムチの漬物を使って簡単に作りましょう

以前はキムチの素が家庭に常備されていて鍋や料理に多様していたのですが、子供が生まれてからは辛い料理を作らなくなっていました。それでもたまにピリッと辛味み効いた食品を食べたくなるのでキムチを食べます。まだ子供が辛い料理を食べられないうちはキムチの素を買っても余してしまうので、キムチの漬物を利用して大人が食べる分だけを作ります。

小さく切った豚肉を油で炒めて水を入れ、きくらげとエノキダケ、一辺5mm程度の小さなサイコロ切りにした大根と人参、コンソメを入れて煮ます。ある程度野菜類が軟らかくなってきたら、細かく刻んだキムチを入れて混ぜ、沸騰させます。最後に豆腐を一辺1cm程度のサイコロ切りにして入れて完成です。入れるキムチの漬物の量で辛味を調節します。

豚肉と、もやしのスープは、味噌を入れても美味しくなります

豚肉ともやしを味噌味で炒めても美味しいお料理になります。これをそのままスープにしてもやはり美味しくなります。

ニンニクのみじん切りと豚の挽肉をごま油で炒めて、料理酒とみりんを多めにかけます。刻んだエノキダケ、刻んだ長ネギ、マイタケを入れて更に炒めます。しっとりと炒めあがったら水を入れて沸騰させ、もやしを入れます。もう一度沸騰したら味噌を溶かし入れます。味見してみて、味がボワッとしているように感じられる場合にはしょう油を少々入れると味が引き締まります。

豚肉を炒めている時にみりんを多めに入れていますが、甘みが足りない場合には最後にもみりんを足すとよいでしょう。
豆腐を入れても美味しくなります。刻んだ長ネギを残しておいて器に盛った後に上にのせても美味しいです。

豚肉と、もやしのスープにはこんなものも

夏の後半に入ると庭に植えたミニトマトの収穫が最盛期となります。長い期間に少しずつ赤くなってくれれば助かるのですが、それはこちらの勝手な要望でミニトマトにとっては無理な注文です。一気に赤くなるので食べるのが追いつきません。そのまま食べる他に湯剥きしてマリネにしたりトマトソースを作ったりしますが、炒め物やスープに入れても美味しくなります。どんな料理にでも入れてみましたが、豚肉ともやしのスープにもとても合います。
小さく切った豚肉をオリーブオイルで炒めて、更に千切りにした玉ねぎと人参を入れて炒めます。水とコンソメを入れて小さく刻んだセロリの茎とミニトマトを4つに切って入れます。沸騰したら細かく刻んだセロリの葉を入れます。ひと煮たちしたらできあがりです。

豚肉と、もやしのスープをもっとがっつり食べるなら

スープは脇役でメインの料理が必要です。しかし、ボリュームのあるメイン料理が無い日にはスープの具材をたくさん入れてボリュームを付けるとバランスのとれた満足感のある食卓となります。

豚肉ともやしをたっぷりと入れてスープを作ります

しっかりとした味付けに仕上げるとメイン料理にしてもよいでしょう。

豚肉は満足感を出すために大きめに切ります。ニンニクのみじん切りと豚肉を油で炒めて、玉ねぎのスライスとシイタケのスライス、2cm程度に切った小松菜の茎を入れてさらに炒めます。水を入れて沸騰したら刻んだ小松菜の葉を入れて練りカレーの素を溶かして完成です。

練ったカレーの素を使用すると、これだけでコクがある美味しいスープに仕上がります。いくつかのメーカーから販売されているので好みのものを見つけて下さい。
粉末のカレー粉を使用したり、カレールーを少なく入れて作る事もできます。
小松菜ではなくセロリの葉を使用するととても爽やかな味になり、後味のさっぱりとしたスープになります。